ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ヴィーガン商品"

ヴィーガン商品

,

キッコーマンからもヴィーガン商品!ヴィーガンマーク付きのコーンスープが発売中

キッコーマン株式会社より、 「デルモンテ ワン・ファミリー クリームコーンあらごしタイプ」が2020年8月20日(木)に新たに発売されました。こちらの商品は、ヴィーガン認証 *1、ハラール認証 *2、アレルゲン27品目不使用のコーンスープで、業者用ルート向けに全国にて展開されています。 *1 NPO法人ベジプロジェクトジャパンが定めるヴィーガン認定基準をクリアし、ヴィーガンマークが商品に表示されています。 *2 タイ中央イスラミック委員会(THE CENTRAL ISLAMIC COUNCIL OF THAILAND)が定めるハラール認証基準をクリアしています。 商品名にある「ONE FAMILY(ワン・ファミリー)」 このシリーズは、”現代の多種多様な食文化において、誰もがおいしく食べられるシーンをつくりたい。”という想いに基づき、「ベジタリアン対応」と「アレルゲン不使用」の2つをコア・バリューとした、業務用ルート向けのシリーズです。 あらごしのスイートコーンがたっぷりと使用されています。また、砂糖、食塩、オニオンエキスパウダー、酵母エキス、香辛料じ味付けされていていますが、動物性原料は不使用です。 本品1パックに豆乳1ℓを加えるだけでスープができる手軽さで、パッケージも「開けやすく」「捨てやすく」「常温で長期保存が可能(賞味期限 30 カ月)」な紙パックとなっているため、とても便利です。 いつか飲食店等でヴィーガンのコーンスープが飲める日が来ることが楽しみですね。 市販のコーンスープは生クリームやバター、畜肉エキス等を含む商品が多いので、簡単にヴィーガンのスープを飲めることは実は珍しいことです。そのため、今回のコーンスープは、ベジタリアンやヴィーガンの方、動物性食品を避けている方にとっても嬉しい商品です。もうすぐ肌寒くなる季節ですので、飲食店等でヴィーガンスープを見つけた際には、ぜひ心身ともに温まってくださいね! …

,

山崎製パンがヴィーガンパン発売!日本最大の製パン企業が挑むヴィーガンのバーガーと菓子パン

どこのスーパー、コンビニ、量販店でも見かける「ヤマザキ」のパンを製造・販売する日本最大、世界第二位の製パン企業、 山崎製パン株式会社 が 7月1日にヴィーガンパンを発売! *まずは一部の店舗にて。販売店は記事下部をご覧くさい。 種類は、 ベジバーガー2種 トマトソースとテリヤキソース、どちらもパティは大豆が主原料のソイパティ ヴィーガンロール2種 いちごジャム&マーガリンとチョコクリームのサンド 通常のパンは卵や乳製品が使われ、さらに普通のパティはビーフ、ポーク、チキンなど動物の肉類から作られます。しかし、今回発売のパンたちは、肉、魚介、卵、乳製品、はちみつ等、全ての動物に由来する原料が不使用という「ヴィーガン」使用です。 NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得し、ヴィーガンマークが商品に表示されています。 ヴィーガンは味気ない、質素、不味い、と思っている方にこそ食べて頂きたい、このベジバーガー。 それぞれトマトソースとテリヤキソースの他に、特製のマヨネーズも入っていて、味にパンチが効いています。もちろん、そのマヨネーズも動物原料不使用で作られたヴィーガンマヨ。ジャンクフードの代名詞でもあるハンバーガーが、ジャンクさは変えずにヴィーガンで仕上がっています。 1種類でも食べごたえあり、2種類食べると結構お腹にたまります。 パッケージも可愛らしいヴィーガンロール2種。 ヴィーガンのパンは固そうと思っている方、その期待は裏切られます。 フワフワの柔らかなロールパンに、イチゴジャムとマーガリンが絶妙なコンビネーションで、チョコレートの方はチョコレートクリーム単体で、たっぷり入っています。 普通にスーパー等で売ってあるパンは基本何かしらの動物性原料が入っているため、ヴィーガンたちはなかなかパンも食べることができません。 そのため、今回の山崎製パンさんのヴィーガン商品リリースには、たくさんのヴィーガンの方々が喜ばれるのではないでしょうか。 また、最近はSDGsが叫ばれている中、地球環境のため、動物のためにも、動物性食品の消費を減らしたいと考える人も増えています。今回のヴィーガンパンたちは、そんな方々の後押しにもなるはず。 実際、一足先に試食をしたベジプロジェクトのヴィーガンチームでは、とても好評でした。 今回のヴィーガンパンたち、まずは東京・千葉・埼玉・長野の一部の小売店・量販店・コンビニでの発売です。反響次第では取扱い店が増える可能性があるため、ぜひヴィーガンパンの発売を応援して、たくさんの方の力で盛上げていけると良いのではと思います。 販売価格は税別、ベジバーガーが160円、ヴィーガンロールが110円と、ヴィーガンは高いと思っている方をまた驚かせるお手頃価格です。 …

