ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "カレー"

カレー

,

おうちでも本格的な味を。 3stepの簡単ヴィーガンスパイスカレー

夏といえば…やはりカレー 「スパイスカレー」と聞くとなんだか難しそう。。。 と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実は「切る・炒める・煮る」の3ステップで自宅でも簡単に作れてしまいます! ここでは、私が数年前から愛用しているヴィーガンスパイスカレーのレシピをご紹介します。 【材料(3~4人分)】 お好きなご飯・・・・・・・お好きなだけ 玉ねぎ・・・・・・・・・・1個 ◎クミンシード・・・・・・・小さじ½ ◎オリーブオイル・・・・・・大さじ1 *塩・・・・・・・・・・・・小さじ1 *ターメリックパウダー・・・小さじ1 *コリアンダーパウダー・・・小さじ1 *カイエンペッパーパウダー・小さじ1 *ガラムマサラ・・・・・・・大さじ1 トマト缶・・・・・・・・・1缶(400g) お好きなビーンズ(茹で済み)・300g 豆乳・・・・・・・・・・・・100ml 【作り方(約20分)】 1.ご飯を炊いておきます。(今回は玄米ご飯) 2.玉ねぎをお好きな大きさに切ります。 3.フライパンに◎を入れて熱し、クミンシードがぱちぱちと音を立て始めたら2を入れます。 4.玉ねぎが透き通ったら*を入れてよく混ぜます。 5.4にトマト缶を入れて弱火で少し煮てから、お好きなビーンズ(今回は茹でて冷凍保存しておいたひよこ豆と小豆)を入れて全体に火を通します。 6.最後に豆乳を入れて少し煮たら、火からおろしてご飯にかけて完成です!!!! …

,

風と光のヴィーガンカレー4種 それぞれのこだわりは?

株式会社風と光は、自然食品、オーガニックを求める方々から愛されてきた横浜の企業です。人の身体や地球環境にやさしい、そして美味しい食品の製造・輸入・販売等をされています。 これまでも、動物性原料不使用、植物性原料のみの商品も扱われてこられましたが、今年からはその価値をより伝えるためヴィーガンマークの表示を始められました。 ヴィーガンカレーのバラエティが豊富 NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得された商品はこちら。 有機ヴィーガンカレールゥ 150g 世界で初めて製品化されたオーガニックのヴィーガンカレールゥ。有機JAS認証も取得。 一つ一つのスパイスなどの原料を有機で揃える努力と味付けの工夫により誕生した商品です。 28品目不使用ヴィーガンカレールゥ 150g 小麦の代わりに米粉を使用し、28種類のアレルギー特定品目が含まれていません。さらに、フェンネル,クミン,ディル,キャラウェイ,アニス,コリアンダー,フェネフリーク,チリペッパー,セージの9つのスパイスも不使用のカレールゥです。特定のものを食べられない方も食べられる方も、みんなで美味しく食べて頂きたい、という想いが商品になりました。 奄美ベジタブルレトルトカレー 200g 奄美大島のうこんを生のまますり潰した奄美カレールゥが使われたレトルトカレーです。 具材の野菜は全て国産、砂糖は喜界島粗糖が使用され、化学合成添加物は不使用です。肉類の代わりに大豆ミートが入っています。 オーガニック ヴィーガンレトルトカレー 野菜 180g 有機野菜と上述の有機ヴィーガンカレールゥがじっくり煮込まれてできた本格的なレトルトカレーです。有機JAS認証も取得。 甘みは、GI値の低い有機ココナッツシュガーが使われ、砂糖は不使用です。 いかがでしょう。1つ1つのカレーには、それぞれこだわりが詰まっていることを、感じて頂け他のではないでしょうか。 現在は、この4商品(カレールゥ2種類、レトルトカレー2種類)がヴィーガン認証取得商品ですが、さらに今後も増えて行く予定です。 お楽しみに! フルーティーなコクの秘密 奄美ベジタブルカレー …

,

コロンボ, スリランカ – ヴィーガン パラダイス アイランド (Part 1)

Written by ヘレン・マーヴェル (instagram: veggiesushiandthecity) / 翻訳 カバリヤまほ   スリランカでは12%がヒンズー教徒、70%が仏教徒 (参照:Wikipedia)ですから、ベジタリアンの食事が広く普及しています。 値段が安いのでバターの代わりにマーガリンが、牛乳の代わりにココナッツミルクが使われています。 ココナッツなど新鮮な果物を売るスタンドは、小さな村でもどこでもあるし、大豆ミートなどの代用品は大きなスーパーで手に入ります。 100%ベジタリアンのカレー(ギー(バターオイル)は使わないでと事前に伝えて)のレストラン、サモサやホッパーのちょっとしたベジタリアンスナックを扱うスタンドがたくさんあります。 (ただし、スリランカは島ですから、シーフードに力を入れているのは確かです。 漁師が竹馬を使って銛で魚を捕まえる方法は彼らが誇りに思っていることなので、そのようなイメージの絵などはたくさんみかけます。 念のため追記しておきます。) コロンボには5日間滞在し、オススメしたいヴィーガンフードがあります。 以下にご紹介します: インドセイロンカフェ 100%ベジタリアンの南アジアン・レストラン (ギーは使われているので気をつけて) では手で食べるドサがあります。 メニュー、または”ショートイート”を指差して、自分が頼んだものが正確にくることを願いながら注文をします。 地元の本物の味、しかも手頃。一食$2で楽しめます。 …

