ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "大豆ミート"

大豆ミート

,

環境白書に初めて「代替肉」が登場。環境省庁舎の菜食メニューを実食レポート。

環境省は令和3年版の環境白書に初めて「代替肉」について記載しました。環境や健康への配慮から、代替肉が注目され、新たな食の選択肢のひとつとして期待されています。環境省の職員が利用する食堂にもヴィーガンに対応したメニューが導入されたそうです。特別にレポートさせて頂きました。

,

第二弾が新発売!オーマイのヴィーガン冷凍食品。パスタの次はキーマカレー

お手軽ヴィーガン食品のラインナップに、新たな商品が仲間入り!
9月より、レンジで温めてお手軽に食べられる「豆腐から作ったお肉のキーマカレー」が(株)ニップンのオーマイブランドより発売。「手間を省きたいけど健康には気をつけたいし、美味しいものをしっかり食べたい」という時におすすめ。

,

10周年を迎えた駅ナカのヴィーガンラーメン専門店。JR東日本クロスステーションさんへヴィーガンへのこだわりをインタビュー

駅構内のT’sたんたんを運営するJR東日本クロスステーションさんにインタビュー。全てヴィーガン対応のメニューへのこだわりをお伺いしました。進化し続けるT’sたんたんさんに目が離せません!

,

【メーカー向け】ヴァリューズXベジプロ&カゴメ共催:植物性食品のトレンド分析ウェビナー

企業側からもヴィーガン食へ興味が高まる中、食品メーカーやマーケター向けのウェビナーがNPO法人べジプロジェクトジャパンと、株式会社ヴァリューズとの共催で開催されます。 ヘルシー志向のトレンド、環境保全への配慮など、様々な角度でヴィーガン食スタイルが注目を集めています。ベジタリアン・ヴィーガンだけでなく一般消費者層からも関心が高まり、大手食品メーカーや飲食店も商品開発に参入するなど、大きな盛り上がりを見せつつあります。この3月だけで様々なヴィーガン商品の発売が見られます。 今回のセミナーでは、株式会社ヴァリューズのリサーチャーがWEBログデータ・アンケート調査結果のご紹介をしながら、大豆ミート・オートミールなど話題の植物性食品の市場・商品動向を分析、トレンドの背景にある消費者心理を読み解きます。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのパートでは、川野陽子代表理事のよりベジタリアン、ヴィーガンに関する基礎知識のご案内に加え、カゴメ株式会社 マーケティング本部 食品企画部 佐藤氏にご登壇いただきます。認証対応済メーカーの具体的な事例を交えて、企業におけるベジタリアン、ヴィーガン向け食品の重要ポイントを解説いたします。 このセミナーに参加するだけで、メーカー事例、データ分析の2つの視点から“植物性食品トレンドの今”を把握して頂くことができます。 是非ご参加ください。 ▼詳細・お申し込みはこちらhttps://www.valuesccg.com/seminar/20210225-2654/ ▼このような方におすすめです・食品メーカーや飲食店の商品・サービス開発担当者・最新の食トレンドに詳しくなりたいマーケターの方 【開催日時】2021年3月9日(火)14:00~15:30 【定員】100名 【受講料】無料 【視聴方法】Zoomウェビナーを利用いたします。詳細はお申し込み後、開催当日12時と開始1時間前にご連絡いたします。※貴社の情報セキュリティポリシー等により上記ツールをご利用できない場合、別途、個別にご案内させていただきますので(seminar@valuesccg.com)までお気軽にお問い合わせください。 【注意事項】※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。※登壇者は、断りなく急遽変更になる場合がございます。 【講師紹介(順不同敬称略)】株式会社ヴァリューズ ソリューション局 リサーチャー 海野 秋生(うんの あきみ)大学卒業後、PR会社に入社。その後戦略PR会社、調査会社を経て2020年より現職。アンケート調査を活かしたPR調査のほか、消費財のリブランディングにあたるグループインタビューやコンセプト受容性調査、広告効果検証調査など定量・定性調査の実績多数。最近では、アンケート調査に加えWEB行動ログデータを活用した消費者分析を行っている。 カゴメ株式会社 マーケティング本部 食品企画部 …

,

ニップンから業務用3種ヴィーガンのSOYL PROシリーズが新発売!

