ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ベジタリアン" (Page 2)

ベジタリアン

,

贅沢な時間を。素敵な空間とヴィーガン料理を楽しめる表参道のGENTLE

東京の表参道から徒歩7分にある、とっておきの素敵なレストランを紹介します。ちょっと贅沢したいとき、大切な人との時間を過ごすとき、特別な機会に、ご紹介しているお店です。 GENTLE Italian & Sushi Barジェントル 大通りを少し入った静かな場所にあり、植物で囲まれたお洒落なお店です。敷地に一歩踏み込むところから、わくわくします。 イタリアンのレストランと、お寿司の割烹とは別々の空間になっています。ヴィーガン料理を楽しめるのは、イタリアンレストランの方です。 店内は広々としていて、随所に高級感を感じられます。いくつかのテーブルセットがありますが、ソファー席が特におすすめ。 ランチは、Express(エクスプレス コース, 2300円)、Tasting(テイスティング コース, 3500円)、Standard(スタンダード コース, 5000円)、Premium(プレミアム コース, 7000円)があります。 *全て、上記の金額にサービス料と消費税がかかります。 ヴィーガンランチ Express Course 一番安いExpress コースでも、充実した内容です。 …

,

アメリカ大手クリーム企業RICH’Sが日本上陸/ヴィーガン認証取得のクリーム発売

世界100か国以上で事業を展開している、ホイップトッピングの大手企業RICH’S(Rich Products Corporation, 日本法人はリッチプロダクツ・ジャパン株式会社)が昨年ついに日本にも上陸しました。 リッチ社は植物性クリームから事業を開始し、現在はベーカリー、デザート、チーズアペタイザーなど様々な事業に進出した冷凍食品専門企業です。 RICH’Sでは、プラントベースのクッキングクリームも発売されていて、日本で発売される「プラントベースクッキングクリーム」においてはNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィ―ガン認証を取得し、販売を開始されました。 今後はより一層植物性のクリームの販売にも力を入れていく方針のようで、注目の食品メーカーになりそうです。 *現在は主に業務用として販売されています。 Rich Products Corporation RICH’Sは、1945年に大豆からつくられたホイップクリームを開発しました。その後ミラクルクリームとして親しまれ続けるRich’s Whip Topping を皮切りに、75年に渡って国際的な拡大、断続的なイノベーションを行っています。サプライチェーンや世界への影響を考慮した持続可能性を大切にされ、環境問題にも配慮した活動をされています。環境にやさしいということは、消費者にとってもやさしいということに繋がります。 こちらがRICH’Sのプラントベースクッキングクリームです。ヴィ―ガン料理というと、豆乳が使用されることが多いですが、こちらの商品は豆乳ベースではありません。玄米やピープロテイン(えんどう豆由来のタンパク質)等が原料として使われ、豆乳ベースにこだわらず料理を楽しむことができます。新しいメニューを考える際にも活躍しそうですよね。もちろん和食にも! また、このクリームは調理をする上でも多くの利点を持っています。そのうち特にお伝えしたいのがこちら。 ①調理中に分離することがなく混ざりやすいこと②温め直す際に沸騰させても問題なく利用できること 料理が手軽になり、作り置きなどの際にもうれしい特徴です。 RICH’Sは、ヴィ―ガン認証以外にも、HACCPやHALAL認証も取得されています。さらに、トランス脂肪酸やアレルギー特定原材料等28品目は不使用で、より多くの方に喜んでいただける商品づくりをされています。 現在は、主に業務用商品として販売されているので一般の方は購入がなかなかできないのですが、RICH’Sのプラントベースクッキングクリームが使われ、健康的で美味しいお料理が増えると良いですね。 〈メニュー例〉 パスタソースやドレッシング、スープにも大活躍します。 Youtubeでも簡単にレシピが公開されています。 …