,

本格タイ料理が家でも。オーガニックでヴィーガン、グルテンフリー、こだわりのタイ料理のペーストとソース

「CIVGIS(チブギス)」のタイ料理のペーストシリーズとソースシリーズは、原材料にもこだわったオーガニックでヴィーガンな商品です。   製造元は、タイに本社のある「Dynaworth International(ダイナワース・インターナショナル)社」です。 同社はタイのオーガニック原材料をもとに食品を製造し、日本に向けて輸出を行うオーガニック食品の専門商社。タイ料理のペーストやソース、ココナッツ製品、スパイスなど、幅広い商品を取り扱われています。 Dynaworth International社のロゴ 夢ある意味をもつこのロゴ、何のデザインでしょう?鞄ではないですよ。   今回は、 オーガニック、ヴィーガン、グルテンフリーのタイ料理が作れる「チブギス&ラムラム」シリーズ をご紹介します。 (*ヴィーガンのお料理とは、肉、魚、卵、乳、蜂蜜といった動物性の食品を使っていないものをいいます。)   有機認証JAS認証、特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパン認定のヴィーガン認証を取得している商品です。 安心で安全で、さらに付加価値の高い食品シリーズです。   ペーストシリーズはこちら。 上段左より、グリーンカレー、イエローカレー、レッドカレー 下段左より、マサマンカレー、トムカー、トムヤム、カオソーイ   イエローカレーのペーストを使い、野菜を炒めて麺とからめてみました。 「タイのお日様カレーヌードル」(イエローカレーのタイ風ヌードル) きしめんを使いましたが、フォー(お米の麺)を使うとさらにタイっぽくなりますね◎ …

,

レトルトなのにヘルシーな野菜のカレーでミートフリーマンデーを

チャヤマクロビさんからレトルトのヴィーガン対応カレーが出ています。 ヴィーガン対応とは、肉、魚、卵、乳、蜂蜜といった動物性の食品を含んでいないということです。   原材料は全てナチュラルなもので、レトルトなのに手作りです。 値段は種類にもよりますが、495円(税込み)から。 野菜カレー、ソイキーマカレー(大豆のお肉を使ったキーマカレー)、豆カレーがあります。 こちらの商品の紹介サイトには”男の新習慣「野菜カレーマンデー」”とあるのです。 ミートフリーマンデーを意識されたカレーです。 ミートフリーマンデーとは、「地球や動物たちのために週に1回肉を食べないようにしよう」という運動です。 ポールマッカートニー氏が、Meat Free Monday (ミートフリーマンデー)を世界中で広めています。 2015年の来日時に、ポールマッカートニー氏が語ったミートフリーマンデーについての動画はこちら。       ミートフリーマンデーをするのにも、このカレーは役にたちそう。 ぜひお試しくださいね! 詳細はこちら:チャヤマクロビオティクス Official Online Shop

,

内閣府こだわりベジランチを紹介!&内閣府ランチ会のご案内

内閣府の職員食堂でもベジタリアンメニューが始まっています! 毎週金曜日に、メイン、汁物、ごはん、スイーツがセットになったベジタリアンメニュー。 その内容がすごい! Photo: ベジメニュー開始日の野菜のキーマカレー   しかも毎回、メニューが異なるのです。 どんなお料理が提供されているのか、少しだけご紹介します! Photo: 大豆ミートを使用した酢豚 Photo: お麩を使った油淋鶏(ユー リン チー)風、中華風スープ、五穀米、マンゴーゼリー Photo:赤味噌ハヤシライス Photo: 大豆ミートとお麩を使ったベジ焼肉丼 いかがでしょうか! こんなものまでベジタリアンで楽しめるの!!??と驚いてしまうものばかり。 しかも、今回のご紹介のメニューは、肉魚卵乳はちみつを使っていなヴィーガン対応です。 味も本当に質が高い!! 召し上がっている内閣の職員さんにベジメニューの感想を伺うと、ほとんどの方がベジタリアンメニューということをあまり意識せずに「美味しそうだから」注文されていました。 ベジメニューということをお伝えすると大変驚かれて、ベジタリアンへの印象が良い方向に変わる方も多かったです。 Photo: …

,

あの京のカレーうどん屋さんにベジ対応メニューがたくさん!

