ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

vegan

今回は、トマトジュースやケチャップなどでお馴染みの食品メーカー・カゴメさんより2月末に発売されたヴィーガンのカレー2種をご紹介します。 「3種豆のベジタブルカレー」「大豆ミートのキーマカレー」の2つがNPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得し、発売中です。どちらも原材料に野菜とお豆がたっぷり含まれています。 大豆ミートのキーマカレーはしっかりスパイスの味が効いていて本格的!大豆ミートもひき肉の食感そっくりです。濃厚な味と食べ応えのあるキーマカレーに仕上がっています。 3種豆のベジタブルカレーは、野菜の甘みとコクが引き立つやさしい味わいです。しっかり煮込まれているお野菜もトロトロ! どちらの商品も、そのままライスと一緒にカレーライスにして食べるのはもちろん、トッピングを追加して具沢山カレーやチリビーンズにアレンジもできます。 お手軽なのにしっかりとお野菜が摂れることも嬉しいところ。 1食使い切りタイプのため、インバウンドのベジタリアン、ヴィーガン対応に困られているホテルや飲食店での対応メニューとしても活用が期待されています。 業務用の販売ではありますが、 大手インターネット通販や、一部スーパーで取り扱いがあるお店も。 是非、お試しくださいね! 商品の詳細:カゴメ株式会社によるニュースリリース

洋食が多く並びがちな現代の食卓。たまには和のおかずも摂り入れたいと思うことはありませんか? そんな時は是非、JUNYA OKAYAMAさんの“千切りビストロ昆布”を使ってみてはいかがでしょう! 身の柔らかい若い昆布を茹でて刻み、シート状にした後乾燥させています。元々柔らかい素材で、なおかつ刻んであるので水に10〜15分漬けるだけで充分戻ります。色々な味付けに合うので、料理のバリエーションも豊富です。 また、北海道で初めてNPO法人ベジプロジェクトによるヴィーガン認証を取得しており、函館新聞や北海道新聞にも大きく掲載されました。 生産者 ジュンヤ・オカヤマ のご夫妻は、ご自身たちも出来るだけヴィーガンのライフスタイルでいることを心がけていらっしゃいます。また、環境への配慮と食の安全を考慮し、昆布の干し場によく使われる除草剤もジュンヤ・オカヤマでは使用していません。 いろいろな想いやこだわりをもたれて作られているビストロ切り昆布を、早速使い、ご紹介したいと思います。 味噌汁と小鉢、おにぎりに漬物を添えました。 味噌汁は他の具材と一緒に加えて軽く温めました。 中央上のナムルは水で戻し、中華だしの素(動物性素材不使用の物)とごま油で和えただけですが、JUNYA OKAYAMAさんもオススメのレシピという事もあり、とても美味かったです。 おにぎりは醤油漬けにした物を混ぜました。白菜漬けは塩と一緒に漬け込んで簡単浅漬けにしました。 どの料理にも共通して言えることは、彩りがきれいに映えること、シャキシャキした歯応えがとても心地よいことです。海藻ならではのクセもなく、ヴィーガン認証商品のため、ヴィーガンの方はじめ多くの方に安心して食べていただけると思います。 今回は和食のみとなりましたが、サラダや野菜スープにも合うので、洋食にプラス一品も可能です。ナムルも是非試していただきたい!本当に箸が止まらなくなりますよ! 他のレシピにも興味がありましたら、JUNYA OKAYAMAさんのホームページにも掲載されていますので是非ご覧くださいね。 こちらの商品はジュンヤ・オカヤマさんのショッピングページや、東京都浅草にあるお店VEGAN STOREでも販売されています。 昆布漁師 ジュンヤ・オカヤマ ホームページ:http://www.junya-okayama.jp ショッピングページ: https://junya-okayama.stores.jp/

