ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "健康"

健康

,

今注目のウコン。無農薬栽培で沖縄県産の「日本鬱金」はいかが

カレー作りなどスパイスとしても使われるウコン。ターメリックとも呼ばれます。 ウコンは、江戸時代には八代将軍の徳川吉宗が優れた薬効を認め奨励した歴史もあります。また、蘭学医である平賀源内の博物学書「物類品隲(ぶつるいひんしつ)』で健康と美容に良い植物として紹介され、江戸庶民の人気を集めていたようです。 そんなウコンですが、新型コロナウイルスの影響もあり急速に需要が高まっています。沖縄県のウコンの輸出量は過去最多、前年の4倍という数字も。免疫力アップや殺菌、抗ウイルス効果があることから、サプリメントとしても健康志向の方からウコンの効能に期待する方までたくさんの方が手に取るようになりました。 今回はそんなウコンの中でも、無農薬栽培の沖縄県産ウコンを100%使用した、株式会社ジャパンヘルスラボの「日本鬱金」をご紹介します。 日本鬱金(ニホンウコン)の注目点 1.国産100%の無農薬ウコンを使用 まず、日本鬱金の特徴として挙げられるのが、無農薬で栽培された日本産(沖縄本島北部やんばる産)のウコンを100%使用していることです。 コンビニなどでよく目にするウコン商品は、原材料となるウコンが日本産ではなく、中国産やインド産など海外のウコンを使用している場合が多いです。一方、日本鬱金は沖縄県で作られたウコンのみを使用しています。 2.春ウコンと秋ウコンを理想的なバランスで配合 また、日本鬱金は2種類の沖縄ウコン「春ウコン」と「秋ウコン」を理想的なバランス「50:50」で配合しています。 春ウコンには100種類以上の精油成分が含まれ、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、リン、ビタミンBなどを豊富に含んでいます。秋ウコンにはクルクミンが豊富に含まれており、二日酔い対策などに効果があるとされています。日本では二日酔いに効くというイメージが強いウコンですが、このクルクミンの効能によるものです。 この春ウコンと秋ウコンが同じ量バランス良く配合された商品、それが日本鬱金です。 3.北陸の最新製薬工場で製造 日本鬱金は製造場所も日本です。薬都である富山県にある最新製造工場で、徹底した品質管理のもとに製造されています。製造メーカーであるジャパンヘルスラボは、日本のウコンのスペシャリストとして最高の品質を常に求め続けているということです。 沖縄産ウコンが選ばれた理由 ウコンは亜熱帯植物でショウガ科に属する多年草です。日本国内では主に沖縄、屋久島、奄美大島、種子島、石垣島、鹿児島などで栽培されています。ウコンの生育には、強力な太陽エネルギーと肥沃な土壌が必要とされ、「太陽と大地のエネルギーの結晶」がウコンとまで言われています。強烈な太陽と肥沃な大地が広がる沖縄は、薬効品質の高いウコンを育てる上で適した土地だと言えるのです。 「日本鬱金」”ウコン”の漢字の由来について 「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。現在では「鬱(うつ)」というネガティブなイメージを持つ方も多いと思いますが、「鬱」には草木が茂る、盛んなさまなどの意味があります。 そんなウコンは、「鬱金」という漢名で、中国から渡来しました。 その名前が日本で最初に見られたのは、平安時代に書かれた日本最古の薬学辞典と言われる 「本草和名」(918 年)です。 「日本鬱金」は、ウコンという和名を使わず、敢えて、中国から日本に渡ってきた時の漢名「鬱金」を使用しております。 ヴィーガン認証取得のサプリ …