京のカレーうどんでかなり有名な味味香さん。八坂神社のすぐ隣という好立地に加え、他では味わえないコクのあるそしてボリューミーなうどん等が人気で、いつも賑わいを見せているお店です。 外見はこんな感じ。オレンジ色ののれんが目印。ガラスには、これまで訪れた著名人の写真も飾られています。 そんなお店に、たくさんのヴィーガン(肉、魚、卵、乳、蜂蜜を使わない)対応のベジメニューがあるのです。 こちらは、野菜かき揚げカレー丼と、野菜かき揚げうどん。野菜かき揚げが美味しそうで、丼もうどんもどちらも野菜かき揚げ付きを。 カレー出汁は、動物性の原料が何も使われていないというのに、とてもコクのある出汁!美味しくて、ついつい最後まで飲んでしまいました。(笑) サクサク、ザクザクの野菜かき揚げも期待を裏切りません。食べごたえ最高です。ぜひこれは召し上がって頂きたい一品。 四種類の七味が用意されていて、味の変化を楽しむこともできます。 味味香さんとベジタリアン対応の関係について伺ってみました。 味味香さんが、ベジタリアン(肉、魚、卵、乳、蜂蜜を使わないヴィーガンレベル)対応を始められたのは、ある6人の外国人グループの来店がきっかけでした。 そのグループの中には2人のヴィーガンがいて、彼らが出汁に魚が使われているので出汁を醤油に変えてお食事を提供してほしいとお願いしてきたのだそうです。 店主の平岡さんは、「うどんをお醤油で提供しても満足のいくお料理は提供できない、ましてそれでお金はとれない。」とお伝えし、「時間はかかるけれども、少し待ってもらえますか。」と、昆布出汁を即興で作り、ヴィーガン対応のうどんを提供されました。 「せっかく遠くから京都に来てくれているのだから、美味しいお料理でおもてなしをしたい、楽しんでもらいたい」 という一心だったそうです。 それを機にここ1,2年の間、ベジタリアン需要の増加に気が付いて来られました。 最初は、外国人対応、という位置づけで始めたベジメニュー。しかし、その後調べていくうちにベジタリアン食が地球に優しい食ということも知り始めました。さらに、長年のファンであるビートルズのポールマッカートニーも、ベジタリアンの活動Meat Free Monday(ミートフリーマンデー)を行っていることを知り、ベジタリアン対応への意味を掘り下げていくことになりました。 (ポールがなぜミートフリーマンデーをしているのか、興味のある方は、ベジプロジェクトとARCがポールに行ったインタビュー(日本語字幕付き)動画から!) そんな中、ある時京都ベジマップ作製委員会のメンバーに出会い、「協力せなあかん」と思われたそうで、益々のベジメニュー開発に日々取り組まれています。 実際にベジメニューを導入された反響を伺ったところ、「こちらが恐縮するほど喜んでくれるお客さんもいる。」という回答を頂きました。 ベジタリアンチョイスがまだ少ない日本で、そのチョイスを見つけられて、それがとっても美味しいこと、これはもう喜びにならないはずはないですよね! ではどんなメニューがあるのかというと うどん、丼、そしてラーメンまで! そしてベジメニューの数は増え続けています。 …

,

ついに内閣府でも!食堂でベジタリアンメニュー開始

2017年3月17日より、内閣府・内閣官房の職員食堂にて、ベジタリアンメニュー(以下ベジメニュー)のランチが導入されました!     まずは試験的な試みとして毎週金曜日にベジメニューが利用できます。 基本的にはヴィーガン(肉、魚、卵、乳製品、はちみつといった動物性食品を含まない)レベルで、日によって卵、乳製品を含むメニューもあるということです。 内部で、一生懸命に働きかけてくださった内閣関係者K氏は、ご自身もベジタリアン。 ベジタリアンという生き方に関心を持たれたのは、世界的、歴史的大スターであるザ・ビートルズの影響だとか。 そのメンバーの1人ポールマッカートニー氏が、Meat Free Monday (ミートフリーマンデー)のキャンペーンを世界中で広めています。 2年前の来日時に、ミートフリーマンデーについて語った動画はこちら。   K氏がこの動画をご覧になられ、NPO法人ベジプロジェクトジャパンの代表に内閣でもベジメニューを入れたいと伝えたのが1年前。 それから根気強くベジタリアン対応の需要とその必要性を、内閣内で伝え続けてくれました。 NPO法人ベジプロジェクトジャパンはK氏に食品会社さんを紹介し、今回はレシピや材料の扱い方についてその食品会社さんをサポートする形で当企画に協力しています。 食品会社さんというのが、グリーンカルチャー株式会社さん。 ベジタリアン関連の食品を幅広く取り扱われていらっしゃり、急成長中の食品会社さんです。 グリーンカルチャーさんへVEGETIMEが行った取材記事はこちらから→ 「ベジタリアンには欠かせない!ベジ食品通販“グリーンズベジタリアン”社長インタビュー」   初日のメニューは、彩り野菜のカレーライス、サラダ、中華スープのセットメニューでした。   カレーには、ミンチタイプの大豆ミートが入っていて、本物のひき肉を食べているような食べごたえあり。 …