【UPDATE:コロナウィルスの影響を考慮し、ベジマップ発行も延期することに致しました。今後のスケジュールに関しては決まり次第ご案内させて頂きます。】 NPO法人ベジプロジェクトジャパンは、2016年に京都ベジマップの初版、2019年に東京ベジマップの第二版を発行しました。 観光案内所や飲食店などで配布され、国内外から好評を得ているベジマップ。 東京ベジマップ第3版・京都ベジマップ第2版をオリンピック前にリリース予定! 東京ベジマップ第3版と京都ベジマップ第2版制作開始にあたって、マップで紹介する掲載店と、制作・発行を支援するスポンサーを募集しています! ヴィーガンメニューがお店のメイン料理にあるお店さん、掲載検討中のお店さんは、ベジプロジェクトまでご連絡を。 「是非このお店を載せてほしい!」という情報もベジプロジェクトまで。「ベジマップに載ったらいいよ」と直接お店にお話ししてみるのも良いですね。 みんなでベジマップを盛り上げましょう! お問い合わせはNPO法人ベジプロジェクトジャパンまで:contact@vegeproject.org

ソフトバンクが今年中にチリのAIを使用して植物性食品を製造する企業であるNotCoを含む南米の植物性食品企業に投資をする予定だと発表しました。 ソフトバンクは今後、長期的に利益を得ることができる可能性の高い企業に投資していく方針を明確にしました。具体的にはどのような企業が長期的に利益を得るということは供述しませんでしたが、ブラジル、ペルー、チリにある企業に注目しているそうです。 その中でも特にチリのヴィーガンスタートアップ企業、The Not Company(NotCo)に注目しております。NotCoは”Giuseppe”と言う名の3DプリントのAI技術を使って植物性食品を産み出すといった活動をしています。 NotCoは既に去年、英国ロンドンに本社を置くグローバル投資会社 The Craftoryによって投資されたことによって大企業にも注目を置かれる存在となりました。 NotCoは、時代の変化を恐れずに、持続可能性のある食生活と地球環境、人間と全ての動物に公平な社会を実現するために変化を起こすべきだと考えています。動物に対しても環境に対しても優しくない現在の食物連鎖ではなく、持続可能な食物の製造を目指しています。未来を「想像する」のではなく「創造する」をスローガンに、食品の香りや味、食感はそのままに、100%植物性由来の方法で製造されたサステイナブルな食品を製造しています。 現在はマヨネーズ、アイスクリーム、ミルクなどの製品を販売しています。 写真: NotCo これはそのマヨネーズですが、なんと、通常のマヨネーズが製造過程で194リットルもの水を消費するのに対し、ノットマヨは83%減の32.42リットルしか水を使用しません!更に通常のマヨネーズを作るのには0.4kgの二酸化炭素を生み出すのに対し、ノットマヨは37%減の0.25kgです。更に、オリジナルマヨネーズの他にも、ガーリック、スパイシー、オリーブの全部で4種類もの味で販売されています。 ミルクも通常のミルクの他にチョコレートミルク、アイスクリームもバニラ、チョコレート、クッキーアンドクリームと、味の選択肢が豊富なのも嬉しいですね! 日本でもNotCoの製品を購入できるようになる日が来るのが待ち遠しいです。 環境にも身体にも優しい製品を製造する企業が増えることは嬉しいですね。さらに、ソフトバンクという日本の大手企業もヴィーガン業界に注目しだしていることは喜ばしいことだと感じています。 これをきっかけに今後更に多くの日本企業がヴィーガンやサスティナブルな事業に関心を持ってくれることを望みます。 参考文献 https://vegconomist.com/companies-and-portraits/japans-softbank-group-to-invest-in-latin-american-plantbased-foodtech/?utm_source=mailpoet&utm_medium=email&utm_campaign=top-stories-25-02-2020