,

スーパー「ライフ」のブランドBIO-RALから体に優しいヴィーガンカレールー

子どもから大人まで多くの人に愛されるカレー。 カレールーに限ったとしても、数えきれないほどの種類があります。 美味しいカレー作りに便利なルーですが、一般的なものには牛や豚に由来する動物性油脂が含まれることがほとんどです。 そこで今回、大手スーパーマーケットライフのプライベートブランドBIO-RAL(ビオラル)から発売された動物性原料を使用しない、その名も「からだにやさしいカレールー」をご紹介します。 首都圏ライフ全125店舗と一部の近畿圏のライフで好評発売中なので、是非探してみてくださいね。 BIO-RALの「からだにやさしいカレールー」 BIO-RAL(ビオラル)とは、大手スーパーマーケットライフの“体に優しい素材や製法、健康や自然志向にあわせた”プライベートブランドです。ライフの店内には、BIO-RAL商品専用の売り場があったり、BIO-RAL商品が色々な売り場に点在していたりします。また、東京、大阪にはBIO-RAL専門の店舗もあります。 「からだにやさしいカレールー」は動物に由来する原材料は一切使用されておらず、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されています。ヴィーガンマークがパッケージに表示されているので、ベジタリアンやヴィーガンの方にも安心して手に取って頂くことができます。さらに、酵母エキス・着色料も不使用というこだわり。それでも、野菜のだし、塩こうじ、粗糖といった素材で工夫することでコクを出し、美味しさが引き出されたカレールーです。 形状はフレークタイプのため、味の濃さを調節しやすく他の料理に応用することもできます。 味は、甘口と中辛の2種類があります。からだにやさしいカレールー 甘口は、辛さや雑味はなくマイルドな味わい。トマトやフルーツはもちろん、炒めた玉ねぎが優しい甘さを出しています。お子様や辛さが苦手な方にも召し上がっていただくことができます。からだにやさしいカレールー 中辛は、スパイシーでありつつも自然な甘みも感じられます。このルーで作られたカレーは、じっくり一晩寝かせたようなコクのある味わいをお楽しみいただけます。 どちらも、たっぷりの野菜、フルーツ、スパイスが使われ深みのある味に仕上がっています。 使いやすく本格的なカレーが手軽に 実際に、「からだにやさしいカレールー」を使って、カレーライスを作ってみました。まずは、からだにやさしいカレールー 甘口から。玉ねぎ、にんじん、じゃがいもという定番の野菜だけを一緒に煮込みました。 まず、見た目や調理の仕方において、一般的なカレールーを使用した際と何ら変わりはありません。 野菜を炒めて煮込み、火を止めてからカレールーを入れ、さらに一緒に煮込みます。たくさんのスパイスが使われているので、ぐつぐつ煮込んでいると食欲をそそる香りが漂ってきます。あっという間にヴィーガンカレーの出来上がり。 味に関しては、マイルドで洗練された味わいだと感じました。それでいて、やさしい甘味やコクがあり旨みも十分に感じられました。 続いて食べたからだにやさしいカレールー 中辛は、甘口と比べるとやはり多少の辛さがありますが、辛すぎることはなく程よいスパイシー加減です。 具やトッピングでヴィーガンカレーを楽しむ ヴィーガンのルーなので、野菜やきのこを具材として野菜たっぷりのカレーも相性が良いでしょう。 また、お肉に代わる大豆ミートやグルテンからできたセイタンを具材に使ってみたり、野菜やヴィーガンチーズなどをトッピングしてみたり、ヴィーガンカレーならではの楽しみ方もオススメです。 …

,

健康博覧会2022開催!東京ビッグサイトにて2月8日より3日間

2月8~10日、健康博覧会2022が東京ビッグサイトにて開催されます。腸内環境やサスティナブル・エシカル、美容など約3000点以上の製品やサービス、トレンドを知ることのできるチャンスです。健康業界の関係者の皆様やこれから健康に関してのビジネスに従事されている、または関心をもつ事業者の方はこの機会をお見逃しなく!

,

専門家から学べる!11/1~プラントベースアジアサミット開催!

11月1~4日、健康的で持続可能なアジア太平洋地域を目指すオンラインサミット「Plant-Based Asia Summit」が開催!4日間にわたり、健康やサステナビリティに関する専門家約30人による講演やプレゼンテーションが聴けるチャンスです!