,

全国に広まる人気ヴィーガンチョコレート「ウシオショコラトル」

目に止まる斬新なアートのパッケージ、口に入れた瞬間溢れるリッチなココアの味、そして原料をガーナ、ベトナムなど各国から厳選して調達しているウシオショコラトル。インターナショナルで高級感がある一方、パッケージングやWEBデザインで遊び心も感じられる、そんな魅力がいっぱい詰め込まれているチョコレートは、実はヴィーガン(卵、乳製品等を含めて動物性原料不使用)でもあったのです! 今では全国に人気が広まり、31の都道府県に取扱店があります。ヴィーガンだけではなく、様々な面でエシカルなビジネス活動もしています。例えば、原料調達の透明性を重視したり、ブラジルから輸入した無農薬砂糖を使っていたり、カフェでは土に還る素材のカップやストローを使用していたりします。特に興味深いのが、「ダイレクトトレード」という、各国のカカオ農家の栽培状態や人権を考慮に入れて、直接カカオ豆を購入していることです。大手企業のチョコレートには、児童労働で収穫されたカカオを使っていたり、森林破壊に繋がるパームオイルなどを含んでいたりするチョコレートが多い一方で、ウシオショコラトルはそういった心配がない点も評価できます。 そんなウシオショコラトルの創立者の一人、中村真也氏にビジネス、エシカル消費、ヴィーガンについてインタビューをさせていただきました。 中村さんは、幼少期に犬を飼っていたことから動物との触れ合いがあり、「犬と遊んだ後に食卓でトンカツが出てきた時に、『なぜ犬や猫は家族と扱って豚や牛は食べるんだろう?』という疑問を持ち始めたそうです。それから色々な文化や宗教に触れるうちにベジタリアンの存在に出会いました。そんな時に当時務めていた店でナマコを捌いた経験が大きな影響を与えたそうです。 「無防備な心で殺した嫌な感触がモロに伝わり具合が(悪くなり)、本来は肉を食べるという事はこの思いを経ないと出来ないと思い、この思いをしたくないと思った自分には食べる資格がないと思い」動物を食べるのをやめたそうです。現在は、厳密に「ヴィーガン」といった表現をするより、ただ自分では殺せないものは食べないという哲学をもって生きているそうです。 そんな中村さんとのインタビューのハイライトがこちらです: 1)ウシオチョコラトルは何をインスピレーションに始めましたか?なぜチョコを作ろうと思ったのですか? A. シングルオリジンコーヒーが好きだったことと、VEGANに近い状況であった時にアメリカの新しいチョコレートシーンを知り、自分で何かを始めるならまだ誰もやっていないことをやりたいと考え、それとチョコレートが上手く付合したためです。 2)日本でヴィーガン商品を増やすにはどういった方法・対策がいいと思いますか?ヴィーガンをメインストリームにするにはどういう道のりが想像できますか? A. 不味かったりダサかったらお客さんも集まらないので、しっかりブランディングをすることと、大企業が着手する以外には見当もつきません。 あと、VEGANでない人を攻撃する様な雰囲気を取り払うことではないでしょうか。 3)ミルクや卵を使わないことは倫理的な理由もありますが、味やチョコレートの質との関係について教えてくれませんか? A. VEGANという縛りを利用して新しい味作りに挑戦することが楽しいです!これまである普通のミルクチョコも、研鑽を重ねたくさん作られ美味しさを安定させることに特化されていますし、美味しいです。でも僕ら新規参入者が同じことをやっても楽しくないので、これまでなかった、でも美味しいモノを考えていきたいです。 4)ウェブサイトやオンラインストアでfooチョコもみたのですが、ウシオチョコとはどういう関係でしょうか? A. 姉妹ブランドです!そちらではVEGANを敢えて推しています。 最後に、ヴィーガンを広めることに関してこんなこともおっしゃっていました: 食事ならばとにかく綺麗で美味しい、着るものなら新しくカッコイイものを創る上で『動物性のモノを使用しない』という縛りを楽しむ要素として捉えることが大事だと思い取り入れているだけす。 素敵なビジョンをもつ会社ですね!エシカルな上、世界の様々な国から集めてきた砂糖とココアしか使わない、添加剤などを加えないとても美味しいチョコでした。皆さんもご興味があれば、こちらのリンクからどうぞ!

