ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

ベジプロジェクト

R.B.G株式会社より発売されている、天然100%、完全無添加の化粧品シリーズ「サプミーレ (Supmile)」から6アイテム、「エフェラル(efferal)」から1アイテムが、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得し、6月よりヴィーガンマーク付きのパッケージで販売が開始されます。こちらのアイテムは、オーガニック化粧品ということもポイント。 お得なセットの紹介もあるので是非最後まで一読くださいね。 R.B.G株式会社さんの社名の由来は、Relax Botanical Garden。 製造販売をされている製品は、どれも厳選された原料が使用され、その原料は天然由来100%です。動物実験はどの製品にもされておらず、製品の入っている紙パッケージにはFSC認証(持続可能な管理がされた森林資源であることの認証制度)を取得された紙箱が使用されています。 製品の価値が評価され、サプミーレのヴィーガン認証も取得されている4アイテムは、国内2箇所にあるBIO HOTELでもアメニティとして採用されています。 それでは、それぞれのアイテムについてご紹介します。 Supmile(サプミーレ) クレンジングミルク なめらかな植物性ミルクが、とけこむようにメイクとなじみキメや毛穴の奥の汚れを包み込みます。肌を保護しながら負担をかけず、クレンジングはしっかりしてくれます。洗い上がりはやわらかく、しっとりとした感触です。コメヌカ油をメインとした天然植物のオイルだけで作られている贅沢なクレンジングミルク。ゴヨウマツ種子油やアルガンオイルが肌の潤いを守りながらメイクと毛穴の汚れを落としてくれます。 Supmile(サプミーレ) パウダーウォッシュ 天然植物由来成分のみで作られたふんわりパウダーの洗顔料。天然洗浄成分ムクロジエキスやパパイン保湿力の高い植物エキスも配合されています。弾力のあるキメ細やかな泡立ちに、肌が優しく包み込まれます。潤いなどの肌に必要なものは残し、余分な角質や毛穴の汚れは無理なく落としてくれます。肌をいたわる褐藻エキス、ツボクサエキスの保湿成分のおかげで、健やかな肌に 。簡単にフォームを作ることのできる専用の泡立てネット付きです。 Supmile(サプミーレ) モイストウォーター 厳選した植物エキスを肌にたっぷり届ける化粧水。乾燥やシワの原因は角質の水分不足と言われています。肌の水分保持力を高めるザクロエキスがたっぷり配合されているため、水分循環を補うことができ角質のモイスチャーバランスを保たせることができます。潤い保持にこだわって処方されていますが、敏感肌の方でもしみることなく心地よく使用することができます。エコサート認証を取得している8種のミックス植物エキスが、乾燥や肌荒れで乱れたキメに浸透し健やかな肌環境へと整えてくれます。 Supmile(サプミーレ) モイストヴェールクリーム なめらかで伸びの良い乳液状のクリーム。ベタつきのないやわらかな使用感で、肌の水分と油分のバランスを整えてくれます。モイストウォーターで潤ったお肌に、ほんの少しの量でしっかりヴェールしてくれます。エモリエント成分のスクワラン、ホホバ種子油、ゴヨウマツ種子油が肌をやわらくし、ザクロエキスが肌の水分保持力を高めてくれます。つるつるとしたシルキー肌をきっと実感できるのでは。するっと伸びるので、肌に摩擦がかからずマッサージしながらスキンケアを楽しむことができます。 上述の4種類のお試しセットも、お得にオンラインで販売中です。⇒ Supmile(サプミーレ)トライアルセット …

