International 国際

ベジタリアンの食は、食糧問題、環境問題、動物への配慮といった、国や種を超えグローバルに社会と関係しています。ベジタリアンに関連する国際的な情報、フェアトレードに関する記事です。

台湾がベジタリアン「天国」の理由

台湾のベジタリアン事情を、家族で台湾へ海外移住さんの記事よりご紹介します。 台湾のベジタリアン事情とその背景 最近よく台湾がベジタリアン天国だと耳にすることがあります。この事情とその背景を、台湾に移住した家族による現地からのレポートから一部ご紹介です。   台湾料理の中でも異彩を放つのが、「素食」と呼ばれている精進料理です。簡単に言えば、ベジタリアン用の料理となります。肉、魚、卵などの材料を一切使わずに作られた料理を提供するレストランや食堂は台湾のいたるところで目にすることがあります。 素食だからと言って油も使わないかというと、そうではなく植物性食用油がたくさん使われています。また、大豆を原料とした料理もたくさんあります。素食料理の価格は、他の料理やお弁当と比べて、安くもなく高くもなくと言ったところです。 台湾の街を歩いてみると至るところで「素食」の文字を見ます。台湾にはなぜこれ程までに素食文化が浸透しているのでしょうか?台湾の全国民の10%がベジタリアンだそうです。10人に1人がベジタリアンであれば、10箇所の食堂の1箇所が素食食堂であっても可笑しくないですね。 それでは、ベジタリアンが根付いている背景にはどのような事情があるのでしょうか?そのヒントとなる事実は、台湾の宗教事情にありそうです。日本と比べて台湾には仏教寺院がいたるところにあります。それだけではなく、日本人と台湾人の宗教観念を比較すると、日本人には無信教に近い仏教徒が多いのに比べて、台湾人は仏教に対する信仰心が非常に強く、圧倒的に多いです。 そのため、食事に対しても仏教や道教の影響を受けて、厳格に肉食を排除した食習慣を守って生きている人が多いというわけです。お寺などの宗教施設を訪れると無料で食事を提供していたりしますが、当然のごとく素食です。 台湾の素食文化は仏教や道教の影響を受けて長い年月を経て培われてきたものでしょう。その歴史の中で独自の食文化として素食文化が発展し、宗教的背景や台湾の食文化の多様性を背景に、社会の中で台湾の食文化の一つとして人々に受け入れられてきたのでしょう。 Source: 家族で台湾へ海外移住 Posted by Vegemon

Read More
肉食の環境への影響~畜産業と温室効果ガス~

肉食が環境負荷が高いということは、一部の国では当たり前のように理解されつつあります。一方で日本ではなかなか肉食と環境を結び付けて考える機会は内容に思います。今回は、肉と乳製品を食することが、地球とどう関わっているのかを紹介する記事をNY Green Fashionさんよりご紹介します。 肉や乳製品を食べると環境に大きな負荷がかかるということ、ご存知でしたか たとえば、焼き肉やステーキには欠かせない、牛肉。私たちが牛肉を1kg食べるごとに、車で100km走るのと同じ量の温室効果ガスが排出されます(Environmental Working Group)。ジンギスカンでおなじみの羊肉は、さらに環境負荷が高く、排出される温室効果ガスは、牛肉の5倍!豚肉は牛肉の約半分、鶏肉は40%程度、鶏卵は14%程度、牛乳は7.5%程度、そして意外なことに、チーズは豚肉よりも負荷が高く、牛肉の約52%の温室効果ガスが排出されます。 食糧農業機関によると、家畜業が排出する温室効果ガスは、世界の全排出量の18%にも上るのだそう(FAO)。 以下、食品別の温室効果ガス排出量ランキングです(EWG)。 羊肉 39.3 kg 牛肉 27.1kg チーズ 13.5kg 豚肉 12.1kg 鮭(養殖) 11.9kg 七面鳥肉 10.9kg 鶏肉 6.9kg ツナ缶 6.1kg 卵 4.8kg じゃがいも 2.9kg 米 2.7kg ピーナッツバター 2.5kg ナッツ 2.3kg ヨーグルト 2.2kg …

