ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ベジタリアン"

ベジタリアン

,

ベジタリアン大国インド!上野エリアでヴィーガンメニュー豊富なインド料理店4選

ベジタリアン人口割合世界第一位のインド。実にインドで生活する人の約3割、3億4500万人以上がベジタリアンという調査結果もあります。(参考: インド・ベジタリアン市場2018) これには、インドの宗教と深い関わりが。インドの全人口の約8割がヒンドゥー教徒、約1割はイスラム教徒です。ヒンドゥー教では牛肉、イスラム教では豚肉を食べることが禁じられています。またジャイナ教という生きとし生けるもの全てを殺すことが厳しく禁止されているインドの伝統的宗教もあります。このような宗教的な背景が、インドをベジタリアン大国としているともいえそうです。 そんなインドの代表料理といえばインドカレー!こってりしたカレーをナンといただく北インドカレー。さらっとスパイシーなカレーをご飯といただく南インドカレー。 インドのレストランでは宗教に配慮して、メニューがベジタリアン用、ノンベジ(非ベジタリアン)用に分かれています。ベジタリアンメニューが一目で分かるので、ベジタリアンの方も安心して食事ができますね。 もともとベジタリアンメニューの多いインド料理。今回は、インド料理店ひしめく上野エリアでヴィーガンメニュー豊富なインド料理店をご紹介いたします。 1.ダージリン(日暮里) 初めて入った時はびっくり!一歩入るとまるでインドの王宮。テーブル、椅子、食器の細部にまでこだわっているレストランです。https://www.instagram.com/p/CF9hWgEFSjX/ View this post on Instagram A post shared by こた (@mhx7rim1) メニューはベジ・ノンベジに分かれていて、ヴィーガンメニューもあります。食後には、黄金の茶器に入った紅茶も。現実離れした空間に、とってもリラックスできます。 View this post on …

,

台東区役所の食堂に第二弾ヴィーガンメニューが登場!裏メニューも

10月5日から台東区役所(東京都)の食堂「チカショク さくら」にて新たなヴィーガンメニューの販売が始まっています。「野菜仕立てのキーマカレー」に続く待望の第二弾です! そのメニューがこちら「野菜仕立てのかき揚げうどん」です。動物性の原材料や調味料を一切使用せずに作られています。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、メニューにはヴィーガンマークも掲示されています。 販売当初から多くの注文が入るヒット商品です! 勿論かき揚げの衣に卵は使用されていません。サクサクしていて、つゆが染み込むとジューシーで美味しかったです。玉ねぎやにんじん等の野菜本来の甘味が活かされていて、お子様からご高齢の方まで幅広い世代に愛される味なのではないでしょうか。またかき揚げの他にも水菜、ネギ、ワカメがトッピングされていて様々な食感を楽しめました。 うどんはコシがあってモチモチとした食感。お出汁も植物性食材のみから作られているのでさっぱりしていて、うどんとよく合います。この一杯でお腹が満たされるので、コストパフォーマンスもとても良いです。 さらにこのメニュー、五葷(ネギやニンニク等)を抜いたものに変更することができます。注文する際に厨房の方に一言お伝えすれば、かき揚げとネギを「おくらとろろ」に変更してもらうことができます。この変更をすることで、五葷を食さないオリエンタルベジタリアンの方にも召し上がって頂けるメニューとなります。おくらとろろのネバネバとした野菜は栄養価が高く、疲労回復の効果も期待できます。うどんとの相性も良いので、オリエンタルベジタリアンの人にとってだけではなく嬉しいオプションですよね。 さらに、メニューには記載されていない裏メニューも存在します!「野菜仕立てのかき揚げうどん」のうどんに「野菜仕立てのキーマカレ―」のカレーをかけた「ヴィーガンカレーうどん」です。こちらも注文の際に厨房の方にお伝えすると対応してくれます。2種類のヴィーガンメニューを一度に楽しめるのは、この裏メニューだけ!ぜひお試しください。 植物性食品のみを使用した食事は私たちの健康に良いだけでなく、動物や環境にも配慮されていることが魅力の一つです。自分で作ってみようと思うと難しいかもしれませんが、このように区役所の食堂でヴィーガン料理が食べられるのは、とても手軽で嬉しいですね。食堂は台東区にお住まいでない方もご利用可能です。ぜひ一度足を運んでみてください! 店舗情報:台東区役所(東京都)ーチカショク さくらー住所:東京都台東区東上野4丁目5番地6号 地下1階営業時間:平日11時~15時

