ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

現在の衆議院議員の任期は2021年10月21日まで。早期の解散・総選挙も取り沙汰されていますが、新型コロナウィルスの状況や東京オリンピック・パラリンピック、東京都議会議員選挙等を考慮して最善のタイミングを探っているものとみられます。いずれにしても、秋までには選挙があります。

誰に投票するか、みなさんの判断材料は何でしょう?

エシカル消費やベジタリアン・ヴィーガンのライフスタイルに注目が集まる今、人間だけではなく動物の幸せにも目を向ける人たちは増えてきているのではないでしょうか。そんな人たちにとって、政治家が動物たちを取り巻く問題の改善のために取り組んでいることも、投票の大切な指標の一つになるはず。

そこで、動物のために尽力する衆議院の議員さんをご紹介します。

今回紹介する議員さんたちはどなたも、超党派の「犬猫の殺処分ゼロをめざす動物愛護議員連盟」、「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟」及び「ベジタリアン/ヴィーガン関連制度推進のための議員連盟」に参加されています。

(四名、五十音順)

政治理念は「動物にやさしい街は人にも優しいに違いない」

串田 誠一 議員

くしだ せいいち
日本維新の会・無所属の会 衆議院議員(第1期)
比例代表(神奈川6区)選出
弁護士、マンガ原作者、元法政大学大学院特任教授

政治理念は「動物にやさしい街は人にも優しいに違いない」。動物の殺処分ゼロの国を目指そう!アニマルウェルフェアを世界標準にしよう!など、動物愛護を主な政策の第一に挙げられています。

2021年2月25日の予算委員会分科会では、採卵養鶏業は90%がバタリーケージ(狭いワイヤーの中での飼育方法)であることを憂い、平飼いに変更することを求め小泉環境大臣に対して質疑。同大臣から「バタリーケージはアニマルウェルフェアの観点からは推奨されるべきではない、農林水産省とも連携する」と答弁がありました。

動物を苦しめない環境づくりを常に追及し、アニマルウェルフェアに関して毎週土曜日にはClubhouseでトークをされています。

国会での質疑回数3期連続第1位で三ツ星国会議員の称号を持つ串田議員は、国民の声だけでなく動物の声も国会に届けています。

公式HP: https://kushidaseiichi.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/kushidaseiichi/
Twitter: https://twitter.com/kushidaof
Instagram:https://www.instagram.com/kushida_seiichi/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCbkZz3gDa_3oVLzAWfZeyKA
Clubhouse:@kushidaof

ベジタリアンを有言実行する議員

杉本 和巳 議員

すぎもと かずみ
日本維新の会・無所属の会 衆議院議員(第3期) 
比例代表(愛知10区)選出
元銀行員

ご自身がベジタリアンの食生活をされている、今現在おそらく唯一のベジタリアンの国会議員ではないでしょうか。ベジタリアンの食生活によって、「健康と精神的な安定」を得られたと話されている取材記事もあります。

国会の委員会でのお弁当も、杉本議員にはベジタリアン弁当が用意されるそうです。さらに「マイ箸」ならぬ「マイ醤油」を持ち歩き、普通は魚が含まれる出汁もマイ醤油に代えて食事をされることもあるんだとか。

周りの議員さんにもベジタリアンの存在やベジタリアン料理を知って頂くきっかけになる、貴重なベジタリアンを有言実行する議員さんです。

公式HP: https://www.sugimoto-kazumi.net/
Facebook: https://www.facebook.com/s755507/
Twitter: https://twitter.com/yuritobyone123
Instagram: https://www.instagram.com/kazumisugimoto123/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCjEqC0NpgBdSKtMtd-UgvNg?view_as=subscriber

世のため人のため動物のため「仁」をもった議員

高井 崇志 議員

たかい たかし
国民民主党・無所属クラブ 衆議院議員(第3期)
比例代表(岡山1区)選出
元国家公務員

日頃から動物福祉をライフワークに、「動物福祉(アニマルウェルフェア)を考える議員連盟」では副会長を務められています。二年前に行われた動物愛護法改正の際には中心的に携わり七年ぶりの大改正を実現。それでもまだまだ取り組むべきことがある動物問題に関して、目を背けず動物たちのための取組みを進められています。

