ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "グルテンフリー"

グルテンフリー

,

新しい日本の食材。100%植物性のお米のヨーグルトとマヨネーズ!

みなさんは、”にっぽんの食”と聞いて、何を思い浮かべますか? 日本人の主食であるお米は、自然と思い浮かぶのではないでしょうか。 白米や和菓子に用いられるお餅などなど、お米は昔から日本人に親しまれてきましたよね。 そんなにっぽんの食お米とお米由来の乳酸菌からできる、斬新な食品のご紹介をします! 株式会社ヤサカ アレルノン食品事業部さんより販売中のこちらの商品です。 ・お米のヨーグルト アレルノン ・大き目サイズ、フレーバー付きのお米のヨーグルト Rise リセ(レモン味・ゆず味)、アレピーグルトじゃばら、アレピーグルトじゃばらスペシャル ・大き目サイズ、乳酸菌の種類が違うお米のヨーグルト メディカグルトAタイプ・メディカグルトPタイプ ・米マヨ ・米乳百楽 まずは お米のヨーグルト アレルノン にっぽんのヨーグルトとも表現される、お米のヨーグルト「アレルノン」は、お米からとれた乳酸菌を使用しています。日本人のお腹に合う新たなヨーグルトです。 どんなヨーグルトなのか、簡単にご紹介します。 ・原材料は、お米と乳酸菌のみ。・100%植物性で、NPO法人べジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得。・有機JASマークも取得。・生きた菌にこだわる商品開発により、人の体によく保存性も高い。・添加物不使用。・法定アレルゲン28品目不使用。 などなど、様々な価値があるヨーグルトです! より詳しく知りたい方は、アレルノン公式ホームページをチェック! 知れば知るほどアレルノンの魅力に気が付くはず。 ⇒ https://www.allernon.jp/about/index.php まさかお米からヨーグルトができるなんて、誰が想像できたことでしょう。実際、開発には相当な苦労があったようです。(開発秘話はこちらから。) …

プラハのポリーナさんのヴィーガンレシピでStay Homeを楽しもう!

今日は Stay Homeで家庭で料理をする機会が増えた皆様に、プラハにお住まいのポリーナ・サッチャさんの「ヴィーガン&グルテンフリーレシピ」をご紹介します。 まずはポリーナさんのご紹介から。 ポリーナさんはチェコのプラハ在住。自分の表現として最適だったのが文字アートという手段で、アクリルマーカーで文字アートをたくさん創作されています (Instagramはこちら)。そこに到達したのは、職場にあったたくさんの空き箱との出会いがありました。オフィスのゴミとして扱われていた空き箱は、ポリーナさんにとっては”アップサイクル”(リサイクルとは異なり、元の製品よりもより価値の高い物に創生すること)するべき「宝物」だったのです!それ以来アートワークのベクトルデジタル化に専念されています。アーバン音楽が大好き。言葉に愛着があり、それはレゲエ、ヒップホップ音楽に近い距離にいる時により明確になりました。そから言語学の博士号取得に至ったのです。 チェコのプラハではヴィーガンはまだまだ珍しいようですが、ミレニアム世代では10%が肉を食べないようにしているというデータもあります。そのために、多くの人に少なくとも「プラントベース」や「ヴィーガン」の概念は普及したということです。また信じられないことに、プラハでは一人当たりのベジレストランの密度が世界で最も高い都市の一つとか!どこのレストランに行っても、少なくともベジの選択肢があるということです。 ポリーナさんは、なんと人生のほぼ半分をヴィーガンとして生活しています。多くの方から「何を食べているの?」と聞かれるため、今回1つのレシピとしてまとめられました。親切にも、そのレシピはPDFとして共有されています(以下、リンク貼付)。 表紙はポリーナさんの「THROUGH PLANTS TOGETER」のとっても可愛いワードアート。 日本ではどこでも手に入る、ヴィーガン必須の材料豆腐を使ったレシピがたくさんあります。筆者はP10にある「グリーンピースとミントのスープ」を早速作ってみました(添付写真)。熱くても、冷ましても大変に美味しいスープが出来上がりました! コロナ感染の拡大で、少なくとも東京にお住まいの方は、まだStay Homeをしばらく続けることになるでしょう。せっかくの機会です、ぜひプラハ発信のポリーナさんのレシピを試してみてはいかがでしょうか。 「ヴィーガン&グルテンフリーレシピ」(英語のみ) → ダウンロード ポリーナ・サッチャさん(Polina Sucha)のサイト→ https://polinasucha.wordpress.com/

,

ロンドンの健康的なファーストフード??