,

ヴィーガン専門店PEACE TABLE、渋谷にグランドオープン

ヴィーガン専門レストラン「PEACE TABLE」が、渋谷駅から徒歩5分、道玄坂に6月1日にグランドオープンしました。 東高円寺で人気を博した「Lotus & Flower’s One」、「野菜キッチンCocomo」のオーナーシェフで、講談社のお料理BOOK「絶対美味のベジ料理  」の著者でもある大平哲雄シェフの新たなお店です。 淡路島の産直新鮮お野菜が中心に使われたプラントベースのお料理を楽しむことができます。店内のメニューは、前菜からパン、メインディッシュ、デザートまで全てがヴィーガンです。 ランチは1180円(税抜)のボロネーゼパスタのセット(スープ、天然酵母パン、サラダ、ドリンク付き)から、コースメニューまで。ディナーは、メインディッシュが選べるSEASONAL VEGETABLE COURSE(税抜4,980円)が提供されています。テイクアウトのメニューも豊富です。 今回はランチ時間に訪問し、「シェフのおすすめランチコース」と、お店の看板メニュー「絶対美味のハンバーグ・野菜で作ったデミグラスソース」がメインディッシュの「Maindishコース」をいただきました。 天然酵母のふわふわなパン、ジンジャーとカブのスープ、豆乳と紫にんじんの手作りドレッシングで味わう淡路島の野菜サラダ。 前菜は、アーティチョークのトマトマリネ、トリュフの乗ったあわび茸のパテ、ズッキーニとパプリカのソテー。珍しい食材が使われていることも、楽しみの一つ。一口ずつ驚きを感じながら味わえる一皿です。 シェフのおすすめランチコースのメインディッシュ。この日は「完熟ゆり根”月光”のポワレ・ブールブラン」でした。「月光」は、北海道の土壌の中で1年眠り完熟しているゆり根です。ブールブランはバターソースのことをいいますが、もちろんPEACE TABLEはヴィーガンのお店なので、こちらのソースはバターではなく豆乳から作られています。ゆり根の風味、食感と完熟された甘さ、豆乳ソースのまろやかさのコンビネーションが絶妙でとても美味しい一品です。 Maindishコースの「絶対美味のハンバーグ・野菜で作ったデミグラスソース」。かなりクオリティの高いプラントベースのハンバーグです。旨味とコクがギュッと詰まっていて、濃厚なソースと合わさって本当に美味。ベジタリアンやヴィーガンの方だけではなく、普段はお肉も食べている方にも味わって頂きたい一品です。 この日のデザートは、チーズケーキを意味する「クレームダンジュ」。もちろんこちらもプラントベースということで乳製品の代わりに豆乳で作られたチーズからできています。ラズベリーがチーズケーキの中に包まれているのですが、包まれ方が和菓子のようで、一口食べるとふわっとするクリームチーズケーキという新しいデザートでした。 食後はコーヒー、シーズナル紅茶、オーガニックハーブティー、オーガニック&ナチュラルルイボスティーから選べます。 ランチの選べるメニュー。今回はコースメニューをご紹介しましたが、1つ1つセレクトすることもできます。 デリや、ボロネーゼ、魚介風ソースのパスタなど気になるメニューがたくさん。デザートも、アイスクリームやモンブラン、タルトが全てヴィーガン対応です。 PEACE TABLEでは、シェフ自ら選び農家さんから取り寄せた野菜を中心とした食材を、これまで人々を魅了してきたヴィーガン料理の腕前で調理がされています。体にもやさしいヴィーガン料理をぜひお楽しみください! NPO法人ベジプロジェクトジャパンの発行する「東京ベジマップ」第三版にも掲載予定。 …

,

阪急うめだMuffinsでヴィーガンマフィンが続々登場!