Read More
「菜食主義者」としてのビートルたち

ビートルズは世界中幅広い層に愛されてきたロックバンドです。そのメンバーは、ベジタリアンまたはそれに近いライフスタイルをとっていることをご存知でしたでしょうか。ビートルズとベジタリアンについて、OVOさんの記事よりご紹介します。   ビートルズの4人のうち、少なくとも3人が菜食主義者(ベジタリアン)あるいはそれに準ずる食生活を送っていることが知られている。中でももっとも有名なのがポール・マッカートニーの菜食主義だろう。一週間のうち肉を食べない日をつくろうという「ミート・フリー・マンディ」を提唱したのも彼だ。 きっかけは70年代初め、羊に囲まれて羊肉を食べている時に生じた「違和感」だったという。こんなかわいい羊たちが自分たちに寄ってきているのに、よりによって彼らの仲間の肉を食べているなんて、という単純な気持ちだったようだ。米インターネット新聞「ハフィントン・ポスト」によれば、菜食主義は非常に多くのことに関係してくるとポールはみている。エコロジー(生態学)、飢餓、残忍性(cruelty)といったことである。 次第に考え方を深めていったポールは、菜食主義とはかわいそうな動物を助けるということではなく、人生の精神面を変えることだと思い至ったようだ。 そして動物には魂があるのではないかとも考えているという。 これには異論もあるかもしれない。しかし、魂や心をもっているかどうかはともかく、動物も植物も命であることには変わりない。ポールは、人間は地球上での競争を勝ちぬいてきたとしても、その人間の「成功」は必ずしも「崇高さ」を意味するわけではなく、今や「良き勝者」であらねばならないと説いているのだ。人間は、動物であれ植物であれ他の命を奪って食べることなくして自ら生きることは出来ない。その点で謙虚であらねばならないということなのだろう。そして、万物は神が創造し人間が自然を支配してもよいというような考え方とは相容れないかもしれないが、人間も大いなる自然の一部にしかすぎないのである。  一方、ジョン・レノンと妻オノ・ヨーコは、「マクロビオティック」(macrobiotic)という自然食の食事法を実践していたことで知られる。タンパク質や脂肪を減らし、穀類や野菜を中心とした食事のことである。マクロビオティックは「禅式長寿法」と訳されることもあるぐらいで、日本人であるヨーコがジョンに勧めたものとみられる。 ジョンは生前、語っていた。甘いもの、ハンバーガー、甘いもの、ハンバーガーといった食事の繰り返しは私たちの心身をおかしくしてしまう、と。だから、「主夫」として、2人の間の息子ショーンの食事にはことのほか気を配っていたという。 リンゴ・スターは、バラエティ誌の2014年1月28日号でのインタビューで、「菜食主義者であることが健康の秘訣だ」と語った。遡ること70年代初め、リンゴは次のように話していた。インドの宗教家マハリシ・マヘギ・ヨギに教えを乞う前に「ぼくが理解できなかったことのひとつは、なぜ我々は、『自然』と『動物』を同次元でとらえることが出来ないのだろうか、ということでした。ぼくはすべてがひとつの力によって支配されていると信じています」(「ミュージック・ライフ」72年2月号)。エコロジー(生態学)に凝っているのかと問われ、リンゴは「その通りです。エコロジーは僕たちに必要なことです。全宇宙の力をひとつにすることが大切で、木も花もそれぞれ目的を持って存在しているのであり、人間と草木も互助の精神のうえに成り立つということを(マハリシに)教わりました」。 ジョージ・ハリスンが菜食主義者だったかどうかは定かではない。しかし、大量生産・大量消費型の食品ビジネスには批判的だった。ジョージは89年に発表した「コッカマミー・ビジネス」という曲の中で次のように歌っている。「マクドナルドやバーガーキングのために、あくまでも牛を食べるということに、反論はないようだ。この怪しげなインチキ稼業では」と。 「コッカマミー」(cockamamie)とは「低級な」、「ばかばかしい」、「出来の悪い」とかいう言葉で良い意味はない。(文・桑原 亘之介) NPO法人ベジプロジェクト、アニマルライツセンター、Meat Free Monday All Japanが行った、ポールマッカートニーへのインタビュー動画もご覧あれ。 ポールがベジタリアンになった本人の声も聞くことができ、日本語字幕付き。 こちら4分バージョン こちら11分バージョン(*ただし、現在PCからのみ視聴可能)   Source: OVO, Meat Free …