,

~One day Vegan~ ヴィーガン料理を無料で試してみよう!ポップアップ開催中

前回のVEGETIMEでご紹介した、オーガニックライスパスタPERFECT EARTHのポップアップイベントがメディア向けに11月12日、一般の方向けに11月13日〜15日の3日間限定で開催されています。*紹介の記事はこちら:海外で人気のライスパスタ日本上陸!ヴィーガン料理を試食できる”One day Vegan” 開催) *イベントの予約はこちら:https://airrsv.net/perfectearthpopupstore/calendar 筆者は12日のメディア向けイベントの日に参加して参りましたので、早速レポート致します。 ポップアップイベントのテーマは「One day Vegan」NPO法人ベジプロジェクトジャパンによる監修です。 昨今、健康問題や動物倫理問題、地球温暖化を始めとする環境問題に深く関わる肉食を控えようとする動きが世界的に高まっています。 日常生活からいきなり全ての動物性食品を控えることはハードルが高くても、1日(One day)から始めよう、いつの日か(One day)参加してね、という2つの思いが今回のテーマに込められています。 まさに地球に優しいPERFECT EARTHにぴったりなテーマのポップアップイベントです。 トークセッションでは、料理家のコウケンテツ氏とNPO法人ベジプロジェクトジャパン川野陽子代表理事が参加し、ヴィーガンについても言及されました。 料理家コウケンテツ氏によるライブキッチンでも、3種のきのこのガーリックアジアンパスタというヴィーガン対応のメニューが披露されました。 川野代表「おいしいです。まるでタイの草原にいるような味わい!」 パクチーの根を使って、パクチーの香りを最大限に引き出したパクチー好きの方にはたまらないレシピとなっています。レシピは記事の終わりに記載していますのでぜひお試しください。 試食会では、今回のポップアップイベントのために作られたNPO法人ベジプロジェクトジャパン監修のオリジナルメニューが3種類振る舞われました。 ・ヴィーガンミートとブラックビーンズのボロネーゼソース スパイスでコクを出し、トマトの甘味と酸味が引き立つ濃厚なソースがパスタにたっぷり絡らんでいてとても美味しいです。植物性のお肉やお豆など、具だくさんなソースで、ヴィーガンチャンクの美味しさに驚きました。 動物性原料不使用だと言われて食べても、思わず疑ってしまうヴィーガンチャンクです。 …