大阪の阪急百貨店うめだ本店地下1階にあるマフィン専門店Muffinsさんは、そのマフィンの可愛さと美味しさで人気店ですよね。 そんなMuffinsさんが、ヴィーガンシリーズのマフィンの販売を開始されました! この1つ1つのマフィンは、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証の審査をクリアされています。マフィンや洋菓子で使われることの多い卵や乳製品、蜂蜜といった動物性原料は一切使われていません。 お店では、ヴィーガンではないいつものマフィンもたくさん販売されています。ヴィーガン対応のマフィンには、目印にヴィーガンマークが表示されています。 価格は1つ260円(税込)。お味は、プレーン、シナモンアップル、かぼちゃ、ブルーベリーオレンジ、シリアルなど。さらに、季節限定の商品にも出会えることがあるかも。 いくつかピックアップして紹介します。 プレーン 素材の旨味がしっかりと引き出され、アーモンドの香りを楽しめます。 シナモンアップル 酸味の効いた大ぶりなりんごに、シナモンシュガーが絡められています。 ブルーベリーオレンジ たっぷりのブルーベリーにオレンジの爽やかさが加えらえています。 ベジタリアンやヴィーガンの人だけではなく、たくさんの方に召し上がって頂きたい商品です。ご自身へのご褒美おやつ、大切な誰かへのギフトとしても、いかがでしょう。素材の味、自然な甘さ、もっちり食感が楽しめるMuffinsさんのヴィーガンマフィンシリーズを、ぜひお楽しみください! 【マフィン専門店 Muffins】 住所:大阪府大阪市北区角田町8-7 阪急百貨店うめだ本店地下1階 TEL:06-6361-1381(阪急百貨店代表電話) 店舗Instagram: https://www.instagram.com/muffins_berry_wise コーポレートサイト:http://www.ism-fd.com/ より「マフィン専門店Muffins」のバナーをクリックしご覧ください。

,

コロナ渦の外出自粛がヴィーガン料理について教えてくれたこと

原題:What quarantine taught me about cooking vegan 偶然にもこのコロナ渦は、私にとってヴィーガンになるための理想の機会でした。 私は、これまで何度かベジタリアンからヴィーガンになろうと思っていましたが、それには不安な要素がいくかありました。ヴィーガンじゃない人との外食はどうするのか?ヴィーガン料理を作る時間は自分にあるのだろうか?といったことです。 しかし、コロナウイルスの影響により在宅が増えることで、時間に余裕ができ、料理や買い物に行く時間を割くことができるようになりました。 「今がヴィーガンになるチャンス!」 そう思いました。 今回ヴィーガンになってみて、正直私はヴィーガンになるのにそこまで苦労はしませんでした。というのも、私は好きな食べ物に豆腐やピーナツバターがあり、これらは栄養価も高くタンパク質も豊富なヴィーガンフードであったからです。これまでの私のほとんどの夕食は、豆腐かステアフライ(日本でいう、炊き込みご飯のようなもの)というバリエーションでした。しかし、自宅で手料理を作りはじめると、自分の豆腐料理にバリエーションがもっとほしいと思うようになりました。 外出自粛によって始めた私のヴィーガン料理は、ベジタリアンだった時よりもクリエイティブなものになったのです。 私は昨年、レシピを見ながらGeneral Tso’s Chicken (揚げた鶏肉に甘いたれをつけたもの)を豆腐で作ろうとして大失敗した経験があり、レシピを見て料理をすることを避けていました。 しかし、プラントベースフードのレシピはインターネットを参照することにしました。”My Goodness  Kitchen”というレシピサイトの”豆腐とんかつのカレー”を作ろうとしたとき、私はとんかつに必要なパン粉を持っていなかったことがありました。その時友人が、「パンをトーストしたものをパン粉にしたら?」と素晴らしいアイディアを教えてくれました。(思えば、パン粉はトーストを粉状にしたものなのですが。。。) そしてこのパン粉と豆腐を使ってカツに似たものができました! 次に、外出自粛が始まり最初のうちに作ろうと思ったものを紹介します。 ”The …

