ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "代替肉"

代替肉

,

環境白書に初めて「代替肉」が登場。環境省庁舎の菜食メニューを実食レポート。

環境省は令和3年版の環境白書に初めて「代替肉」について記載しました。環境や健康への配慮から、代替肉が注目され、新たな食の選択肢のひとつとして期待されています。環境省の職員が利用する食堂にもヴィーガンに対応したメニューが導入されたそうです。特別にレポートさせて頂きました。

,

日本初「プラントベース・ミンチ」ついに発売、文久二年創業の染野屋から

2021年2月1日、豆腐直販の老舗株式会社染野屋より日本初となるプラントベースのミンチ肉「ソミートプラントベースミンチ」が発売開始されました。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、動物性原料は一切使用されていません。 完全植物性で再現されたこちらのミンチは、見た目も正に「生のひき肉」。 日本初の画期的な商品リリースに込めた想いを、株式会社染野屋の代表取締役社長八代目染野屋半次郎、小野篤人氏に伺いました。 環境にやさしい選択、SDGsへの取組みとして、お肉の消費を抑えることが最近少しずつ注目されてきましたが、小野社長は10年以上も前からこの点について訴えてきました。さらにお肉だけではなく動物性食品すべてを摂らないヴィーガンの生活をご自身も実践され、ヴィーガンと地球のことを伝える活動もされています。 2009年にお子様が誕生し、その子が生きる地球の将来を考え来たことがきっかけだったそうです。 気候変動、水の汚染、資源の枯渇、様々な地球環境問題が肉食に紐づきますが、小野社長自身が腑に落ちている環境問題とお肉の関係は「森林破壊」です。 森林が地球の呼吸機能をもっていることは感覚として分かりやすく、実際に森林があると気温も低いことは実感として理解ができること。またアマゾンの森は毎年20%小さくなっているその深刻さ。 この2点からお肉を控えようと伝えられています。 肉食のためには広大な森林が伐採され、家畜が育てられ、家畜の餌となる作物が作られています。 これまでも、株式会社染野屋では動物性原料を使わない「SoMeat(ソミート)」シリーズから、炙り焼や生姜焼き、唐揚げなどが発売されてきました。 これらの商品は、味付けがされている商品でそれだけで完成された商品です。袋を開けてすぐに使える便利で美味しい品揃えです。 一方で今回発売されたソミートプラントベースミンチは、ひき肉の代わり。ひき肉を調理するようにそれぞれのご家庭やお店で味付けを含めた調理をするような商品です。 本物のお肉と同じように日常で使いやすいミンチ状のプラントベース製品を開発されました。 ベジタリアンやヴィーガンの人たちにはもちろん、そうではない人たちにとっても美味しく召し上がって頂けるように、特に重視した点は食感だったそうです。 柔らかすぎるというプラントベースのお肉にありがちな食感を避け、ぼろっとした肉質感を残し、本物のお肉と全く同じ使用感を目指されました。 その甲斐があり、普段はお肉を調理される方からも好評。 また商品の新しさ、珍しさから民放のテレビ番組にも取り上げられ、使う人の幅が一気に広がりました。 これまでの商品は主にベジタリアンの人たちが購入されていたことに対し、今回のミンチは、様々な層の人たちからの注目を集めています。60~70歳代の移動販売を利用する皆さんも興味深々だそうです。 ソミートプラントベースミンチを使った特におすすめのお料理として、スパゲッティミートソース、ハンバーグを挙げて頂きました。 とはいえ、ミンチ肉と変わりなく使えて味わえる商品のため、ミンチ肉で美味しい料理は、ソミートプラントベースミンチを使っても美味しいとのこと。 たとえば、餃子も。 ソミートプラントベースミンチを使えば、お料理の幅が広がりますね。 パッケージに記載があるように「食べれば食べるほど地球にやさしいミンチ」は、動物のお肉ではなくプラント、つまり植物性のお肉だから。地球環境への負荷も小さく、動物にも体にも優しいミンチ肉はいかがでしょう。 最後に、小野社長から一言。 …

,

国連のオススメ

暑い日が続きますね、こう暑いと地球温暖化の影響かしらと疑ってしまいます。 この暑さは地球温暖化によるとも言われていますが、暑さを防ぐためにどうしたらいいかー。 まずは水分補給。 次は、ヴィーガン、あるいはベジタリアンの食習慣を取り入れること。 ずいぶん飛躍した話だなと感じる方もいるかもしれませんが、地球環境の変化を止めるためにヴィーガンあるいはベジタリアンの食習慣を取り入れなければならないと、国連が伝えたのです。 国連の報告は次のように続きます。 ・9.8億人になると予想される人口をまかなうため、2050年までに人類は2010年に生産された食物より56%以上多い食物を生産する必要がある。 ・今のペースで肉と乳製品の消費が増え続けると、約600万平方キロメートルの森林を農業用の土地に変えなければならない。 ・食物を生産する我々のシステムは、すでに温室効果ガスの25%から30%の原因となっている。                                …