,

アフリカ系アメリカ人にヴィーガンが多い理由

原題:Why black Americans are more likely to be vegan ヴィーガンやベジタリアンという選択は、特定の人種や民族に限られたものではありません。一方で、インドでは宗教の影響でベジタリアンの比率が高いと言われるように、人種や民族、国民の持つ文化と食の選択が深く関わっていることも否定できないでしょう。アメリカにおいては、アフリカ系アメリカ人が、他の人種のアメリカ人に比べておよそ3倍もヴィーガンやベジタリアンである割合が高いと報告されています。 ある調査によれば、厳格なヴィーガン・ベジタリアンの割合は、アメリカの一般市民が3%なのに比べてアフリカ系アメリカ人は8%である事が分かっています(資料料)。また、同国の2019年の別の調査によれば、「昨年肉の消費量を減らした」と回答した割合は白人が19%であったのに対し、非白人では31%に上ったということです(資料)。 ヴィーガンになった、あるいはヴィーガンに挑戦している著名なアフリカ系アメリカ人といえば、セレブで知られるビヨンセやリゾ、プロテニス選手のビーナス・ウィリアムズ選手が挙げられるでしょう。特にビヨンセは、プラントベース食の配達サービスへの参加や、ヴィーガンに転身したファンへのコンサート無料券の配布の発表など、精力的に活動を行っています。 では、なぜ「アフリカ系アメリカ人」なのでしょうか? 自分たちのコミュニティーを大切に守りたいから 黒人のヴィーガンの人々にとって、より健康的な食生活を送りたい、という思いがヴィーガンへの入り口になった人は多いです。 アフリカ系アメリカ人は、高血圧、2型糖尿病、肥満、がんになる確率が他のほぼ全ての人種グループに比べて高いのです。これは、彼らの食生活が平均的に塩分と脂肪の摂取量が多く、果物や野菜の摂取量が少ないことが一因であると言われています(資料)。また、貧困や、青果店が遠くて行けない、ファストフードが簡単に手に入る、といった社会経済的要因がアフリカ系アメリカ人の健康的な食生活を困難にしていると指摘する声も上がっています(資料)。 自分の思いを体現するために ニューヨーク州で行われる黒人による黒人のためのヴィーガンフェスティバル、Black VegFest を創始したオモワレ・アドウェール氏。彼によるとヴィーガニズムと黒人文化のつながりはなくてはならないものです。このフェスティバルが始まった当初、白人のヴィーガンの人々からは困惑の眼差しが向けられたと言います。「ヴィーガンのコミュニティーはこれまで長い間白人のものであり、白人のものとして存続させたいのではないかと感じることさえある。」と彼は語ります。同時に、ヴィーガニズムが「中上流階級の白人のための排他的なものである」という誤った固定観念と、アメリカ国内外で黒人により形成されてきたヴィーガニズムの長い歴史を指摘し、「人は誰しもが自分の思いを体現したいと思うものです。それこそが、黒人のコミュニティーがヴィーガンの考えを精力的に推し進め、活動してきた理由です。」と話しています。 VegFest然り、ヴィーガンコミュニティーは動物福祉の向上のために活動しているところが多いですが、そのような抗議活動は、動物福祉を超えた大きな問題を浮き彫りにさせる事ができるとアドウェール氏は確信しています。Black Lives Matterのように。 伝統的なアフリカ料理は厳格なヴィーガン料理ではありませんが、主に植物性であり、緑の濃い葉野菜と豆類という健康的な食事に主要な要素を豊富に含んでいます。さらに、アフリカ系アメリカ人のヴィーガンのムーブメントは公民権運動にも深い起源を持っています。キング牧師と共に公民権運動家として活動し、コメディアンでもあったディック・グレゴリー氏は1965年に肉食を止め、その後厳格なヴィーガンとなりました。「私は公民権運動家であるから、動物愛護運動家でもあるのだ。苦しみ、死ぬという点は動物も人間も同じである。暴力によって、同じ痛みが生まれ、同じ血が流れるのであり、私たちはそれに加担してはならない。」というのは彼の言葉です。 …

,

イトーヨーカドーに大豆ミートのコーナーが特設。ヴィーガン商品も多数!

イトーヨーカドーさんの健康食品コーナーをのぞいてみると、大豆ミートのコーナーが特設され、大豆ミートを使用した食品がたくさん並べられています。 大豆ミートのコーナーには、「カラダにイイコト」始めよう!と紹介されているように、ヘルシーで、常温で保存が利くと話題の大豆ミートを使った商品が並べられています。 以前VEGETIMEでもご紹介し、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されているカゴメさんの商品も並べられていました! 【KAGOME カレー2種類】各358円(税別)・「3種豆のベジタブルカレー」・「大豆ミートのキーマカレー」 【KAGOME パスタソース2種類】各258円(税別) ・「根菜と大豆ミートのボロネーゼ」・「きのこの豆乳クリーム」 商品紹介のベジタイムの記事はこちら: ・カゴメから発売のヴィーガンカレーが美味しい!・カゴメから発売のヴィーガンパスタソース レトルトなので忙しい人でもさっと簡単に作れて便利な商品です。これらの商品は賞味期限も長いので、ご家庭に置いておくことをおすすめします!ぜひイトーヨーカドーを訪れた際には、お買い求めくださいね。 そのほかにも、おなじみの商品であるマルコメさんの「大豆のお肉」シリーズもたくさん棚に並んでいます。こちらも同じく、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されています。 (商品例)【大豆のお肉 乾燥タイプ】・フィレタイプ・ミンチタイプ・ブロックタイプ 他にも、写真でお分かりいただける通り、種類豊富に大豆ミートを使った商品が並んでいます。 イトーヨーカドーさんのように町のスーパーで、ヴィーガン・ベジタリアンも楽しめる商品がまとまって置かれることは新しい取組みなのではないでしょうか。 ベジタリアンやヴィーガンの方、そのようなライフスタイルに関心のある方にとっても商品選びが気軽で楽しくなりますね。 是非イトーヨーカドーさんの健康食品コーナーを覗いてみてはいかがでしょうか。 ※11月1日現在、関東の約20店舗で展開中です。