,

全国に広まる人気ヴィーガンチョコレート「ウシオショコラトル」

目に止まる斬新なアートのパッケージ、口に入れた瞬間溢れるリッチなココアの味、そして原料をガーナ、ベトナムなど各国から厳選して調達しているウシオショコラトル。インターナショナルで高級感がある一方、パッケージングやWEBデザインで遊び心も感じられる、そんな魅力がいっぱい詰め込まれているチョコレートは、実はヴィーガン(卵、乳製品等を含めて動物性原料不使用)でもあったのです! 今では全国に人気が広まり、31の都道府県に取扱店があります。ヴィーガンだけではなく、様々な面でエシカルなビジネス活動もしています。例えば、原料調達の透明性を重視したり、ブラジルから輸入した無農薬砂糖を使っていたり、カフェでは土に還る素材のカップやストローを使用していたりします。特に興味深いのが、「ダイレクトトレード」という、各国のカカオ農家の栽培状態や人権を考慮に入れて、直接カカオ豆を購入していることです。大手企業のチョコレートには、児童労働で収穫されたカカオを使っていたり、森林破壊に繋がるパームオイルなどを含んでいたりするチョコレートが多い一方で、ウシオショコラトルはそういった心配がない点も評価できます。 そんなウシオショコラトルの創立者の一人、中村真也氏にビジネス、エシカル消費、ヴィーガンについてインタビューをさせていただきました。 中村さんは、幼少期に犬を飼っていたことから動物との触れ合いがあり、「犬と遊んだ後に食卓でトンカツが出てきた時に、『なぜ犬や猫は家族と扱って豚や牛は食べるんだろう?』という疑問を持ち始めたそうです。それから色々な文化や宗教に触れるうちにベジタリアンの存在に出会いました。そんな時に当時務めていた店でナマコを捌いた経験が大きな影響を与えたそうです。 「無防備な心で殺した嫌な感触がモロに伝わり具合が(悪くなり)、本来は肉を食べるという事はこの思いを経ないと出来ないと思い、この思いをしたくないと思った自分には食べる資格がないと思い」動物を食べるのをやめたそうです。現在は、厳密に「ヴィーガン」といった表現をするより、ただ自分では殺せないものは食べないという哲学をもって生きているそうです。 そんな中村さんとのインタビューのハイライトがこちらです: 1)ウシオチョコラトルは何をインスピレーションに始めましたか?なぜチョコを作ろうと思ったのですか? A. シングルオリジンコーヒーが好きだったことと、VEGANに近い状況であった時にアメリカの新しいチョコレートシーンを知り、自分で何かを始めるならまだ誰もやっていないことをやりたいと考え、それとチョコレートが上手く付合したためです。 2)日本でヴィーガン商品を増やすにはどういった方法・対策がいいと思いますか?ヴィーガンをメインストリームにするにはどういう道のりが想像できますか? A. 不味かったりダサかったらお客さんも集まらないので、しっかりブランディングをすることと、大企業が着手する以外には見当もつきません。 あと、VEGANでない人を攻撃する様な雰囲気を取り払うことではないでしょうか。 3)ミルクや卵を使わないことは倫理的な理由もありますが、味やチョコレートの質との関係について教えてくれませんか? A. VEGANという縛りを利用して新しい味作りに挑戦することが楽しいです!これまである普通のミルクチョコも、研鑽を重ねたくさん作られ美味しさを安定させることに特化されていますし、美味しいです。でも僕ら新規参入者が同じことをやっても楽しくないので、これまでなかった、でも美味しいモノを考えていきたいです。 4)ウェブサイトやオンラインストアでfooチョコもみたのですが、ウシオチョコとはどういう関係でしょうか? A. 姉妹ブランドです!そちらではVEGANを敢えて推しています。 最後に、ヴィーガンを広めることに関してこんなこともおっしゃっていました: 食事ならばとにかく綺麗で美味しい、着るものなら新しくカッコイイものを創る上で『動物性のモノを使用しない』という縛りを楽しむ要素として捉えることが大事だと思い取り入れているだけす。 素敵なビジョンをもつ会社ですね!エシカルな上、世界の様々な国から集めてきた砂糖とココアしか使わない、添加剤などを加えないとても美味しいチョコでした。皆さんもご興味があれば、こちらのリンクからどうぞ!

