ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "調味料"

調味料

,

メディアも注目!オリエンタルヴィーガン対応の万能調味料

テレビや新聞で取り上げられ話題の万能調味料が動物性原材料フリー、ヴィーガン対応で販売されています。 Pure vegetarianさんから発売された、「UMAMI MENTSUYU(うまみめんつゆ)」「Veggiena pure(ベジーナピュア)」は、オリエンタルヴィーガン対応の万能調味料です。 どちらも動物性原料は一切使用されておらず、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得しマークがついています。 どちらも、化学調味料・合成着色料・香料・保存料は不使用、身体に安心な素材でできています。また、五葷(ごくん)も不使用なため、オリエンタルヴィーガン対応です。 ※五葷(ごくん)…仏教において臭気が強いと言われている5種の野菜。ネギ、ニンニク、ニラ、ラッキョウなど(仏家と道家で若干異なる)。 「UMAMI MENTSUYU(うまみめんつゆ)」は、湯浅醤油とのコラボレーションで開発されました。湯浅醤油は、日本における醤油発祥地のひとつとして知られる和歌山県有田群湯浅町で作られる醤油です。UMAMI MENTSUYUは、この醤油の旨み成分がぎゅっと詰め込まれためんつゆ。国産椎茸、国産昆布、きび糖や海塩が使用され、シンプルゆえにこだわった材料が選ばれています。5倍濃縮タイプで、料理に使いやすい商品です。 口に含むと甘みと昆布出汁の味わいを感じます。うどんやスープなどの味付けにも重宝しそう。私はスープに加えてみましたが、いつもより出汁の旨味を感じ、高級な味わいになりました。手軽に旨味を料理に加えることができる調味料です。 「Veggiena pure(ベジーナピュア)」は、15種類の国産野菜と国内製造の米油を使用して作られたこだわりの純植物性天然出汁です。化学的な成分が一切使われていないVeggiena pureは、バランスのよい国産野菜と良質な植物油が含まれる点から、調味料でありながら健康食品とも言えると、ドクターからの評価も高い商品です。 Pure vegetarianの商品は、NCN(日本海ケーブルネットワーク)のまちネタというテレビ番組で、医師の視点が取り入れられた万能調味料として紹介されました。また、日本海新聞にも記載されており、話題の商品です。 少し口に入れただけでコクと旨みの凝縮を感じるほど、どんな料理にも使いやすい出汁です。シンプルな野菜炒めにぴったりな味わいだと思い、今回は大豆ミートの八宝菜風に用いました。とても美味しく出来たので、是非皆さんも作ってみてください!(下記でレシピを紹介します。) Veggiena pure使用!大豆ミートの八宝菜風のレシピ ■材料白菜 4枚分人参 1/2本マイタケ 1/2株大豆ミート 1袋(今回は戻し不要タイプ 90g) もやし 1/2袋料理酒 大匙1醤油 大匙1Veggiena pure 小さじ1と1/2ごま油 大匙1 ■作り方準備:乾燥タイプの大豆ミートはお湯に15分程浸して戻す。その後水切りをし、2~3回洗っておく。1.フライパンにごま油を入れ、人参を炒める。2.他の野菜と大豆ミートを加え、しんなりするまで火を通す。3.Veggiena pureをはじめとした調味料を加えて味付けをする。 …

