「ときめきを、ゆったりと愛でる時間。」をコンセプトとするカフェ、「お茶とお花とモンブラン プランツ」。

こちらのカフェは大阪、阪急茨木市駅より徒歩4分の所にあります。

店内は天井一面にドライフラワーが飾られていて、お茶やスイーツをゆっくりと丁寧に味わうことができる空間にしつらわれています。提供されるメニューにも季節のフルーツが色とりどりに使われていたり、エディブルフラワーが添えられていたり、見ているだけで心が踊るときめく要素が散りばめられています。

ヴィーガン・グルテンフリーへの移行

お茶とお花とモンブラン プランツは2021年8月にお店の全メニューをヴィーガンかつグルテンフリー、てんさい糖・きび糖使用へと完全移行されました。

そのきっかけは新型コロナウイルスの流行の影響があったそうです。

店主は感染症流行の中、お店存続の危機に直面し、これからの自身のお店の在り方について深く考えられました。

「飲食店は10年、20年とこの先長く必要とされて続けていくこと」が成功であり、そのためには「誰もが喜ぶ食」を提供することが大切だと考え、ヴィーガンに舵を切ることを決意されました。

「愛でる、パルフェ」1,200円

ヴィーガンも、ヴィーガンでない人も、誰も嫌な思いをせず“美味しい”と感じてハッピーなひとときを
関わる全ての人の幸せを考えた店主のお考えは、とても素敵ですね。

またこちらのカフェは、NPO法人ベジプロジェクトジャパンヴィーガン認証を取得されています。原材料全てにおいて動物性原料は不使用であることを丁寧に確認され、ヴィーガン対応に対する真剣さ、真摯さを大切にされています。

想いの詰まったメニュー

そのような想いが詰まったメニューはどれも魅力的なものばかりです。

店名にある通り、こちらのお店ではヴィーガンかつグルテンフリーのモンブランを提供されています。

和栗のモンブラン 500円

絞りたてのモンブランを楽しむことができます。

不定期にフレーバーの変更もあるため、飽きることなく様々な味を楽しむことができることも嬉しいポイントではないでしょうか。

季節限定のモンブラン 550円~

モンブランの他にもパフェや焼き菓子などのスイーもがあります。パフェに関しても期間限定メニューが用意されています。詳しい情報は、お店のInstagramアカウントをご覧ください。

更にスイーツに合わせて、宇治通圓の日本茶や芦屋uffuの紅茶、FIST BUMP COFFEE ROASTERYのオリジナルブレンドコーヒーなど各専門店のこだわりのドリンクや、季節限定のスイートドリンクなどを楽しむことができます。

また、スイーツに限らず、13時までは野菜、豆類を中心としたボリューミーなランチメニューも提供されています。こちらも華やか。

森のブッタボウル 1,200円 (スープ付き)
畑のパスタ 1,300円(スープ・サラダ付き)

ランチメニューも、お料理が「美味しい」ことは大前提で、ヴィーガンであってもボリュームがあって味わいも濃厚なものを提供したいというお店のこだわりが表現されています。
誰もが喜ぶ食を提供したいと考えるお店だからこそ、ヴィーガンの方もそうでない方も満足することができるメニュー作りをされています。

また、お茶とお花とモンブラン プランツのスイーツは、instagramアカウント@medelumarketのフォロワーさん限定で「MEDELU MARKET メデルマーケット」にてオンライン購入することも可能です。
ご来店が難しい方はこちらもぜひご覧ください。

【店舗情報】

店名:お茶とお花とモンブラン プランツ
所在地:大阪府茨木市双葉町15-22
営業時間:水〜土 11:00-16:00
定休日:日月火(不定休あり)
詳しい営業日についてはインスタグラムをご覧ください。
TEL:なし
備考:テイクアウトOK
HP:https://ocha-ohana.com
INSTAGRAM:https://www.instagram.com/ocha.ohana.montblanc.plants/

【関連記事】
大阪のヴィーガンカフェ・レストラン:
ヘルシーで満足感もたっぷり!大阪・福島のブッダボウルのお店 an39(アンサンク)
こんなお店に出会いたかった!「有機茶屋あじゃり」
「Veganのイメージを払拭したい」パプリカ食堂ヴィーガンのオーナーの思い
ベジタリアンも楽しめるビーガンお寿司

* 必須項目です

https://vegeproject.org/
https://vegemap.org/
https://vegeproject.org/tokyovegemap_kyotovegemap/
https://www.rakuten.co.jp/rocoya-plaza/