国内のベジタリアン、ヴィーガンの普及のためにも、議連において本質を捉えながら発言を続けられてきました。このほど制定が検討されているベジタリアン、ヴィーガンの日本農林規格(JAS)に関し、提案原稿にはベジタリアンやヴィーガンの取組みを委縮させてしまうような内容がありました。JASの基準を満たさなければベジタリアン、ヴィーガンの表示ができないとするものです。今の案には保管場所を分ける等も基準に含まれているため、この基準で進むと専門店ではないレストランやホテル、メーカーにとって”ベジタリアン対応”、”ヴィーガン対応”は非常に難しいものになります。

そこで、国会でJASに関する法律を所管する農林水産省に対して質問。ベジタリアン、ヴィーガン市場のこれからにとって重要な答弁の一部は以下のとおりです。

問(高井議員):(ベジタリアン・ヴィーガンのJASについて)基準が厳しすぎた場合に、このJASの基準を満たさないとベジタリアンとかヴィーガンと表示してはいけないとなってしまったら、その取組が委縮しますし市場もせっかく広めようとしているのに、かえって小さくなってしまう。これでは意味がない。
欧米では(ベジタリアンやヴィーガンの)マークは複数存在している。JASを決めるのは良いが既にある団体のマークとか、あるいはベジタリアン・ヴィーガンの表示を排除することになるのではという懸念の声がありため、そういうことにはならないということを副大臣から答弁いただきたい。

答(葉梨副大臣):JAS法の63条は、政令で指定をすると、JASにおいて定められた名称の表示はJASを取得した者が使用できるという規定は確かにあるが、これは現在有機JASだけである。現在検討されているベジタリアン・ヴィーガンについては、この政令で指定されるわけではないので、仮にJASができてもすでに普及しているマークや表示が排除されるということはないと考えている。

この質疑の様子は、【動画】ベジタリアン・ヴィーガンの普及促進に向けて【2021年5月28日厚生労働委員会】からご覧いただけます。


NPO法人ベジプロジェクトジャパンが行うヴィーガン認証を含めた活動や、ベジタリアン・ヴィーガンの選択肢を広げていくことの大切さに理解を示されています。

公式HP: https://takaitakashi.com/
Facebook: https://www.facebook.com/takashi.takai.okayama/
Twitter: https://twitter.com/t_takai
Instagram:https://www.instagram.com/takashi_takai/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCntAEOL9zVIWEKLP7AuFERA

若者たちのファン増加中。自然系国会議員

堀越 啓仁 議員

ほりこし けいにん
立憲民主党 衆議院議員(第1期)
比例代表(群馬県第2区)選出
僧侶、作業療法士

自然系国会議員と自ら称し、アニマルウェルフェアをライフワークとして取り組まれています。環境委員会の委員であり、環境問題やアニマルウェルフェアに関して幾度となく質問に立たれています。最近では、5月28日に動物愛護管理基本指針に係る産業動物の適切な取り扱いについて質問をされ、小泉進次郎環境大臣とヴィーガンについても話す機会をもたれました。

ベジタリアンやヴィーガンの取組みに関しては、「広げなくては意味がない、みんなで広げていこうよ」という思いをもって議連にも参加されています。ご自身もベジ移行中だとか。また、「動物福祉と倫理的消費 アニマルウェルフェアとエシカル消費」と題する座談会を地元で開催し、私たちの買うものと自然環境や動物の福祉とのつながりについて話されました。

インスタグラムではご自身の考えや暮らしぶりを頻繁に紹介し、若い世代やサステナブルでエシカな暮らし方に関心をもつ人たちの中からもファンが増えています。動物の福祉や動物の権利の向上を長年訴え続けてこられ、ご自身も保護猫と暮らしています。

公式HP: https://horikoshi-keinin.jp/index.html
Facebook: https://www.facebook.com/horikoshi.keinin
Twitter: https://twitter.com/horikoshikeinin
Instagram: https://www.instagram.com/horikoshikeinin/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC0eYFJKRpjc7WzaJnYxpdsQ
Clubhouse: @horikoshikeinin

さいごに

動物は食料、衣料、薬、さらに実験台として人間に使われています。また癒しとなって人間を支えることも。

ベジタリアンやヴィーガンでなくても少しでも動物を食べることをやめたり、動物を身に着けることをやめたりすることで、動物たちの幸せのために取組むこともできます。

みんなで動物たちにもやさしい世の中を作っていきませんか。

次の選挙では、動物たちのことも考えられる、寄り添うことができる議員を応援するのも、その一つの方法ではないでしょうか。