※22年4月23日、行松旭松堂がヴィーガンをテーマにしたオンライン講座を開催します。
行松旭松堂が販売するヴィーガンの和菓子を店舗またはオンラインにて購入された方に講座のご案内が届きます。

ーーーーー

石川県小松市の城下町にある「行松旭松堂」(ゆきまつきょくしょうどう)は、天保8年(1837年)創業の老舗和菓子屋です。
現在の店主はなんと7代目でいらっしゃいます。

そんな伝統のある老舗和菓子屋が、現在まさに進行中の気候危機(※)に対して少しでも解決に向けた取り組みができないかと考え、「BETTER CHOICE」プロジェクトを開始されました。
(※)気候危機:地球温暖化による気候変動が世界各地にもたらす様々な壊滅的影響のこと。

その取り組みの第一弾が、ヴィーガンの羊羹(ようかん)「MADONNA」と「美人伝説」の発売です。

行松旭松堂の紋章

羊羹であれば、もともと卵や乳製品など動物性原料が使われずヴィーガン対応の商品なのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、羊羹にもゼラチンやはちみつ、動物に由来することもあるグリシン等が使用されることもあります。また、原材料の砂糖には加工過程に動物の骨に由来する材料が使用されたり、着色料に動物性由来のものが使用されたりする場合もあり、ヴィーガンの人の中にはそれらが使用されていない商品を求める方もいらっしゃいます。

その点、行松旭松堂の羊羹「MADONNA」と「美人伝説」には動物性原料だけではなく、骨炭が使用された砂糖も使用されていません。

さらに、地球の未来に想いを寄せ地球環境問題に向き合うようになった店主の娘さんがヴィーガンという価値にこだわり、ヴィーガンの商品を作るよう店主であるお父様に懇願して生まれた羊羹です。

NPO法人べジプロジェクトジャパンヴィーガン認証を取得されています。

この記事では、地球の未来を想って作られたヴィーガン羊羹「MADONNA」と「美人伝説」を紹介していきます。

ドライフルーツやナッツがたっぷり練り込まれたヴィーガン羊羹

MADONNA

12月、1月限定で販売されている「MADONNA」の中には、大ぶりで甘味たっぷりのデーツとカシューナッツが練り込まれているため、食感を思う存分に楽しむことができます。

デーツは、世界三大美人と言われるクレオパトラも愛したというスーパーフード。
ベースの羊羹は黒糖で作られていて、デーツとの相性が抜群です。

店頭販売の様子

MADONNAは、2022年の御勅題(おちょくだい)「」にちなんで作られた「御勅題菓子」です。

新年には人々が宮中に集まり、共通の題で短歌を詠みあう新年の伝統行事「歌会始(うたかいはじめ)」が行われます。そこでは、天皇陛下が翌年の歌会始の題として御勅題をお出しになります。

それに対して御勅題菓子は、短歌ではなく和菓子で御題が表現されたもので、その年ごとに和菓子屋が意匠を凝らして作るオリジナルな商品なのです。

ヴィーガン和菓子として地球の未来を想って作られたMADONNAはまさに、行松旭松堂ならではの逸品だと言えます。

店頭でもオンラインショップ上でもお買い求めいただけます。

美人伝説

美人伝説」は、国産のドライいちじくと地元産のくるみがたっぷり練り込まれた、「美」のパワーたっぷりの贅沢な黒糖ベースのプレミアム羊羹です。

いちじくは古代ローマでは不老不死の果物とされ、トルコでは聖なる果実として愛されてきました。
さらに、くるみは紀元前7000年頃からの人々の貴重な栄養源でもあり、このように美人伝説にはアンチエイジングパワーが沢山詰まっています。

いちじくには食感も香りも素晴らしいものが使われているそうですが、それにも負けないくらい美味しい地元産くるみが合わせられています。

こちらの商品も、店頭でもオンラインショップ上でもお買い求めいただけます。

店頭販売の様子

美人伝説は、従来あった商品をヴィーガンとして改めて作り直されたものだそうですが、MADONNA含め羊羹をヴィーガンとして作るに当たって行松旭松堂は次のようにコメントされています。

作っていて和菓子ともう一度向き合った時、地球を想うものを作ることは、わたしたちのからだを想うことになる、からだにとっても優しい和菓子になることをあらためて気づきました。

和菓子に触れて長年経ちますが、まだまだたくさん勉強させていただくことが多いです。いろんな方に本当に楽しんでいただける、そんな和菓子を作っていけるよう精進してまいります。

(行松旭松堂より)

地球の未来のために「BETTER CHOICE」を

地球の未来を考える「BETTER CHOICE」というプロジェクトの第一弾として、ヴィーガン羊羹「MADONNA」と「美人伝説」を発売された行松旭松堂。

その想いはどのようなものだったのでしょうか?