,

祝!1周年を迎えた浅草「VEGAN STORE」の今をお届け

浅草かっぱ橋通り近くにある、日本初のヴィーガンのコンビニ&ファミレス「VEGAN STORE」。1階がヴィーガン商品を扱うコンビニ、2階がヴィーガンファミレスとなんともユニークなつくり。そんな「VEGAN STORE」は、2020年12月に1周年を迎えました! この記事では1周年を迎えた現在の「VEGAN STORE」の様子を、店主鈴木さんへのインタビューとともにお伝えします。ぜひ最後までお楽しみください! 食の多様性に対応したヴィーガンファミレス 「日本をVeganが苦労しない国にしたい、そのためには普段Veganでない人もVegan=美味い!にしないといけない」という店主鈴木さんの言葉通り、生姜焼き丼や唐揚げ丼と誰にでも親しみのあるメニューが並び、味ボリュームともにしっかりめ。いい意味でヴィーガンぽさがなく、ヴィーガンを身近に感じていただけます。 その他、ハンバーガー、フライドポテト、フランクフルトなど、ジャンクフードの部類に入るメニューまで揃っています。ヴィーガンの枠を超えて、多くの人が一緒に楽しめるお料理が満載です。  ちなみにおこのみプレートを注文すると、1階のコンビニに並べられた手作りのお惣菜を自由に盛り付けて食べることができます。日替わりのお惣菜メニューは毎朝Instagramで紹介されています。 また動物性食品不使用に加え、五葷抜き、グルテンフリー、アルコールフリーに対応したメニューもあります。店主の鈴木さんは、食の学びを深めるためにイタリア、フランス、中国、メキシコ、トルコなど10カ国ほどを巡り、宗教や思想、健康のために、自分で自分の食べるものを選ぶという食の多様性についても肌で感じたそうです。この体験から多くの方に、安心して食事を楽しんでもらいたい!という思いで、食の多様性にも考慮したメニューをご提供されています。 厳選されたヴィーガン商品が並ぶコンビニ 1階のコンビニでは店主自らが選んだ、えりすぐりのヴィーガン商品が並んでいます。ヴィーガンマーク付きの商品がこんなにそろっている場所はなかなかありません。オーガニック野菜、調味料、飲料、レトルト食品、お菓子、コスメまで豊富な品揃えです。 コンビニではお馴染みの焼き芋コーナー、おでんコーナー、ホットスナックコーナー(揚げ物などを保管しておく場所)なども、全てがヴィーガン対応です。 お店経営だけじゃない!店主鈴木さんの活動 お店の取材として訪問したが、話が広がり、VEGAN STOREは鈴木さんの活動の一部にすぎないことが分かりました。VEGAN食品の開発、農業支援、被災地支援などなど聞けば聞くほどでてくる。 私が鈴木さんに対して思ったのは、様々な活動に一貫して「弱い立場にいる人の味方」であるということ。 動物性食品が食べられなくなった人に食をもっと楽しんでもらいたい、被災地の農家を救いたい、農家が安心して継続的に作物を作れる環境を整えたい。  インタビュー中何度も「中途半端が嫌い!」とおっしゃっていた通り、やると決めたことは徹底的に学び、徹底的にやり通す。そんな鈴木さんの発言する一言一言に力強さと優しさを感じた時間でした。 いかがだったでしょうか。インタビューをしながら店主鈴木さんの行動力、人を巻き込む力に終始驚きっぱなしでした。日本初ヴィーガン専門のファミレス&コンビニ「VEGAN STORE」。これからの「VEGAN STORE」にも大注目です!ちなみにNPO法人ベジプロジェクトジャパンのベジマップやグッズも手に取って頂けます。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 【VEGAN …

,

味の決め手はこれ!VEGGIENEは濃厚な味わいの万能調味料!

勇フーズ株式会社さんの万能調味料「VEGGIENE(ベジ―ネ)」を皆さんもう試されましたか? 植物性食材100%で作られたこの商品は、NPO法人べジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されています。 VEGGIENEは思わず、”ほんとに野菜のみで作られた調味料なのか?”と疑ってしまうほどのコクと濃厚な味わいを楽しめます。 VEGGIENEには野菜エキスがたくさん含まれているため、野菜をそのまま食べるより何倍も野菜が摂取できるそうなのです!それだけ野菜エキスがたっぷり入っているからこそ出る、コクや味わいなのだと納得しました。 さらにVEGGIENEは、化学調味料・香料・着色料無添加な上に、低糖でとことんからだにやさしい工夫がほどこされています。 使い方は、お好みでスープにしたり、料理にかけたり、混ぜたりと様々です。濃縮タイプなので、スープにしたいときは5gのVEGGIENEに100㏄のお湯を混ぜればおいしいスープができます。 私はチャーハンにしたらおいしいのでは?と思い、チャーハンを作ってみました。一本でしっかり味が決まるので、おいしいチャーハンになりました!(下記でレシピも紹介します。) 【VEGGIENE使用!ヴィーガンチャーハンのレシピ】 ~材料~ ご飯(1合)ピーマン(1個)人参(1/2 本)生姜(3g) 玉ねぎ(1/2個) 酒 大匙1 しょうゆ 大匙1 塩 2~3つまみほど コショウ 少々 VEGGIENE 1袋(5g) 油 大匙2 ~作り方~ 1.中火で油を温めて、生姜の香りづけをする。 2.人参ピーマン玉ねぎを一緒に炒める。 3.ご飯を入れて、ほぐす。ご飯がバラバラになってきたら、VEGGIENE を始めとした調味料を加える。 4.調味料が混ざってきたら、お酒を入れ、チャーハンをパラパラにして仕上げる。 …

