ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "環境"

環境

,

フレキシタリアンとは? ~フレキシタリアンの大事な意義~

肉、魚介、卵、乳、蜂蜜といった動物性食品に由来するものを食べない、さらに身に付けないというヴィーガンになる理由は、探れば探るほど出てきます。 1)環境に優しい2)食肉処理場では、動物の状態だけでなく、そこで働く人々にとっても危険で過酷な状況だといわれることがある中、そのような食肉処理場を有する企業を支援しないことに繋がる3)コレステロールを下げる、寿命が長くなるともいわれていて、健康にも良い などなど、上記の他にも様々な理由でヴィ―ガンになる人がいます。そして、ヴィ―ガンとして日々楽しく生活している人がいます。 しかし理由を知った上でも、生活を変えるのは難しい人も多いのではないでしょうか。 食べ物は家族との思い出や文化への誇りも詰まっているでしょう。「100%ヴィーガン」の食生活を送ることはいつも簡単とは限りません。また食生活が多様化している世の中ですが、ヴィ―ガンの選択肢が常にあるわけではないでしょう。 そこでヴィ―ガンへの切り替えがすぐには難しい人に、「フレキシタリアン」という食生活をご紹介したいと思います。 「フレキシタリアン」は英語の “flexible” という言葉に由来しています。「フレキシブル」、つまり柔軟な態度をとることです。 大半はヴィーガンを心がけヴィーガニズムを応援するものの、100%ヴィーガンでない時がある人も、「フレキシタリアン」という立場で、ヴィーガニズムに関わることができます。定義が曖昧なことも良いところで、フレキシタリアンには色々な人がいます。大体ヴィーガンやべジタリアンで、特別な機会だけ動物由来のものを食べる人もいれば、ルールを決めて朝と昼はヴィーガン食にしている人もいます。「ミートフリー・マンデイ」という、月曜日は肉を食べないキャンペーンも世界中で広まっていますが、そのような取り組みもフレキシタリアンの中に含まれます。 フレキシタリアンを定義づけするとしたら、 「なるべくヴィーガンであるが、精神的に無理せず、自分に居心地のよいペースでヴィーガンを取り入れていくこと」です。 実はフレキシタリアンでも、ヴィーガンでいることの恩恵をかなり受けることができます。例えば健康の面では、ある研究によると、食事の70%が植物由来の人は一番肉を多く食べているグループに比べて、心臓病で死亡する確率が20%低かったのです。(資料出典:https://health.usnews.com/best-diet/flexitarian-diet/health-and-nutrition) また植物からしか取れない食物繊維を毎日10g余分に食べることで、大腸に関連する病気のリスクも9%ずつ下げることができます。(資料出典:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24216326/) さらにヴィーガンの食べ物をより多く摂取することで、植物からしか取れない、老化防止の抗酸化剤もより取り入れることができるでしょう。 他にも、動物虐待、人権問題、環境の破壊の観点で、これらにほぼ加担しないヴィ―ガンに対し、フレキシタリアンも、何もしないよりもずっと良いということもポイントです。 そんな恐ろしいものに対して中途半端に加担するなんて!と思う人もいるかもしれませんが、世の中の人の多くは、あまりにも恐ろしいから目を背けたくなっていることが現状でしょう。それに、何かしてあげたくてもいきなりヴィーガンになることはハードルが高すぎと感じるのが多くの人の実情。 そのため、こういう重いトピックを自分のペースで、罪悪感に潰されず向き合っていくことが大事だと思います。 フレキシタリアンは人の「できる範囲」が一人一人違うということを尊重する思考です。 みんな自分のできる範囲で行動を起こすのが、世界を変える力をもつのではないでしょうか? 私は今年でヴィーガン2年目になりますが、ヴィーガンの広め方についていろいろ考えてきました。近年のアメリカでヴィーガンは特に広まっていますが、実はベジタリアンとヴィーガンの数は全く上がっていません。しかし、フレキシタリアンの人は増えています。自分を「フレキシタリアン」と名乗らなくても、アメリカ人の多くは肉食を減らそうと思っていて、4分の1は実際にもう減らしていると言われています。(資料出典:1.https://vegconomist.com/studies-and-numbers/56-of-americans-are-likely-reducing-meat-as-a-new-year-resolution/2.https://thehill.com/changing-america/sustainability/environment/480049-fewer-americans-are-eating-less-meat-heres-why) どのヴィーガン商品の会社に聞いても、お客さんのほとんどはヴィーガンやベジタリアンではないと報告しています。つまりアメリカでのヴィーガニズムの成功は、フレキシタリアンのおかげなのです。 さらに、フレキシタリアンが動かしているのは経済だけではありません。 フレキシタリアンが多ければ多いほど、社会で「ヴィーガン」が普通として見られ、良い風として受け止められるようになります。フレキシタリアンは完全にヴィーガンの消費をしなくても、ヴィーガンの魅力やヴィーガンレシピについて話すことができます。また、周りの人にヴィーガンの良いイメージを広めることができたりと、周りの人にとっての情報源となります。 …

