ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "動物"

動物

,

フレキシタリアンとは? ~フレキシタリアンの大事な意義~

肉、魚介、卵、乳、蜂蜜といった動物性食品に由来するものを食べない、さらに身に付けないというヴィーガンになる理由は、探れば探るほど出てきます。 1)環境に優しい2)食肉処理場では、動物の状態だけでなく、そこで働く人々にとっても危険で過酷な状況だといわれることがある中、そのような食肉処理場を有する企業を支援しないことに繋がる3)コレステロールを下げる、寿命が長くなるともいわれていて、健康にも良い などなど、上記の他にも様々な理由でヴィ―ガンになる人がいます。そして、ヴィ―ガンとして日々楽しく生活している人がいます。 しかし理由を知った上でも、生活を変えるのは難しい人も多いのではないでしょうか。 食べ物は家族との思い出や文化への誇りも詰まっているでしょう。「100%ヴィーガン」の食生活を送ることはいつも簡単とは限りません。また食生活が多様化している世の中ですが、ヴィ―ガンの選択肢が常にあるわけではないでしょう。 そこでヴィ―ガンへの切り替えがすぐには難しい人に、「フレキシタリアン」という食生活をご紹介したいと思います。 「フレキシタリアン」は英語の “flexible” という言葉に由来しています。「フレキシブル」、つまり柔軟な態度をとることです。 大半はヴィーガンを心がけヴィーガニズムを応援するものの、100%ヴィーガンでない時がある人も、「フレキシタリアン」という立場で、ヴィーガニズムに関わることができます。定義が曖昧なことも良いところで、フレキシタリアンには色々な人がいます。大体ヴィーガンやべジタリアンで、特別な機会だけ動物由来のものを食べる人もいれば、ルールを決めて朝と昼はヴィーガン食にしている人もいます。「ミートフリー・マンデイ」という、月曜日は肉を食べないキャンペーンも世界中で広まっていますが、そのような取り組みもフレキシタリアンの中に含まれます。 フレキシタリアンを定義づけするとしたら、 「なるべくヴィーガンであるが、精神的に無理せず、自分に居心地のよいペースでヴィーガンを取り入れていくこと」です。 実はフレキシタリアンでも、ヴィーガンでいることの恩恵をかなり受けることができます。例えば健康の面では、ある研究によると、食事の70%が植物由来の人は一番肉を多く食べているグループに比べて、心臓病で死亡する確率が20%低かったのです。(資料出典:https://health.usnews.com/best-diet/flexitarian-diet/health-and-nutrition) また植物からしか取れない食物繊維を毎日10g余分に食べることで、大腸に関連する病気のリスクも9%ずつ下げることができます。(資料出典:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24216326/) さらにヴィーガンの食べ物をより多く摂取することで、植物からしか取れない、老化防止の抗酸化剤もより取り入れることができるでしょう。 他にも、動物虐待、人権問題、環境の破壊の観点で、これらにほぼ加担しないヴィ―ガンに対し、フレキシタリアンも、何もしないよりもずっと良いということもポイントです。 そんな恐ろしいものに対して中途半端に加担するなんて!と思う人もいるかもしれませんが、世の中の人の多くは、あまりにも恐ろしいから目を背けたくなっていることが現状でしょう。それに、何かしてあげたくてもいきなりヴィーガンになることはハードルが高すぎと感じるのが多くの人の実情。 そのため、こういう重いトピックを自分のペースで、罪悪感に潰されず向き合っていくことが大事だと思います。 フレキシタリアンは人の「できる範囲」が一人一人違うということを尊重する思考です。 みんな自分のできる範囲で行動を起こすのが、世界を変える力をもつのではないでしょうか? 私は今年でヴィーガン2年目になりますが、ヴィーガンの広め方についていろいろ考えてきました。近年のアメリカでヴィーガンは特に広まっていますが、実はベジタリアンとヴィーガンの数は全く上がっていません。しかし、フレキシタリアンの人は増えています。自分を「フレキシタリアン」と名乗らなくても、アメリカ人の多くは肉食を減らそうと思っていて、4分の1は実際にもう減らしていると言われています。(資料出典:1.https://vegconomist.com/studies-and-numbers/56-of-americans-are-likely-reducing-meat-as-a-new-year-resolution/2.https://thehill.com/changing-america/sustainability/environment/480049-fewer-americans-are-eating-less-meat-heres-why) どのヴィーガン商品の会社に聞いても、お客さんのほとんどはヴィーガンやベジタリアンではないと報告しています。つまりアメリカでのヴィーガニズムの成功は、フレキシタリアンのおかげなのです。 さらに、フレキシタリアンが動かしているのは経済だけではありません。 フレキシタリアンが多ければ多いほど、社会で「ヴィーガン」が普通として見られ、良い風として受け止められるようになります。フレキシタリアンは完全にヴィーガンの消費をしなくても、ヴィーガンの魅力やヴィーガンレシピについて話すことができます。また、周りの人にヴィーガンの良いイメージを広めることができたりと、周りの人にとっての情報源となります。 …

