ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "人工肉"

人工肉

,

国連のオススメ

暑い日が続きますね、こう暑いと地球温暖化の影響かしらと疑ってしまいます。 この暑さは地球温暖化によるとも言われていますが、暑さを防ぐためにどうしたらいいかー。 まずは水分補給。 次は、ヴィーガン、あるいはベジタリアンの食習慣を取り入れること。 ずいぶん飛躍した話だなと感じる方もいるかもしれませんが、地球環境の変化を止めるためにヴィーガンあるいはベジタリアンの食習慣を取り入れなければならないと、国連が伝えたのです。 国連の報告は次のように続きます。 ・9.8億人になると予想される人口をまかなうため、2050年までに人類は2010年に生産された食物より56%以上多い食物を生産する必要がある。 ・今のペースで肉と乳製品の消費が増え続けると、約600万平方キロメートルの森林を農業用の土地に変えなければならない。 ・食物を生産する我々のシステムは、すでに温室効果ガスの25%から30%の原因となっている。                                …

,

インポッシブルバーガー食べてみた。

インポッシブルバーガー (The Impossible Burger)って、ご存知ですか? 日本にも色々なベジバーガーがありますが、アメリカではこのインポッシブルバーガーが今ヴィーガン・ベジタリアン界で大人気なんです!では何が他のバーガーと違うのか。これは食べてみるしかない、ということで食べてきました! これは、インポッシブル・フーズ (Impossible Foods)という人工肉を製造開発する会社のベジバーガー。アメリカの多くのレストランが直接購入し、それぞれのお店でオリジナルのバーガーを作っています。 このミート、パティだけでなくミートボール、タコス、ケバブ、ピザ…と変幻自在。 私が今回食べたのはニューヨークのBareburger (ベアバーガー)というお店。 このお店のすごいところは、ヴィーガンメニューの豊富さ。ヴィーガンバーガーだけでも8種類。インポッシブルバーガーに、ビヨンドバーガー (同じくらい人気の人工肉のバーガー)、穀物パティなど。さらにヴィーガンシェイクやデザートまで! 早速オリジナル・インポッシブルバーガーを頼んでみます。値段は14ドル (日本円だと1500円くらい)。 一見普通のベジバーガー。 開けてみます。 これもしかして本物のお肉?見た目はミディアムレアのお肉そのもの。それととろけ出る本物のチーズ?食べちゃって大丈夫なのかな。。。 食べてみます。 すごすぎる!パティの食感とジューシーさといい、ヴィーガンチーズの溶け具合といい本物としか思えません。植物性のハンバーガーに多い「美味しいけれど本物のお肉とは少し違う」という違和感が全く無い!むしろ普通のハンバーガーより美味しいのでは(笑) 是非とも日本に進出して欲しいです。 実はニューヨーク発祥のベアバーガー、日本にも支店(自由が丘、銀座)があるのですが、まだインポッシブルバーガーは取り入れられていないようです。 アメリカではバーガーキングがインポッシブルバーガーを一部の店舗で展開しており、今年中には全米で発売されるとのこと。マクドナルドはドイツに続きイスラエルでもThe Big …