,

気候科学における畜産の影響度

昨今、気候変動は世界的な問題になっており、直近ではオーストラリアの森林火災が生態系や人の生活環境に深刻なダメージを与えています。これに関して科学者の間で、地球の平均気温が産業革命以降から換算して摂氏3°上昇した世界ではオーストラリア見られるような大規模火災は常態化すると言われています。 日本でも昨年は台風災害が頻発しました。これは気温上昇によって、今までなら赤道近くで発生して日本に到達するときには縮小していた台風が、本土に到達してもなお勢力を維持するようになったことが原因と推測されています。 こうした状況から、昨年のGreta Thunberg氏を中心とする若者から始まった気候変動マーチなど、市民レベルでも問題を解決しなければならないという動きが広がっています。 このように気候変動が世界的な問題となる中で、その原因の一つとして畜産業も槍玉に挙げられています。それに関する科学的議論を紹介する前に、まず温室効果ガスと気候変動の関係について紹介します。 温室効果ガスと気候変動 まずはじめに、気温上昇の原因は人間活動の技術的発展による温室効果ガス排出量の増加であることは近年の研究でほとんど自明のものとなっています。温室効果ガスは太陽からの熱エネルギーを透過する性質がありますが、同時に地球から反射する熱エネルギーである赤外線を吸収し、再び地球表面に戻してしまう性質があります。 本来ならそれが地球を保温する効果を持ち、生物が生存可能な環境を維持しますが、多くなりすぎると地球に過剰に熱を溜め込んでしまいます。現在では人間の産業活動における化石燃料利用が温室効果ガスの増大を引き起こしていると言われており、科学研究においてもそれは証明されています。 畜産の温室効果ガス排出 ただ温室効果ガス増加の原因は、化石燃料だけではありません。そこで化石燃料以外の温室効果ガス排出の原因になっているものの一つとして、家畜動物の生命活動および、それらを育てるための森林資源の消費や破壊があります。畜産業において主に飼料生産の過程で化石燃料利用が行われますが、化石燃料が関わらないところでも温室効果ガスを多く排出しています。 この点で畜産業における温室効果ガス排出は、化石燃料を他のエネルギー資源に変えることで解決するものではありません。そのため畜産産業は石油産業とは独立した温室効果ガス排出の原因の一つとして挙げることができます。 実際、畜産業はどれくらい温室効果ガスを排出しているのでしょうか。それに関してFAO(国連食糧農業機関)が調査しており、その報告によると畜産業に関連する温室効果ガス排出量は、あらゆる産業を合算した全温室効果ガス全体の14.5%に及ぶと推測されています(Gerber et al., 2013)。 この数字はライフサイクルアセスメントという、製品が生産段階から流通、消費者までに届く過程における環境負荷を定量的に評価する手法によって算出されています。14.5%という数字は現在世界的にゼロ炭素社会を目指す潮流において、無視できない影響度を持っていると考えられます。 こうした調査報告は、FAOだけではなくIPCC(気候変動に関する政府カンパネル)も妥当性評価をしたものを公開しています。また時代を遡るとFAO(国連食糧農業機関)が2006年に公開した「Livestock’s long shadow: environmental issues and options」という報告書は、欧米を中心にセンセーショナルに取り上げられ、ヴィーガニズム運動の拡大に大きな影響をもたらしました。 今後の記事では畜産と気候変動の関連で、現在の学術研究における様々な議論を紹介していきたいと思います。 …

,

スターバックスが植物性ミルクを積極的に推進!