,

第二弾が新発売!ニップンのヴィーガン冷凍食品。オーマイパスタの次はキーマカレー

お手軽ヴィーガン食品のラインナップに、新たな商品が仲間入り!
9月より、レンジで温めてお手軽に食べられる「豆腐から作ったお肉のキーマカレー」が(株)ニップンのオーマイブランドより発売。「手間を省きたいけど健康には気をつけたいし、美味しいものをしっかり食べたい」という時におすすめ。

,

ベジタリアンはコロナの重症化リスクが低い!イギリス医学誌が報告

ヴィーガン・ベジタリアン・ペスカタリアンのような植物性食品を多く摂取する人は、新型コロナウイルス感染症の重症化リスクが低いということが研究によって明らかになりました。どのような調査からどんなことがわかったのでしょう?低炭水化物・高タンパク質の食習慣に関する言及も。

,

台東区役所の食堂に第二弾ヴィーガンメニューが登場!裏メニューも

10月5日から台東区役所(東京都)の食堂「チカショク さくら」にて新たなヴィーガンメニューの販売が始まっています。「野菜仕立てのキーマカレー」に続く待望の第二弾です!台東区役所初のヴィーガンメニュー「野菜仕立てのキーマカレー」については、こちらから。 ⇒ https://vegetime.net/taito-ku-veganmenu/ そのメニューがこちら「野菜仕立てのかき揚げうどん」です。動物性の原材料や調味料を一切使用せずに作られています。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、メニューにはヴィーガンマークも掲示されています。 販売当初から多くの注文が入るヒット商品です! 勿論かき揚げの衣に卵は使用されていません。サクサクしていて、つゆが染み込むとジューシーで美味しかったです。玉ねぎやにんじん等の野菜本来の甘味が活かされていて、お子様からご高齢の方まで幅広い世代に愛される味なのではないでしょうか。またかき揚げの他にも水菜、ネギ、ワカメがトッピングされていて様々な食感を楽しめました。 うどんはコシがあってモチモチとした食感。お出汁も植物性食材のみから作られているのでさっぱりしていて、うどんとよく合います。この一杯でお腹が満たされるので、コストパフォーマンスもとても良いです。 さらにこのメニュー、五葷(ネギやニンニク等)を抜いたものに変更することができます。注文する際に厨房の方に一言お伝えすれば、かき揚げとネギを「おくらとろろ」に変更してもらうことができます。この変更をすることで、五葷を食さないオリエンタルベジタリアンの方にも召し上がって頂けるメニューとなります。おくらとろろのネバネバとした野菜は栄養価が高く、疲労回復の効果も期待できます。うどんとの相性も良いので、オリエンタルベジタリアンの人にとってだけではなく嬉しいオプションですよね。 さらに、メニューには記載されていない裏メニューも存在します!「野菜仕立てのかき揚げうどん」のうどんに「野菜仕立てのキーマカレ―」のカレーをかけた「ヴィーガンカレーうどん」です。こちらも注文の際に厨房の方にお伝えすると対応してくれます。2種類のヴィーガンメニューを一度に楽しめるのは、この裏メニューだけ!ぜひお試しください。 植物性食品のみを使用した食事は私たちの健康に良いだけでなく、動物や環境にも配慮されていることが魅力の一つです。自分で作ってみようと思うと難しいかもしれませんが、このように区役所の食堂でヴィーガン料理が食べられるのは、とても手軽で嬉しいですね。食堂は台東区にお住まいでない方もご利用可能です。ぜひ一度足を運んでみてください! 店舗情報:台東区役所(東京都)ーチカショク さくらー住所:東京都台東区東上野4丁目5番地6号 地下1階営業時間:平日11時~15時

