ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ヴィーガン"

ヴィーガン

,

メディアも注目!オリエンタルヴィーガン対応の万能調味料

テレビや新聞で取り上げられ話題の万能調味料が動物性原材料フリー、ヴィーガン対応で販売されています。 Pure vegetarianさんから発売された、「UMAMI MENTSUYU(うまみめんつゆ)」「Veggiena pure(ベジーナピュア)」は、オリエンタルヴィーガン対応の万能調味料です。 どちらも動物性原料は一切使用されておらず、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得しマークがついています。 どちらも、化学調味料・合成着色料・香料・保存料は不使用、身体に安心な素材でできています。また、五葷(ごくん)も不使用なため、オリエンタルヴィーガン対応です。 ※五葷(ごくん)…仏教において臭気が強いと言われている5種の野菜。ネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウなど(仏家と道家で若干異なる)。 「UMAMI MENTSUYU(うまみめんつゆ)」は、湯浅醤油とのコラボレーションで開発されました。湯浅醤油は、日本における醤油発祥地のひとつとして知られる和歌山県有田群湯浅町で作られる醤油です。UMAMI MENTSUYUは、この醤油の旨み成分がぎゅっと詰め込まれためんつゆ。国産椎茸、国産昆布、きび糖や海塩が使用され、シンプルゆえにこだわった材料が選ばれています。5倍濃縮タイプで、料理に使いやすい商品です。 口に含むと甘みと昆布出汁の味わいを感じます。うどんやスープなどの味付けにも重宝しそう。私はスープに加えてみましたが、いつもより出汁の旨味を感じ、高級な味わいになりました。手軽に旨味を料理に加えることができる調味料です。 「Veggiena pure(ベジーナピュア)」は、15種類の国産野菜と国内製造の米油を使用して作られたこだわりの純植物性天然出汁です。化学的な成分が一切使われていないVeggiena pureは、バランスのよい国産野菜と良質な植物油が含まれる点から、調味料でありながら健康食品とも言えると、ドクターからの評価も高い商品です。 Pure vegetarianの商品は、NCN(日本海ケーブルネットワーク)のまちネタというテレビ番組で、医師の視点が取り入れられた万能調味料として紹介されました。また、日本海新聞にも記載されており、話題の商品です。 少し口に入れただけでコクと旨みの凝縮を感じるほど、どんな料理にも使いやすい出汁です。シンプルな野菜炒めにぴったりな味わいだと思い、今回は大豆ミートの八宝菜風に用いました。とても美味しく出来たので、是非皆さんも作ってみてください!(下記でレシピを紹介します。) Veggiena pure使用!大豆ミートの八宝菜風のレシピ ■材料白菜 4枚分人参 1/2本マイタケ 1/2株大豆ミート 1袋(今回は戻し不要タイプ 90g) もやし 1/2袋料理酒 大匙1醤油 大匙1Veggiena pure 小さじ1と1/2ごま油 大匙1 ■作り方準備:乾燥タイプの大豆ミートはお湯に15分程浸して戻す。その後水切りをし、2~3回洗っておく。1.フライパンにごま油を入れ、人参を炒める。2.他の野菜と大豆ミートを加え、しんなりするまで火を通す。3.Veggiena pureをはじめとした調味料を加えて味付けをする。 …

,

【開催決定!東京都事業】カゴメ㈱とベジプロジェクトによるヴィーガン対応ワークショップ

東京都「令和2年度 東京都ムスリム等外国人旅行者受入事業」の一環で、ベジタリアン・ヴィーガン・プラントベースに関するワークショップが開催されます。 日程:2021年3月4日 14:00-15:30場所:オンライン内容:座談会のような形式。1.NPO法人ベジプロジェクトジャパンの川野陽子代表によるベジタリアン・ヴィーガン対応、コロナ禍での取組み事例の紹介 2.カゴメ株式会社よるベジタリアン・ヴィーガンのレシピ紹介 3.ベジタリアン、ヴィーガンの方との交流、意見交換 対象:都内の宿泊施設、飲食店、小売店、観光関連事業者定員:15名 都の事業のため都内の事業者の方に限られますが、ぜひベジタリアン、ヴィーガン、プラントベースにご関心のある方はご応募を。 応募は以下のフォームをご記入いただき送信ください:https://forms.gle/j6cVJyZckovbTooJ6 【お問い合わせ】東京都ムスリム等外国人旅行者受入セミナー・アドバイザー派遣事務局(株)ファースト Global Business Promotion部Tel. 03-3545-9811 /e-mail: first-gbp@the-first.co.jp