Read More
命に向き合う、インドネシア犠牲祭の日に考えたこと

私が住むロンボク島は、90%以上がイスラム教徒。 彼らの生活は、宗教をもとに成り立っています。 Photo: ロンボクにある南のビーチKuta そして、毎年9月には、イード・アル=アドハー(犠牲祭)があり、 この日にイスラム教徒は、動物を殺して全能の神アッラーに捧げる宗教的なお祭りをします。 私の住む村には、この犠牲祭の1か月前ほどから、この日のために殺される家畜がたくさん集められます。 1週間前には、何百匹ものヤギや牛が、各家の軒先に集められ、夜通し悲しそうに泣く声が聞こえてきます。 そして、犠牲祭の日、たった一日で、動物たちはすべて殺されてしまいまいた。 彼らの目を見ると、とても優しい目をしています。 助けてあげたくても、助けてあげられない、ただやり過ごすしかできない1日。 自分の無力さを感じ、悲しくて苦しくてたまりませんでした。 そもそも、一日にこれだけの動物を殺して、彼らの肉を全部食べられるわけもありません。 屠殺を通して、「命の意味を考える」、というけれど、もし、 実際に動物を自分の手で殺してみて、または、殺すのをみて、 かわいそうと思うのなら、 「動物を食べない」という選択肢を考えてみてほしいです。   動物を食べなくても生きていけます。 「感謝して食べる」というけれど、 私は誰かに感謝されたからといって、殺されたくはないし、食べられたくないです。 当然、動物たちも同じ気持ちだと思います。   宗教に関する行事については、なかなか口にするのが難しいことが多いです。 …

Read More
3500km走る最強ランナーがベジタリアンのわけ

世界最強のランナーがベジタリアンということを、ご存知でしょうか?むしろ、ベジタリアンだから最強になれるんだとか。今回は、Excite Bit コネタさんの記事よりご紹介です! 撮影:Luis Escobar氏 全長3489kmのアパラチアン・トレイルを46日8時間7分で完走し世界記録を樹立したスコット・ジュレク氏。 完全菜食主義者のビーガンとしても有名だ。 世界一過酷なウルトラマラソンで世界記録! 42.195kmのフルマラソン以上の距離を走るウルトラマラソン。 四万十川ウルトラマラソン(100km)やウルトラトレイル・マウントフジ(170.3km)など日本でも人気が出てきているが、競技は人間の極限に挑戦するものだ。 厳しいレースでは幻覚を見る人もおり、レース中の嘔吐も当たり前で、なかには吐きながら走り続ける強者もいるという。 その過酷極まりないウルトラマラソンのコースの中でもとりわけ過酷と言われているのが北米のアパラチア山脈を縦断するアパラチアン・トレイル(AT)だ。 全長3489km。 日本地図を広げてみて欲しい。北海道の択捉島の最北から沖縄の与那国島までが3300km弱だ。 この気の遠くなるような距離に加え、約150kmの累積標高差がATを世界一過酷と呼ばれるものにしている。 この夏(2015年)、ATの世界記録(FKT:Fastest Known Time)が生まれた。 所要時間は46日8時間7分。 一日平均の走行距離は約80kmだが、舗装された道路を走っているわけではない。走るのは山道で、ゴツゴツした岩場もある。1マイル(約1.6km)抜けるのに90分もかかるような難所もあり、嵐のような荒天でも時計は止まってくれない。 想像を絶する荒行だ。 世界記録樹立者は完全菜食 記録を打ち立てたのはスコット・ジュレク氏。 アテネ―スパルタ間を走るスパルタスロン(246km)三連覇、ウェスタンステーツ100(161km)7連覇、24時間走元アメリカ記録保持者(266.01km)と、数々の記録を樹立し続け、ウルトラマラソン界では知らない人のいないスーパーレジェンド …

Read More
ベジタリアンのプロテイン補給はこれ!