マルサンアイ株式会社さんより全国で発売中の植物性プロテインドリンク「VEGAN PROTEIN -MATCHA SOY LATE-」(ヴィーガンプロテイン 抹茶ソイラテ)は、みなさんもうお試しになられましたでしょうか。 マルサンアイさんといえば、マルサン坊やのマークでお馴染みですよね。 味噌や豆乳などの大豆製品を多く展開されている製造メーカーです。豆乳の種類にも色々あり、私はタニタカフェ監修のオーガニック豆乳を冷蔵庫にいつもストックしています。 また、豆乳グルトも製造販売されていて私のお気に入りの一つです。豆乳グルトには、味噌やキムチなどにも含まれる植物性乳酸菌が豊富です。その植物性の乳酸菌が特に、人の腸に取り込まれると善玉菌として働き腸内環境を改善に繋がっていると言われています。免疫力を高めておきたい今、積極的に摂取したいですね! VEGAN PROTEIN さて、本題のVEGAN PROTEINを実際に飲んでみました。 ナチュラル感を感じられる素敵なパッケージです! Vegan Proteinは、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、ヴィーガンマーク入り。第一次原料だけではなく全ての原料において動物に由来していないことを証明しています。 Vegan Proteinは、香料や着色料、人工甘味料を使用していません。この辺りが気になる方にとっても安心。香料の香りが苦手という方にとっては、とても飲みやすいドリンクかと思います。抹茶の香りがほんのりと感じられ、濃厚な豆乳の風味とよく合います。 さらに、白砂糖ではなく有機アガペシロップが使われているため、やさしい甘さを楽しむことができます。また、さすがプロテインドリンク、タンパク質は1本に11gが含まれています。ヴィーガン生活だとタンパク質不足を心配されることがしばしばあるかと思いますが、そんなときにはこちらのVegan Proteinを紹介しましょう。 こんなにこだわり尽くしの飲料が、ナチュラルローソンやスーパーなど全国の量販店、オンラインにて販売中です。 商品の魅力がより分かるWebページがこれまた素敵な仕上がりなので、ぜひご覧くださいね。 → https://www.marusanai.co.jp/vegan_protein/ 以上、Vegan …

若者が集うおしゃれ街、東京の表参道駅から徒歩5分にあるダイニングレストラン『野菜がおいしいLONGING HOUSE(ロンギングハウス)北青山』のご紹介をします。取材時には、店長の伊藤緒美さんにお話を伺いながら、新鮮なお野菜をふんだんに使った大満足ランチを堪能しました! 軽井沢のホテル内にあるレストランが一号店です。そちらでは主にコースメニューが提供されています。もともとヴィーガンやハラル対応はしていませんでしたが、お客さんの要望が多く、試行錯誤を重ねてヴィーガンやハラルの方も楽しめるメニューが考案されました。 そして二号店として北青山にダイニングレストランがオープン。こちらの店舗ではランチもディナーも新鮮なお野菜を使った創作料理が充実しています。ヴィーガンやハラルの方も、そうでない方も、みんなが同じ空間で料理を楽しめることを大切にしています。ヴィーガンメニューに関しては、2018年よりNPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証を取得し、徹底されたメニュー提供をされていらっしゃいます。 お店の一押しランチメニューは何と言ってもサラダビュッフェ。新鮮なお野菜をたくさん好きなだけ食べられます。メインディッシュもヴィーガン料理、お肉料理どちらも充実しています。お肉を食べたいお友達と一緒でもお互い好きなものを頼めます。 お料理は1つずつ大切に調理されているのですが、メインの大豆ミートハンバーグは、お店で実際にこねて作っています。デザートもヴィーガン対応のものがたくさんあります。ベーカリーと提携してお店オリジナルのレシピで作っているそうです。ヴィーガンスイーツではなかなか珍しいベイクドケーキ、パウンドケーキもあります。 LONGING HOUSE北青山では、宅配弁当サービス、デリバリーサービスも行なっています。新鮮な食材を使った大満足なランチ弁当は大人気。HEALTHY OPTIONやヴィーガン・ハラル対応のお弁当もあります。お弁当1つから注文を承っているため、たとえ少人数での注文でもヴィーガンの人、お肉好きな人、合わせてここで注文が完了するのは楽ちんです。 今回はヴィーガン弁当がとても気になったので、「ソイミートのヴィーガンハンバーグLunch Box」をテイクアウトしました。ヴィーガンハンバーグもそうですが、何よりもお野菜の一品料理をとても美味しく頂きました。野菜一つ一つの本来の味がしっかりとしていて、「もっと食べたい!」と思うお料理でした。十六穀米の上にはフライドエシャロットや海苔がのっていました。とても大満足なお弁当、全種類食べたいくらいです! ディナーの新鮮野菜のバーニャカウダもオススメ。アンチョビのソースではなくお味噌のソースもあり、こちらはヴィーガンに対応しています。 青山のおしゃれダイニング『野菜がおいしいダイニングLONGING HOUSE北青山』で、ぜひ美味しくて新鮮なお野菜をお楽しみください! 店名:野菜がおいしいダイニングLONGING HOUSE北青山 住所: 〒107-0061 東京都港区北青山3丁目9−10 瀬川ビル 1F 最寄り駅:表参道駅 電話番号:  03-6433-5808  …