,

インポッシブルバーガー食べてみた。

インポッシブルバーガー (The Impossible Burger)って、ご存知ですか? 日本にも色々なベジバーガーがありますが、アメリカではこのインポッシブルバーガーが今ヴィーガン・ベジタリアン界で大人気なんです!では何が他のバーガーと違うのか。これは食べてみるしかない、ということで食べてきました! これは、インポッシブル・フーズ (Impossible Foods)という人工肉を製造開発する会社のベジバーガー。アメリカの多くのレストランが直接購入し、それぞれのお店でオリジナルのバーガーを作っています。 このミート、パティだけでなくミートボール、タコス、ケバブ、ピザ…と変幻自在。 私が今回食べたのはニューヨークのBareburger (ベアバーガー)というお店。 このお店のすごいところは、ヴィーガンメニューの豊富さ。ヴィーガンバーガーだけでも8種類。インポッシブルバーガーに、ビヨンドバーガー (同じくらい人気の人工肉のバーガー)、穀物パティなど。さらにヴィーガンシェイクやデザートまで! 早速オリジナル・インポッシブルバーガーを頼んでみます。値段は14ドル (日本円だと1500円くらい)。 一見普通のベジバーガー。 開けてみます。 これもしかして本物のお肉?見た目はミディアムレアのお肉そのもの。それととろけ出る本物のチーズ?食べちゃって大丈夫なのかな。。。 食べてみます。 すごすぎる!パティの食感とジューシーさといい、ヴィーガンチーズの溶け具合といい本物としか思えません。植物性のハンバーガーに多い「美味しいけれど本物のお肉とは少し違う」という違和感が全く無い!むしろ普通のハンバーガーより美味しいのでは(笑) 是非とも日本に進出して欲しいです。 実はニューヨーク発祥のベアバーガー、日本にも支店(自由が丘、銀座)があるのですが、まだインポッシブルバーガーは取り入れられていないようです。 アメリカではバーガーキングがインポッシブルバーガーを一部の店舗で展開しており、今年中には全米で発売されるとのこと。マクドナルドはドイツに続きイスラエルでもThe Big …

,

大手食品メーカーの代替肉が増加

海外ではマクドナルドやケンタッキーフライドチキンがヴィーガンバーガーを販売してるって、知ってましたか? マクドナルドは、2017年末に「マックヴィーガン」という全て植物性でできているハンバーガーをスウェーデンとフィンランド限定で発売しました。 そして今年5月から、ドイツで新たな「ビッグ・ヴィーガンTS」というヴィーガンバーガーを発売しました。 背景には、ドイツはマクドナルドの5大市場の1つであることがありそうです。 ドイツは環境先進国ですし、代替肉への関心は高そうですね。 また、植物性の食生活について著作を発表しているキャシー・フレストンが5年前にマクドナルドに対し、アメリカでヴィーガンハンバーガーを発売するように、change.orgで署名を募集するキャンペーンを開始していました。 今では20万人以上の署名が集まったそうです。 アメリカでヴィーガンバーガーが発売されれば、日本のマクドナルドでも食べられる日が近いかもしれません。 ケンタッキーフライドチキンは、イギリスでクリスピー・チキン・バーガーの代替肉バージョンである「ジ・インポスター」を6月17日から4週間の期間限定で発売しました。 コーン(とうもろこしとは別)という発酵した菌類からたんぱく質を得た代替肉を使っているそうです。                             …

,

フレキシタリアンはクオーンで満腹・大満足。フレキシタリアンって?クオーンって?

ここにクオーン・ミンスが使われています!ん?麻婆豆腐?クオーン・ミンスって豆腐のこと?それとも、もしかして、このひき肉のようなもの? そうなんです、『クオーン』とは、お肉の代替食品のブランドの1つ。ミンスは、そのブランドの中でミンチ肉に似せたタイプです。クオーンはもともと、将来の食料難が懸念されはじめた1960年代のイギリスで開発がはじまり、1985年に初めて商品化されたもの。クオーンは、現在イギリスをはじめとするヨーロッパやアメリカ、南アフリカ、アジア太平洋地域で販売されています。しかし、日本での販売はまだありません。 そのクオーンの販売社の売上が、なんと前年比16パーセント増だそうです。その理由が『フレキシタリアン』の増加。ミートフリーマンデー(*注1)などを実施するときに、日頃お肉を使っていたところに、手軽な代替食品としてクオーンをチョイスしているというわけ。 お肉の代替食品として多いのが、小麦や大豆などを使ったものが多いですが、クオーン商品の主な原材料は「マイコプロテイン(Mycoprotein)」という真菌由来の食物たん白質並びに繊維源だそうです。これを材料に、代替肉や、パスタなどの加工食品がごくごく一般的にスーパーで売られているんだそうですよ。 こういった食品が多く流通することが、ベジタリアンをフレキシブルにやってみようかな、フレキシタリアンから始めるのもいいね、という機運につながるのかもしれませんね。   注1・ミートフリーマンデーとは、「週に1日、ベジタリアンの日を作ろう」という運動。 NPO法人ベジプロジェクトジャパン、NPO法人アニマルライツセンターが制作したミートフリーマンデーのビデオはこちらから。 ポールマッカートニー氏へのインタビュー: https://youtu.be/ObIdZ4viwtE   ん~クオーン・ミンスの麻婆豆腐、美味しそうです。 Source: ニコニコニュース Posted  by nori.