ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ヴィーガン製品"

ヴィーガン製品

,

マルサンアイから植物性プロテイン飲料 VEGAN PROTEIN

マルサンアイ株式会社さんより全国で発売中の植物性プロテインドリンク「VEGAN PROTEIN -MATCHA SOY LATE-」(ヴィーガンプロテイン 抹茶ソイラテ)は、みなさんもうお試しになられましたでしょうか。 マルサンアイさんといえば、マルサン坊やのマークでお馴染みですよね。 味噌や豆乳などの大豆製品を多く展開されている製造メーカーです。豆乳の種類にも色々あり、私はタニタカフェ監修のオーガニック豆乳を冷蔵庫にいつもストックしています。 また、豆乳グルトも製造販売されていて私のお気に入りの一つです。豆乳グルトには、味噌やキムチなどにも含まれる植物性乳酸菌が豊富です。その植物性の乳酸菌が特に、人の腸に取り込まれると善玉菌として働き腸内環境を改善に繋がっていると言われています。免疫力を高めておきたい今、積極的に摂取したいですね! VEGAN PROTEIN さて、本題のVEGAN PROTEINを実際に飲んでみました。 ナチュラル感を感じられる素敵なパッケージです! Vegan Proteinは、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、ヴィーガンマーク入り。第一次原料だけではなく全ての原料において動物に由来していないことを証明しています。 Vegan Proteinは、香料や着色料、人工甘味料を使用していません。この辺りが気になる方にとっても安心。香料の香りが苦手という方にとっては、とても飲みやすいドリンクかと思います。抹茶の香りがほんのりと感じられ、濃厚な豆乳の風味とよく合います。 さらに、白砂糖ではなく有機アガペシロップが使われているため、やさしい甘さを楽しむことができます。また、さすがプロテインドリンク、タンパク質は1本に11gが含まれています。ヴィーガン生活だとタンパク質不足を心配されることがしばしばあるかと思いますが、そんなときにはこちらのVegan Proteinを紹介しましょう。 こんなにこだわり尽くしの飲料が、ナチュラルローソンやスーパーなど全国の量販店、オンラインにて販売中です。 商品の魅力がより分かるWebページがこれまた素敵な仕上がりなので、ぜひご覧くださいね。 → https://www.marusanai.co.jp/vegan_protein/ 以上、Vegan …

,

ソフトバンクがヴィーガン企業への投資を発表!

ソフトバンクが今年中にチリのAIを使用して植物性食品を製造する企業であるNotCoを含む南米の植物性食品企業に投資をする予定だと発表しました。 ソフトバンクは今後、長期的に利益を得ることができる可能性の高い企業に投資していく方針を明確にしました。具体的にはどのような企業が長期的に利益を得るということは供述しませんでしたが、ブラジル、ペルー、チリにある企業に注目しているそうです。 その中でも特にチリのヴィーガンスタートアップ企業、The Not Company(NotCo)に注目しております。NotCoは”Giuseppe”と言う名の3DプリントのAI技術を使って植物性食品を産み出すといった活動をしています。 NotCoは既に去年、英国ロンドンに本社を置くグローバル投資会社 The Craftoryによって投資されたことによって大企業にも注目を置かれる存在となりました。 NotCoは、時代の変化を恐れずに、持続可能性のある食生活と地球環境、人間と全ての動物に公平な社会を実現するために変化を起こすべきだと考えています。動物に対しても環境に対しても優しくない現在の食物連鎖ではなく、持続可能な食物の製造を目指しています。未来を「想像する」のではなく「創造する」をスローガンに、食品の香りや味、食感はそのままに、100%植物性由来の方法で製造されたサステイナブルな食品を製造しています。 現在はマヨネーズ、アイスクリーム、ミルクなどの製品を販売しています。 写真: NotCo これはそのマヨネーズですが、なんと、通常のマヨネーズが製造過程で194リットルもの水を消費するのに対し、ノットマヨは83%減の32.42リットルしか水を使用しません!更に通常のマヨネーズを作るのには0.4kgの二酸化炭素を生み出すのに対し、ノットマヨは37%減の0.25kgです。更に、オリジナルマヨネーズの他にも、ガーリック、スパイシー、オリーブの全部で4種類もの味で販売されています。 ミルクも通常のミルクの他にチョコレートミルク、アイスクリームもバニラ、チョコレート、クッキーアンドクリームと、味の選択肢が豊富なのも嬉しいですね! 日本でもNotCoの製品を購入できるようになる日が来るのが待ち遠しいです。 環境にも身体にも優しい製品を製造する企業が増えることは嬉しいですね。さらに、ソフトバンクという日本の大手企業もヴィーガン業界に注目しだしていることは喜ばしいことだと感じています。 これをきっかけに今後更に多くの日本企業がヴィーガンやサスティナブルな事業に関心を持ってくれることを望みます。 参考文献 https://vegconomist.com/companies-and-portraits/japans-softbank-group-to-invest-in-latin-american-plantbased-foodtech/?utm_source=mailpoet&utm_medium=email&utm_campaign=top-stories-25-02-2020