ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Health からだ

ベジタリアンの食生活と健康、美容、医療に関する記事、また、マクロビオティック、オーガニックに関する記事です。

There is no excerpt because this is a protected post.

Read More

R.B.G株式会社より発売されている、天然100%、完全無添加の化粧品シリーズ「サプミーレ (Supmile)」から6アイテム、「エフェラル(efferal)」から1アイテムが、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得し、6月よりヴィーガンマーク付きのパッケージで販売が開始されます。こちらのアイテムは、オーガニック化粧品ということもポイント。 お得なセットの紹介もあるので是非最後まで一読くださいね。 R.B.G株式会社さんの社名の由来は、Relax Botanical Garden。 製造販売をされている製品は、どれも厳選された原料が使用され、その原料は天然由来100%です。動物実験はどの製品にもされておらず、製品の入っている紙パッケージにはFSC認証(持続可能な管理がされた森林資源であることの認証制度)を取得された紙箱が使用されています。 製品の価値が評価され、サプミーレのヴィーガン認証も取得されている4アイテムは、国内2箇所にあるBIO HOTELでもアメニティとして採用されています。 それでは、それぞれのアイテムについてご紹介します。 Supmile(サプミーレ) クレンジングミルク なめらかな植物性ミルクが、とけこむようにメイクとなじみキメや毛穴の奥の汚れを包み込みます。肌を保護しながら負担をかけず、クレンジングはしっかりしてくれます。洗い上がりはやわらかく、しっとりとした感触です。コメヌカ油をメインとした天然植物のオイルだけで作られている贅沢なクレンジングミルク。ゴヨウマツ種子油やアルガンオイルが肌の潤いを守りながらメイクと毛穴の汚れを落としてくれます。 Supmile(サプミーレ) パウダーウォッシュ 天然植物由来成分のみで作られたふんわりパウダーの洗顔料。天然洗浄成分ムクロジエキスやパパイン保湿力の高い植物エキスも配合されています。弾力のあるキメ細やかな泡立ちに、肌が優しく包み込まれます。潤いなどの肌に必要なものは残し、余分な角質や毛穴の汚れは無理なく落としてくれます。肌をいたわる褐藻エキス、ツボクサエキスの保湿成分のおかげで、健やかな肌に 。簡単にフォームを作ることのできる専用の泡立てネット付きです。 Supmile(サプミーレ) モイストウォーター 厳選した植物エキスを肌にたっぷり届ける化粧水。乾燥やシワの原因は角質の水分不足と言われています。肌の水分保持力を高めるザクロエキスがたっぷり配合されているため、水分循環を補うことができ角質のモイスチャーバランスを保たせることができます。潤い保持にこだわって処方されていますが、敏感肌の方でもしみることなく心地よく使用することができます。エコサート認証を取得している8種のミックス植物エキスが、乾燥や肌荒れで乱れたキメに浸透し健やかな肌環境へと整えてくれます。 Supmile(サプミーレ) モイストヴェールクリーム なめらかで伸びの良い乳液状のクリーム。ベタつきのないやわらかな使用感で、肌の水分と油分のバランスを整えてくれます。モイストウォーターで潤ったお肌に、ほんの少しの量でしっかりヴェールしてくれます。エモリエント成分のスクワラン、ホホバ種子油、ゴヨウマツ種子油が肌をやわらくし、ザクロエキスが肌の水分保持力を高めてくれます。つるつるとしたシルキー肌をきっと実感できるのでは。するっと伸びるので、肌に摩擦がかからずマッサージしながらスキンケアを楽しむことができます。 上述の4種類のお試しセットも、お得にオンラインで販売中です。⇒ Supmile(サプミーレ)トライアルセット …

