ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ベジタリアン" (Page 3)

ベジタリアン

,

コロナウイルスの原因と国連が提唱する対策とは

最近のニュースでは毎日の様にコロナウィルスが取り上げられています。死者は既に3000人を超え、日本でも多くの学校が休校になったり、様々なイベントがキャンセルや延期になっています。今回はこのコロナウィルスについてもう少し深く掘り下げて考察してみましょう。 コロナは中国の武漢で発生したという事実は皆さんも既にご存知かと思います。現在中国政府との関わりがあるコロンビア大学の教授によると、コロナウィルス発生の主要要因は肉・魚市場だそうです。感染者が増加し始めた1月に、政府によって現在市場は閉鎖されましたが、閉鎖される前は多くの野生動物を食用として販売していたそうです。鶏と豚はもちろんのこと、蛇やきつね、たぬき、ハリネズミまでもが食用肉として販売されていたということです。恐らく販売されていた動物の中に、コロナウィルスを持ったコウモリと接触した動物がいて、その動物が売り場にいた他の動物にもコロナを移し、人間がそれに触れたまたは人間の口に入ったことが原因と推測されています。 これに対して中国政府は、野生動物の食用販売を厳しくする政策を提示しましたが、今後のことを視野に入れると、これだけでは不十分だと思われます。 コロナは人獣共通感染症という動物から人間に感染する病気の一種です。代表的な例としては、豚インフルエンザ、鶏インフルエンザ、SARS、エボラ、大腸菌感染症等があります。人獣共通感染症の特徴としては、流行するたびに何千人から何万人もの死者が出るということです。 アメリカ政府のCDCによると、伝染病の六割は動物を通して広められていて、新しい伝染病の4分の3は動物からきているということです。動物といっても大切に飼われているペットではありません。暗く、汚く、狭く、糞便まみれの環境で育てられているため、病気にかかりやすい家畜動物たちです。植物と違って、生物として動物はある程度人間と似ているため、他の動物の病気が変異して、食べられることで人間に移ってくる可能性もあります。 そのため、動物保護の意識ももちろん大切ですが、動物を食べることによって健康に関するリスクが増加する可能性があることも、私たちは念頭に置く必要があります。特に家畜産業では、狭い納屋やケージに動物たちを押し込んでいる可能性が高いので、アニマルクルーエルティー(動物に対する残酷さ)はもちろんのこと、衛生面におけるリスクも高まります。その肉を食べることで人体にも被害が及ぶ可能性もあります。 コロナ予防対策として国連は、卵肉料理を食べる際には注意することを提唱しています。皆さんも、この機会に一度ヴィーガン料理を試してみませんか?

,

【リリース延期】東京ベジマップ第3版・京都ベジマップ第2版の制作開始!

【UPDATE:コロナウィルスの影響を考慮し、ベジマップ発行も延期することに致しました。今後のスケジュールに関しては決まり次第ご案内させて頂きます。】 NPO法人ベジプロジェクトジャパンは、2016年に京都ベジマップの初版、2019年に東京ベジマップの第二版を発行しました。 観光案内所や飲食店などで配布され、国内外から好評を得ているベジマップ。 東京ベジマップ第3版・京都ベジマップ第2版をオリンピック前にリリース予定! 東京ベジマップ第3版と京都ベジマップ第2版制作開始にあたって、マップで紹介する掲載店と、制作・発行を支援するスポンサーを募集しています! ヴィーガンメニューがお店のメイン料理にあるお店さん、掲載検討中のお店さんは、ベジプロジェクトまでご連絡を。 「是非このお店を載せてほしい!」という情報もベジプロジェクトまで。「ベジマップに載ったらいいよ」と直接お店にお話ししてみるのも良いですね。 みんなでベジマップを盛り上げましょう! お問い合わせはNPO法人ベジプロジェクトジャパンまで:contact@vegeproject.org

,

有機の産直野菜を使ったブッフェとピザ・パスタのお店CINAGRO渋谷店はヴィーガンも楽しめる!