,

国産材料、こだわりの素材で作られた無添加ヴィーガン餃子が発売中

動物由来原材料不使用の野菜餃子が美勢商事株式会社さんより発売されています。 『健康に役立ち、安全で豊かな食生活に貢献する食品をお届けしよう』 という社是を掲げる美勢商事さん。 今回発売された冷凍の野菜餃子も添加物は不使用、使う食材は国産というこだわりが詰められています。 安心して食べられることに加え、冷凍食品のため手軽で便利な野菜餃子をご紹介します! 通常、餃子といえば肉類が原材料に使用されます。たとえ「野菜餃子」と謳っていても、畜肉や脂(豚脂など)が原材料に使用される商品も多いです。 しかし、こちらの商品には、動物性由来の原料が一切使用されていません。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得され、ベジタリアン、ヴィーガンの方でも安心してお買い求め頂くことができます。 また、化学調味料・合成着色料・保存料などの添加物も不使用で、国産野菜・国産小麦粉などこだわりの素材が使われています。 美勢商事のご担当者の方からは、「餃子の餡の設計には苦労しましたが、通常の(動物性原料を含む)餃子にひけをとらない食感、満足感に仕上がったと思っております。これからの多様な消費者ニーズにマッチしていれば幸いです。」とコメントを頂戴しました。 早速試食をさせて頂きました。 まずは、焼き餃子です。 もちもちの皮とシャキシャキ野菜の相性がよく、お箸が止まらない美味しさでした。 スープ餃子も試してみました。 野菜の旨味がスープに溶け込み、とてもコクがあり美味しく頂きました。 美勢商事さんは健康に良い商品づくりを目指して冷凍食品業界へ進出されました。現在では餃子・饅頭・焼売・包子(パオズ)等の中華点心料理の専門メーカーとなり、人にも環境にも優しい数々の商品を開発されています。 忙しい日常生活の中で、冷凍食品は便利だけど添加物が心配だと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方にとって、冷凍食品が国産素材で添加物不使用というのはとても嬉しいポイントです。さらに、今回の野菜餃子は動物性由来の原料が含まれていないため、ベジタリアンやヴィーガンの方はもちろん、手軽に安心して健康的な食事をしたいと考える皆さまにおすすめの逸品です。 東京の自然派食品店など、お店でお見掛けした際には、ぜひお手に取ってみてください。 企業情報会社名:美勢商事株式会社所在地 :〒399-0705長野県塩尻市大字広丘堅石2146-3TEL: 0263-54-0742FAX :0263-54-3582HP: http://www.mise.co.jp/ms/

,

日本初!プラントベースの生パティが想像以上に凄かった。植物肉ベンチャーの出展会場大人気

【カフェレスジャパン展示会レポート】2020年10月5日〜7日にパシフィコ横浜で開かれた「CAFERES JAPAN(カフェレスジャパン)、同時開催・ウェルネスライフジャパン」。 コロナ禍になってから、久しぶりに開催される展示会というだけあり、新商品や市場動向への期待を持った方が多く訪れていました。 今回注目したのは植物肉! 植物肉開発ベンチャー「グリーンカルチャー株式会社」さんより最新の商品が出るとのことで、展示会初出店の模様と新商品を最速レポートします! 満を持して、今回グリーンカルチャーが発表したのが、一番上にある 「Green’s Plant-based Patty(グリーンズプラントベースパティ)」。 こちらの商品は11月に一般販売予定の新作とのことです。 久々のイベント会場でドキドキしますが、いざ出陣! 緊張している間もなく、展示会の開始と同時に次々とお客様が…ブースは試食待ちのお客様でいっぱいになってしまうほどの大盛況! 写真では伝わらないかもしれませんが人がこの一角に滞留しています。 今回の植物肉パティはなんと!日本初となる生タイプの植物肉パティです。 グリーンカルチャーの金田社長によると、惣菜タイプのハンバーグやパティは既に多くの会社が販売しているものの、生肉のように加熱前の状態で流通させる商品は日本初! これによって、肉を焼いているときの風味も他の惣菜ハンバーグに比べて段違いに良く、鮮度を落とさずに美味しさをお届けることができるそう。 他にも美味しさの秘密がたくさんあるそうですが、現場にいるだけで美味しさが追いかけてきます。 見た目も香りもかなりリアルで、現物を皆様にも見てもらいたかった…! 今回はバンズにあわせてハンバーガーにして試食です。 味付けについても聞いたところ、オニオン、マスタード、トマトケチャップのみのシンプル調味で、植物肉そのものの美味しさを味わってもらえるようにしたそうです。 会場では、試食の感想を「まずい・普通・美味しい」の3段階に分け、シールを貼って評価を集計。みなさんの反応が気になりますが… 展示会初日にして、ほとんどの方から「美味しい」評価をいただきました。 この日だけで、2日分の試食まで出るほど大好評で、少々疲れた表情の金田さん。 【グリーンカルチャー 代表取締役金田さんのコメント】 …