ベジタリアンと聞くとよく出てくる質問が「タンパク質も必要でしょ?」 もちろん。 タンパク質というと肉魚といった動物性食品から摂るイメージが強いですが、ベジタリアンも、さらには卵や乳製品を摂らないヴィーガンの食事からでさえタンパク質を十分に摂ることができます。 macaroniさんが、ベジタリアンのプロテイン補給に役立つメニューを、海外レシピからピックアップしています。 その中から、今回の記事ではベジタリアンの中でも、ヴィーガン対応料理のレシピの紹介です。   1.コーヒープロテインシェイク Pinned from loveandzest.com よく熟れたバナナ、カカオニブ、冷やしたバニラ味のアーモンドミルク、プロテインパウダー(砂糖の添加されていないもの)、お好みの甘味料(メープルシロップなど)、コーヒー、氷をブレンダーでスムージー状になるまで回します。 2.レンズ豆とさつまいものシチュー Pinned from blog.myfitnesspal.com レンズ豆、野菜ブロス、水、玉ねぎ,にんにく、ベイリーフを大きな鍋かダッチオーブンに入れ沸騰させます。 サフラン、ターメリックも入れ混ぜます。火を弱め塩で味をつけます。蓋をし30分煮込みます。 粉末の生姜、人参、さつまいも、フードプロセッサーで潰して滑らかにした熟れたトマト、胡椒を入れ蓋をして野菜とレンズ豆が柔らかくなるまで25〜30分煮込みます。 玉ねぎとにんにく、ベイリーフを取り出し、塩、胡椒で味を整えます。 最後に生食用ほうれん草を入れ5〜7分煮ます。 3.バルサミック豆腐 Pinned from pancakewarriors.com …

Read More
寿司×ハンバーガー!?SUSHIバーガーの正体とは・・・

最近、SNSで”SUSHIバーガー”なるものが話題となっている。 “SUSHI”と”ハンバーガー”という和洋食界の2大王者を掛け合わせたハイブリッド食”SUSHIバーガー”の破壊力はすさまじく、ちょっとしたお遊びで作ったというsobeautifullyrawさんのインスタグラムには「美味しそう!」「レシピどこ!?」など、コメントが殺到している。 このビーガン向けSUSHIバーガー、材料は照り焼きチキンに見立てたジャックフルーツにアボカド、ガリ、赤キャベツ、ビーガンマヨネーズを使っているという。 sobeautifullyrawさんのSUSHIバーガー以外にも、ハンバーガーのようにビーフパテを使ったり、寿司らしく刺身を挟んだり、野菜にしてみたりと様々なバリエーションが続々登場しており、SNSユーザーたちをノックアウトしている。これならベジタリアンやビーガンにもアレンジが効くので、あらゆる層から支持を得そうだ。 Source;Aol., sobeautifullyrawさんのインスタグラム Posted by Vegemon

Read More
歌手マイリー・サイラスの「ビーガンライフ」

マイリー・サイラスのヴィーガンライフについて、Woman. exciteさんの記事よりご紹介します! 米歌手「マイリー・サイラス」(23)は、昨年ビーガンになったことを告白し最もセクシーなビーガンセレブに選ばれて、いまもそのライフスタイルを続けている。 photo: シネマトゥディxWウェストワールド 派手で過激なパフォーマンスとは裏腹なライフスタイル 昨年、動物愛護団体PETAによりビーガンセレブとして受賞されるなど、マイリー自身のSNSにはビーガンの食事などがアップされている。21日(現地時間)のインスタグラムにも、ピーマンやグリーンピース、にんじん、マッシュルームや葉野菜などを素材にしたディナーの写真がアップ。「ビーガン料理を愛しているわ」とコメントしている。 マイリーは毛皮のコートの素材にするために問題視されるミンクについてのコメントやペットとして飼っていたフグのパブローが死んだ際にはバラード曲を作るほどのビーガンスタイル。また最近ではヨガを日課にしている様子を動画でアップしている。派手な衣装やセクシーな露出のパフォーマンスがいつも話題になっているマイリーだが、プライベートなライフスタイルは心身ともに穏やかのようだ。 「マイリー・サイラス」の公式インスタグラムに掲載されたビーガン料理 Vegan dinnnna post werk! Eat mo love!!! ❤️ A photo posted by Miley Cyrus (@mileycyrus) on …

Read More
イギリスで、ヴィーガンが爆発的に増えている!?