,

だし専門業者フタバがつくるヴィーガンだしで幅広い料理を

「ダシを科学する」 という事業理念の元、”ダシの総合メーカーを目指して、食文化やライフスタイルまでも提案”されている株式会社フタバさん。 “本物のよさを見極め感じ取る視点や感性で、食の枠を超えた「うまみを軸に広がるライフスタイル」をお届け” するON THE UMAMIというブランドにて ヴィーガンも楽しめる商品を販売されています。 だしの専門家が作りだしたヴィーガンのだし、気になりますね! 今回は、NPO法人べジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得され、 ヴィーガンマークの入っただしパック UMAMIだし 野菜 【低塩】UMAMIだし 野菜 UMAMIだし トマト の3種類をご紹介させていただきます! まず、ON THE UMAMI 1番人気である 「UMAMIだし 野菜」 たまねぎ、にんじん、キャベツ、生姜の4種の厳選した国産野菜を使用した、うまみとコクの味わい深いだしで、淡路島産の甘い玉ねぎと、北海道産の香りの良い玉ねぎの2種類を使用。バランスの良い野菜だしに仕上がっています! 化学調味料・動物性原料は不使用で、和食だけでなく、洋食にも合うのが特徴。 次に、「【低塩】UMAMIだし 野菜」 こちらは、UMAMIだし …

,

サンジルシ「野菜だしつゆ」はこれ一本で味が決まる優れもの!動物性不使用のヴィーガンだし

ヴィーガン対応のだしつゆがあるという情報が入り、早速使ってみた感想とレシピをご紹介をします! 普通、「だし」や「つゆ」というとカツオ等の魚介類が使われています。肉類、魚介類を摂らないベジタリアンや、それらに加え卵や乳など動物性食材全て摂らないヴィーガンたちは、一般的なだしつゆで味付けされたお料理は食べることができません。 特に和食には欠かせない「だし」が動物性食材不使用だと、実はベジタリアンやヴィーガンたちも楽しめるお料理の幅が、ぐんと大きくなるのです。 今回ご紹介するのは、 サンジルシ醸造株式会社さんの野菜だしつゆ です。 だしつゆは汎用性が高いので、早くも我が家のスタメンになりそうな予感。。 使ってみて分かったこと! 他のだしつゆとは一味違う。 このサンジルシさんのだしつゆは、これ一本で料理の味が決まる!という発見がありました。今まで使っていただしつゆだと、それだけでは味が物足りないと思うことがあったのですが、このサンジルシさんの野菜だしつゆさえあれば、お料理がとっても美味しい仕上がりになりました。 この点だけでもたくさんの方にオススメしたい商品なのですが、このだしつゆはヴィーガン対応であることも特徴です。 NPO法人べジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、ヴィーガンマークが商品にも入っています。 さらに、グルテンフリーかつ化学調味料無添加であるため、動物だけでなく人の体にもやさしい商品です。 このだしつゆ一本でさっと味付けができ簡単に料理を完成させることができるため、時短料理にも活躍。忙しい時にはそういった点でも重宝します。 また、人の健康にも配慮されているため、食や健康を気にされている方、原材料にこだわりをもつ方にもおすすめです。 今回、炊き込みごはん、煮物、色々なお料理に使ってみました。 どちらも食べてみると、優しいだしの香りと味が口いっぱいに広がります。 【だしつゆ使用!炊き込みご飯】 材料(米1合分) 米一合 ベース:・サンジルシ野菜だしつゆ(50㎖)   ・昆布(5センチ)    ・しょうゆ(大さじ1)    ・水(150㎖) 具材:お好み例 → …