Read More

マルサンアイ株式会社さんより全国で発売中の植物性プロテインドリンク「VEGAN PROTEIN -MATCHA SOY LATE-」(ヴィーガンプロテイン 抹茶ソイラテ)は、みなさんもうお試しになられましたでしょうか。 マルサンアイさんといえば、マルサン坊やのマークでお馴染みですよね。 味噌や豆乳などの大豆製品を多く展開されている製造メーカーです。豆乳の種類にも色々あり、私はタニタカフェ監修のオーガニック豆乳を冷蔵庫にいつもストックしています。 また、豆乳グルトも製造販売されていて私のお気に入りの一つです。豆乳グルトには、味噌やキムチなどにも含まれる植物性乳酸菌が豊富です。その植物性の乳酸菌が特に、人の腸に取り込まれると善玉菌として働き腸内環境を改善に繋がっていると言われています。免疫力を高めておきたい今、積極的に摂取したいですね! VEGAN PROTEIN さて、本題のVEGAN PROTEINを実際に飲んでみました。 ナチュラル感を感じられる素敵なパッケージです! Vegan Proteinは、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、ヴィーガンマーク入り。第一次原料だけではなく全ての原料において動物に由来していないことを証明しています。 Vegan Proteinは、香料や着色料、人工甘味料を使用していません。この辺りが気になる方にとっても安心。香料の香りが苦手という方にとっては、とても飲みやすいドリンクかと思います。抹茶の香りがほんのりと感じられ、濃厚な豆乳の風味とよく合います。 さらに、白砂糖ではなく有機アガペシロップが使われているため、やさしい甘さを楽しむことができます。また、さすがプロテインドリンク、タンパク質は1本に11gが含まれています。ヴィーガン生活だとタンパク質不足を心配されることがしばしばあるかと思いますが、そんなときにはこちらのVegan Proteinを紹介しましょう。 こんなにこだわり尽くしの飲料が、ナチュラルローソンやスーパーなど全国の量販店、オンラインにて販売中です。 商品の魅力がより分かるWebページがこれまた素敵な仕上がりなので、ぜひご覧くださいね。 → https://www.marusanai.co.jp/vegan_protein/ 以上、Vegan …

Read More

原文: Rachael Lucas 和訳: 大野南香 アメリカ、オレゴン州ポートランドの、今ネットで話題のヴィーガンミニモールに行ってきました。YouTubeで動画を見てからずっと行きたかったんです。ミニモールにはSweetpea Bakery、Food Fight! Grocery、The Herbivore Clothing Company、Scapegoat Tattooの4店舗が存在し、全店舗において100%ヴィーガンの商品が売られていました。4店舗各オーナーが、それぞれお店を2007年にミニモールに移転したことで、私の知る限りですが、世界初のヴィーガンモールができたのです。 ポートランドではベジタリアンビジネスが古くから盛んです。セブンスデー・アドベンチスト教会の教会員たちは1800年代後半にこの地域に定住し始めました。”A Food Biography”とも言われているポートランドでは、ヘザー・アーント・アンダーソンによると「20世紀初めにはすでに4つのベジタリアンレストランが存在していた。」と報告されています。今やヴィーガンが流行し、ストリップクラブ2店舗や乳製品不使用のチーズショップを含め49もの店舗がヴィーガンとしてこの都市の『Happy Cow』(ベジタリアン向けレストラン情報サイト)に掲載されています。  実際にヴィーガンミニモールにある全ての店舗を調査しました。まず、Food Fight!。インスタントラーメンからスープ(日本の『ちゅび・スープ』発見!)や持ち帰り用サンドイッチ、ソフトクリームと、ありとあらゆるものがあり、品揃えが豊富でした。プレッチェルバーガーバンズなど、個性的な珍しい商品もありました。私が小さい頃から大好きなお菓子、『チチャロン』(揚げたポークラインズ)もヴィーガン仕様で売られていました。お肉が使われていないチチャロンが作られているとは、知らなかったです。少数派民族に親しまれているお菓子でさえもヴィーガン仕様で陳列されており、アメリカでヴィーガニズムがどんどん広まっているのだと確信しました。 The Herbivore Clothing Companyには子供用の本や“Congratulations on …

Read More

今回は、トマトジュースやケチャップなどでお馴染みの食品メーカー・カゴメさんより2月末に発売されたヴィーガンのカレー2種をご紹介します。 「3種豆のベジタブルカレー」「大豆ミートのキーマカレー」の2つがNPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得し、発売中です。どちらも原材料に野菜とお豆がたっぷり含まれています。 大豆ミートのキーマカレーはしっかりスパイスの味が効いていて本格的!大豆ミートもひき肉の食感そっくりです。濃厚な味と食べ応えのあるキーマカレーに仕上がっています。 3種豆のベジタブルカレーは、野菜の甘みとコクが引き立つやさしい味わいです。しっかり煮込まれているお野菜もトロトロ! どちらの商品も、そのままライスと一緒にカレーライスにして食べるのはもちろん、トッピングを追加して具沢山カレーやチリビーンズにアレンジもできます。 お手軽なのにしっかりとお野菜が摂れることも嬉しいところ。 1食使い切りタイプのため、インバウンドのベジタリアン、ヴィーガン対応に困られているホテルや飲食店での対応メニューとしても活用が期待されています。 業務用の販売ではありますが、 大手インターネット通販や、一部スーパーで取り扱いがあるお店も。 是非、お試しくださいね! 商品の詳細:カゴメ株式会社によるニュースリリース