,

超簡単!りんごのヴィーガンケーキの作り方

こんにちは!みなさん、コロナウイルスで大変な今、家で過ごす時間が増えているのではないでしょうか。 今回は、ちょっぴりスパイスの効いたヴィーガンりんごケーキのレシピをご紹介します。 とってもお手軽なので、朝ごはんにもおやつにも、アイスクリームを添えてデザートにもどうぞ! 簡単ヴィーガンリンゴケーキ -材料- 小麦粉 2と1/2カップ 黒砂糖 1と1/2カップ ベーキングソーダ 小さじ1と1/2 塩 小さじ1/2 シナモン 小さじ1 ナツメグ 小さじ1/4 ヴィーガンバターミルク (レモン汁大さじ1・豆乳1カップ) 1カップ オリーブオイル 1/3カップ バニラエッセンス 小さじ1 りんご酢 大さじ1 りんごジャム 大さじ2 角切りりんご 1と1/2カップ -作り方- 1. オーブンを180度に予熱し、ケーキ型に油を敷く。 2. ボウルに小麦粉、黒砂糖、ベイキングソーダ、塩、シナモン、ナツメグを加えダマがなくなるまで混ぜ合わせる。 3. …

,

台東区役所の食堂でヴィーガンメニュー登場!

台東区役所(東京都)の食堂「チカショク さくら」に、2020年4月6日より、ベジタリアンメニューの販売が始まりました。政府や自治体としては、これまで内閣府、東京都庁が、週に1、2日ベジタリアンメニューを導入されたことがありましたが、台東区役所ではベジタリアンメニューが毎日提供されます。 台東区役所で販売されているベジタリアンメニュー「野菜仕立てのキーマカレー」 販売されているベジタリアンメニューは、肉、魚介類、卵、乳製品、はちみつといった動物性原料を使用していないヴィーガン対応です。ベジプロジェクトのヴィーガン認証も取得されています。 ベジタリアンメニューの登場は、台東区役所の観光課の職員さんが、食堂運営会社の方に依頼されたことが始まり。食堂を運営する企業さんがその職員さんの想いに応えてくれました。 ベジタリアンメニュー第一弾として提供されているメニューは「野菜仕立てのキーマカレー」550円(税込)です。さすが、職員食堂だけありボリュームがあるのに安いです。 動物性食材は一切使わず、肉の代わりに大豆ミートを、さらに玉ねぎ、トマト、ナス、パプリカ等の野菜がたくさん入っています。ベジタリアンやヴィーガンたちはすぐ気が付くかもしれませんが、スナップエンドウ2つでVEGANのVが表現されているところもポイント。中辛のカレーです。 ベジタリアンやヴィーガンでない方が食べても美味しく楽しめる味付けです。 メニューの案内にある「野菜の食事は、体にやさしい、動物にやさしい、地球にやさしい」というメッセージだけではなく、食堂の壁にある色々な掲示物の中に、ヴィーガンについて紹介するものも。ぜひ探してみてください。 食事を通して、職員さんや区民の方、食堂を利用されている方がヴィーガンについて知って頂く機会にもなる、素敵なお取組みですね。 区役所の食堂はどなたでも利用できます。コロナウイルスで大変な時期ですが、台東区役所を利用される方、近くに来られる方は、お昼ご飯に「野菜仕立てのキーマカレー」を注文してみてください。 店舗情報:チカショク さくら 住所:台東区東上野4丁目5番6号 地下1階 営業時間:通常は平日11時~15時 *4/22よりコロナウイルスの影響で臨時休業。再開時期をご確認の上、ご訪問ください。

,

東京四ツ谷の長崎料理店『隠れ岩松』ヴィーガンランチに挑戦!

