ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ヴィーガン日本酒"

ヴィーガン日本酒

,

宮崎県唯一の清酒専門蔵、千徳酒造のヴィーガン酒「さらさらにごり酒」

南国の地で銘酒を造る「千徳酒造」 宮崎県唯一の清酒専門蔵である千徳酒造株式会社。その創業は明治36年、海・山・川の自然の宝庫といわれる宮崎県延岡市の歴史ある酒蔵です。 千徳酒造は、100年以上の伝統と技術を引き継ぎ、地元の原材料にこだわった日本酒を造られています。お米は宮崎県内各地で栽培されている酒造好適米「山田錦」「はなかぐら」、国産のうるち米を使用。仕込み水は、日本神話の町として知られる高千穂を水源とする清流五ヶ瀬川の伏流水を使用しています。 また、酒蔵を代表するお酒「大吟醸 千徳」や「純米大吟醸 蔵人の夢」は「全国新酒鑑評会」「全米日本酒歓評会」で金賞に輝くなど、国内外でも注目されている酒蔵です。他にも数多くの賞を受賞されており、杜氏の門田賢士氏を筆頭に『飲み手に旨いと言って貰えるお酒』造りに日々励まれています。 ヴィーガンの日本酒って? 近年、世界的にヴィーガンへの関心が高まっており、ヴィーガン対応のお酒も増えてきています。今回は、千徳酒造がNPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得した「さらさらにごり酒」をご紹介します。 「日本酒って、どれもヴィーガンじゃないの?」と思われる方もいますよね。たしかに、日本酒の主な原材料は米・米麴・水。しかし、お酒造りの「滓下げ(おりさげ)」と呼ばれる、お酒のにごりを取り除く工程で動物由来の材料が使用されることがあるのです。 ヴィーガン認証を取得したお酒は、原材料だけでなく、製造過程でも動物性原材料が使われていません。 「さらさらにごり酒」はヴィーガンの方以外にも、日本酒が好きな20歳以上の全ての方に楽しんでいただける飲みやすいお酒です。日本酒好きはもちろん、あまり飲み慣れていない方もぜひ一度お試しください。 「さらさらにごり酒」ってどんなお酒? おしゃれなブルーボトルが目を引く「さらさらにごり酒」、どんなお酒なのでしょうか。にごり酒というと、ドロっとしていてアルコール度数が高いのでは?と思われるかもしれません。しかし、こちらの「さらさらにごり酒」は名前のとおり、さらりとした飲みやすいにごり酒に仕上がっています。アルコール度数は12度と、一般的なにごり酒より低アルコール。 また、300ml(税込450円)と気軽に楽しめる小さめサイズも嬉しいポイントです。 日本酒大好きな筆者が試飲してみたところ、第一印象はとても飲みやすい!と感じました。甘口でフルーティー、そしてフレッシュな味わい。 甘ったるさが全くないので、グビグビと飲めてしまいます。また、米の旨味がしっかりと味わえ、甘味と酸味のバランスの良いお酒。冷やして飲むと、すっきりとした味わいがさらに際立ちます。 爽やかな後味で、こってりしたお料理にも、さっぱりしたお料理にも合わせて楽しみたいお酒です。日本酒初心者や若い方、女性、お酒が苦手な方にもおすすめ。ちょっとしたプレゼントにも素敵ですね。 公式オンラインショップから全国発送されていますので、ぜひご自宅の晩酌にいかがでしょうか。 【企業情報】千徳酒造株式会社所在地:〒882-0841 宮崎県延岡市大瀬町2-1-8TEL:0982-32-2024FAX:0982-32-2169 公式HP:http://www.sentoku.comInstagram:https://www.instagram.com/nobeoka_sentoku/?hl=ja 【商品お取り扱い】 公式オンラインショップ:http://www.sentoku.com/shopping.html 【関連記事】・ヴィーガンのお酒 ~八戸酒造の“陸奥八仙 特別純米”~・ヴィーガン日本酒・焼酎「流觴」福島県只見町の焼酎メーカーの輸出に向けた挑戦・江戸時代から続く歴史ある酒造の焼酎「極楽」にヴィーガンの価値・“酒一筋”の蔵元「利守酒造」が造るヴィーガンの日本酒・チーム鳥取7つの酒造からヴィーガン日本酒・ヴィーガン認証を世界で初めて取得した日本酒、南部美人

,

ヴィーガン日本酒・焼酎「流觴」福島県只見町の焼酎メーカーの輸出に向けた挑戦

香港への輸出限定で販売されている日本酒と焼酎「雪龍-Snow Dragon-」は、福島県只見町のねっか合同会社とhaco style 合同会社が合同で手掛ける「流觴プジェクト」の第一弾の商品です。ベジプロジェクトのヴィーガン認証を取得。ブナ林と田園に囲まれた自然豊かな地で、こだわり抜いて作られた雪龍に迫ります。

,

“酒一筋”の蔵元「利守酒造」が造るヴィーガンの日本酒

1868年創業の岡山県赤磐市に位置する利守酒造(としもりしゅぞう)が日本酒にヴィーガン認証を取得されました。利守酒造は、”まぼろしの米”とまで言われていた「雄町米(おまちまい)」を試行錯誤の末に復活させ、「本物のお酒」を造ることに注力されています。

,

チーム鳥取7つの酒造からヴィーガン日本酒

鳥取県内の7つの酒造会社が「チーム鳥取・インド輸出蔵元会」を結成し、各社の日本酒計11種にヴィーガン認証を取得されました。
このようにチームでヴィーガン認証を取得されることは全国初の例で、人口の約3割がベジタリアンだと言われているインドへの輸出拡大を目的にされているそうです。

,

1789年創業の宮城県加美町の蔵元、田中酒造店のヴィーガン日本酒7種

230年以上の歴史を持つ蔵元、株式会社田中酒造店(宮城県加美町)が日本酒7種にヴィーガン認証を取得。昔ながらの製法にこだわり、お酒の原料には地元宮城県産の米と奥羽山系の伏流水が使用されています。酒造りを行う職人は地元の恵みを知り尽くした東北出身の人々で、毎年の気候の変化を感じ取りながら最高の地酒が造られています。