写真:スターバックスジャパン アメリカ発祥の大手コーヒーブランド、スターバックスが環境保護を考慮して、今後植物性ミルクを積極的に推進していく方針を発表しました。 スターバックスは2030年までに二酸化炭素排出量を50%削減することを目標に掲げました。具体的には、2030年までに乳製品の提供をやめ、植物性のミルクやクリームを使った商品を提供するそうです。 植物性ミルクへ変更する理由 スターバックス会社のCEO、ケビン・ジョンソン氏は「消費者の需要は既に動物性から植物性のミルクへと遷移し始めている」と供述されました。 消費者がドリンクにミルクやホイップを追加したら、環境にはどのくらいの影響があるかご存知ですか?もし、ミルクやホイップが使用されているドリンクが100万杯売れたとしたら、それはスターバックス本社のプライベートジェットの50倍もの温室効果ガスを排出すると言われています。 日本ではまだ豆乳しかオプションがないものの、アメリカ等の海外店舗ではアーモンド・ココナッツ・オーツミルク等、植物性のオプションが豊富に提供されています。北米では既に15-20%の消費者が動物性ミルクの代わりに植物性ミルクを選択しているそうです。今回の発表を機に、今後日本でも植物性ミルクの選択肢が豊富になりそうですね! 写真:スターバックス 植物性ミルクと牛乳の栄養価比較 牛乳 カップ1杯(240ml)につき、146カロリー、 8gのたんぱく質、 8g の脂質と13gの炭水化物が含まれています。 豆乳(無調整) 同じくカップ1杯につき80-90カロリー、 4-4.5gの脂質、 7-9 gのたんぱく質、4グラムの炭水化物を含みます。筋肉源となるたんぱく質の量は牛乳と等しい代わりに、脂質とカロリーを大幅にカットすることができます。また、豆乳は数ある植物性ミルクの中でも優れもので、たんぱく質が含む必須アミノ酸を全て含んでいます。 アーモンドミルク(無調整) 同じくカップ1杯につき30-35カロリー、 2.5gの脂質、 1gのたんぱく質、1-2グラムの炭水化物を含みます。アーモンドミルクは植物性ミルクの中でも低カロリーで、カロリー消費量を抑えたいという人に効果的です。さらに、アーモンドミルクは抗酸化物質に富んだビタミンEを豊富に含んでおります。 ココナッツミルク(無調整) …

,

折りたたみ式リユーザブルストロー を使ってみた!

みなさんはヴィーガン と聞くとまず「食」を思い浮かべませんか? 動物性のものを一切食べない完全菜食主義….. 実は、ヴィーガンは 「食」だけがテーマではありません! ヴィーガンとして動物愛護を気にしてるから、ファーや本革は身につけない。 ヴィーガンとして環境面を考えているから、プラスチックをなるべく消費しない、 などなど、ヴィーガンにはたくさんの思いと理由が詰まっています。 今回は環境について何ができるか取り上げていきます。 近頃、プラスチック汚染で苦しむ海の生き物たちの写真をよく見かけます。 ウミガメがクラゲと間違えてビニール袋を食べてしまったり、鼻の中にストローが刺さっていたり。 痛々しくて、息苦しそうで、本当に見るに耐えないです… プラスチックを使う機会を少しでも減らすことで、海を綺麗に保ち、そして生き物を守っていきたいですよね! そこで、折りたたみ式のリユーザブルストローをご存知ですか? 実際に使ってみました! まず先っぽを引っ張ると、スルッと勢いよくストローがでてきて、しまうときは簡単に折りたたんで収納できます。 洗うときはケースの中に付属で付いている、小さく細長いブラシでちゃちゃっと洗うだけ! 実際に使用してみた感想は、 なんといってもこのコンパクトさが良いです!ケースの色合いもかわいい! ストラップを付けて、バッグにつけたり、キーチェーンと一緒につけたりできるので、気軽に持ち運びできます! ただ、付属ブラシの収納に思ったより手こずりました、、 取り出すのはストローもブラシもとても簡単なのですが、ブラシを折りたたんでからしまうときに、すぐに蓋が閉まったり(磁石がついているので)、同時に畳んだブラシが元通りになってしまったりとちょっと難しかったです。これから使っていくうちにラクな方法を見つけられるといいです。 折りたたみ式ストローの他にも、竹製のもの、またガラスやステンレスで作られたものなどリユーザブルストローのバラエティは様々で、デザインも素敵なものばかりです! david …