,

高校生がSDGs文化祭でベジタリアンを紹介

 こんにちは。私は法政大学第二高等学校に通う高校生です。そして実は、昨年の7月まで1年間スウェーデンに留学していました。その時のクラスメイトの4分の1がベジタリアンで、そこでこのライフスタイルが自分の中で当たり前のものになりました。ですが、留学生活で一度「ベジタリアン」を強く意識した経験があります。 「日本に行きたいけど私が行けるか分からない」 何気なく、今度日本に来てよと言った言葉への友達の返事でした。実はその子はベジタリアンで、日本には自分が食べれる物があるか分からないと言うのです。私はその時初めて、「食」が日本に来るときの壁になっていることを知りました。その時の衝撃が今も、私が活動する原動力になっています。 前置きが長くなりましたが、今回は昨年11月に開催されたSDGs文化祭について紹介します。 SDGs文化祭は、SDGsに強い関心を持つ中学生・高校生が自らの意志で参加し、学校や学年を越えてグループを作り、アクションした結果の発表の場です。 SDGs(エスディージーズ)とは、2015年の国連サミットで採択された“2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標”です。 こう聞くとなんだか難しく聞こえますが、つまり、この世界を誰にとっても生きやすい素敵な世界にするために、国を超えて皆で協力していこう!という目標です。 このSDGsの注目すべきところは、当時国連に加盟していた193の国の全会一致で採択されたという点です。 話はSDGs文化祭に戻りますが、実はこのイベントが、私が「ベジタリアンのサポートをしたい!」と思ったきっかけなのです。 7月の最初のミーティングから全部で三回の集まりがあり、11月16日が最後の総まとめの発表の場でした。 当日は、企業の方や一般の方を含め、約100名の皆様にお越し頂きました。 朝からドキドキでマイクを持つ手が震えていたのもいい思い出です。(笑) 高校の友人たちも、試験勉強の合間を縫って来てくれました。 皆さんありがとうございます。 私は、「ちょっと優しい日本の未来~ライフスタイルの多様性~」というタイトルでポスター発表とワークショップを行いました。 ポスター発表では、「日本にはベジタリアンやヴィーガンに対して壁がある。」をテーマとして取り上げ、その問題点やそれに対して自分が取り組んできたことを中心に発表しました。 「ベジタリアン」 今の日本には、この言葉に一歩距離をおいてしまう人がいるのも事実です。 私は参加者の方々が自分ごとにしやすいよう、“東京2020”や“だし文化”等、身近に感じやすいキーワードを出しながら話すことを心がけました。 またワークショップでは、ヴィーガン菓子の試食やヴィーガンマークが付いている商品を手に取ってもらい、実際の体験による発見を大切にしました。 「麩のように乳製品が入ってないように見える商品でも、原材料表記が読めない外国人の方等にとっては分からないんです。だからマークは大切なんですよ」。 山形屋さんの仙台麩を紹介すると、皆さんから「確かにー!」という声が上がりました。 ワークショップを行うのは初めてだったのですが、参加者の方のリアクションや意見を直に聞けたのが自分にとって良い刺激になりました。 ブースに来てくださった方々は、仕事でベジタリアンが多い国によく行く人やベジタリアンという名前だけ聞いたことがある人、本当に様々でした。 …