,

東武百貨店・池袋店「からだにいいことFair」で宮島醤油のヴィーガンカレーが販売中!

東武百貨店・池袋店で開催中の「からだにいいことFair」*では、10月13日(水)まで、以前VEGETIEMでもご紹介した醤油や味噌づくりの老舗宮島醤油株式会社さんの「三つの豆と根菜のカレー」を購入することができます。 *「からだにいいことFair」は10月1日(木)~10月21日(水)までの期間限定開催です。 宮島醤油さんの「三つの豆と根菜のカレー」の販売は13日まで。 「三つの豆と根菜のカレー」320円(税抜き) こちらのカレーは動物性原料を一切使用せず、使用されている砂糖も骨炭不使用のものであることを示す、NPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得。商品パッケージにはヴィーガンマークの表示もあります。 調理方法はとっても簡単! レトルトパウチを封を切らずに熱湯に入れ、5分間沸騰させるだけです。レンジ対応容器に移し替えてラップをすれば、電子レンジでも温められる優れものです。 あとはご飯と一緒に盛り付ければ完成!忙しくて時間がない時でも、簡単にヴィーガンカレーを楽しむことができます。 このカレーには三つの豆(ひよこ豆、赤いんげん豆、白いんげん豆)と四つの国産根菜(人参、じゃがいも、ごぼう、れんこん)が含まれていて、具だくさんなため食べ応えも十分! 動物性原材料を使用していないことに加えて、うま味調味料、着色料が無添加ということも商品の魅力のです。 フライパンなどで焼き目をつけたかぼちゃやパプリカ、ナスなどをトッピングすれば彩り豊かなカレーに。自分好みのカレーが楽しめます。 創業138年の宮島醤油さんが原材料にこだわって開発したこちらの商品は、ベジタリアンやヴィーガンの方はもちろん、そうでない方にも評価を頂ける一品。 ぜひ、お試しください! こちらのカレーを購入することができる「からだにいいことFair」についてはこちら。 10月1日(木)~10月21日(水)までの期間限定イベントですのでお見逃しなく。 からだにいいことFair:http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/event/detail/3177東武百貨店 池袋店東京都豊島区西池袋1丁目1−25 【宮島醤油株式会社】所在地:〒847-0062 佐賀県唐津市船宮町2318番地TEL:0955-73-2151公式HP:https://www.miyajima-soy.co.jp/商品のプレスリリース:https://www.miyajima-soy.co.jp/archives/27387通販サイト:https://miyajima-soy.shop-pro.jp/