「DF」、「V」、「Ve」、「WF」、「GF」、何の略かわかりますか?? Photo: LEON.外観 (にこにこニュースより) 答えは以下。 「DF=dairy free(乳製品フリー)」、「V=vegetarian(ベジタリアン)」、「Ve=vegan(ヴィーガン)」、「WF=wheat free(小麦フリー)」、「GF=gluten free(グルテン・フリー)」、 こんな親切な表示がなされたメニューがあるのは、ここ、ロンドンのファストフード「レオン」です。 Photo: Rainbow Mezze Salad(レインボー・メゼ・サラダ)(にこにこニュースより)   レインボー・メゼ・サラダは、WF、GF、DF、Veなメニューです!ファレエルにフムス、食材も見た目もバランスよく優しいコンビネーション。カジュアルなメニューがたくさん、そしてヴィーガンもベジも安心してメニューを選ぶことが出来るのだそうです。(ベジ・ヴィーガンメニュー以外もあり) 創立者のジョンとヘンリー、それからアレグラ、三人が目指したのは、健康的なファストフード。そんな一見矛盾するかのようなコンセプトでしたが、、、 ”2004年、ロンドン中心部のショッピング激戦区、「カーナビー・ストリート(Carnaby Street)」にレオンの第1号店をオープンすると、瞬く間に人気を博し、半年後には日曜誌「The Observer(ザ・オブサーバー)」による「Best New Restaurant in the UK(イギリスで最高の新規オープン・レストラン)」として、月間フード・アワードに選ばれたほど。2006年にチェーン展開を開始すると、ロンドンを中心に国内外に50以上の店舗をオープンさせるほどの成長を続け、現在は海外展開にさらなる力を入れているのだとか。” (にこにこニュースより) …

,

安心安全!ヘルシーでヴィーガンのチップスのご紹介

普通見かけるチップスってポテトチップス、つまりジャガイモを揚げたチップスですよね。 しかし今回ご紹介するのは、大豆からできたチップス、さらに油で揚げていないチップスです! お菓子の「サンコー」さんの大豆チップス 皆様もう試されましたか?      ベジプロジェクトジャパン認定のヴィーガンマークの付いたスナック、近所のお店に取り寄せをして頂きました。   ヴィーガンマークは、気にしない人には「ふーん」かもしれませんが、ベジタリアン・ヴィーガンの人には「安心、嬉しい!」マークです。 なぜかというと、一目でヴィーガンOKがわかるから。 日本語が読めない外国からのヴィーガンの方も食べてみることができます。   そして、本題の大豆チップスついて。 カリッ!バリッ!と噛み応えがあります。 しお味 のり塩味 しお味ものり塩味も、なかなか濃い味。 お酒のおつまみとしてなかなかイケルと思います。 試食した皆さんの意見は、 珍しい、食べごたえがある、ヘルシーで嬉しい! といった感じ。 のり塩を食べた海のものが苦手な方は、海の風味が強くて苦手というほど、海の香りが楽しめます。 大豆風味が好きな方は大好物になっていました。 既に定期的に買っているという方も。 …

,

日本でも!東京ビックサイト展示会でヴィーガン食のデモンストレーション

年中、多種多様な展示会やイベントが行われている東京ビッグサイト。2/21-24には、「国際ホテル・レストランショー」「フード・ケータリングショー」「厨房設備機器展」が開かれています。なんとこのイベント、2/22には株式会社グローバルメディア主催の「ナチュラルフードプロダクツ」に関する企画が行われたのです。大きなステージで、4名の料理人たちがそれぞれ順にナチュラルフードに関係する2品ずつのお料理が披露されました。   今回の「ナチュラルフード」のコンセプトの中には、グルテンフリー、オーガニック、ベジタリアン、ヴィーガンなどが含まれます。 外国からの訪日観光客が急増していること、食の選択が多様化していることを受け、今年からこの展示会ではナチュラルフードプロダクツの出展ゾーンが新設されました。それに伴い、今回の調理実演イベントが開催されました。   登壇者は、コンラッド東京 総料理長の井本 信一郎氏、ビリオネア CEOのベリッシモ・フランチェスコ氏、Vegan Food Creator・Instructor +HOLIC 主宰のMimi氏、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイシェフズ ライブ キッチン料理長の佃 勇氏という豪華な顔ぶれ! 2品ずつ披露されたお料理の1つまたはどちらもは、ヴィーガン(肉、魚、卵、乳製品、はちみつを使わない)対応でした。   どんなヴィーガン料理が紹介されたかというと、、 井本氏からは「キノアのフルーツサラダ」 ベリッシモ氏からは「ベリッシモ風オレンジ皮詰のイチジク」   …