,

手作りの自然なおいしさを手軽に!湘南トマトのヴィーガンカレ―&ハヤシ

丁寧な製法を80年間も守りながら、化学調味料不使用・安全で栄養満点の食材を厳選した商品作りを展開する、株式会社エム・トゥ・エムさん。 以前ご紹介した4種類のヴィーガンカレーシリーズ に引き続き、今回はエム・トゥ・エムさんが販売されている同じくヴィーガン対応の湘南トマトシリーズをご紹介します! *前回の記事:『レトロ感がおしゃれな人気カレールーシリーズからヴィーガン商品4種発売中!』 湘南トマトシリーズは、ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得され、色鮮やかなパッケージには、ヴィーガンマークが付けられています。  動物性原料および化学調味料不使用で、国産小麦を100%使用したトマトシリーズに秘められる特徴を見てみましょう! 湘南トマトカレー  加工されてケチャップとして使われているのは、神奈川県湘南にある井出トマト農園の樹上甘熟した桃太郎トマト。桃太郎トマトは、清涼な丹沢山系の伏流水と湘南のめぐみで育てられているため、トマトカレーの美味しさをより一層引き立てています。 湘南トマトハヤシ こちらもケチャップとして加工された井出トマト農園の樹上甘熟の桃太郎トマトが使用され、甘みと旨味がたっぷりの濃厚なトマトハヤシとして仕上げられています。 つづいて、こちらの素敵な2種を使ったアレンジレシピをご紹介します! 湘南トマトカレーハンバーグ <材料(1~2人分)> ハンバーグ生地 ・玉ねぎ:¼・雑穀ごはん:大さじ4・絹ごし豆腐(水切りしたもの):75g・片栗粉:小さじ1・湘南トマトカレールー:大さじ1 トッピング 豆腐クリーム ・絹ごし豆腐:75g・塩:一つまみ・オリーブオイル:大さじ1 その他 ・オリーブオイル:適量・トマト:大1/2・黒胡椒:お好みで・パセリ:お好みで <作り方(15分以内)> 1.まず生地を作ります。玉ねぎをみじん切りにし、ボウルに入れて他のすべての材料と一緒に混ぜ合わせます。 2.1の全体をひとまとめにして、2等分にします。ここでまとまりが悪い場合は、片栗粉を追加して調整してください。 3.フライパンにオリーブオイルを塗り、2の生地を並べて焼きます。 4.片面が焼けたら裏返し、裏面も焼きます。 …

,

レトロ感がおしゃれな人気カレールーシリーズからヴィーガン商品4種発売中!

可愛らしいキャラクターとレトロなパッケージデザイン、そして何よりも素材の安心感と美味しさが人気のM to M(株式会社エム・トゥ・エム)のシリーズ。 そのラインナップの中から、動物性原材料不使用、ヴィーガン認証取得の4種類のヴィーガンカレールーが発売中です! 「正直で誠実でありたい」という信念のもと、株式会社エム・トゥ・エムさんは、安全で栄養価の高い原料を厳選し、化学調味料不使用の、手間を惜しまない丁寧な製法を80年間も守っている企業です。 こちらの4商品は、すべてNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得され、ヴィーガンマークも新しいパッケージから印字されています。 動物性の原材料が含まれていないことから想像されやすい質素さはなく、どのカレールーもコクをしっかりと感じることのできるクオリティの高い商品です。 Be美カレールー 「体の中から美しく」をコンセプトに作られたカレールー。米油を使用し、直火釜で炒められた香味野菜と国産小麦粉に、さらにフルーツ・スパイスを加えて作り上げられています。 できあがりは、写真の通りかなりとろっと仕上がりました。 輝美カレールー 中辛 小麦粉の代わりにホワイトソルガム(きび粉)が使用されたグルテンフリーのカレールー。ホワイトソルガムは、イネ科の植物でマグネシウム、亜鉛、鉄、ビタミンB群を含みます。グルテンを避けたい方も安心して食べることができ、上記のような食生活で不足しがちな栄養を摂ることができる点も魅力的です。 輝美カレールー 甘口 こちらもまたグルテンフリーのカレールーですが、小麦粉の代わりにキビ粉が使われています。優しい甘さはプルーンによって表現されています。 薬膳カレールー 薬膳食材の、黒きくらげ・金針菜・ネムノキの花が使われ、スパイスの量を更に増したカレールー。「食事で免疫力を高めよう」をコンセプトに、スパイシーでサラッとしているのが特徴です。鎌倉薬膳アカデミーの監修も受けたこだわりのカレールーです。 つづいて、輝美カレールー甘口を使ったアレンジレシピをご紹介します! 輝美カレーのもちもちおかずパンケーキ <材料(1人分)> パンケーキ生地・米粉:大さじ5・重曹:小さじ½・輝美カレールー:大さじ1・豆乳:60ml・オリーブオイル:小さじ1 トッピング 豆腐クリーム・絹ごし豆腐:50g・塩:一つまみ・オリーブオイル:小さじ½・黒胡椒:お好みで・パセリ:お好みで <作り方(5分以内)> 1.まず生地を作ります。オリーブオイル以外のすべての材料をボウルに入れてだまにならないようによく混ぜます。 2.フライパンにオリーブオイルを塗り、1の生地おおよそ大さじ3をフライパンに流し入れて形を丸く整え、焼きます。 …