渋谷の西武地下2階、シナグロ渋谷店は、産地直送のオーガニック野菜がたくさん食べられることで人気。さらに、ヴィーガンメニューがあること、皆さんご存知でしたでしょうか。 メニューにある”フレッシュトマトのマリナーラピザ” と “フレッシュトマトのポモドーロパスタ”は、ヴィーガンマークが付いています。NPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得しているほど、真剣な対応。 私たちは、ヴィーガンのピザとパスタに加えて、単品に¥600で追加できるサラダブッフェのセットを注文しました。お腹が空いていてお料理が来るまで待てない!という時にサラダバーがあると嬉しいですよね。 シナグロさんのこだわりはなんと言っても産地直送のオーガニック野菜。お店に毎朝農家から直接届く旬の野菜を見て、その野菜の味を1番に引き出せる方法をシェフが考えて調理するんだそうです!そのため、サラダブッフェのお野菜やデリも毎日異なります。毎日来ても飽きることがありませんね。 お野菜は収穫された日ごとに味が違うため、お客様に常にベストなお食事を提供できるよう、工夫されていらっしゃいます。 さらに、お野菜の鮮度を保つためにも、関東近郊の農家から主にお野菜を仕入れられているそうです。 サラダや生野菜の他にも、お野菜たっぷりのデリや、キヌアやチアシードがあるスーパーフードのコーナーまで! さらに、ヴィーガンでも楽しめるメニューがほとんど。こんなに充実したサラダブッフェでこのお値段は嬉しいですね。 お野菜はどれも新鮮で、口の中でみずみずしさや野菜本来の美味しさが広がります。デリも、素材の味が引き立てられている味付けで大満足!しかも、全てオーガニックなので心も体も嬉しいですね。 さて、メインディッシュの到着です! ピザにもパスタにも、ふんだんにオーガニックトマトとバジルが使われています。 ピザは、なんといっても生地がもちもち!薄いのに食べ応えがあって、クラストの部分も食べやすいです。このもちもちの生地と、トマトソースの相性が抜群。トマトの自然の甘みが活かされた贅沢な美味しさです。 パスタは、トマトがとにかく甘く、ごろごろたくさん入っていました!一口食べるとトマトの甘味とバジルの香りが口の中に広がります。 パスタやピザだとどうしても炭水化物に栄養が偏ってしまいがちですが、こうやってお野菜がふんだんに使われていると更に美味しく食べることができますね。 ヴィーガンメニューの表示を始められたシナグロさんですが、現在は渋谷店でのみのヴィーガンメニュー。しかし、好評のため、今後は新宿店や大宮店でも提供なさる予定とのことです。また、ヴィーガンメニューのバリエーションも今後増やして行く予定とのこと。とても楽しみですね! シナグロさんでは、ベジプロジェクト作成の「東京ベジマップ」も配布頂いています。渋谷にお立ち寄りの際は是非チェックしてみてください! オーガニックの野菜をたっぷりとって、体の内側から美しくなりましょう!

,

台東区のイベントでベジプロジェクトによるベジタリアン・ヴィーガン紹介

台東区リバーサイドギャラリーで開催される「たいとう地域活動メッセ2020」に、ベジタリアン・ヴィーガンの選択肢を増やしているNPO法人ベジプロジェクトジャパンも出展します。誰でも気軽に立ち寄れるイベントですので、ベジタリアンやヴィーガンのこと、ベジプロジェクトの取組み等、興味がある方はぜひベジプロジェクトのブースを訪問されてみてくださいね! ベジプロジェクトのブースでは、ベジ・ヴィーガンの情報を伝えることの他、東京ベジマップの配布、ヴィーガン認証を取得している商品の紹介、ヴィーガンデザインのマグカップやポストカードの販売をする予定です。 ぜひお立ち寄りください! イベント名: たいとう地域活動メッセ2020 日程:2020年2月16日(日)11:00-15:00 場所:隅田公園リバーサイドギャラリー(台東区花川戸1-1) *屋内 HP: http://genki365.net/gnkt09/pub/sheet.php?id=2318

