ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ヴィーガン旅行"

ヴィーガン旅行

,

ベジタリアンやヴィーガンも楽しめる伊香保温泉モデルツアー(1)

レトロな街並みやお買い物を楽しめ、飲める温泉が湧き出る街、伊香保(いかほ)。 東京から約2時間で行ける、温泉の街です。 有名な伊香保階段では、ダーツや射的、わなげといった昔ながらの遊びや、手作りの工芸品からぐんまちゃんグッズまで様々なお土産の買い物を楽しむことができます。 そんな伊香保の街で、近年需要が拡大するベジタリアンやヴィーガンへの対応が、国土交通省関東運輸局の監督により進められています。 もともとはベジタリアンやヴィーガンが比較的多い外国人旅行客のためでしたが、国内でもベジタリアンやヴィーガンの食事やライフスタイルに感心をもつ人が増えているため、ベジタリアン・ヴィーガンでも楽しめる町づくりは、日本人にとっても魅力となるはずです。 2021年3月にベジタリアン・ヴィーガンも楽しめるモニターツアーが実施され、NPO法人ベジプロジェクトジャパンの代表として活動している私は専門家として参加させて頂きました。 終始、コロナウィルスの感染対策も十分にとられていたツアーでした。 今回のツアーで体験した魅力たっぷりの伊香保をご紹介します! 今回のベジタリアン・ヴィーガン対応のモデルコースはこちら。 1日目:佛光山法水寺 → 寺院内のベジカフェでランチ → 伊香保階段散策 → 喫茶たまきでお汁粉 → お宿で会席料理 2日目:お宿で朝食 → 伊香保おもちゃと人形自動車博物館 → 田丸屋の水沢うどん → …

,

スペインでヴィーガン台頭!

過去数年間に、他の西洋の国と同様に、スペインのヴィーガン人口が急激に増えてきた。まだ少数な生き方であるものの、スペインの都会のレストランはどこへ行っても、ヴィーガンオプションが見つけられる。田舎は状況が少し違っているが、最近少しずつヴィーガンオプションが広がっている。 このヴィーガン主義の進歩に伴って、スペイン社会も変わってきた。例えば、政治界において、動物の権利を守る目的でいくつかの政党が作られた。その中で、一番大切なのはPACMAと言う政党である。証拠として、2004年に行われた総選挙で、PACMAの得票数は6.5万票に過ぎなかったが、2019年には130万票を超えた。 PACMA動物主義者党のキャンペーン写真 / PACMA しかし、この社会変化の原因をどこで見つけられるのだろうか。スペインは闘牛で世界中によく知られているので、スペイン人以外の人々にとってこのスペインのヴィーガンの台頭は意外なことかもしれない。ところが、過去を振り返れば、おそらくこの社会現象のきっかけが理解できるようになるだろう。 数十年前から、民主主義化に伴って、スペイン人の社会習慣や価値観が変わってきた。というのは、スペインは寛容で多元的な国になっていた。例として、2005年に、スペインは同性婚を承認した世界で三番目の国になった。その上、移民に対して、スペインは世界でもっとも歓迎的な国の一つである。 しかし、このことは動物の権利とどう関わっているのだろうか。実は、何人かの心理学者によると、動物に対する共感はマイノリティの人々に対する共感と深い関係があるそうである。であるからこそ、マイノリティの人々の権利を認める政策が、動物に対する新しい行動をスペイン人に提案した可能性がある。 ただし、この理論でスペインのヴィーガンオプションの人気化が本当に説明できるだろうか。この話題を巡って、いくつかの意見が交わされているが、まだ真理がわからない。結論がでるのを待つしかないが、その間に、是非、スペインへ来て、ヴィーガン料理を食べてみてください! バルセロナの有名なボケリア市場 / Tupungato Written by ハイメ・イダルゴ・プリド (Jaime Hidalgo Pulido) 参考文献: Dhont, K., Hodson, G., y Leite, A. …

,

コロンボ, スリランカ – ヴィーガン パラダイス アイランド (Part 1)

Written by ヘレン・マーヴェル (instagram: veggiesushiandthecity) / 翻訳 カバリヤまほ   スリランカでは12%がヒンズー教徒、70%が仏教徒 (参照:Wikipedia)ですから、ベジタリアンの食事が広く普及しています。 値段が安いのでバターの代わりにマーガリンが、牛乳の代わりにココナッツミルクが使われています。 ココナッツなど新鮮な果物を売るスタンドは、小さな村でもどこでもあるし、大豆ミートなどの代用品は大きなスーパーで手に入ります。 100%ベジタリアンのカレー(ギー(バターオイル)は使わないでと事前に伝えて)のレストラン、サモサやホッパーのちょっとしたベジタリアンスナックを扱うスタンドがたくさんあります。 (ただし、スリランカは島ですから、シーフードに力を入れているのは確かです。 漁師が竹馬を使って銛で魚を捕まえる方法は彼らが誇りに思っていることなので、そのようなイメージの絵などはたくさんみかけます。 念のため追記しておきます。) コロンボには5日間滞在し、オススメしたいヴィーガンフードがあります。 以下にご紹介します: インドセイロンカフェ 100%ベジタリアンの南アジアン・レストラン (ギーは使われているので気をつけて) では手で食べるドサがあります。 メニュー、または”ショートイート”を指差して、自分が頼んだものが正確にくることを願いながら注文をします。 地元の本物の味、しかも手頃。一食$2で楽しめます。 …