,

もう手間はいらない!手軽に「発芽玄米」が食べられる商品

農薬・化学肥料を使わないお米の栽培にこだわった有機農園ファーミン株式会社の「発芽玄米を炊いたごはん」の紹介です。 胚芽の大きい金のいぶきと黒米を合わせて炊き上げた、レトルトパウチのごはんです。玄米は発芽させるとより栄養成分が増えるそうで、食物繊維やビタミンEなどが豊富に含まれています。 お米自体はもちろんヴィーガンOKですが、加工品となると純粋なお米なのか動物由来のものが入っているか、不安だという声もあります。 そういった声に応えて、またヴィーガンという言葉を世に広めるために、さらにヴィーガンの活動を応援するために、ファーミンさんはNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証マークを使われることにされました。 環境に対する配慮はお米作りだけでなく梱包の面でも表れています。以前は2パックにつき一箱でしたが、現在は10パック一箱となりました。 湯せん又は電子レンジで袋のまま温めていただきます。袋のまま温めることが気になる方は、レンジ対応のお茶わんに移し蓋をして温めるのもOK。そのようにしても美味しく出来上がりました。 温めて封を開けた瞬間、お赤飯のようなやさしい香りがふわっと広がりました。 玄米はパサパサして食べにくさを感じることもありますが、このお米はとてもモチモチしています。発芽した部分もプチプチした歯応えでそこもまた心地よいです。噛めば噛むほど甘みと香ばしさが広がって、どんどん箸が進みました。 納豆や味噌汁との相性もばっちりでした。次は野菜たっぷりのスパイスカレーと合わせてみたいです。 美味しく食べて栄養をたっぷり摂れるのは嬉しいですね。体の内側からじわじわ元気が湧いてくるのを感じました。 有機農園ファーミンさん、素晴らしい商品をありがとうございます! 商品商法や購入は有機農園ファーミンの公式サイトから: https://farmin.jp/pages/common/hatugagenmaihanbai.html

,

セブンイレブンでヴィーガンパスタが販売中

飲食店や通販ではベジタリアン、ヴィーガンの選択肢が少しずつ増えてきたと思います。それでも、忙しい時や外出時に、ヴィーガン対応の飲食店や商品を見つけることは難しいのが現実。そんなとき「コンビニにヴィーガンの食べ物があれば…!」と望んだことのあるベジタリアン・ヴィーガンは多いのではないでしょうか。 2019年10月、セブンイレブンはこの願いに応えてくれました! 都内9店舗で販売されているこの商品、10月上旬には発売が開始されましたが、実は当時はハラールのマークのみが付いていました。 せっかくならヴィーガンマークが付いている商品を発見したいと、何度も浅草の雷門前のセブンイレブンを訪れました。 そしてようやく見つけました! 冷凍食品コーナーに他のハラール対応シリーズとともに並べられています。 プライスカードには「HALALベジタブルペンネ」と記載がありますが、商品にヴィーガンマークがこっそりついているように、ヴィーガン対応です。 このマークはNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証マークで、原材料の全てが動物に由来していないこと、動物実験が行われていないこと等を証明しています。 ベジタブルペンネは、ナスやズッキーニ、トマトなど6種類の野菜を使ったトマトソース仕立てのペンネです。冷凍のまま電子レンジで加熱することで手軽に食べることができます。 ベジタリアン・ヴィーガンの消費者はもちろん安心して食べることが出来ますが、ベジタリアンではない人がが食べても満足できる美味しい味付けです。 現在このベジタブルペンネは、都内江戸川区、台東区、豊島区、千代田区にある9店舗において販売されていますが、売れ行きがよければ、全国にも広がるかも!? 日本でもこういった商品が増えて、ベジタリアン・ヴィーガンの選択肢が身近なものになると良いですね! 実はオンラインでも購入可能です。販売中のセブンイレブンに訪問が難しい方はRoyal Deliの通販から。http://www.shoproyal.jp/shop/g/g101941/ 【販売中のセブンイレブン店舗】 浅草雷門前 〒111-0034 東京都台東区雷門2-18-7 03-5828-6072 豊島南大塚3丁目 〒170-0005 東京都豊島区南大塚3-2-11 03-5396-6770 秋葉原駅北 〒101-0022 東京都千代田区神田練堀町3-3 03-3252-5885 江戸川西葛西7丁目 〒134-0088 東京都江戸川区西葛西7-15-15 03-3804-5058 江戸川清新プラザ 〒134-0087 …

,

ゆうちょでヴィーガン商品がもらえる!

夏が始まりましたね! 今年もゆうちょ銀行に定額貯金または定期貯金をすると、ギフトがもらえるキャンペーンが始まっています。 東京都内の郵便局またはゆうちょ銀行でこのキャンペーンを利用すればもらえるギフトの1つが ヴィーガン対応の商品です! 原材料は、、、 動物性の原材料は入っていません!   「ゆうちょDEありがとうキャンペーン」は、 決められた期間に、新規で50万円以上を定額貯金または定期貯金することで、ギフトがもらえるというもの。 この金の冷やし中華がもらえるのは、7月14日まで! 東京都内の郵便局、ゆうちょ銀行限定です。 こんな感じで、生活の中に普通にヴィーガンチョイスが増えていくといいなぁと思っています。 定額または定期預金を考えている方はぜひご利用くださいね!