東京の四ツ谷駅から徒歩3分にある長崎料理店『隠れ若松』さんが、4月1日からランチを全てヴィーガンのランチを始められます。提供予定のメニューの試食会が、隠れ岩松を運営される株式会社みそ半(協力:NPO法人ベジプロジェクトジャパン、株式会社ファースト)により開催されました。四ツ谷にはまだヴィーガンのお店が少なく、大きな試みです。隠れ岩松さんにとって、初めてのヴィーガン対応。美味しさと満足度にとことんこだわりをもってヴィーガン料理を作られました。お店としてもNPO法人ベジプロジェクトジャパンからのヴィーガン認証 を取得する徹底ぶりです。 試食会は、コロナウイルスで大変な時期のため当初予定していた人数よりも小規模ながら、ヴィーガンのライターやインフルエンサー他、ヴィーガンに関連する皆さんが集まり和気藹々と楽しくランチを頂きました。今回はその様子とお料理を皆さんにご紹介します! 持ち帰り対応、限られたスタッフでの対応のため、食器類は一見普通の使い捨て容器に見えますが、地球環境のことを考慮し、フィルムを剥がしてリサイクルができる容器が採用されています。健康のため、地球のためにも、ヴィーガン料理を出して行きたいと言うお店の想いが垣間見えます。 一品料理からデザートまで、たくさんの料理を振舞って頂きました。最初に頂いたのは『長崎皿うどん』です。普通はチキンエキスやポークエキスが出汁に入っていますが、こちらはヴィーガン対応のため野菜のみでできた出汁。引けを取らずとても旨みが凝縮されています。具材もとても豊富で、ヴィーガンちくわも入っていますよ。栄養満点のランチにもってこいの一杯。さらに驚きなのが価格。一杯500円なんです!なかなか日本で食べるヴィーガン料理はお高いイメージがあるため、驚きです。学生さんにも嬉しいランチです。 一品料理もレベルが高いです。野菜の天ぷら、厚揚げと切干しの煮物、ヴィーガン唐揚げ、新鮮な食材が使われており、素材本来の美味しさを味わうことができます。他にも日替わりにゅうめんや即席にゅうめん、野菜にゅうめんと、メニューも豊富です。全体的に、九州の味付け、どのお料理にも甘みがあります。 食後には嬉しいプチマフィン、優しい味でお腹いっぱいでも何個でも食べられそうです。他にも長崎県産のいちごスムージーやいちご飴もふるまっていただきました。 松永社長が特に試行錯誤を重ね作り上げたという『豆花(トウファ)』。豆花を何店舗も食べ歩き、研究に研究を重ねたそうです。想いの込められた豆花、必ず食べるべし! たくさんの料理にとても賑わったランチ会でした! 四ツ谷の長崎料理店『隠れ岩松』のヴィーガンランチは4月1日から始まります。皆さんも是非召し上がってみてくださいね!夜は、ヴィーガンではないお料理もありますが、ランチで提供されている一部のヴィーガン料理も注文できます。また美味しい長崎のお酒も楽しめますよ。自宅で作れるヴィーガンのにゅう麺シリーズ(野菜だし、旨塩、和風カレー)等もお土産で購入できます! 店名:隠れ岩松 住所: 東京都新宿区四谷1-10-2 長崎県東京産業支援センター1F 最寄り駅:四ツ谷駅 電話番号: 03-5366-0536   食べログ: https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130902/13025795/ 公式FB: https://www.facebook.com/kakureiwamatsuhonten/

,

カゴメから発売のヴィーガンカレーが美味しい!

今回は、トマトジュースやケチャップなどでお馴染みの食品メーカー・カゴメさんより2月末に発売されたヴィーガンのカレー2種をご紹介します。 「3種豆のベジタブルカレー」「大豆ミートのキーマカレー」の2つがNPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得し、発売中です。どちらも原材料に野菜とお豆がたっぷり含まれています。 大豆ミートのキーマカレーはしっかりスパイスの味が効いていて本格的!大豆ミートもひき肉の食感そっくりです。濃厚な味と食べ応えのあるキーマカレーに仕上がっています。 3種豆のベジタブルカレーは、野菜の甘みとコクが引き立つやさしい味わいです。しっかり煮込まれているお野菜もトロトロ! どちらの商品も、そのままライスと一緒にカレーライスにして食べるのはもちろん、トッピングを追加して具沢山カレーやチリビーンズにアレンジもできます。 お手軽なのにしっかりとお野菜が摂れることも嬉しいところ。 1食使い切りタイプのため、インバウンドのベジタリアン、ヴィーガン対応に困られているホテルや飲食店での対応メニューとしても活用が期待されています。 業務用の販売ではありますが、 大手インターネット通販や、一部スーパーで取り扱いがあるお店も。 是非、お試しくださいね! 商品の詳細:カゴメ株式会社によるニュースリリース