,

【求人情報】植物肉開発のFoodTechベンチャー「グリーンカルチャー」社員募集開始!!

植物肉開発で脚光を浴びるフードテック(FoodTech)ベンチャー「グリーンカルチャー社」にて求人開始の連絡がありましたのでこちらにシェア致します。 世界的に高まる畜産需要。 畜産により環境汚染や病気、感染症などが社会問題になりつつあります。こうした社会問題への取り組みは、一部の環境活動家だけのアクションではなく、テクノロジー(Technology)をもってしてより根本的な解決が求められています。 そうした社会問題の解決に立ち向かうFoodTech)ベンチャーがここ、日本にあります。 「健康と地球とずっと。」をコーポレートメッセージに掲げるグリーンカルチャー社です。グリーンカルチャー社はスタートアップ企業ではなく、2010年創業の今年10期を迎えるベンチャー企業。 そう、ベジタリアンやヴィーガンの方なら知っているかもしれませんが「Green’s Vegetarian」という国内最大級の植物性食品通販サイトを運営し累計30万件以上の出荷を行っている会社だとか。 そうしたことからFoodTechベンチャーより通販企業として認識されている方が多いかもしれません。しかしグリーンカルチャー社は食品業界ではFoodTechベンチャーとして認識されています。 科学技術を用いた製品製品開発手法を用いて、植物肉を製造していることから、植物肉ベンチャーとしての認知度が急激に高まっています。 それを実証するかのように、同社が1,100名への大規模試食を行ったところ実に95%の人が同社製品を美味しいと評価したそうです。どんな製品なのかとっても気になりますね。 今注目されているベンチャーですが、チーム全体で15名程度なんですって。そうした意味では少数精鋭のまさにベンチャー企業だと思います。 FoodTechベンチャーが求人を行うのも稀(まれ)なので、我こそは!と思う方は応募されてみてはいかがでしょうか。詳細は以下URLより。