,

コロナウイルスの原因と国連が提唱する対策とは

最近のニュースでは毎日の様にコロナウィルスが取り上げられています。死者は既に3000人を超え、日本でも多くの学校が休校になったり、様々なイベントがキャンセルや延期になっています。今回はこのコロナウィルスについてもう少し深く掘り下げて考察してみましょう。 コロナは中国の武漢で発生したという事実は皆さんも既にご存知かと思います。現在中国政府との関わりがあるコロンビア大学の教授によると、コロナウィルス発生の主要要因は肉・魚市場だそうです。感染者が増加し始めた1月に、政府によって現在市場は閉鎖されましたが、閉鎖される前は多くの野生動物を食用として販売していたそうです。鶏と豚はもちろんのこと、蛇やきつね、たぬき、ハリネズミまでもが食用肉として販売されていたということです。恐らく販売されていた動物の中に、コロナウィルスを持ったコウモリと接触した動物がいて、その動物が売り場にいた他の動物にもコロナを移し、人間がそれに触れたまたは人間の口に入ったことが原因と推測されています。 これに対して中国政府は、野生動物の食用販売を厳しくする政策を提示しましたが、今後のことを視野に入れると、これだけでは不十分だと思われます。 コロナは人獣共通感染症という動物から人間に感染する病気の一種です。代表的な例としては、豚インフルエンザ、鶏インフルエンザ、SARS、エボラ、大腸菌感染症等があります。人獣共通感染症の特徴としては、流行するたびに何千人から何万人もの死者が出るということです。 アメリカ政府のCDCによると、伝染病の六割は動物を通して広められていて、新しい伝染病の4分の3は動物からきているということです。動物といっても大切に飼われているペットではありません。暗く、汚く、狭く、糞便まみれの環境で育てられているため、病気にかかりやすい家畜動物たちです。植物と違って、生物として動物はある程度人間と似ているため、他の動物の病気が変異して、食べられることで人間に移ってくる可能性もあります。 そのため、動物保護の意識ももちろん大切ですが、動物を食べることによって健康に関するリスクが増加する可能性があることも、私たちは念頭に置く必要があります。特に家畜産業では、狭い納屋やケージに動物たちを押し込んでいる可能性が高いので、アニマルクルーエルティー(動物に対する残酷さ)はもちろんのこと、衛生面におけるリスクも高まります。その肉を食べることで人体にも被害が及ぶ可能性もあります。 コロナ予防対策として国連は、卵肉料理を食べる際には注意することを提唱しています。皆さんも、この機会に一度ヴィーガン料理を試してみませんか?

,

スペインでヴィーガン台頭!