台東区役所(東京都)の食堂「チカショク さくら」に、2020年4月6日より、ベジタリアンメニューの販売が始まりました。政府や自治体としては、これまで内閣府、東京都庁が、週に1、2日ベジタリアンメニューを導入されたことがありましたが、台東区役所ではベジタリアンメニューが毎日提供されます。 台東区役所で販売されているベジタリアンメニュー「野菜仕立てのキーマカレー」 販売されているベジタリアンメニューは、肉、魚介類、卵、乳製品、はちみつといった動物性原料を使用していないヴィーガン対応です。ベジプロジェクトのヴィーガン認証も取得されています。 ベジタリアンメニューの登場は、台東区役所の観光課の職員さんが、食堂運営会社の方に依頼されたことが始まり。食堂を運営する企業さんがその職員さんの想いに応えてくれました。 ベジタリアンメニュー第一弾として提供されているメニューは「野菜仕立てのキーマカレー」550円(税込)です。さすが、職員食堂だけありボリュームがあるのに安いです。 動物性食材は一切使わず、肉の代わりに大豆ミートを、さらに玉ねぎ、トマト、ナス、パプリカ等の野菜がたくさん入っています。ベジタリアンやヴィーガンたちはすぐ気が付くかもしれませんが、スナップエンドウ2つでVEGANのVが表現されているところもポイント。中辛のカレーです。 ベジタリアンやヴィーガンでない方が食べても美味しく楽しめる味付けです。 メニューの案内にある「野菜の食事は、体にやさしい、動物にやさしい、地球にやさしい」というメッセージだけではなく、食堂の壁にある色々な掲示物の中に、ヴィーガンについて紹介するものも。ぜひ探してみてください。 食事を通して、職員さんや区民の方、食堂を利用されている方がヴィーガンについて知って頂く機会にもなる、素敵なお取組みですね。 区役所の食堂はどなたでも利用できます。コロナウイルスで大変な時期ですが、台東区役所を利用される方、近くに来られる方は、お昼ご飯に「野菜仕立てのキーマカレー」を注文してみてください。 店舗情報:チカショク さくら 住所:台東区東上野4丁目5番6号 地下1階 営業時間:通常は平日11時~15時 *4/22よりコロナウイルスの影響で臨時休業。再開時期をご確認の上、ご訪問ください。

寒い日が続いています。そんな日は温かいスープや麺が恋しくなりますね。 そこで今回は、長崎県で伝統的な製法でそうめんを作り続けている株式会社みそ半の、隠れ岩松「塩にゅうめん」「野菜だしにゅうめん」を紹介します。 麺は自社栽培の小麦粉・熊本産の小麦粉・自社の塩「にっぽんの海塩」を使用し、昔ながらの製法で作られています。この2商品に関しては、ベジタリアンやヴィーガンの人も楽しめるように、スープは肉や魚介類の出汁に頼らず昆布や野菜の旨味を活かしています。 みそ半のにゅう麺 こだわりポイント1.すぐ美味しい!茹で時間100秒で食べられます。2.動物性原料不使用、安心だけどしっかりした味付け。3.NPO法人ベジプロジェクトによるヴィーガン認証取得商品 お湯を沸かす→麺を入れる→100秒待つ→スープを加える(→好きな具を乗せる) 工程はこれだけ。本当に早くてしかも簡単ですね。 まずは「塩にゅうめん」からいただきます。 こちらは昆布や椎茸といった和風だしの定番の素材に加えてにんにくやごま油を使用しているので、とても香ばしい和風スープという印象ででした。麺は喉ごしが良く、ツルツルとしたなめらかさはいつまでもすすっていたい程の心地よさでした。歯応えも程よいです。 次は「野菜だしにゅうめん」をいただきます。 こちらは玉ねぎやセロリ、にんにくを使用しており、味も香りも爽やかです。素材が洋風なので、ブラックペッパーやオリーブオイルをかけても美味しいですよ。 どちらも優しい中にしっかりした味わいがあり、満足できました。おかげ様で体はすっかりポカポカです。 これらの商品は「みそ半」のサイトにて購入する事ができます。 実店舗では日本橋の長崎館と浅草のヴィーガンストア等でも販売されています。 まだまだ続く寒い冬を、にゅうめんを食べつつ体をしっかり温めて乗り越えましょう! みそ半さん、素晴らしい商品をどうもありがとうございます! 株式会社みそ半HP: http://misohan.jp/ オンラインショップ: http://misohan.ocnk.net/