,

一風堂からプラントベースのとんこつラーメン期間限定販売中

2月1日、博多発祥のとんこつラーメン店「一風堂」さん(以下、一風堂)より、『プラントベース赤丸』(とんこつラーメン)が全国45店舗で、期間限定販売が開始されました。 植物性由来の未来志向のラーメン 一風堂がリリースした『プラントベース赤丸』は、スープ、麺、具材のすべてが動物性原料不使用です。一風堂の定番とんこつラーメン「赤丸新味」の魅力を、植物由来プラントベースに代えてそのまま閉じ込めた、そんな一品です。 動物性原料が使われていないため、ベジタリアンやヴィーガンの方からも、このとんこつラーメンの発売を喜ぶ声が既に届いています。 植物性由来の未来志向のラーメン 料理が運ばれてきた途端、とんこつの香りにふわっと包まれ、動物性原料不使用とは思えないほど、とんこつの味をしっかりと感じる、コクの深い味わいでした。 とんこつスープは、植物性油脂と大豆タンパクの研究開発を60年以上続けている不二製油株式会社と共に開発されました。一風堂のこだわりの味をプラントベースでどのように再現するか、が最大の難点だったそうです。これまで一風堂では、しょうゆ味のプラントベースラーメンは販売したことがありましたが、とんこつ骨味のラーメンは初の試みであり、完成には3年ほどの月日がかかりました。 出来上がったスープは、新技術を用いたコク深豆乳と昆布だし、ポルチーニ茸を使用することで、とんこつの濃厚さを実現しています。 食物繊維豊富の麺 『プラントベース赤丸』の麺はもちろん、卵も不使用です。全粒粉麺を使用しているため、食物繊維、ビタミン、ミネラル類が多く、独自に食物繊維を麺に配合しているため栄養価が高いです。全粒粉と聞くと、パサパサしたイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、『プラントベース赤丸』の麺はもちもちしていて、その食感も楽しめるはず。実はこの麺、普通の麺と同じ値段(税別100円)で、替え玉も楽しむことができます。 トッピング ラーメン中央のチャーシュー風のトッピングは、インゲン豆ペースト・小麦タンパクなどから作られています。チャーシューの脂身が、ココナッツオイルなど様々な食材を組み合わせることで再現されています。大豆ミートとはまた少し違った、新しい植物性チャーシューです。 今回『プラントベース赤丸』のチャーシューを開発した担当者は、より高い完成度を目指されているそうです。将来、また別のプラントベースのチャーシューを食べられる日が来るかもしれません! おいしさだけじゃない『プラントベース赤丸』の魅力 『プラントベース赤丸』の魅力はおいしさだけにはとどまりません。『プラントベース赤丸』は、摂取カロリーに関しても普通の赤丸に比べて100kcalほど少ないそうです。 さらに、健康面や栄養面に良いのはもちろんのこと、動物性原料を使わないことで、畜産による温室効果ガスの発生抑制や地球資源の保護にもつながっています。そのため、『プラントベース赤丸』は身体・環境・食の多様性に配慮した「未来志向」のラーメンです。 一風堂がプラントベースを手掛ける理由 一風堂は2008年から約12年に渡り、海外展開をしています。世界には、健康面、環境保全、動物愛護という立場、さらに宗教、アレルギーによる制限など、様々な理由でとんこつラーメンを食べない選択をされる方がいます。そんな方にも「日本が誇る国民食ラーメンの美味しさと文化を届けたい。」という思いから、プラントベースラーメンの開発が始まりました。とんこつラーメンの美味しさを味わったことがない方にも楽しんでいただきたい、という思いのもと、一風堂では今回の『プラントベース赤丸』を提供しています。 一風堂を手がける力の源グループ 一風堂の運営会社である力の源グループでは、食を通して世界中に「笑顔」と「ありがとう」を提供しています。 これからもこの「笑顔」と「ありがとう」を届けていくために、持続可能な社会の実現に向けお取組みをされています。一風堂の『プラントベース赤丸』の販売もその一つです。 『プラントベース赤丸』は無くなり次第終了の期間限定メニューです。反響が大変大きいため、すぐに売り切れてしまうかもしれません。販売が終了してしまう前に、ぜひ店舗に足を運び、『プラントベース赤丸』の美味しさを味わってみてはいかがでしょうか。 ≪博多 一風堂≫ 運営会社 株式会社 …