イギリスで、肉魚さらには卵乳はちみつといった動物性食材を食べないヴィーガンというライフスタイルが増えているそうです。その背景について、また今後のヴィーガン状況について書かれた記事をアニマルズジャパンから紹介します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー イギリスで、ヴィーガンが爆発的に増えている!その背景とは イギリスでは、ヴィーガンのライフスタイルが流行っています! ヴィーガン協会が行った最新の調査によると、この10年でイギリスのヴィーガンの人口が360%も増加したそうです。 2006年に、ヴィーガンと名乗っているイギリスの方は15万人いましたが、今年ヴィーガンの人口が54万人を上回ったとのこと。 「前よりも、多くの人はヴィーガンの健康、環境上のメリットを生かし、牛乳産業や食肉産業の現状を知った結果、動物たちの苦しみ・虐待をもうサポートしないと決意しています。」と協会の代表 Jasmijn De Booがプレースリリースで語っています。 ヴィーガンの人口がものすごい速さで増加した理由とは? 「ヴィーガンの盛りの背景には、様々な原因があります。」とDe Booが説明しています。「最近、メディアではヴィーガンのことはポジティブに描かれているし、畜産業の衝撃的な現状、および畜産業の及ぼす問題に関するドキュメンタリー映画が有名になっています。」 「さらに、社会の健康に対する意識が高まっているとともに、ソーシャルメディアでは美味しそうなヴィーガンレシピがブームになっているし、多くのヴィーガンアスリートが菜食で健康的な人生を送ることができると証明しているのですね。」 同調査によると、イギリスはベジタリアンも百万人以上います。そのうち52万人は動物性食品をさらに減らしたいと回答していますので、近い未来にイギリスのヴィーガン人口は2倍も増え、百万人に到達するだろうと考えられています。 「私たちが地球、動物たち、環境のためにできることといえば、ヴィーガンになるに越したことはありません。」とDe Booがプレースリリースの最後に語っています。「あなたは、どうしますか?」 Source: アニマルズジャパン Posted by Tsubomi.H

Read More
英国の新聞INDEPENDENT 『誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと』の1つ、健康について

英国新聞社INDEPENDENTが、「誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと」を報じました。 ”もし先進国の人々がみな、ビーフバーガーの代わりにビートバーガーを選ぶようになったらどうなるだろう?” この答えとなる5つのことを順次ご紹介してきましたが、今回はその4つ目、人の健康についてです。 ”NHSの状況が緩和される ” ”肥満は文字通り英国人を殺している。NHS(イギリスの国営医療サービス事業)は、肥満がこのまま抑制されなければ、国の肥満率が健康サービスを破たんさせるだろうと警告している。コレステロールと飽和脂肪を含む肉、乳製品そして卵は肥満の主要な要因であり、英国の死亡原因のトップである心臓発作、脳卒中、糖尿病、そして様々なガンの原因となっている。 たしかに太り過ぎたベジタリアンやビーガンもいる、やせた肉食者もいるように。しかし、平均的に見ればビーガンの肥満率は肉食者の10分の1ほどである。 高脂肪な動物由来の食品を健康的な果物や野菜や穀物に替えれば、体重を積み上げるのは難しくなるだろう。さらに、植物ベースの食事によって多くの健康問題が改善され、治癒することさえ出来る。” 英国新聞社INDEPENDENTが報じた、「誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと」の答え、いかがでしたでしょうか。 INDEPENDENTは、今回の5つの答えを報じた記事を、次のように締めくくっている。 ”ビーガンになることで世界が完ぺきな場所になるわけではないかもしれないが、世界をより優しく、環境によく、健康的なものに変える助けとなるだろう。” Source: Science Time Posted by tsubomi H

Read More