,

キッコーマンからもヴィーガン商品!ヴィーガンマーク付きのコーンスープが発売中

キッコーマン株式会社より、 「デルモンテ ワン・ファミリー クリームコーンあらごしタイプ」が2020年8月20日(木)に新たに発売されました。こちらの商品は、ヴィーガン認証 *1、ハラール認証 *2、アレルゲン27品目不使用のコーンスープで、業者用ルート向けに全国にて展開されています。 *1 NPO法人ベジプロジェクトジャパンが定めるヴィーガン認定基準をクリアし、ヴィーガンマークが商品に表示されています。 *2 タイ中央イスラミック委員会(THE CENTRAL ISLAMIC COUNCIL OF THAILAND)が定めるハラール認証基準をクリアしています。 商品名にある「ONE FAMILY(ワン・ファミリー)」 このシリーズは、”現代の多種多様な食文化において、誰もがおいしく食べられるシーンをつくりたい。”という想いに基づき、「ベジタリアン対応」と「アレルゲン不使用」の2つをコア・バリューとした、業務用ルート向けのシリーズです。 あらごしのスイートコーンがたっぷりと使用されています。また、砂糖、食塩、オニオンエキスパウダー、酵母エキス、香辛料じ味付けされていていますが、動物性原料は不使用です。 本品1パックに豆乳1ℓを加えるだけでスープができる手軽さで、パッケージも「開けやすく」「捨てやすく」「常温で長期保存が可能(賞味期限 30 カ月)」な紙パックとなっているため、とても便利です。 いつか飲食店等でヴィーガンのコーンスープが飲める日が来ることが楽しみですね。 市販のコーンスープは生クリームやバター、畜肉エキス等を含む商品が多いので、簡単にヴィーガンのスープを飲めることは実は珍しいことです。そのため、今回のコーンスープは、ベジタリアンやヴィーガンの方、動物性食品を避けている方にとっても嬉しい商品です。もうすぐ肌寒くなる季節ですので、飲食店等でヴィーガンスープを見つけた際には、ぜひ心身ともに温まってくださいね! …

,

ヴィーガンって食事より社交関係の悩み?