,

祝!1周年を迎えた浅草「VEGAN STORE」の今をお届け

浅草かっぱ橋通り近くにある、日本初のヴィーガンのコンビニ&ファミレス「VEGAN STORE」。1階がヴィーガン商品を扱うコンビニ、2階がヴィーガンファミレスとなんともユニークなつくり。そんな「VEGAN STORE」は、2020年12月に1周年を迎えました! この記事では1周年を迎えた現在の「VEGAN STORE」の様子を、店主鈴木さんへのインタビューとともにお伝えします。ぜひ最後までお楽しみください! 食の多様性に対応したヴィーガンファミレス 「日本をVeganが苦労しない国にしたい、そのためには普段Veganでない人もVegan=美味い!にしないといけない」という店主鈴木さんの言葉通り、生姜焼き丼や唐揚げ丼と誰にでも親しみのあるメニューが並び、味ボリュームともにしっかりめ。いい意味でヴィーガンぽさがなく、ヴィーガンを身近に感じていただけます。 その他、ハンバーガー、フライドポテト、フランクフルトなど、ジャンクフードの部類に入るメニューまで揃っています。ヴィーガンの枠を超えて、多くの人が一緒に楽しめるお料理が満載です。  ちなみにおこのみプレートを注文すると、1階のコンビニに並べられた手作りのお惣菜を自由に盛り付けて食べることができます。日替わりのお惣菜メニューは毎朝Instagramで紹介されています。 また動物性食品不使用に加え、五葷抜き、グルテンフリー、アルコールフリーに対応したメニューもあります。店主の鈴木さんは、食の学びを深めるためにイタリア、フランス、中国、メキシコ、トルコなど10カ国ほどを巡り、宗教や思想、健康のために、自分で自分の食べるものを選ぶという食の多様性についても肌で感じたそうです。この体験から多くの方に、安心して食事を楽しんでもらいたい!という思いで、食の多様性にも考慮したメニューをご提供されています。 厳選されたヴィーガン商品が並ぶコンビニ 1階のコンビニでは店主自らが選んだ、えりすぐりのヴィーガン商品が並んでいます。ヴィーガンマーク付きの商品がこんなにそろっている場所はなかなかありません。オーガニック野菜、調味料、飲料、レトルト食品、お菓子、コスメまで豊富な品揃えです。 コンビニではお馴染みの焼き芋コーナー、おでんコーナー、ホットスナックコーナー(揚げ物などを保管しておく場所)なども、全てがヴィーガン対応です。 お店経営だけじゃない!店主鈴木さんの活動 お店の取材として訪問したが、話が広がり、VEGAN STOREは鈴木さんの活動の一部にすぎないことが分かりました。VEGAN食品の開発、農業支援、被災地支援などなど聞けば聞くほどでてくる。 私が鈴木さんに対して思ったのは、様々な活動に一貫して「弱い立場にいる人の味方」であるということ。 動物性食品が食べられなくなった人に食をもっと楽しんでもらいたい、被災地の農家を救いたい、農家が安心して継続的に作物を作れる環境を整えたい。  インタビュー中何度も「中途半端が嫌い!」とおっしゃっていた通り、やると決めたことは徹底的に学び、徹底的にやり通す。そんな鈴木さんの発言する一言一言に力強さと優しさを感じた時間でした。 いかがだったでしょうか。インタビューをしながら店主鈴木さんの行動力、人を巻き込む力に終始驚きっぱなしでした。日本初ヴィーガン専門のファミレス&コンビニ「VEGAN STORE」。これからの「VEGAN STORE」にも大注目です!ちなみにNPO法人ベジプロジェクトジャパンのベジマップやグッズも手に取って頂けます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 【VEGAN …

,

国内初!「お砂糖」にヴィーガン認証

大東製糖株式会社さんより昨年に発売されたお砂糖「てんさいのお砂糖」がNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されました。 「砂糖なのに、ヴィーガン?」と思われる方も多いかもしれません。一見関係の無いように見えますよね。 その答えは、砂糖自体ではなく、製造過程にあります。 砂糖が出来上がるまでの工程の1つ、サトウキビ等から絞り出した原料糖の不純物を取り除くための「ろ過」。 ここで、牛などの動物の骨を焼いて炭にした骨炭が使用される場合があります。 白砂糖が一概にヴィーガンでは使えないという情報もありますが、それは間違い。 この「てんさいのお砂糖」も真っ白の白砂糖です。 精製過程も含めて動物性原料が一切使用されていない砂糖が、この「てんさいのお砂糖」。 近年の食の多様化や環境保護への意識の高まりという流れの中で盛り上がりを見せるヴィーガンのニーズを受け、大東製糖さんは今回この認証取得へと踏み出されたようです。 この「てんさいのお砂糖」、ヴィーガンであることの他に魅力な点は、北海道産甜菜(てんさい)を100%原料として使用した安心の国産砂糖であること。 寒さに強い甜菜は根に栄養分を多分に蓄え、ここから取り出された糖分が結晶化して甜菜糖になるんですね。 さらにすごいことは、白砂糖にはない、腸内環境を改善するオリゴ糖が含まれていること。 ビフィズス菌をはじめとする腸内善玉菌を増やす効果があるそうなんです。 他にも、粒子が細かくさらさらとした口溶けのためケーキのデコレーションに使いやすかったり、色味が薄い特徴を生かして白いケーキを仕上げる際の生地・クリームに使用されたりするなど、注目すべき良い点がたくさん。 そんな「てんさいのお砂糖」は、サイズの異なる以下の3種類のラインナップで販売されています。 スタンドパウチ(180g):店頭販売にもオススメの、チャックが付いた自立型のパッケージ 家庭用小袋(600g):スタンダードサイズで家庭向け 業務用大袋(20kg):和洋菓子店やベーカリー向けのお買い得サイズ 業務用のものは、こちらの公式ネットショップからも購入が出来ます。 お砂糖は、お料理やお菓子作りに使ったり、コーヒーや紅茶に入れたりと、日々の生活にとても身近なもの。 「毎日のように口にする食品だから、出来るだけ身体に入れて気持ちの良いものを選びたい。」 そう感じるのも自然なことですよね。 今度お砂糖を買う時は、ヴィーガン認証マークの付いた「てんさいのお砂糖」を選んでみてはいかがでしょうか?