,

高校生がSDGs文化祭でベジタリアンを紹介

 こんにちは。私は法政大学第二高等学校に通う高校生です。そして実は、昨年の7月まで1年間スウェーデンに留学していました。その時のクラスメイトの4分の1がベジタリアンで、そこでこのライフスタイルが自分の中で当たり前のものになりました。ですが、留学生活で一度「ベジタリアン」を強く意識した経験があります。 「日本に行きたいけど私が行けるか分からない」 何気なく、今度日本に来てよと言った言葉への友達の返事でした。実はその子はベジタリアンで、日本には自分が食べれる物があるか分からないと言うのです。私はその時初めて、「食」が日本に来るときの壁になっていることを知りました。その時の衝撃が今も、私が活動する原動力になっています。 前置きが長くなりましたが、今回は昨年11月に開催されたSDGs文化祭について紹介します。 SDGs文化祭は、SDGsに強い関心を持つ中学生・高校生が自らの意志で参加し、学校や学年を越えてグループを作り、アクションした結果の発表の場です。 SDGs(エスディージーズ)とは、2015年の国連サミットで採択された“2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標”です。 こう聞くとなんだか難しく聞こえますが、つまり、この世界を誰にとっても生きやすい素敵な世界にするために、国を超えて皆で協力していこう!という目標です。 このSDGsの注目すべきところは、当時国連に加盟していた193の国の全会一致で採択されたという点です。 話はSDGs文化祭に戻りますが、実はこのイベントが、私が「ベジタリアンのサポートをしたい!」と思ったきっかけなのです。 7月の最初のミーティングから全部で三回の集まりがあり、11月16日が最後の総まとめの発表の場でした。 当日は、企業の方や一般の方を含め、約100名の皆様にお越し頂きました。 朝からドキドキでマイクを持つ手が震えていたのもいい思い出です。(笑) 高校の友人たちも、試験勉強の合間を縫って来てくれました。 皆さんありがとうございます。 私は、「ちょっと優しい日本の未来~ライフスタイルの多様性~」というタイトルでポスター発表とワークショップを行いました。 ポスター発表では、「日本にはベジタリアンやヴィーガンに対して壁がある。」をテーマとして取り上げ、その問題点やそれに対して自分が取り組んできたことを中心に発表しました。 「ベジタリアン」 今の日本には、この言葉に一歩距離をおいてしまう人がいるのも事実です。 私は参加者の方々が自分ごとにしやすいよう、“東京2020”や“だし文化”等、身近に感じやすいキーワードを出しながら話すことを心がけました。 またワークショップでは、ヴィーガン菓子の試食やヴィーガンマークが付いている商品を手に取ってもらい、実際の体験による発見を大切にしました。 「麩のように乳製品が入ってないように見える商品でも、原材料表記が読めない外国人の方等にとっては分からないんです。だからマークは大切なんですよ」。 山形屋さんの仙台麩を紹介すると、皆さんから「確かにー!」という声が上がりました。 ワークショップを行うのは初めてだったのですが、参加者の方のリアクションや意見を直に聞けたのが自分にとって良い刺激になりました。 ブースに来てくださった方々は、仕事でベジタリアンが多い国によく行く人やベジタリアンという名前だけ聞いたことがある人、本当に様々でした。 …

,

バンクーバー、カナダでヴィーガン・ベジタリアンカフェ巡り!

今日はカナダ西海岸の都市、バンクーバーでのヴィーガン・ベジタリアン情報についてシェアしたいと思います! 高層ビルと自然が共存するリラックスした雰囲気の街中でベジタリアン料理・ヴィーガンスイーツを楽しむことができるバンクーバー。 私が昨年の夏訪れた時に訪問したバンクーバーのおすすめヴィーガン・ベジスポット3軒をご紹介します! まず1軒目はメインストリートにある”MeeT on Main”。 このお店の嬉しいところは何と言ってもボリューミーなヴィーガンメニューがたくさんあるところ! カナダ名物のプーティーンから山盛りポテト、ハンバーガー、もちろんサラダまで選びたい放題です:) 私はシグニチャーパティとマッシュルーム、クリスピーオニオンが入っているザ・ミートバーガーをチョイス!ハンバーガーが美味しいのはもちろん、フライドポテトとサラダもついて、写真では伝わらないボリュームがあります。とっても美味しかったのに量が多すぎて食べきれませんでした… 是非お腹が空いている状態で足を運んでください! MeeT on Mainのホームページは下記からチェック! http://www.meetonmain.com/2019/3/27/g9ya2f5rvx0melh2zxhesx9a2elmd4 2軒目は、同じくメインストリートに位置する”The Arbor Restaurant” 。 このレストランではベジタリアンメニューとヴィーガンメニューの展開があります。私が頼んだのはベジタリアンメニューの”Southern Fried Artichoke Sandwich”。 カリッと揚がったアーティチョークに茄子のベーコン、コールスロー、アボカドムースなどが入ってとてもボリューミー!ベジメニューだけどお腹いっぱいです。お味も濃厚で美味しい!色々な種類のお野菜がたくさん撮れるのも嬉しいですね。 お店のホームページはこちら:http://www.thearborrestaurant.ca …