写真:スターバックスジャパン アメリカ発祥の大手コーヒーブランド、スターバックスが環境保護を考慮して、今後植物性ミルクを積極的に推進していく方針を発表しました。 スターバックスは2030年までに二酸化炭素排出量を50%削減することを目標に掲げました。具体的には、2030年までに乳製品の提供をやめ、植物性のミルクやクリームを使った商品を提供するそうです。 植物性ミルクへ変更する理由 スターバックス会社のCEO、ケビン・ジョンソン氏は「消費者の需要は既に動物性から植物性のミルクへと遷移し始めている」と供述されました。 消費者がドリンクにミルクやホイップを追加したら、環境にはどのくらいの影響があるかご存知ですか?もし、ミルクやホイップが使用されているドリンクが100万杯売れたとしたら、それはスターバックス本社のプライベートジェットの50倍もの温室効果ガスを排出すると言われています。 日本ではまだ豆乳しかオプションがないものの、アメリカ等の海外店舗ではアーモンド・ココナッツ・オーツミルク等、植物性のオプションが豊富に提供されています。北米では既に15-20%の消費者が動物性ミルクの代わりに植物性ミルクを選択しているそうです。今回の発表を機に、今後日本でも植物性ミルクの選択肢が豊富になりそうですね! 写真:スターバックス 植物性ミルクと牛乳の栄養価比較 牛乳 カップ1杯(240ml)につき、146カロリー、 8gのたんぱく質、 8g の脂質と13gの炭水化物が含まれています。 豆乳(無調整) 同じくカップ1杯につき80-90カロリー、 4-4.5gの脂質、 7-9 gのたんぱく質、4グラムの炭水化物を含みます。筋肉源となるたんぱく質の量は牛乳と等しい代わりに、脂質とカロリーを大幅にカットすることができます。また、豆乳は数ある植物性ミルクの中でも優れもので、たんぱく質が含む必須アミノ酸を全て含んでいます。 アーモンドミルク(無調整) 同じくカップ1杯につき30-35カロリー、 2.5gの脂質、 1gのたんぱく質、1-2グラムの炭水化物を含みます。アーモンドミルクは植物性ミルクの中でも低カロリーで、カロリー消費量を抑えたいという人に効果的です。さらに、アーモンドミルクは抗酸化物質に富んだビタミンEを豊富に含んでおります。 ココナッツミルク(無調整) …

渋谷の西武地下2階、シナグロ渋谷店は、産地直送のオーガニック野菜がたくさん食べられることで人気。さらに、ヴィーガンメニューがあること、皆さんご存知でしたでしょうか。 メニューにある”フレッシュトマトのマリナーラピザ” と “フレッシュトマトのポモドーロパスタ”は、ヴィーガンマークが付いています。NPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得しているほど、真剣な対応。 私たちは、ヴィーガンのピザとパスタに加えて、単品に¥600で追加できるサラダブッフェのセットを注文しました。お腹が空いていてお料理が来るまで待てない!という時にサラダバーがあると嬉しいですよね。 シナグロさんのこだわりはなんと言っても産地直送のオーガニック野菜。お店に毎朝農家から直接届く旬の野菜を見て、その野菜の味を1番に引き出せる方法をシェフが考えて調理するんだそうです!そのため、サラダブッフェのお野菜やデリも毎日異なります。毎日来ても飽きることがありませんね。 お野菜は収穫された日ごとに味が違うため、お客様に常にベストなお食事を提供できるよう、工夫されていらっしゃいます。 さらに、お野菜の鮮度を保つためにも、関東近郊の農家から主にお野菜を仕入れられているそうです。 サラダや生野菜の他にも、お野菜たっぷりのデリや、キヌアやチアシードがあるスーパーフードのコーナーまで! さらに、ヴィーガンでも楽しめるメニューがほとんど。こんなに充実したサラダブッフェでこのお値段は嬉しいですね。 お野菜はどれも新鮮で、口の中でみずみずしさや野菜本来の美味しさが広がります。デリも、素材の味が引き立てられている味付けで大満足!しかも、全てオーガニックなので心も体も嬉しいですね。 さて、メインディッシュの到着です! ピザにもパスタにも、ふんだんにオーガニックトマトとバジルが使われています。 ピザは、なんといっても生地がもちもち!薄いのに食べ応えがあって、クラストの部分も食べやすいです。このもちもちの生地と、トマトソースの相性が抜群。トマトの自然の甘みが活かされた贅沢な美味しさです。 パスタは、トマトがとにかく甘く、ごろごろたくさん入っていました!一口食べるとトマトの甘味とバジルの香りが口の中に広がります。 パスタやピザだとどうしても炭水化物に栄養が偏ってしまいがちですが、こうやってお野菜がふんだんに使われていると更に美味しく食べることができますね。 ヴィーガンメニューの表示を始められたシナグロさんですが、現在は渋谷店でのみのヴィーガンメニュー。しかし、好評のため、今後は新宿店や大宮店でも提供なさる予定とのことです。また、ヴィーガンメニューのバリエーションも今後増やして行く予定とのこと。とても楽しみですね! シナグロさんでは、ベジプロジェクト作成の「東京ベジマップ」も配布頂いています。渋谷にお立ち寄りの際は是非チェックしてみてください! オーガニックの野菜をたっぷりとって、体の内側から美しくなりましょう!