小麦粉やパスタ類、パスタソース、オリーブ油、そして冷凍食材、冷凍食品などを展開されている株式会社 ニップン。 「すべてのお客さまから信頼される企業として、力強く成長しつづける」とともに、「お客さまにご満足いただける競争力のある、もっとも優れた商品とサービスを提供し、社会に貢献しつづける」 という使命をニップングループで掲げ、広く活躍されています。 今回はそんなニップン社から 3月1日に発売された業務用冷凍食材のヴィーガン商品、3種類をご紹介します! こちらの3商品は、動物性素材を使わず、植物性素材のみで作ったトッピング具材です。解凍するだけでいろいろなメニューに使うことができます。 SOYL PRO 植物うまれのしょうゆそぼろ 動物性原料不使用で、甘辛しょうゆ味に仕上げられたそぼろ。シンプルな味つけですが、大豆ミート特有の臭みを感じにくいことが特徴です。 SOYL PRO 植物うまれのガパオ こちらの、にんにくのきいたタイ風バジル炒めは、動物性原料不使用でも食べごたえ十分な商品です。 SOYL PRO 植物うまれのキーマカレー 植物性原料だけで作ったキーマカレー。スパイスが食欲をそそります! 上記三つの商品は、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得し、パッケージにヴィーガンマークが印字されています。 植物性原料のみでできているため、ヴィーガンの方、健康志向の方をはじめ、広く多くの方にお楽しみいただくことができます。業務用商品のため、飲食店やホテルなどで、バラエティーのあるメニュー作りに活かしていただけるのでは。 ニップン社独自開発の「豆腐ミート」が使われ、美味しさにこだわって作られた「しょうゆそぼろ」「ガパオ」「キーマカレー」。ご飯や麺類・サラダのトッピングなど、いろいろなアレンジで食卓に並んでいくことでしょう! ニップン社からは、家庭用商品としてオーマイブランドより「豆腐から作ったお肉のボロネーゼ」がヴィーガンマーク付きで同じく3月1日に発売されました。詳しくはこちら:オーマイブランドからヴィーガン商品が新発売!「豆腐から作ったお肉のボロネーゼ」 企業情報 株式会社 …

,

イトーヨーカドーに大豆ミートのコーナーが特設。ヴィーガン商品も多数!

イトーヨーカドーさんの健康食品コーナーをのぞいてみると、大豆ミートのコーナーが特設され、大豆ミートを使用した食品がたくさん並べられています。 大豆ミートのコーナーには、「カラダにイイコト」始めよう!と紹介されているように、ヘルシーで、常温で保存が利くと話題の大豆ミートを使った商品が並べられています。 以前VEGETIMEでもご紹介し、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されているカゴメさんの商品も並べられていました! 【KAGOME カレー2種類】各358円(税別)・「3種豆のベジタブルカレー」・「大豆ミートのキーマカレー」 【KAGOME パスタソース2種類】各258円(税別) ・「根菜と大豆ミートのボロネーゼ」・「きのこの豆乳クリーム」 商品紹介のベジタイムの記事はこちら: ・カゴメから発売のヴィーガンカレーが美味しい!・カゴメから発売のヴィーガンパスタソース レトルトなので忙しい人でもさっと簡単に作れて便利な商品です。これらの商品は賞味期限も長いので、ご家庭に置いておくことをおすすめします!ぜひイトーヨーカドーを訪れた際には、お買い求めくださいね。 そのほかにも、おなじみの商品であるマルコメさんの「大豆のお肉」シリーズもたくさん棚に並んでいます。こちらも同じく、NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得されています。 (商品例)【大豆のお肉 乾燥タイプ】・フィレタイプ・ミンチタイプ・ブロックタイプ 他にも、写真でお分かりいただける通り、種類豊富に大豆ミートを使った商品が並んでいます。 イトーヨーカドーさんのように町のスーパーで、ヴィーガン・ベジタリアンも楽しめる商品がまとまって置かれることは新しい取組みなのではないでしょうか。 ベジタリアンやヴィーガンの方、そのようなライフスタイルに関心のある方にとっても商品選びが気軽で楽しくなりますね。 是非イトーヨーカドーさんの健康食品コーナーを覗いてみてはいかがでしょうか。 ※11月1日現在、関東の約20店舗で展開中です。

,

風と光のヴィーガンカレー4種 それぞれのこだわりは?