,

お隣韓国のヴィーガン事情

韓国のヴィーガンレベル 今日はお隣韓国のヴィーガン事情についてお話ししたいと思います! 韓国料理と言えば皆さん何を思い浮かべますか? ジューシーなサムギョプサルにとろけるチーズのタッカルビ、蜂蜜たっぷりのホットク、、、 そうです、残念なことに韓国はヴィーガンフレンドリーな国ではありません。 会食等の食事会ではほとんどの場合サムギョプサルを食べに行くことが多いし、目上の人を優先する文化のため上司や先輩からお肉をすすめられたら断り辛い… 夜中はフライドチキンのデリバリーシステムがあり、何種類ものチキンがあります。そんな国に住む韓国人はやはりお肉が大好き! なのでヴィーガンにとっては日本以上にに暮らしにくい国だと思います。 ただ、昔ながらの伝統的な韓国料理は野菜中心でヴィーガンの方でも食べれるメニューも豊富にあります。 キンパ(韓国風海苔巻き)やピビンバ、チゲ(韓国のスープ)、ナムル等は、基本的にお肉や卵なしだとヴィーガンなので是非韓国に旅行に行かれたら、ヴィーガンの方も本場の韓国料理を楽しんでみてください! 出汁の取り方等はお店によってはお魚やお肉を使用している場合があるので、お店の方に予め動物性食品が入っているか聞いてみるのもいいですね。 動物性食品が入っているかは、 “동물성식품이 들어 있나요?” -トンムルソンシップミトゥロインナヨ?- お肉とお魚を抜いて欲しいと伝える場合は “고기랑 생선은 빼주세요” -コギランセンソヌンぺジュセヨ- と言ってみてください! さて、決してヴィーガンフレンドリーとは言えない韓国ですが、数え切れないほど多くあるカフェの中にはヴィーガンのものも着々と数を増やしてきています。 これは、ダイエットや健康に関心のある若者が年々増加しているため、若者がよく訪れるカフェに健康のイメージが強いヴィーガンの選択肢を増やそうというカフェが増えてきているためです。 …

,

ヴィーガンベーグル・ピタサンドにあわせた栄養満点ヴィーガンミートボールレシピ

今回はヴィーガンで無添加のまつえんどんのベーグルとピタパンに合うレシピを考えてみました!まつえんどんさんのベーグルとピタパンは、みわ農園の有機玄米、小麦粉、酵母のみを使った体に優しいパンです。NPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得しているので、パッケージにはヴィーガンマークも付いています。 こちらのベーグルとピタサンドは、お米を使用しているので和風のおかずとの相性も抜群です。 今回は、このベーグルとピタパンに合いそうなヴィーガンのミートボールをご紹介します。平たくしてパティにしてパンに挟んでハンバーガー風にしても良し、お米との相性も抜群、スパゲッティの麺と合わせれば美味しいヴィーガンミートボールパスタにもなれちゃう万能レシピ、是非一度作ってみてくださいね! 所要時間 45 分 材料 – ミートボールのタネ – 豆乳(お好きな植物性ミルク)100ml片栗粉 2カップ玉ねぎ 小1個さつまいも 中1個木綿豆腐 半丁しいたけ 大6個煮豆 1パックレモン汁 大さじ1塩胡椒 適量ターメリック 大さじ2 – ソース – トマト缶 1巻みりん 大さじ1醤油 大さじ1お好みでウスターソース(ヴィーガン対応) 小さじ1ほうれん草 1束ニュートリショナルイースト お好みで適量ヴィーガンチーズ お好みで適量 – 炒め油 – 植物性油 適量 – 作り方 – 1.  玉ねぎ、しいたけをみじん切りにしてあめ色になるまでフライパンで中火で炒める。 2. さつまいもを蒸しお鍋に入れて滑らかになるまで潰す。 …

,

お出汁もヴィーガン。この冬はにゅうめんであったまろう!

寒い日が続いています。そんな日は温かいスープや麺が恋しくなりますね。 そこで今回は、長崎県で伝統的な製法でそうめんを作り続けている株式会社みそ半の、隠れ岩松「塩にゅうめん」「野菜だしにゅうめん」を紹介します。 麺は自社栽培の小麦粉・熊本産の小麦粉・自社の塩「にっぽんの海塩」を使用し、昔ながらの製法で作られています。この2商品に関しては、ベジタリアンやヴィーガンの人も楽しめるように、スープは肉や魚介類の出汁に頼らず昆布や野菜の旨味を活かしています。 みそ半のにゅう麺 こだわりポイント1.すぐ美味しい!茹で時間100秒で食べられます。2.動物性原料不使用、安心だけどしっかりした味付け。3.NPO法人ベジプロジェクトによるヴィーガン認証取得商品 お湯を沸かす→麺を入れる→100秒待つ→スープを加える(→好きな具を乗せる) 工程はこれだけ。本当に早くてしかも簡単ですね。 まずは「塩にゅうめん」からいただきます。 こちらは昆布や椎茸といった和風だしの定番の素材に加えてにんにくやごま油を使用しているので、とても香ばしい和風スープという印象ででした。麺は喉ごしが良く、ツルツルとしたなめらかさはいつまでもすすっていたい程の心地よさでした。歯応えも程よいです。 次は「野菜だしにゅうめん」をいただきます。 こちらは玉ねぎやセロリ、にんにくを使用しており、味も香りも爽やかです。素材が洋風なので、ブラックペッパーやオリーブオイルをかけても美味しいですよ。 どちらも優しい中にしっかりした味わいがあり、満足できました。おかげ様で体はすっかりポカポカです。 これらの商品は「みそ半」のサイトにて購入する事ができます。 実店舗では日本橋の長崎館と浅草のヴィーガンストア等でも販売されています。 まだまだ続く寒い冬を、にゅうめんを食べつつ体をしっかり温めて乗り越えましょう! みそ半さん、素晴らしい商品をどうもありがとうございます! 株式会社みそ半HP: http://misohan.jp/ オンラインショップ: http://misohan.ocnk.net/