一度ヴィーガンになると、ヴィーガンの生活が実は結構楽しいと気づく方もいますよね!例えば、今までに知らなかった材料を発見したり、ヴィーガンレストラン巡りをしたり、「食べる」ということに前より深い意味と喜びを見出せるようになる方がいます。またヴィーガンになって料理に興味をもち、料理上手になる方も多いそうです。 ほかに、健康面でもヴィーガン食に変えただけで無理なく痩せる方、疲れがとれる方もいます。長年ヴィーガンをしている方のほとんどが「なんでもっと早くヴィーガンにならなかったのだろう。」と言っています。 一方で、悩みをもつ方も少なくなく、その悩みの多くは、実は食事や栄養面の問題ではなく、社交関係の問題が多いのです。 ヴィーガンということでからかわれたり、外食する時に迷惑がられたりなど、嫌な思いをすることが少なからずあると思います。特に日本では、「大多数と違う」ということは大抵ネガティブに見られ、批判が多いように感じます。食べることは日常の生活の中でも特に社交的なものです。同僚とのランチ、友達とのお茶、家族との晩ご飯。一緒に食べることや、料理をしてあげたりすることを通して人との絆を深めることは当然なことになっています。そんな中で一人だけ他の人と違うものを食べるのは、ある意味勇気のいることです。 私はヴィーガンになって2年半が経ちますが、その間に様々な社交上の経験をしました。大学でヴィーガン関連の活動をする中で、個人主義文化のアメリカでも、人との付き合いや、社会全体への態度に関して、難しい問題にぶち当たった記憶があります。ですので、今回はヴィーガン生活を送る皆さんが気持ちよく過ごせるよう、私がヴィーガンを始めた頃を振り返って、当時知っておきたかったポイント5つをご紹介します。 1)自分がヴィーガンになった理由に確信を持ち、自分を信じる ヴィーガンは少数派のため、周りに流されて、ヴィーガンをやめてしまうことがよくあります。そのため、自分がなぜヴィーガンになったかという理由をしっかりと覚えておくことが大切になってきます。人間は社交的な動物で、何回も同じことを言われると、それを信じる心理的傾向があります。私がヴィーガンになった当初は何度も「健康に悪いのでは?」と言われ、その通りに信じてしまった記憶があります。たとえ、赤身肉や加工肉は癌のもとになることや、世界で最も長生きをしている人たちは日々の食事の95-100%をヴィーガンの食事にしていることが明らかにされているにもかかわらず、間違っていることを何度も多くの人に言われると、自分に自信が無くなってしまうのは自然なことです。他人の意見を聞く時は、この点を知っておくことが大事だと思います。 これは周りの意見を聞かず、自分の意見を変えないということでは決してありません。ヴィーガンになった当初に比べると、私はかなり意見を変えていて、例えば100%ヴィーガンにならなくても、フレキシタリアンになることが大事だと今では感じています。正しいデータや論理を元に意見を変えることは良いことですので、批判的思考を働かせながら、学んでいくことが大事だと思います。 2)「どうして私の周りの人はすぐにヴィーガンにならないの?」と思わない 環境負担を減らすために有力なのがヴィーガンになることなのに、動物は地獄のような状況で苦しんでいるのに、ヴィーガン食は健康にも良いのに、なんで世界はヴィーガンに近づかないの?と思うかもしれません。ヴィーガンになって世界の見方が大きく変わると、特に動物愛護でヴィーガンになった方は動物由来のものを食べることが動物虐待を支援しているように思えて辛いと感じるかもしれません。 ここで覚えておいて頂きたいのは、みなさんがヴィーガンになる前は、ヴィーガンでない人と同じように動物由来のものにお金を出していた事実です。ヴィーガンの存在を知ってから、完全にヴィーガンになるまで時間を要したと思います。人は判断する時、様々な人生経験・価値観を通して問題を見ます。つまり、ヴィーガンになるまでのスピードは一人一人異なるのです。実は私はヴィーガンになるまでとても時間がかかった人の一人です。ペスカタリアン(魚・乳製品・卵は食べるが、肉を食べない)の家庭で育ったものの、そこからヴィーガンになるには一年もかかりました。牛乳は、子牛のために作られた乳を母牛から奪うものだと知っていたのに、チーズがなかなかやめられなかったのです。だからと言って、私は子牛の虐待はもちろん反対でした。当然反対するべきものを反対していても、その価値観を自分の消費活動として実行に移すのはとても難しいのです。しかし今では、ゆっくりと進んでいた私でも人生をヴィーガン活動に捧げたいとまで思っています。 みなさんの身の回りの方も、私のようにゆっくりヴィーガンへと移っていく人なのかもしれません。それをしっかり理解して、人の価値観と消費活動は簡単には合致しないものだと考えましょう。以前に読んだ本には、「活動をバケツのように考えましょう」と書かれていました。一つの会話、一つの食事、その一つ一つは全て、バケツに一滴の水をポタポタと入れていることと同じだということです。他人との触れ合いも、その人がヴィーガンの記事をニュースで見ることも、全てその一滴の水になります。バケツに一度に水を入れることができないのと同じように、人の態度や習慣を一度に変えることはできません。 3)活動する範囲を考える 範囲を決めるということは、自分にできることを考えて「何かを変えている」という意識をもちながら行動していくことです。 誰かからヴィーガンに関することやヴィーガンのあなたに対して何か言われても、疲れている時や勇気がない時は何と言えばわからないこともありますよね。「あの時ああ言えばよかった!」と後で思う時もありますが、それでも自分を責めないでください。みなさんは、精一杯努力していると考えてください。 「世界で起きている問題は大きなことだけれど、私のできる範囲で貢献している」という考えは、深い幸せと自信に繋がります。つまり、一見「小さい」活動でも、この達成感は得られるのです。例えば、家族にヴィーガン料理を作ってあげることや、友達をヴィーガンレストランに誘うこと、SNSでレシピを投稿することも素晴らしい活動です。みなさんが使えるエネルギー・財源・時間は異なります。自分がどの範囲なら活動できるかを決めると、楽しみながら世界に貢献していけるのではないでしょうか。 4)ヴィーガンとの繋がりをもつこと 今ではオンライン上の様々な方法で多様なヴィーガンと繋がることができます。例えば、Facebookのヴィーガングループに入ったり(例1, 例2, 例3)、Instagramでヴィーガン生活やヴィーガン情報を投稿するアカウントをフォローしたり、ヴィーガンユーチューバーから情報を得たりすることができます(例1, 例2, 例3)。コロナ禍では難しいかもしれませんが、ヴィーガン関連のイベントに参加することもできます。私はアメリカに住んでいますが、アニマル・ライツ・カンファレンス(動物権利カンファレンス)で活動家や団体が集まる機会があり、とても気の合う友達に出会えました。 やはりヴィーガンだからこそわかちあえる話もあるので、そういう話をいつでもできる相手がいるのはとても心強いです。 5)ポジティブなヴィーガンニュースを知る …