Read More

最近のニュースでは毎日の様にコロナウィルスが取り上げられています。死者は既に3000人を超え、日本でも多くの学校が休校になったり、様々なイベントがキャンセルや延期になっています。今回はこのコロナウィルスについてもう少し深く掘り下げて考察してみましょう。 コロナは中国の武漢で発生したという事実は皆さんも既にご存知かと思います。現在中国政府との関わりがあるコロンビア大学の教授によると、コロナウィルス発生の主要要因は肉・魚市場だそうです。感染者が増加し始めた1月に、政府によって現在市場は閉鎖されましたが、閉鎖される前は多くの野生動物を食用として販売していたそうです。鶏と豚はもちろんのこと、蛇やきつね、たぬき、ハリネズミまでもが食用肉として販売されていたということです。恐らく販売されていた動物の中に、コロナウィルスを持ったコウモリと接触した動物がいて、その動物が売り場にいた他の動物にもコロナを移し、人間がそれに触れたまたは人間の口に入ったことが原因と推測されています。 これに対して中国政府は、野生動物の食用販売を厳しくする政策を提示しましたが、今後のことを視野に入れると、これだけでは不十分だと思われます。 コロナは人獣共通感染症という動物から人間に感染する病気の一種です。代表的な例としては、豚インフルエンザ、鶏インフルエンザ、SARS、エボラ、大腸菌感染症等があります。人獣共通感染症の特徴としては、流行するたびに何千人から何万人もの死者が出るということです。 アメリカ政府のCDCによると、伝染病の六割は動物を通して広められていて、新しい伝染病の4分の3は動物からきているということです。動物といっても大切に飼われているペットではありません。暗く、汚く、狭く、糞便まみれの環境で育てられているため、病気にかかりやすい家畜動物たちです。植物と違って、生物として動物はある程度人間と似ているため、他の動物の病気が変異して、食べられることで人間に移ってくる可能性もあります。 そのため、動物保護の意識ももちろん大切ですが、動物を食べることによって健康に関するリスクが増加する可能性があることも、私たちは念頭に置く必要があります。特に家畜産業では、狭い納屋やケージに動物たちを押し込んでいる可能性が高いので、アニマルクルーエルティー(動物に対する残酷さ)はもちろんのこと、衛生面におけるリスクも高まります。その肉を食べることで人体にも被害が及ぶ可能性もあります。 コロナ予防対策として国連は、卵肉料理を食べる際には注意することを提唱しています。皆さんも、この機会に一度ヴィーガン料理を試してみませんか?