「コロナ禍を通して、さまざまなことを見直す時間がたくさん貰えた」のだとか。

そんな見直しの時間に行松旭松堂が考えたこと、それは「地球と未来を本当に守る」ことの重要性をメッセージとして伝えていくこと。

地球や未来の多くの笑顔のことを考えた時、和菓子屋として「食」を扱うお店として、人を、全ての生き物を、そして地球をも想うヴィーガンフードとしての和菓子を作ってゆくことに決めたのだそうです。

さらに、行松旭松堂による以下の文章からも、その真剣な考えが伺えます。

「BETTER CHOICE」のスタートのお話です。

近年、日本を襲う異常気象と呼ばれる、豪雨や熱波、巨大な台風。大事なあの人が住んでいる地域は大丈夫だろうか、そう気がかりになり連絡することも増えたのではないでしょうか。

これは日本だけで起こっていることではありません。アジア各地で起こる豪雨災害で数えきれない人たちが家や大切な人を失い、オーストラリアでも大規模な山火事があり、動物たちが大火傷をしている映像は記憶に新しいですね。

このようないわゆる「異常気象」と表現されるようなことは、パズルの1ピースに過ぎません。これらは「気候危機」(地球温暖化の問題)という大きな枠組みの中で起こっていることなんです。

地球の温度が上昇することで、こんなにも身近に危機が迫っていること、気づいていましたか。
地球の平均気温が上がることは、南極や北極の氷が溶けて海面が上昇するということにとどまらないのです(もっと知りたい方はこちらの資料を。https://350jp.org/lists/)。

地球は、一つしかありません。

そしてその地球を守る重要な時期が長く見てここ10年と言われています。科学者が予想していたよりも、地球の変化は急速にすすんでいます。

私たちが未来を守れるかどうかは、「今」この瞬間にかかっています。

わたしたちは、小さな小さな和菓子屋ですが、地球で過ごす豊かな未来をつくるために考えていこう、チャレンジしていこう、そう思っています。
みんなが心穏やかに幸せに地球で暮らす未来のためのプロジェクト、「BETTER CHOICE」見守っていただけたらと思います。

行松旭松堂の大切なお客様にとって、何か心に気づきが発見があるようなお店でありますよう精進いたします。

(行松旭松堂より)

このコメントだけでも、ひしひしと地球に向き合うその本気さが伝わってくるのではないでしょうか。
今回のヴィーガン羊羹は「BETTER CHOICE」プロジェクトの第一弾。今後の展開にも期待が高まります。

「MADONNA」と「美人伝説」は、情熱を内にはらみながらも、温かく優しい想いのつまったヴィーガンの和菓子です。是非お試しください。

<店舗情報>
行松旭松堂(ゆきまつきょくしょうどう)
営業時間:9時〜17時
定休日:火曜、日曜
住所:〒923-0918 石川県小松市京町39-2
TEL:0761-22-3000
FAX:0761-22-5073
公式HP(オンラインショップ):https://yukimatsu-7.com/
Instagram:https://instagram.com/yukimatsu_7daime/

<ヴィーガンお菓子に関する記事>
可愛らしいヴィーガンスイーツが作れる!ヴィーガン対応の「極上白こしあん」
ヴィーガンスイーツ誕生!お豆腐のおやつ プリンと杏仁豆腐
ヴィーガン&小麦不使用※のおしゃれなケーキがメロディアンから発売!
9月1日!ヴィーガンスナック「大豆習慣 SOY食健美」から塩あずき豆が新発売
カンロ飴シリーズに仲間入りの「塩カンロ飴」もヴィーガン!二つの美味しさの比較
グルテンフリー&ノンフライ!健康を意識した大豆チップスがリニューアルして登場!

* 必須項目です

https://vegeproject.org/
https://vegemap.org/
https://vegeproject.org/tokyovegemap_kyotovegemap/
https://www.rakuten.co.jp/rocoya-plaza/