株式会社風と光は、自然食品、オーガニックを求める方々から愛されてきた横浜の企業です。人の身体や地球環境にやさしい、そして美味しい食品の製造・輸入・販売等をされています。 これまでも、動物性原料不使用、植物性原料のみの商品も扱われてこられましたが、今年からはその価値をより伝えるためヴィーガンマークの表示を始められました。 ヴィーガンカレーのバラエティが豊富 NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証を取得された商品はこちら。 有機ヴィーガンカレールゥ 150g 世界で初めて製品化されたオーガニックのヴィーガンカレールゥ。有機JAS認証も取得。 一つ一つのスパイスなどの原料を有機で揃える努力と味付けの工夫により誕生した商品です。 28品目不使用ヴィーガンカレールゥ 150g 小麦の代わりに米粉を使用し、28種類のアレルギー特定品目が含まれていません。さらに、フェンネル,クミン,ディル,キャラウェイ,アニス,コリアンダー,フェネフリーク,チリペッパー,セージの9つのスパイスも不使用のカレールゥです。特定のものを食べられない方も食べられる方も、みんなで美味しく食べて頂きたい、という想いが商品になりました。 奄美ベジタブルレトルトカレー 200g 奄美大島のうこんを生のまますり潰した奄美カレールゥが使われたレトルトカレーです。 具材の野菜は全て国産、砂糖は喜界島粗糖が使用され、化学合成添加物は不使用です。肉類の代わりに大豆ミートが入っています。 オーガニック ヴィーガンレトルトカレー 野菜 180g 有機野菜と上述の有機ヴィーガンカレールゥがじっくり煮込まれてできた本格的なレトルトカレーです。有機JAS認証も取得。 甘みは、GI値の低い有機ココナッツシュガーが使われ、砂糖は不使用です。 いかがでしょう。1つ1つのカレーには、それぞれこだわりが詰まっていることを、感じて頂け他のではないでしょうか。 現在は、この4商品(カレールゥ2種類、レトルトカレー2種類)がヴィーガン認証取得商品ですが、さらに今後も増えて行く予定です。 お楽しみに! フルーティーなコクの秘密 奄美ベジタブルカレー …

,

大手食品メーカーの代替肉が増加

海外ではマクドナルドやケンタッキーフライドチキンがヴィーガンバーガーを販売してるって、知ってましたか? マクドナルドは、2017年末に「マックヴィーガン」という全て植物性でできているハンバーガーをスウェーデンとフィンランド限定で発売しました。 そして今年5月から、ドイツで新たな「ビッグ・ヴィーガンTS」というヴィーガンバーガーを発売しました。 背景には、ドイツはマクドナルドの5大市場の1つであることがありそうです。 ドイツは環境先進国ですし、代替肉への関心は高そうですね。 また、植物性の食生活について著作を発表しているキャシー・フレストンが5年前にマクドナルドに対し、アメリカでヴィーガンハンバーガーを発売するように、change.orgで署名を募集するキャンペーンを開始していました。 今では20万人以上の署名が集まったそうです。 アメリカでヴィーガンバーガーが発売されれば、日本のマクドナルドでも食べられる日が近いかもしれません。 ケンタッキーフライドチキンは、イギリスでクリスピー・チキン・バーガーの代替肉バージョンである「ジ・インポスター」を6月17日から4週間の期間限定で発売しました。 コーン(とうもろこしとは別)という発酵した菌類からたんぱく質を得た代替肉を使っているそうです。                             …