Read More

ソフトバンクが今年中にチリのAIを使用して植物性食品を製造する企業であるNotCoを含む南米の植物性食品企業に投資をする予定だと発表しました。 ソフトバンクは今後、長期的に利益を得ることができる可能性の高い企業に投資していく方針を明確にしました。具体的にはどのような企業が長期的に利益を得るということは供述しませんでしたが、ブラジル、ペルー、チリにある企業に注目しているそうです。 その中でも特にチリのヴィーガンスタートアップ企業、The Not Company(NotCo)に注目しております。NotCoは”Giuseppe”と言う名の3DプリントのAI技術を使って植物性食品を産み出すといった活動をしています。 NotCoは既に去年、英国ロンドンに本社を置くグローバル投資会社 The Craftoryによって投資されたことによって大企業にも注目を置かれる存在となりました。 NotCoは、時代の変化を恐れずに、持続可能性のある食生活と地球環境、人間と全ての動物に公平な社会を実現するために変化を起こすべきだと考えています。動物に対しても環境に対しても優しくない現在の食物連鎖ではなく、持続可能な食物の製造を目指しています。未来を「想像する」のではなく「創造する」をスローガンに、食品の香りや味、食感はそのままに、100%植物性由来の方法で製造されたサステイナブルな食品を製造しています。 現在はマヨネーズ、アイスクリーム、ミルクなどの製品を販売しています。 写真: NotCo これはそのマヨネーズですが、なんと、通常のマヨネーズが製造過程で194リットルもの水を消費するのに対し、ノットマヨは83%減の32.42リットルしか水を使用しません!更に通常のマヨネーズを作るのには0.4kgの二酸化炭素を生み出すのに対し、ノットマヨは37%減の0.25kgです。更に、オリジナルマヨネーズの他にも、ガーリック、スパイシー、オリーブの全部で4種類もの味で販売されています。 ミルクも通常のミルクの他にチョコレートミルク、アイスクリームもバニラ、チョコレート、クッキーアンドクリームと、味の選択肢が豊富なのも嬉しいですね! 日本でもNotCoの製品を購入できるようになる日が来るのが待ち遠しいです。 環境にも身体にも優しい製品を製造する企業が増えることは嬉しいですね。さらに、ソフトバンクという日本の大手企業もヴィーガン業界に注目しだしていることは喜ばしいことだと感じています。 これをきっかけに今後更に多くの日本企業がヴィーガンやサスティナブルな事業に関心を持ってくれることを望みます。 参考文献 https://vegconomist.com/companies-and-portraits/japans-softbank-group-to-invest-in-latin-american-plantbased-foodtech/?utm_source=mailpoet&utm_medium=email&utm_campaign=top-stories-25-02-2020

Read More

写真:スターバックスジャパン アメリカ発祥の大手コーヒーブランド、スターバックスが環境保護を考慮して、今後植物性ミルクを積極的に推進していく方針を発表しました。 スターバックスは2030年までに二酸化炭素排出量を50%削減することを目標に掲げました。具体的には、2030年までに乳製品の提供をやめ、植物性のミルクやクリームを使った商品を提供するそうです。 植物性ミルクへ変更する理由 スターバックス会社のCEO、ケビン・ジョンソン氏は「消費者の需要は既に動物性から植物性のミルクへと遷移し始めている」と供述されました。 消費者がドリンクにミルクやホイップを追加したら、環境にはどのくらいの影響があるかご存知ですか?もし、ミルクやホイップが使用されているドリンクが100万杯売れたとしたら、それはスターバックス本社のプライベートジェットの50倍もの温室効果ガスを排出すると言われています。 日本ではまだ豆乳しかオプションがないものの、アメリカ等の海外店舗ではアーモンド・ココナッツ・オーツミルク等、植物性のオプションが豊富に提供されています。北米では既に15-20%の消費者が動物性ミルクの代わりに植物性ミルクを選択しているそうです。今回の発表を機に、今後日本でも植物性ミルクの選択肢が豊富になりそうですね! 写真:スターバックス 植物性ミルクと牛乳の栄養価比較 牛乳 カップ1杯(240ml)につき、146カロリー、 8gのたんぱく質、 8g の脂質と13gの炭水化物が含まれています。 豆乳(無調整) 同じくカップ1杯につき80-90カロリー、 4-4.5gの脂質、 7-9 gのたんぱく質、4グラムの炭水化物を含みます。筋肉源となるたんぱく質の量は牛乳と等しい代わりに、脂質とカロリーを大幅にカットすることができます。また、豆乳は数ある植物性ミルクの中でも優れもので、たんぱく質が含む必須アミノ酸を全て含んでいます。 アーモンドミルク(無調整) 同じくカップ1杯につき30-35カロリー、 2.5gの脂質、 1gのたんぱく質、1-2グラムの炭水化物を含みます。アーモンドミルクは植物性ミルクの中でも低カロリーで、カロリー消費量を抑えたいという人に効果的です。さらに、アーモンドミルクは抗酸化物質に富んだビタミンEを豊富に含んでおります。 ココナッツミルク(無調整) …