過去数年間に、他の西洋の国と同様に、スペインのヴィーガン人口が急激に増えてきた。まだ少数な生き方であるものの、スペインの都会のレストランはどこへ行っても、ヴィーガンオプションが見つけられる。田舎は状況が少し違っているが、最近少しずつヴィーガンオプションが広がっている。 このヴィーガン主義の進歩に伴って、スペイン社会も変わってきた。例えば、政治界において、動物の権利を守る目的でいくつかの政党が作られた。その中で、一番大切なのはPACMAと言う政党である。証拠として、2004年に行われた総選挙で、PACMAの得票数は6.5万票に過ぎなかったが、2019年には130万票を超えた。 PACMA動物主義者党のキャンペーン写真 / PACMA しかし、この社会変化の原因をどこで見つけられるのだろうか。スペインは闘牛で世界中によく知られているので、スペイン人以外の人々にとってこのスペインのヴィーガンの台頭は意外なことかもしれない。ところが、過去を振り返れば、おそらくこの社会現象のきっかけが理解できるようになるだろう。 数十年前から、民主主義化に伴って、スペイン人の社会習慣や価値観が変わってきた。というのは、スペインは寛容で多元的な国になっていた。例として、2005年に、スペインは同性婚を承認した世界で三番目の国になった。その上、移民に対して、スペインは世界でもっとも歓迎的な国の一つである。 しかし、このことは動物の権利とどう関わっているのだろうか。実は、何人かの心理学者によると、動物に対する共感はマイノリティの人々に対する共感と深い関係があるそうである。であるからこそ、マイノリティの人々の権利を認める政策が、動物に対する新しい行動をスペイン人に提案した可能性がある。 ただし、この理論でスペインのヴィーガンオプションの人気化が本当に説明できるだろうか。この話題を巡って、いくつかの意見が交わされているが、まだ真理がわからない。結論がでるのを待つしかないが、その間に、是非、スペインへ来て、ヴィーガン料理を食べてみてください! バルセロナの有名なボケリア市場 / Tupungato Written by ハイメ・イダルゴ・プリド (Jaime Hidalgo Pulido) 参考文献: Dhont, K., Hodson, G., y Leite, A. …

,

”動物好き”な人、そうでもない人、全ての人に見てもらいたいショートフィルムが完成

フランス人映像作家のセドリック・ローランドのショートフィルムが日本語字幕でも完成。 私たち人間が可愛いとも思うブタ、美味しいと食べている豚。 かわいらしいブタのキャラクター映像を楽しめる以上に、何か心に残ることがきっとあるのでは。 原題:Voir le Soleil (英語タイトル:See The Sun, 邦題:太陽を見たい)

,

メルボルン、オーストラリア:世界のヴィーガンの中心

BY ヘレン・マーヴェル (IG: @veggiesushiandthecity) 今月私は日本から離れます。この地域にいる間に、もう1箇所だけ行ってみたいところがありました。世界のヴィーガンの中心、オーストラリアのメルボルンです。 旅の準備をするときは、いつも動物とヴィーガンを中心に考えます。今回も事前のオンラインリーサチやソーシャルメディアで知り合った仲間に尋ねまわり、情報を収集しました。 Smith & Deli/Smith & Daughters、 Vegie Bar や Red Sparrow はどこでも人気店の上位にランキングされていました。滞在中はブランチとディナーだけで大丈夫と思っていたのですが、ヴィーガン食を満喫するには毎日3食食べないとカバーしきれないほど、メルボルンには数多くの美味しいヴィーガンフードがあることが分かりました!  Melbourne City Skyline from St. Kilda Pier …

,

生活用品のリユースと動物たちへの寄付、日本を離れる女性の優しい選択

イギリス人のヘレン・マーヴェルさんは、日本で家畜動物の現状を少しでもよくするための活動をしてきました。 そんな彼女が4月に日本を去り、次はスペインへ向かうことに。 これまで日本で使ってきた家具、家電、キッチン用品、雑貨など、まだまだ使えるものを日本にいる方に譲ることを決めました。 その代わりに、「go fund me」というページより、彼女の活動への寄付を募っています。 集めた資金は、彼女の次の活動場所であるスペインで、動物たちを救う活動に使われます。 まだ使えるものを誰かに使ってもらい、譲ってもらった方の気持ちが、動物たちのためになる。 「いくらで譲ります」と価格を決めることだって、流行りのフリマアプリ「メルカリ」に出すことだってできる中、ヘレンのアイディアはとても素敵な方法ではないでしょうか。 気になる方は、彼女のFacebookのページをご覧くださいね! 下のリンク右上のFacebookマークをクリックすると、ヘレンのページに飛びます。 そしてそれぞれの写真に詳細が書かれています(*英語です)。 FREE SAYONARA SALE STUFF!! Round 1 👊🏻I’m leaving Japan soon and am …

,

「理性的で真の食の選択を」TEDでのスピーチが日本語字幕でご覧になれます

『私達が犬を愛し、豚を食べ、牛を履く理由』の著者であり、マサチューセッツ大学で心理学と社会学の教授でもあるメラニー・ジョイ氏のTEDxMüncheでのスピーチ。 肉食が当たり前と思っている方にこそ、ご覧頂きたいビデオです。 原題:Toward Rational, Authentic Food Choices