,

最近よく耳にする「ベジタリアン」とは??

オーストラリア出身で、これまで多くの国に訪れたことのある、Rhi氏は現在日本在住。 そんなRhi氏が、世界中でベジタリアンの増加に気が付き、ベジタリアンを初めてしったら誰だって考える疑問をコンパクトにまとめてくれました! ーベジタリアニズムとはー Written by Rhi Wihardjo 世界中で、食生活を見直すために、多くの人がベジタリアンになっている。 しかし、実際のベジタリアンの食生活はどのようなもので、そしてなぜベジタリアンになることを選択するのだろうか。   ベジタリアンを定義づけるならば、動物肉を口にしない人、あるいは動物性の肉に加えて卵や牛乳を含む乳製品も一切取らない人々のことである。しかし、ベジタリアンの食生活は必ずしも同じというわけではない。実際にベジタリアンの食生活にはいくつかのタイプがあり、その中には非常に厳しく食事制限を行うベジタリアンのタイプも存在している。複数あるタイプの中からいくつかを例にとり下記に抜粋した。   ラクトオボ・ベジタリアン: 牛、豚、鶏、魚の肉は口にしないが、卵や牛乳のような乳製品を食べているのがラクトオボの特徴である。ベジタリアンの中で最も一般的なタイプが、このラクトオボである。   ラクト・ベジタリアン:動物性の肉と卵を口にしないことが特徴である。しかし、チーズ、牛乳そしてヨーグルトを含む乳製品は口にする。   オボ・ベジタリアン:動物肉や乳製品は口にしない。しかし、卵を使用した食品は口にする。   ビーガン:ラクトオボ・ベジタリアン、ラクト・ベジタリアンそしてオボ・ベジタリアンとは異なり、動物性の成分が入っている食品の一切を口にしない。蜂蜜や蜜蝋、ゼラチンといった食品にも動物性の成分が含まれているため、摂取しない。ビーガンは植物性の食品を中心とした食品のみを消費する。   また、ベジタリアンには分類されていないが、主に植物性の食品を中心とした食事を行い、ときに動物の肉や、その他動物の成分が含まれている食品を口にするフレクシタリアンと呼ばれる人もいる。   ではここでもう一度。なぜベジタリアンになるのか?ベジタリアンになる理由は個々それぞれである。例えば、自身が信仰する宗教の教えに基づき、ベジタリアンになる人もいる。その一方で、道徳的あるいは健康上の理由からベジタリアンになることを選択する人もいる。そして、たくさんのベジタリアンはベジタリアンになることで、動物に対しても環境に対しても優しくいられると信じている。 …