Read More

渋谷の西武地下2階、シナグロ渋谷店は、産地直送のオーガニック野菜がたくさん食べられることで人気。さらに、ヴィーガンメニューがあること、皆さんご存知でしたでしょうか。 メニューにある”フレッシュトマトのマリナーラピザ” と “フレッシュトマトのポモドーロパスタ”は、ヴィーガンマークが付いています。NPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得しているほど、真剣な対応。 私たちは、ヴィーガンのピザとパスタに加えて、単品に¥600で追加できるサラダブッフェのセットを注文しました。お腹が空いていてお料理が来るまで待てない!という時にサラダバーがあると嬉しいですよね。 シナグロさんのこだわりはなんと言っても産地直送のオーガニック野菜。お店に毎朝農家から直接届く旬の野菜を見て、その野菜の味を1番に引き出せる方法をシェフが考えて調理するんだそうです!そのため、サラダブッフェのお野菜やデリも毎日異なります。毎日来ても飽きることがありませんね。 お野菜は収穫された日ごとに味が違うため、お客様に常にベストなお食事を提供できるよう、工夫されていらっしゃいます。 さらに、お野菜の鮮度を保つためにも、関東近郊の農家から主にお野菜を仕入れられているそうです。 サラダや生野菜の他にも、お野菜たっぷりのデリや、キヌアやチアシードがあるスーパーフードのコーナーまで! さらに、ヴィーガンでも楽しめるメニューがほとんど。こんなに充実したサラダブッフェでこのお値段は嬉しいですね。 お野菜はどれも新鮮で、口の中でみずみずしさや野菜本来の美味しさが広がります。デリも、素材の味が引き立てられている味付けで大満足!しかも、全てオーガニックなので心も体も嬉しいですね。 さて、メインディッシュの到着です! ピザにもパスタにも、ふんだんにオーガニックトマトとバジルが使われています。 ピザは、なんといっても生地がもちもち!薄いのに食べ応えがあって、クラストの部分も食べやすいです。このもちもちの生地と、トマトソースの相性が抜群。トマトの自然の甘みが活かされた贅沢な美味しさです。 パスタは、トマトがとにかく甘く、ごろごろたくさん入っていました!一口食べるとトマトの甘味とバジルの香りが口の中に広がります。 パスタやピザだとどうしても炭水化物に栄養が偏ってしまいがちですが、こうやってお野菜がふんだんに使われていると更に美味しく食べることができますね。 ヴィーガンメニューの表示を始められたシナグロさんですが、現在は渋谷店でのみのヴィーガンメニュー。しかし、好評のため、今後は新宿店や大宮店でも提供なさる予定とのことです。また、ヴィーガンメニューのバリエーションも今後増やして行く予定とのこと。とても楽しみですね! シナグロさんでは、ベジプロジェクト作成の「東京ベジマップ」も配布頂いています。渋谷にお立ち寄りの際は是非チェックしてみてください! オーガニックの野菜をたっぷりとって、体の内側から美しくなりましょう!

Read More

バレンタイン直前ということで、ヴィーガンの方でも楽しめる濃厚ヴィーガンブラウニーのレシピを公開しようと思います。 ヴィーガンの方もそうでない方も、是非一度お試しください。 -材料- 〜ブラウニー〜 さつまいも 2本 ナッツバター 1カップ 純ココアパウダー 1/2カップ メープルシロップ 1/4カップ ブラウンシュガー 1/4カップ 植物性ミルク 1カップ ココナッツオイル 適量 〜フロスティング〜 植物性クリーム 1カップ ヴィーガンチョコレート 2カップ -作り方- オーブンを170度に余熱します。 さつまいもを柔らかくなるまで火を通し、フォークでピューレ状になるまで潰します。 潰したらココアパウダー、植物性ミルク(私は今回豆乳を使いました、溶かしたナッツバター(私はピーナッツバターを使いました)、ブラウンシュガー、メープルシロップを入れ、均等になるまで混ぜ合わせます。 ココナッツオイルを敷いた型に流し入れ、余熱したオーブンで20-25分焼きます。 ブラウニーを焼いている間に、小鍋に植物性クリームとチョコレートを入れ、弱火にかけます。 チョコレートが溶けたら木べらでよく混ぜ合わせ、火からおろし、ハンドミキサーでもったりするまで混ぜ合わせます。 出来上がったら冷蔵庫に入れ冷やします。 ブラウニーが焼きあがったら、常温になるまで冷まし、フロスティングを乗せて30分程度冷蔵庫で冷やしたら完成! 切り分けてお楽しみください! …

Read More