,

東京大学の食堂でベジタリアンが思うこと

今学期、私は東京大学駒場キャンパスのカフェテリアをよく観察することにしました。これまではメニューの成分表示に目を留めることがなかったけれど、成分表示をよく見ると可愛いイラストの牛、鶏、大豆が書かれていることに気が付き、そして今ではこの中から動物のイラストがなくなるように願っています。そしてベジタリアンの交換留学生がどうやってここで食べられるものを見つけるのか、それともカフェテリアは利用しないのだろうかと考えます。 先週化学の教授が野菜カレーを食べているのを見かけました。話を聞いてみると、教授はベジタリアンを30年続けているそうですが、カフェテリアの1階で提供されているメインディッシュでベジタリアンなのはカレーだけだと言うのです。私はベジタリアンを始めて4ヵ月間ですが、これまでカフェテリアで間違ったものを食べていたことに気が付きました。この時からこれまで注文していた麺のメニューを食べるのを止めなくてはならなくなりました。初心者のベジタリアンがよくする間違い・・・「出汁」のことをすっかり忘れていたのです。信じたくないような信じられないような気持ちでしばらく過ごした後、一見すると野菜だけで作られているように見える食事にも実は動物性の食材が使われているのだということに目を向けざるを得なくなりました。私は何か月も成分表示を確認せずに料理を注文し、まさかほうれん草の炒め物にまでサバやチキンのエキスが含まれているかもしれないなんて疑ったこともなかったのです。 カフェテリアの2階は1階よりも更にベジタリアンのメニューが少ないことも分かりました。以前はこの2階で提供されているわかめスープ、ごはん、小さなオムレツに加えて小皿を4種類選べる「コンボ」をよく利用していました。ある日オムレツの成分表を近くで見ると鶏のイラストが書かれていることに気が付きました。鶏のイラストが描かれているのはオムレツに使われている卵が鶏から産まれるからだといいなと思っていたのですが、コープのスタッフの方がソースにチキンのエキスが入っていると教えてくれました。私はもうカフェテリアの2階を利用することがなくなりました。 近頃、駒場と本郷両キャンパスではベジタリアンやヴィーガン用に新しいメニューを提供し始めました。直近では駒場キャンパスでコープと学生団体「Table for Two – UT」が協力して大豆ミートを使ったジャージャー麵が登場しました。残念なことにこのメニューは2週間でカフェテリアから姿を消してしまい、私は将来的には定番化して欲しいと願っています。駒場キャンパスと比べると本郷キャンパスではベジタリアンに対しての大きな配慮を感じます。一番最近加わったメニューは「野菜の豆乳クリームうどん」で、これは駒場キャンパスでは提供されていません。本郷キャンパスのカフェテリアでのビュッフェではジャガイモとナスと豆腐を使ったメニューに黄色く目立つようにはっきりと「ベジタリアン」と書かれています。駒場キャンパスのサラダバーでも同じような対応を望んでいます。 教授とはどうしたらカフェテリアをベジタリアンが過ごしやすい場所にできるか意見交換をしました。その中でひとつの要素として教授が挙げたのが心理学です。例えば、カレーには小さい牛肉が入っていますがそれを意識して食べている人は少ないのではないでしょうか。そのため、肉の入っていないカレーを提供し、希望者だけ追加できるトッピングとして肉を提供することを思いつきました。また、鰹節などの動物性の出汁から昆布出汁に替えて気が付く人も少ないように思います。つまり肉を使ったメニューとは別にベジタリアンメニューを作るのではなく、いまあるメニューをベジタリアンにしていくことができるのではないでしょうか。 友人の言葉ですが、ベジタリアンの食事はベジタリアン方が食べられるだけではなく、全ての人が食べられるものです。東京大学はより多くの留学生を迎え国際化していきたいと考えていますが、カフェテリアの国際化は取り残されています。 Written by Avalon Akashi