飲食店や通販ではベジタリアン、ヴィーガンの選択肢が少しずつ増えてきたと思います。それでも、忙しい時や外出時に、ヴィーガン対応の飲食店や商品を見つけることは難しいのが現実。そんなとき「コンビニにヴィーガンの食べ物があれば…!」と望んだことのあるベジタリアン・ヴィーガンは多いのではないでしょうか。 2019年10月、セブンイレブンはこの願いに応えてくれました! 都内9店舗で販売されているこの商品、10月上旬には発売が開始されましたが、実は当時はハラールのマークのみが付いていました。 せっかくならヴィーガンマークが付いている商品を発見したいと、何度も浅草の雷門前のセブンイレブンを訪れました。 そしてようやく見つけました! 冷凍食品コーナーに他のハラール対応シリーズとともに並べられています。 プライスカードには「HALALベジタブルペンネ」と記載がありますが、商品にヴィーガンマークがこっそりついているように、ヴィーガン対応です。 このマークはNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証マークで、原材料の全てが動物に由来していないこと、動物実験が行われていないこと等を証明しています。 ベジタブルペンネは、ナスやズッキーニ、トマトなど6種類の野菜を使ったトマトソース仕立てのペンネです。冷凍のまま電子レンジで加熱することで手軽に食べることができます。 ベジタリアン・ヴィーガンの消費者はもちろん安心して食べることが出来ますが、ベジタリアンではない人がが食べても満足できる美味しい味付けです。 現在このベジタブルペンネは、都内江戸川区、台東区、豊島区、千代田区にある9店舗において販売されていますが、売れ行きがよければ、全国にも広がるかも!? 日本でもこういった商品が増えて、ベジタリアン・ヴィーガンの選択肢が身近なものになると良いですね! 実はオンラインでも購入可能です。販売中のセブンイレブンに訪問が難しい方はRoyal Deliの通販から。http://www.shoproyal.jp/shop/g/g101941/ 【販売中のセブンイレブン店舗】 浅草雷門前 〒111-0034 東京都台東区雷門2-18-7 03-5828-6072 豊島南大塚3丁目 〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-2-11 03-5396-6770 秋葉原駅北 〒101-0022 東京都千代田区神田練堀町3-3 03-3252-5885 江戸川西葛西7丁目 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西7-15-15 03-3804-5058 江戸川清新プラザ 〒134-0087 …

「ヴィーガンって、肉や魚を食べないけど、どうやって十分なタンパク質を摂るの?」とよく聞かれる。ヴィーガンなら、誰でも一度聞かれたことがある質問だ。 簡単にタンパク質を摂る方法の一つはナッツだろう。毎日、美味しいから、つい適量より多いナッツを食べてしまう。そのままでスナックとしてもいいし、サラダのトッピングとしてでも美味しいナッツをたくさん食べるのは多くのヴィーガンの習性かなと思う。 プレーンのナッツは普通によく食べているけど、時々味が付いているナッツも楽しみで食べている。今日はナッティーババリアンのキャラメルナッツを紹介したいと思う。 ナッティーババリアンは、100年以上前ドイツで代々パン屋を営んでいたブルーノさんが発明したキャラメルナッツのブランドだ。 ドイツではクリスマスマーケットで売られているからおなじみ。 ナッティーババリアンのキャラメルナッツはパリパリして、シナモンやバニラが表面にムラなく塗られているナッツ。そのまま食べると少し甘すぎると思う人もいるかもしれないが、一瓶を一気に食べてしまうことはないので、その甘さ加減はいいかなと思う。同時に3、4個を食べれば、満足できると思う。 工場のシャッターに書いてある通り、「2週間に1度食べたくなる!!」その通りね。   View this post on Instagram   . ドイツの美味しいものといえば?🇩🇪 ゲブランテマンデルン( #gebranntemandeln )とドイツビールは欠かせませんね! . 先日相模原工場に#KOBATSUトレーディング のこばつさんが遊びに来てくれました😆💞 1人で運営している日本で一番小さいビールインポーターです!! ドイツ、しかもナッティーババリアン発祥の地・バイエルン州のビールに特化した輸入販売を行なっています🍺 …

