ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ベジレス"

ベジレス

,

あの京のカレーうどん屋さんにベジ対応メニューがたくさん!

京のカレーうどんで大変有名な味味香さん。八坂神社のすぐ隣という好立地に加え、他では味わえないコクのあるそしてボリューミーなうどん等が人気で、いつも賑わいを見せているお店です。 外見はこのような感じ。オレンジ色ののれんが目印です。ガラスには、これまで訪れた著名人の写真も飾られています。 そんなお店に、たくさんのヴィーガン(肉、魚、卵、乳、蜂蜜を使わない)対応のベジメニューがあるのです。 こちらは、野菜かき揚げカレー丼と、野菜かき揚げうどん。野菜かき揚げが美味しそうで、丼もうどんもどちらも野菜かき揚げ付きを。 カレー出汁は、動物性の原料が何も使われていないというのに、とてもコクのある出汁!美味しくて、ついつい最後まで飲んでしまいました。 サクサク、ザクザクの野菜かき揚げも期待を裏切りません。食べごたえ最高です。ぜひこれは召し上がって頂きたい一品。 四種類の七味が用意されていて、味の変化を楽しむこともできます。 味味香さんとベジタリアン対応の関係について伺ってみました。 味味香さんが、ベジタリアン(その中でも肉、魚、卵、乳、蜂蜜を使わないヴィーガンレベル)対応を始められたのは、ある6人の外国人グループの来店がきっかけでした。 そのグループの中には2人のヴィーガンがいて、彼らが出汁に魚が使われているので出汁を醤油に変えてお食事を提供してほしいとお願いしてきたのだそうです。 店主の平岡さんは、「うどんをお醤油で提供しても満足のいくお料理は提供できない、ましてそれでお金はとれない。」とお伝えし、「時間はかかるけれども、少し待ってもらえますか。」と、昆布出汁を即興で作り、ヴィーガン対応のうどんを提供されました。 「せっかく遠くから京都に来てくれているのだから、美味しいお料理でおもてなしをしたい、楽しんでもらいたい」 という一心だったそうです。 それを機にここ1,2年の間、ベジタリアン需要の増加に気が付いて来られました。 最初は、外国人対応、という位置づけで始めたベジメニュー。しかし、その後調べていくうちにベジタリアン食が地球に優しい食ということも知り始めました。さらに、長年のファンであるビートルズのポールマッカートニーもベジタリアンで、「週に1日はお肉なしの日を」というMeat Free Monday(ミートフリーマンデー)という活動を行っていることを知り、ベジタリアン対応への意味を掘り下げていくことになりました。 (ポールがなぜミートフリーマンデーをしているのか、興味のある方は、ベジプロジェクトとARCがポールに行ったインタビュー(日本語字幕付き)動画から!) そんな中、ある時京都ベジマップ作製委員会のメンバーに出会い、「協力せなあかん」と思われ、ベジメニュー開発に日々取り組まれることになりました。 実際にベジメニューを導入された反響を伺ったところ、「こちらが恐縮するほど喜んでくれるお客さんもいる。」という回答を頂きました。 ベジタリアンチョイスがまだ少ない日本で、そのチョイスを見つけられて、それがとっても美味しいこと、これはもう喜びにならないはずはないですよね! ではどんなメニューがあるのかというと うどん、丼、そしてラーメンまで! そしてベジメニューの数は増え続けています。 …

,

週末は予約必須!自由が丘にある美しすぎるVeganレストラン l’atelier de maison de canpagne+Vegnique

『世界中の人に”ヴィーガニック”を知ってほしい』   今年10月、Vegan×Orgnic×macrobioticをテーマにオープンしたl’atelier de maison de canpagne+vegnique(ラトリエ・ドゥ・メゾン・ドゥ・カンパーニュ+ヴィーガニック)。 誰とでも洗練されたイタリアンVegan料理を食べられるレストランとして、注目が集まっている。 中でも特におすすめなのはヴェジコース。 アンティパストAコースとヴェジラザニアBコースを両方いただける上にスイーツとドリンクまでつく欲張りコースだ。   アンティパスト。 まるで 野菜で美しいパレットを描いたよう。素材そのものの味を楽しめる。   ミネストローネ。 野菜の出汁がしっかりと出ていてなんとも言えない味わい深さがある。   ラザニア。 生地とクリームが絡まり、濃厚で食べごたえがある。 マスタードのきいたじゃがいもも美味。   レモンと生姜のガトー・ウィークエンド&エルダーフラワーコーディアル。 植物性の素材だけで作ったとは思えない濃厚な味付け。 …

,

女子会はここで決まり!アクセス良しのおしゃれVeganbar・KiboKo

「ベジタリアンを知らない女性にこそ、来てほしい。」 そう語るのは、オーナーの沼波さん。 今年4月、新宿三丁目にオープンした「KiboKo」はヴィーガン(ベジタリアン)食を出すレストランバーだ。 ※ヴィーガン食とは、肉や魚を食べないベジタリアンのなかでも、卵や乳製品といった動物性の食品も使用しない食事のこと。 (写真:パクチー餃子-800円) 中でも、お客の心を掴んで離さない人気の料理は「パクチー餃子」。もっちりパリッと焼き上げた皮の中からジュワッと溢れ出る餡、そして口のなかに広がるパクチーの香りは、餃子好きはもちろんパクチー好きにはたまらない一品だ。 . (写真:スパニッシュオムレツ-800円) (写真:トリッパ風トマト煮込み-700円 赤ワイン600円~) (写真:トマト・アボカド・茄子のタルタルサラダ-800円) (季節のポタージュ(ビーツ)-300円). 「スパニッシュオムレツ」、「トリッパ風トマト煮込み」また、「トマト・アボカド・茄子のタルタルサラダ」も、注文の多いメニューだ。 これからの季節にはポタージュも頼んでみたい。 . .もちろん、女子の好きなスイーツもヴィーガンかつ小麦粉を使わないものが用意されている。 (写真 「Daughter Bouteque 」の黒イチジクとカカオニブのマフィン-500円)   さらに、ワインバーと称されるだけあり、ドリンクのメニューはワインが豊富だ。どれもオーガニックワインで、添加物を一切使用されていない二日酔い知らずのワインだと言う。お酒好きの強い味方である。1グラス600円~ボトルも注文でき、手頃な価格から選べるのも嬉しい。お酒が飲めない人には、無農薬の野草茶や、紅茶、ジュースが用意されている。 . (写真:オーナー 沼波氏) 「仕事が終わってへとへとの中、料理を作れずコンビニ弁当で済ませてしまう友人を何人も見てきました。 毎日そうだと体を壊してしまわないか心配で。少しでも、彼女たちのような人の体を労りながら、でも美味しく、楽しく気分転換できる場所にしたい。」 …