,

アフリカ系アメリカ人にヴィーガンが多い理由

原題:Why black Americans are more likely to be vegan ヴィーガンやベジタリアンという選択は、特定の人種や民族に限られたものではありません。一方で、インドでは宗教の影響でベジタリアンの比率が高いと言われるように、人種や民族、国民の持つ文化と食の選択が深く関わっていることも否定できないでしょう。アメリカにおいては、アフリカ系アメリカ人が、他の人種のアメリカ人に比べておよそ3倍もヴィーガンやベジタリアンである割合が高いと報告されています。 ある調査によれば、厳格なヴィーガン・ベジタリアンの割合は、アメリカの一般市民が3%なのに比べてアフリカ系アメリカ人は8%である事が分かっています(資料料)。また、同国の2019年の別の調査によれば、「昨年肉の消費量を減らした」と回答した割合は白人が19%であったのに対し、非白人では31%に上ったということです(資料)。 ヴィーガンになった、あるいはヴィーガンに挑戦している著名なアフリカ系アメリカ人といえば、セレブで知られるビヨンセやリゾ、プロテニス選手のビーナス・ウィリアムズ選手が挙げられるでしょう。特にビヨンセは、プラントベース食の配達サービスへの参加や、ヴィーガンに転身したファンへのコンサート無料券の配布の発表など、精力的に活動を行っています。 では、なぜ「アフリカ系アメリカ人」なのでしょうか? 自分たちのコミュニティーを大切に守りたいから 黒人のヴィーガンの人々にとって、より健康的な食生活を送りたい、という思いがヴィーガンへの入り口になった人は多いです。 アフリカ系アメリカ人は、高血圧、2型糖尿病、肥満、がんになる確率が他のほぼ全ての人種グループに比べて高いのです。これは、彼らの食生活が平均的に塩分と脂肪の摂取量が多く、果物や野菜の摂取量が少ないことが一因であると言われています(資料)。また、貧困や、青果店が遠くて行けない、ファストフードが簡単に手に入る、といった社会経済的要因がアフリカ系アメリカ人の健康的な食生活を困難にしていると指摘する声も上がっています(資料)。 自分の思いを体現するために ニューヨーク州で行われる黒人による黒人のためのヴィーガンフェスティバル、Black VegFest を創始したオモワレ・アドウェール氏。彼によるとヴィーガニズムと黒人文化のつながりはなくてはならないものです。このフェスティバルが始まった当初、白人のヴィーガンの人々からは困惑の眼差しが向けられたと言います。「ヴィーガンのコミュニティーはこれまで長い間白人のものであり、白人のものとして存続させたいのではないかと感じることさえある。」と彼は語ります。同時に、ヴィーガニズムが「中上流階級の白人のための排他的なものである」という誤った固定観念と、アメリカ国内外で黒人により形成されてきたヴィーガニズムの長い歴史を指摘し、「人は誰しもが自分の思いを体現したいと思うものです。それこそが、黒人のコミュニティーがヴィーガンの考えを精力的に推し進め、活動してきた理由です。」と話しています。 VegFest然り、ヴィーガンコミュニティーは動物福祉の向上のために活動しているところが多いですが、そのような抗議活動は、動物福祉を超えた大きな問題を浮き彫りにさせる事ができるとアドウェール氏は確信しています。Black Lives Matterのように。 伝統的なアフリカ料理は厳格なヴィーガン料理ではありませんが、主に植物性であり、緑の濃い葉野菜と豆類という健康的な食事に主要な要素を豊富に含んでいます。さらに、アフリカ系アメリカ人のヴィーガンのムーブメントは公民権運動にも深い起源を持っています。キング牧師と共に公民権運動家として活動し、コメディアンでもあったディック・グレゴリー氏は1965年に肉食を止め、その後厳格なヴィーガンとなりました。「私は公民権運動家であるから、動物愛護運動家でもあるのだ。苦しみ、死ぬという点は動物も人間も同じである。暴力によって、同じ痛みが生まれ、同じ血が流れるのであり、私たちはそれに加担してはならない。」というのは彼の言葉です。 …