ヴィーガンの方々の中には、日常生活の中で注意しなくてはならない点もいくつかあります。 例えばお化粧品を購入するときも、買ったコスメがクルエルティフリー(英語: cruelty-free)かどうか気になりますよね。 ヴィーガンコスメというのは、製造される段階で動物実験がなく、動物成分が入っていないコスメを指します。ちゃんとした規制のない工場や研究所で、コストと効率性のために動物実験が行われることがあります。その過程で、動物が命を奪われてしまう可能性があります。毎日使用するお化粧品だからこそ、100%ヴィーガンのものを使いたいですよね! 以下の大手ブランドはヴィーガンかどうか確認していきましょう! SHISEIDO 2013年以降、動物実験廃止の話し合いがあったにも関わらず、資生堂化粧品はヴィーガンではありません。動物実験が必要ではない場合はテストも行いませんが、商品の安全を確保すルために、国際法で強行されるときに動物実験が行われる時があります。さらに、SHISEIDO化粧品には動物成分が入っている商品も多くあるので、ヴィーガンとは遠い状態になっています。 KAO 花王グループの化粧品は資生堂のヴィーガンレベルと同等程度です。動物実験に対して様々な対策が施されていますが、やむを得ず実験をする場合もあります。 LUSH LUSHというコスメブランドは表立って動物実験に反対している会社です。ですが、化粧品自体は完全にヴィーガンとまではいかなく、8割程がヴィーガンのようです。LUSHは化粧品にラベルが付いているので、購入する際に成分を確認すれば安心ですね。 韓国コスメ 残念ながらInnisfreeやEtude Houseは残念ながらヴィーガンではありません。ですが、Stylenanda と3CEの化粧品は100%クルエルティフリーです。 ですが、そう公表してても全てのお化粧品には動物成分が含まれていないとは限りませんので、こちらでもやはり成分リストをチェックする必要があります。一般的には、コスメブランドは中国に実店舗がなければ、動物実験が行われていない可能性が高いです。(中国では、美容製品は販売前に動物実験を介すことが義務付けられています。)中国で販売許可がおりている商品だとヴィーガンでない可能性がグッと高まってきます。 iHerb iHerbというコスメ販売のオンラインショップでは、ヴィーガンコスメが簡単に見つけられます!オンラインショッピングで手軽に購入したいという方は是非覗いてみてくださいね。

バレンタイン直前ということで、ヴィーガンの方でも楽しめる濃厚ヴィーガンブラウニーのレシピを公開しようと思います。 ヴィーガンの方もそうでない方も、是非一度お試しください。 -材料- 〜ブラウニー〜 さつまいも 2本 ナッツバター 1カップ 純ココアパウダー 1/2カップ メープルシロップ 1/4カップ ブラウンシュガー 1/4カップ 植物性ミルク 1カップ ココナッツオイル 適量 〜フロスティング〜 植物性クリーム 1カップ ヴィーガンチョコレート 2カップ -作り方- オーブンを170度に余熱します。 さつまいもを柔らかくなるまで火を通し、フォークでピューレ状になるまで潰します。 潰したらココアパウダー、植物性ミルク(私は今回豆乳を使いました、溶かしたナッツバター(私はピーナッツバターを使いました)、ブラウンシュガー、メープルシロップを入れ、均等になるまで混ぜ合わせます。 ココナッツオイルを敷いた型に流し入れ、余熱したオーブンで20-25分焼きます。 ブラウニーを焼いている間に、小鍋に植物性クリームとチョコレートを入れ、弱火にかけます。 チョコレートが溶けたら木べらでよく混ぜ合わせ、火からおろし、ハンドミキサーでもったりするまで混ぜ合わせます。 出来上がったら冷蔵庫に入れ冷やします。 ブラウニーが焼きあがったら、常温になるまで冷まし、フロスティングを乗せて30分程度冷蔵庫で冷やしたら完成! 切り分けてお楽しみください! …

