ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "畜産"

畜産

,

気候科学における畜産の影響度

昨今、気候変動は世界的な問題になっており、直近ではオーストラリアの森林火災が生態系や人の生活環境に深刻なダメージを与えています。これに関して科学者の間で、地球の平均気温が産業革命以降から換算して摂氏3°上昇した世界ではオーストラリア見られるような大規模火災は常態化すると言われています。 日本でも昨年は台風災害が頻発しました。これは気温上昇によって、今までなら赤道近くで発生して日本に到達するときには縮小していた台風が、本土に到達してもなお勢力を維持するようになったことが原因と推測されています。 こうした状況から、昨年のGreta Thunberg氏を中心とする若者から始まった気候変動マーチなど、市民レベルでも問題を解決しなければならないという動きが広がっています。 このように気候変動が世界的な問題となる中で、その原因の一つとして畜産業も槍玉に挙げられています。それに関する科学的議論を紹介する前に、まず温室効果ガスと気候変動の関係について紹介します。 温室効果ガスと気候変動 まずはじめに、気温上昇の原因は人間活動の技術的発展による温室効果ガス排出量の増加であることは近年の研究でほとんど自明のものとなっています。温室効果ガスは太陽からの熱エネルギーを透過する性質がありますが、同時に地球から反射する熱エネルギーである赤外線を吸収し、再び地球表面に戻してしまう性質があります。 本来ならそれが地球を保温する効果を持ち、生物が生存可能な環境を維持しますが、多くなりすぎると地球に過剰に熱を溜め込んでしまいます。現在では人間の産業活動における化石燃料利用が温室効果ガスの増大を引き起こしていると言われており、科学研究においてもそれは証明されています。 畜産の温室効果ガス排出 ただ温室効果ガス増加の原因は、化石燃料だけではありません。そこで化石燃料以外の温室効果ガス排出の原因になっているものの一つとして、家畜動物の生命活動および、それらを育てるための森林資源の消費や破壊があります。畜産業において主に飼料生産の過程で化石燃料利用が行われますが、化石燃料が関わらないところでも温室効果ガスを多く排出しています。 この点で畜産業における温室効果ガス排出は、化石燃料を他のエネルギー資源に変えることで解決するものではありません。そのため畜産産業は石油産業とは独立した温室効果ガス排出の原因の一つとして挙げることができます。 実際、畜産業はどれくらい温室効果ガスを排出しているのでしょうか。それに関してFAO(国連食糧農業機関)が調査しており、その報告によると畜産業に関連する温室効果ガス排出量は、あらゆる産業を合算した全温室効果ガス全体の14.5%に及ぶと推測されています(Gerber et al., 2013)。 この数字はライフサイクルアセスメントという、製品が生産段階から流通、消費者までに届く過程における環境負荷を定量的に評価する手法によって算出されています。14.5%という数字は現在世界的にゼロ炭素社会を目指す潮流において、無視できない影響度を持っていると考えられます。 こうした調査報告は、FAOだけではなくIPCC(気候変動に関する政府カンパネル)も妥当性評価をしたものを公開しています。また時代を遡るとFAO(国連食糧農業機関)が2006年に公開した「Livestock’s long shadow: environmental issues and options」という報告書は、欧米を中心にセンセーショナルに取り上げられ、ヴィーガニズム運動の拡大に大きな影響をもたらしました。 今後の記事では畜産と気候変動の関連で、現在の学術研究における様々な議論を紹介していきたいと思います。 …

,

イギリスのヴィーガン事情と活動家、畜産業者の抗議のビデオがYahoo!ニュースでも

「動物愛護は過激主義なのか 英で活動家と農家が対立」と題して、BCC NEESのビデオがYahoo!ニュースで紹介されました。日本語字幕付きです。 ビデオの中では、「ビーガン主義の人は世界中で急増している」とも。 ビーガンの活動家が訴えた「この中(畜産場)で起きていることこそ過激で、動物たちの境遇こそ過激なんです」という言葉。 立ち止まって考えてみると、その意味がわかるかも。 ビデオはこちらからご覧になれます→ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180201-52901739-bbcv-int

