ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ジャパンヘルスラボ"

ジャパンヘルスラボ

,

今注目のウコン。無農薬栽培で沖縄県産の「日本鬱金」はいかが

カレー作りなどスパイスとしても使われるウコン。ターメリックとも呼ばれます。 ウコンは、江戸時代には八代将軍の徳川吉宗が優れた薬効を認め奨励した歴史もあります。また、蘭学医である平賀源内の博物学書「物類品隲(ぶつるいひんしつ)』で健康と美容に良い植物として紹介され、江戸庶民の人気を集めていたようです。 そんなウコンですが、新型コロナウイルスの影響もあり急速に需要が高まっています。沖縄県のウコンの輸出量は過去最多、前年の4倍という数字も。免疫力アップや殺菌、抗ウイルス効果があることから、サプリメントとしても健康志向の方からウコンの効能に期待する方までたくさんの方が手に取るようになりました。 今回はそんなウコンの中でも、無農薬栽培の沖縄県産ウコンを100%使用した、株式会社ジャパンヘルスラボの「日本鬱金」をご紹介します。 日本鬱金(ニホンウコン)の注目点 1.国産100%の無農薬ウコンを使用 まず、日本鬱金の特徴として挙げられるのが、無農薬で栽培された日本産(沖縄本島北部やんばる産)のウコンを100%使用していることです。 コンビニなどでよく目にするウコン商品は、原材料となるウコンが日本産ではなく、中国産やインド産など海外のウコンを使用している場合が多いです。一方、日本鬱金は沖縄県で作られたウコンのみを使用しています。 2.春ウコンと秋ウコンを理想的なバランスで配合 また、日本鬱金は2種類の沖縄ウコン「春ウコン」と「秋ウコン」を理想的なバランス「50:50」で配合しています。 春ウコンには100種類以上の精油成分が含まれ、カルシウム、カリウム、鉄、マグネシウム、リン、ビタミンBなどを豊富に含んでいます。秋ウコンにはクルクミンが豊富に含まれており、二日酔い対策などに効果があるとされています。日本では二日酔いに効くというイメージが強いウコンですが、このクルクミンの効能によるものです。 この春ウコンと秋ウコンが同じ量バランス良く配合された商品、それが日本鬱金です。 3.北陸の最新製薬工場で製造 日本鬱金は製造場所も日本です。薬都である富山県にある最新製造工場で、徹底した品質管理のもとに製造されています。製造メーカーであるジャパンヘルスラボは、日本のウコンのスペシャリストとして最高の品質を常に求め続けているということです。 沖縄産ウコンが選ばれた理由 ウコンは亜熱帯植物でショウガ科に属する多年草です。日本国内では主に沖縄、屋久島、奄美大島、種子島、石垣島、鹿児島などで栽培されています。ウコンの生育には、強力な太陽エネルギーと肥沃な土壌が必要とされ、「太陽と大地のエネルギーの結晶」がウコンとまで言われています。強烈な太陽と肥沃な大地が広がる沖縄は、薬効品質の高いウコンを育てる上で適した土地だと言えるのです。 「日本鬱金」”ウコン”の漢字の由来について 「鬱金」の原義は「鮮やかな黄色」。現在では「鬱(うつ)」というネガティブなイメージを持つ方も多いと思いますが、「鬱」には草木が茂る、盛んなさまなどの意味があります。 そんなウコンは、「鬱金」という漢名で、中国から渡来しました。 その名前が日本で最初に見られたのは、平安時代に書かれた日本最古の薬学辞典と言われる 「本草和名」(918 年)です。 「日本鬱金」は、ウコンという和名を使わず、敢えて、中国から日本に渡ってきた時の漢名「鬱金」を使用しております。 ヴィーガン認証取得のサプリ …