今日はカナダ西海岸の都市、バンクーバーでのヴィーガン・ベジタリアン情報についてシェアしたいと思います! 高層ビルと自然が共存するリラックスした雰囲気の街中でベジタリアン料理・ヴィーガンスイーツを楽しむことができるバンクーバー。 私が昨年の夏訪れた時に訪問したバンクーバーのおすすめヴィーガン・ベジスポット3軒をご紹介します! まず1軒目はメインストリートにある”MeeT on Main”。 このお店の嬉しいところは何と言ってもボリューミーなヴィーガンメニューがたくさんあるところ! カナダ名物のプーティーンから山盛りポテト、ハンバーガー、もちろんサラダまで選びたい放題です:) 私はシグニチャーパティとマッシュルーム、クリスピーオニオンが入っているザ・ミートバーガーをチョイス!ハンバーガーが美味しいのはもちろん、フライドポテトとサラダもついて、写真では伝わらないボリュームがあります。とっても美味しかったのに量が多すぎて食べきれませんでした… 是非お腹が空いている状態で足を運んでください! MeeT on Mainのホームページは下記からチェック! http://www.meetonmain.com/2019/3/27/g9ya2f5rvx0melh2zxhesx9a2elmd4 2軒目は、同じくメインストリートに位置する”The Arbor Restaurant” 。 このレストランではベジタリアンメニューとヴィーガンメニューの展開があります。私が頼んだのはベジタリアンメニューの”Southern Fried Artichoke Sandwich”。 カリッと揚がったアーティチョークに茄子のベーコン、コールスロー、アボカドムースなどが入ってとてもボリューミー!ベジメニューだけどお腹いっぱいです。お味も濃厚で美味しい!色々な種類のお野菜がたくさん撮れるのも嬉しいですね。 お店のホームページはこちら:http://www.thearborrestaurant.ca …

韓国のヴィーガンレベル 今日はお隣韓国のヴィーガン事情についてお話ししたいと思います! 韓国料理と言えば皆さん何を思い浮かべますか? ジューシーなサムギョプサルにとろけるチーズのタッカルビ、蜂蜜たっぷりのホットク、、、 そうです、残念なことに韓国はヴィーガンフレンドリーな国ではありません。 会食等の食事会ではほとんどの場合サムギョプサルを食べに行くことが多いし、目上の人を優先する文化のため上司や先輩からお肉をすすめられたら断り辛い… 夜中はフライドチキンのデリバリーシステムがあり、何種類ものチキンがあります。そんな国に住む韓国人はやはりお肉が大好き! なのでヴィーガンにとっては日本以上にに暮らしにくい国だと思います。 ただ、昔ながらの伝統的な韓国料理は野菜中心でヴィーガンの方でも食べれるメニューも豊富にあります。 キンパ(韓国風海苔巻き)やピビンバ、チゲ(韓国のスープ)、ナムル等は、基本的にお肉や卵なしだとヴィーガンなので是非韓国に旅行に行かれたら、ヴィーガンの方も本場の韓国料理を楽しんでみてください! 出汁の取り方等はお店によってはお魚やお肉を使用している場合があるので、お店の方に予め動物性食品が入っているか聞いてみるのもいいですね。 動物性食品が入っているかは、 “동물성식품이 들어 있나요?” -トンムルソンシップミトゥロインナヨ?- お肉とお魚を抜いて欲しいと伝える場合は “고기랑 생선은 빼주세요” -コギランセンソヌンぺジュセヨ- と言ってみてください! さて、決してヴィーガンフレンドリーとは言えない韓国ですが、数え切れないほど多くあるカフェの中にはヴィーガンのものも着々と数を増やしてきています。 これは、ダイエットや健康に関心のある若者が年々増加しているため、若者がよく訪れるカフェに健康のイメージが強いヴィーガンの選択肢を増やそうというカフェが増えてきているためです。 …