,

海外で話題沸騰、沖縄のヴィーガン食ブルー・ゾーン・ダイエット

沖縄は人気なバケーションスポットですが、最近は「ブルー・ゾーン・ダイエット」という沖縄の健康的な食生活が海外で話題です。 2019年に流行り始め、「ブルー・ゾーン・クックブック」がベストセラーとなり、ユーチューブビデオ:「ブルー・ゾーン・ダイエットを試してみた」も95万回以上視聴されています。 この「ブルー・ゾーン・ダイエット」とは、寿命が一番長い世界各地の食生活の研究を元にしていて、その5つの「ブルー・ゾーン」地域の中に沖縄が含まれています。 このグラフを見ると沖縄の伝統的な食生活はほぼヴィーガン(つまり、動物性原料を使わない食生活)で、97%のカロリーが植物由来です。その中でも67%はサツマイモで、これが長寿の秘訣の一つだそうです。サツマイモは繊維質、タンパク質、ビタミンA、C、E、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富で、イモ類の中でもグルテンが特に低いそう。炎症をおさえる効果もあります。(1) サツマイモのようなスーパーフードが食生活の大部分をしめていれば、長生きもできそうですよね。(2) また沖縄は豚肉が有名かもしれませんが、豚はもとより特別な時のみ食べられる食材だったそう。総じて寿命が長い日本では、魚は健康的な食べ物というイメージが強いですが、沖縄は日本の他の地域と異なり、魚の消費量は少ないです。さらに日本の他の地域と違う点は、ご飯が少なめである点と、アジア大陸からの影響をより多く受けたことでターメリック、フーチバー、ヒハツ、ウイキュウなどの香辛料もよく使われる点です。(1) しかし実は今の沖縄は都道府県の中で特に寿命が長いわけではありません。沖縄の男性の平均寿命は全国第36位までランクダウンしています。 この変化の大きな原因の一つは沖縄の西洋化です。駐日米軍基地の7割以上が沖縄にあり、西洋ファストフード店が至る所にあります。そして第二次世界大戦後の沖縄の食生活は下のグラフのが示すように西洋化されました: サツマイモの消費量が急激に減った一方、パンの消費量が増え、脂肪の消費量が4倍以上に上がりました。コレステロールも塩分も上がりました (1)。このような食生活の変化で沖縄の若者は、沖縄の高齢者に比べて肥満や慢性疾患になる確率が高いのです。 実は今日本で一番平均寿命が長い都道府県は長野県であり、全国で一番野菜の消費が高い都道府県だそうです。(the japantimes の記事参照) 食物帝国主義の記事でも話しましたが、帝国主義は様々な形で存在します。文化の影響や変化、食生活の西洋化も帝国主義の一部と言えるのかもしれません。 以上の点を踏まえ、この機会に昔からある伝統的な食生活に寄り添いながら健康を考えてみてはいかがでしょうか。健康の秘訣は日本で代々食べられてきた野菜や伝統的な食事にあるのかもしれません。 出典:(1)The Okinawan Diet: Health Implications of a Low-Calorie, Nutrient-Dense, …