世界中で様々な好評を得続けているヴィーガンミートの製造元VegeFarm社が自社ブランドで、日本でも販売を開始! よく知られているブランドヴィーガンミートも実はVegeFarm社製だったりします。 今のところ国内では、日清商会㈱さんによる主にBtoB(業務用)での販売になりますが、オンラインのECサイトから誰でも少し多めに購入することも可能。 今回発売のヴィーガンミートにはNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証マークも付いています。 4月17日ECサイトオープンに先駆けて、2月末にはこのヴィーガンミートの紹介イベントが開催されました。 5種類のヴィーガンミートを使った和洋中8品がお披露目され、参加者の皆様に召し上がって頂きました。 その結果、大好評でした! 牛筋まで感じられるビーフシチュー、骨付きのチキンとスパイシーソース、食感も完璧な酢豚、ジャンキーなチキンナゲット、、等々。 イベントでは、ベジタリアン、ヴィーガンの最新情報としてVegeFarm社 北米・日本担当者より「世界のヴィーガン動向、世界中のヴィーガン食材生産基地より」およびNPO法人ベジプロジェクト代表理事より「ヴィーガン需要の背景と日本国内でのヴィーガン対応のこれから」と題したレクチャーも開催されました。 これからベジタリアン、ヴィーガン対応を検討されている、またはより充実した対応を検討されている飲食店や企業の皆様、ご参考にされてみては! またNPO法人ベジプロジェクトジャパンではヴィーガン認証の他に、飲食店や企業の皆様へのヴィーガン関連のお手伝いもしているのでご相談のある方は連絡を。 ECサイトはこちら:https://item.rakuten.co.jp/greens-gc/10014879/ 商品のお問合せ: 株式会社日清商会 電話:028-662-5231 メール:veganpro@nisshin-sk.com

メキシコから有名Veganシェフが来日! 10月28日と11月3日に3つのメキシコ×ヴィーガンのイベントを開催されます。 FORBES, THE Guardianなどで紹介される有名なVeganシェフMariana blanco氏が本格的なメキシコ料理を振舞います。 メキシコの音楽や文化を楽しみながら、ヴィーガン料理を満喫しましょう! 各イベントはこちら。 10/28 11:30〜14:00「メキシコの日常風景アルムエルソ(Almuerzo)」*先着20名 10/28 19:00〜21:30「メキシコと日本の融合 おまかせタコス & ラーメン」*先着15名 11/3 第1回 17:00〜18:50 / 第2回 19:30〜21:20 「メキシコの祝日死者の日(Dia de muertos))」※各回先着15名 *全て事前予約制 それぞれのポスターはこちら。 …

3Rをご存知でしょうか? 地球環境のために気を付けるべき、Rから始まる3つのキーワードのこと。 そのキーワードがこちら。 REDUCE(リデュース:ごみの量を減らそう) RECYCLE(リサイクル:資源として活用しよう) REUSE(リユース:繰り返し使おう) この3Rに関する検定「3R・低炭素社会検定」があるのです。 その検定のウェブサイトにコラムとして、NPO法人ベジプロジェクトジャパンの川野陽子(はるこ)代表理事が執筆したベジタリアンというライフスタイルについての記事がこちら→ 「サスティナブルな未来は毎日の食から」 地球環境と食生活がどう繋がっているのか、なぜベジタリアンの食生活が地球に良いのか、自身の経験や考えとともに分かりやすく紹介されています。 記事内で紹介されているベジタリアンと地球環境についての関係の一部がこちら。 1.肉の生産にはその何倍もの穀物・野菜が必要 例えば、1kg の牛肉を作るに10kgの穀物や野菜が必要で、人が直接穀物を食べる方が効率的。 2.地球温暖化に関して 家畜産業に起因する温室効果ガスの排出量は、車・飛行機・フェリー等、全ての交通機関からの総排出量よりも大きいという国連の発表に、自身も驚いたことが書かれています。 3.資源に関して 家畜産業のシステムは地球の土地全土の45%を使用、淡水の20-33%を使用しているそうです。 さらに、家畜動物についての記載も続きます。 身動きが取れないほど狭い場所にいる動物の飼育のあり方や、動物の排泄物や血が土地や海を汚染していること、動物に与えられる抗生物質のことも。 「地球のことを考える行動はたくさんありますが、その1つにベジタリアンの食生活やそれを心がけることがあることも、ぜひ知っていて頂けたら」というメッセージが伝えられています。 気になる方は、ぜひ全文を読んでみてくださいね!こちらから。→ 「サスティナブルな未来は毎日の食から」