,

乳製品の企業が植物性ミルクメーカーとして復活

ニューヨークに本社を持つエルムハースト乳業株式会社は、顧客ニーズの減少により、創業90年の末、乳製品の生産を停止しました。1920年代の創業以来、エルムハーストは、アメリカ東海岸の最も大きな乳製品会社の1つとして成長し700万人の住む大都市に乳製品を届けてきた企業です。 CEOのHenry Schwartsは、会社の生産コストが近年高くなっていたと同時に、「低温殺菌牛乳は流行遅れになっている」こと、そして「これ以上の損失を出し続ける訳にはいかない」と語りました。 エルムハーツ乳業の閉業は、飽和脂肪、コレステロール、ホルモン剤などによる健康への人々の危惧や、ミルク工場における動物の扱われ方に対する消費者の意識の高まりといった、欧米における動きを反映しています。 コーネル大学、農業経済学の教授Andrew Novakovicによると、牛乳の消費量は40年代をピークとして、一人当たりの年間消費量が2010年の108キロから、2015年の54キロへと近年急減しています。その反面、植物性ミルクの需要が急増している傾向がみられます。     市場の変化を背景に、エルムハースト乳業は、会社名を「エルムハースト(株)」に変更し、健康に優しい植物性ミルクの生産に移りました。 そしてエルムハーストは、先週カリフォルニア州で開催されたNatural Foods Expo Westで、「Milked」シリーズを新発売しました。 これらは、アーモンド、ヘーゼルナッツ、カシューナッツ、そしてクルミを原材料としたこれらの植物性ミルクの一連は、動物性を含まないヴィーガン対応の商品となっているのです。   Photo: elmhurstnutmilk Instagram   昨年グーグルのCEO Eric Schmidtが予想した「植物性商品の革命」が実現されつつあり、Ben & JerryやBreyers …

,

ベジタリアンてどんな人!? vol1.イギリス人ハーフのクリス君

私がベジタリアンだと伝えると「ベジタリアンに初めて会った!」とか、「珍しいね。」とか「どうしたの、宗教?」とか、いろんな反応を受けます。日本人にベジタリアンだと伝えると、大抵は驚かれるか、ネガティブな反応が返ってくることが多いです。一方、イギリスやベルギーで暮らしていた頃や、日本にいても外国人にベジタリアンだと伝えると「いいね!」「良いことだ、自分も少しは心がけているよ。」とか、ポジティブな反応を受けることが多いのです。そして、身近な人にベジタリアンがいる人がいたり、ベジタリアンでもないのに美味しいベジタリアンのレストランを知っていて連れて行ってくれたりします。 これは、日本ではベジタリアンが身近にいなかったり、そもそも何故ベジタリアンになるのかを知ることがなかったりするからだと思います。そこで、ベジタリアンとして素敵に生きている人々や、ベジタリアンに関わっている方々を取材し、“ベジタリアンポートレートづくり”を始めます!ベジタリアンについてもっと知って頂ける機会になれば。     まず第一回目は、こんな私の思い付き企画に快諾してくれた心優しいクリス君です。クリス君は、お母様が日本人、お父様がイギリス人の26歳。イギリス育ちで2016年から日本に住んでいます。度々、彼とは仕事を共にすることもあるのですが、人がしない面倒な仕事も手伝ってくれるような本当に優しくて礼儀正しい好青年です。では、インタビュー開始!   ―自己紹介をお願いします。 ハイ!クリスです。イギリスと日本のハーフで、イギリスから来ました。今は日本で日本語を勉強しながら、英語を教えています。1年前に日本に引っ越してきたばかりだから、ベジタリアニズムに対しての日本人の意見にとっても興味があります。そして今回は、ベジタリアンに関しての僕の意見をシェアしたいと思います。日本で、ベジタリアンやヴィーガンのライフスタイルについて、たくさんの人と話すことを楽しみにしています!よろしくお願いします。 photo: お気に入りのレストランで食事をするクリス君 ―では1つめの質問、なぜベジタリアン・ヴィーガンになったのですか? 15歳頃に、ベジタリアンになることを決めました。でも、これを決めた理由の記憶はあまり強くないです。ティーン(10代の若者)が世の中のことに気が付き始めるときがその頃だと思います。僕の家ではしていなかったけど日曜日にはビーフローストとステーキのディナーを食べるというイギリスの伝統が、なんだか自分にとっては本当に理解できないものでした。ベジタリアンになることは、自分にとっては、理想的な人により近いことを選ぶ方法だったと思います。それから、マッチョと心地悪さを連想させる肉食を否定したい気持ちもあったと思います。   そして、ヴィーガン(肉魚、卵乳製品はちみつを食べない)になったのは、大学のころで、僕がいつも、何でもチーズと一緒に食べていたから友達がジョークでずうずうしく1週間ヴィーガンの生活を送るように言ってきたとき。その1週間後、当時暮らしていたグラスゴーではヴィーガンの食品が非常に簡単に手に入るのでベジタリアンに戻る必要がないと気が付いたんです。それから、僕は食に関係する動物の権利や環境問題についてもっと勉強しました。でも、当時はエシカルなこと(動物の権利や環境問題といった倫理的なこと)が、食生活が変わった1番の理由ではなかったと思います。人生に変化が欲しかったんだ!     ‐ベジタリアンで幸せを感じたときは、どんな時でしたか? ほとんどの幸せな僕のストーリーは、いつも素晴らしい食べ物を楽しめている時だと思います!きっとこれからも一番強く記憶に残っていると思うことは、19歳のころに、大阪の親戚を訪ねたとき。親戚の友人が僕たちをたった2つしかテーブルのないレストランの裏にある小さなキッチンに連れて行きました。なんの期待もなかったけど、控えめな年配の日本女性によって次から次に出て来るとてもシンプルなお米や野菜を使ったお料理がご馳走されました。僕は、これからもずっとそのお料理のとても深い味わいを決して忘れることはないと思います。 その経験が、僕を何度も日本に来させているとさえ思います。   ―日本のベジタリアニズムやヴィーガニズムについて思うことはありますか? もし日本で育っていたら、ベジタリアンではない可能性もあると思います。だって、日本ではベジタリアンでいることは都合の悪い時や、ライフスタイルとして理解されないことがよくあるから。たとえばイギリスでは、BBC(英国放送協会)がマーティンフリーマンのヴィーガンドラマをちょうど告知していたのですが、もし同じことをNHKがしたら制作チームの誰かは解雇されるんじゃない?笑   でも、日本の今を他の国と比較することはよくない事ですよね。僕は日本のベジタリアニズムの将来に期待をもっています。 …