,

人口の魚、培養肉、藻、、、30年後にディナーを美しく飾る食材

最新テクノロジーやデジタル社会関連のニュースを扱うテクノロジーメディアサイトGizmodoで、30年後に私たちの食卓を賑わすかもしれない8つの食材が紹介されました。その中には、動物性に代わる植物性の食品も含まれています。 筆者のMandelbaumは、動物産業が温室効果ガスを発生させる主要な原因であると語っています。そして、複数の企業が画期的な食品の開発に従事していることを話しました。動物を屠殺することなく、動物の細胞を育てることで食肉を製造している企業としてMemphis Meats社やMosa Meat社等が紹介されています。 また、30年後の食品が、栄養価の高いプロテインや脂肪分、炭水化物を含む水生植物の藻を中心とした食材に移行していくが考察されています。     天然魚に代わって養殖魚が30年後の食卓にある食品のリストに追加された一方で、最近精工に真似たビーガンシュリンプ(植物性のエビ)を作り出すことに成功したNew Wave Foods社について、魚介産業の改革者として30年後の我々の食生活に大きな影響をもたらすであろうことが紹介されました。 photo: New Wave Foods website 以上、一部紹介でした。30年先、様々なことが変わっていそうですよね。その中で、食は人のライフスタイルに密接にかかわってくるもの。そして社会事情とも関係しているもの。私たちは、その時どんなものをどう食べていくのでしょうか。   Source:  VegNews, Gizmodo, New Wave Foods website Posted by Tsubomi.H, …

,

ついに日本でもTEDトークでベジの話題!TEDxKyotoUniversity

TEDとは、Technology Entertainment Designのそれぞれの単語の頭文字をとっていて、Ideas Worth Spreading (世の中に広めるのに価値あるアイデア)をトークで広める機会を提供しています。 今では、TED x ~~(TED かける ~~)という形で世界中に広がり、様々な内容についての専門家や著名人たちのトークを共有することができます。 そんなTEDが京都大学でも始まっています。 昨年の秋に行われたTEDxKyotoUniversity 2016において、ベジプロジェクト京大の学生が”Conscious food choices for everyone 誰でもできる、ちょっとした食の選択”と題し、ベジタリアンの食の選択についてトークしました。 その時のビデオがリリースされました!*英語でのスピーチです。 ベジタリアン食が、地球環境にも優しいこと、食肉になる動物の扱いのこと、学生たちが動き始めていることを、1人1人の選択が大きな変化につながることを、約15分のトークの中でギュギュっと思いを込めて話しています。       Posted …

,

イタリア・トリノで“ベジタリアンシティ”5カ年計画

32歳ポピュリストが推進 イタリア・トリノで“ベジタリアンシティ”5カ年計画 Turin Photo: Discover Italy, Fornes   トリノはフィアットなどの自動車メーカーや、サッカー、冬季五輪で有名なイタリア北部の都市ですが、今ベジタリアンの街に変えられようとしています。ベジタリアンシティ5カ年計画を率いるのは、2016年6月に就任した31歳のキアラ・アペンディーノ新市長。ヨーロッパで台頭するポピュリズム政党の一つ、五つ星運動M5Sの女性議員です。 市長は就任1カ月後に、「ベジタリアン・ビーガン食の推進は環境、市民の健康、動物の福祉における基本的行動である」と述べ、計画に乗り出す決意を表明しました。   トリノ市長 キアラ・アペンディーノ     Photo: Marco Bertorello/AFP/Getty Images, Fornes ベジタリアンシティ計画の内容は: 動物性食品の摂取削減を目標とする 動物福祉や栄養に関する学校教育の実施 医師、栄養士、政治家など専門家の参加 観光客向けに市内のベジタリアンレストランの地図を作成 毎週、肉を食べないミートフリーデイを設ける   …

,

英国の新聞INDEPENDENT 『誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと』の1つ、耐性菌のリスクについて

英国新聞社INDEPENDENTが、「誰もが肉食をやめたら起こる5つのこと」を報じました。 ”もし先進国の人々がみな、ビーフバーガーの代わりにビートバーガーを選ぶようになったらどうなるだろう?” これに対する5つの答えの中の1つ、耐性菌の危険性に関するものです。 何それ難しそう、自分と関係なさそう、と思われるかもしれませんが、実はそうでもなさそうです。   ”耐性菌の危険リスクが減少する” ”工業畜産動物は、不衛生な小屋に何千頭も詰め込まれているために、病気が蔓延している。 そこは新たな危険なバクテリアやウィルスの繁殖場となっている。 豚や鶏などの動物は、この不衛生でストレスフルな環境で生存するために、薬物のだらけの食事を与えられており、薬剤耐性を持つスーパーバグが発達する機会を増加させている。 国際連合食糧農業機関の幹部は集中的な工業畜産を「新興感染症の温床」と呼んだ。 またアメリカ疾病予防管理センターは「動物への多量の抗生物質使用は不必要で不適切なうえ、万人の安全を低下させる」と宣言している。 確かに、人間への抗生物質の過剰投与も抗生物質抵抗の要因となっている。 しかし、多くの抗生物質耐性菌が出現する工業畜産場を排除することは、深刻な病気の治療において、引き続き抗生物質に頼ることができる可能性を高める。” (抗生物質に頼ることの良し悪しは置いておくとして、 つまり抗生物質に耐性をもつ菌が生まれる可能性を下げるということが期されています。) Source: Science Time Posted by tsubomi H