,

クラウドファンディングで達成!ベジマップの完成が待ち遠しい!

「クラウドファンディング」 最近は耳にすることも多くなったこのことば。 クラウドファンディングとは、アイディアや企画をもつ起案者が、インターネットのサイトを通して呼びかけ、共感した人たちから資金を集める仕組みのことです。 最近は様々な分野で活発に利用されています。 支援金やそれに応じて異なる内容のお返しの品があることも、クラウドファンディングの面白いところ。   そんなクラウドファンディングを利用して、昨年の9月にベジな企画が立ち上がりました。 「京都から世界の菜食都市に!気軽に手に取れるベジタリアンマップを作りたい!」 環境や飢餓問題などをテーマにした一人芝居をしている二村そよかさんが、NPO法人ベジプロジェクトジャパンとコラボして起案したこの企画は、ベジタリアン料理が利用できるお店をマッピングしたベジマップを京都で作るというもの。 85日間のファンディング期間を経て、当初の目標資金だった30万円を153%も達成する459000円の資金集めに成功しました。   お返しの品は、ベジタリアン食材や、京都のお土産、さらに一番の高額支援者様にはなんと、二村そよかさんと行く京都旅行もついてくる内容。     ただ今、実際に紙の京都ベジマップを作るための作業を進めています。 お返しの品は既に発送済みで、受け取られたご支援者様からは嬉しいお声も届いています!   京都ベジマップのファンディング期間に投稿されたレポートを再度、Facebookページにて公開中です。 二村さんの思いの詰まった企画と、レポート、これまでの分もこれからも、楽しめます。 ぜひページへの「いいね!」を!   この企画に関心を持つたくさんの方々の力で出来上がる京都ベジマップの完成が楽しみ!   Source: …