ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "マクロビ"

マクロビ

,

海外で話題沸騰、沖縄のヴィーガン食ブルー・ゾーン・ダイエット

沖縄は人気なバケーションスポットですが、最近は「ブルー・ゾーン・ダイエット」という沖縄の健康的な食生活が海外で話題です。 2019年に流行り始め、「ブルー・ゾーン・クックブック」がベストセラーとなり、ユーチューブビデオ:「ブルー・ゾーン・ダイエットを試してみた」も95万回以上視聴されています。 この「ブルー・ゾーン・ダイエット」とは、寿命が一番長い世界各地の食生活の研究を元にしていて、その5つの「ブルー・ゾーン」地域の中に沖縄が含まれています。 このグラフを見ると沖縄の伝統的な食生活はほぼヴィーガン(つまり、動物性原料を使わない食生活)で、97%のカロリーが植物由来です。その中でも67%はサツマイモで、これが長寿の秘訣の一つだそうです。サツマイモは繊維質、タンパク質、ビタミンA、C、E、カリウム、カルシウム、鉄分が豊富で、イモ類の中でもグルテンが特に低いそう。炎症をおさえる効果もあります。(1) サツマイモのようなスーパーフードが食生活の大部分をしめていれば、長生きもできそうですよね。(2) また沖縄は豚肉が有名かもしれませんが、豚はもとより特別な時のみ食べられる食材だったそう。総じて寿命が長い日本では、魚は健康的な食べ物というイメージが強いですが、沖縄は日本の他の地域と異なり、魚の消費量は少ないです。さらに日本の他の地域と違う点は、ご飯が少なめである点と、アジア大陸からの影響をより多く受けたことでターメリック、フーチバー、ヒハツ、ウイキュウなどの香辛料もよく使われる点です。(1) しかし実は今の沖縄は都道府県の中で特に寿命が長いわけではありません。沖縄の男性の平均寿命は全国第36位までランクダウンしています。 この変化の大きな原因の一つは沖縄の西洋化です。駐日米軍基地の7割以上が沖縄にあり、西洋ファストフード店が至る所にあります。そして第二次世界大戦後の沖縄の食生活は下のグラフのが示すように西洋化されました: サツマイモの消費量が急激に減った一方、パンの消費量が増え、脂肪の消費量が4倍以上に上がりました。コレステロールも塩分も上がりました (1)。このような食生活の変化で沖縄の若者は、沖縄の高齢者に比べて肥満や慢性疾患になる確率が高いのです。 実は今日本で一番平均寿命が長い都道府県は長野県であり、全国で一番野菜の消費が高い都道府県だそうです。(the japantimes の記事参照) 食物帝国主義の記事でも話しましたが、帝国主義は様々な形で存在します。文化の影響や変化、食生活の西洋化も帝国主義の一部と言えるのかもしれません。 以上の点を踏まえ、この機会に昔からある伝統的な食生活に寄り添いながら健康を考えてみてはいかがでしょうか。健康の秘訣は日本で代々食べられてきた野菜や伝統的な食事にあるのかもしれません。 出典:(1)The Okinawan Diet: Health Implications of a Low-Calorie, Nutrient-Dense, …

,

マクロビオティックからヒントを得た、簡単プラントベースなお味噌汁の作り方

美味しいお味噌汁を、カツオ節の出汁を使わずに簡単に作るのにはどうしたら良いでしょうか? お味噌汁を作るときに、市販の顆粒だしを使ったり、出汁入りの味噌を使ったりしていませんか? または、出汁と言えばカツオ節じゃないと美味しくできないと思っていませんか? ここでは、マクロビオティックの料理法をベースに、簡単で美味しいお味噌汁の出汁の作り方を紹介したいと思います。 下記に紹介するのは、マクロビオティック教室で学んだことをベースに、自分なりに毎日料理できる簡単な方法にアレンジしたものです。 出汁&お味噌汁の作り方 干し椎茸と昆布 1. 干し椎茸と昆布を用意します。 2.中火で干し椎茸と昆布を煮ます。 3.沸騰したら昆布だけ取り出します。 4.しいたけだけで10分程度煮ます。少し色がつくくらいまで煮るとしっかり出汁が出ます。 これで出汁は完成です。 5.すきな野菜や具を入れます。出汁で煮ていたしいたけも食べられるので、好きな人は食べやすいサイズに切ってそのまま煮てください。 6.味噌を入れます。 完成です。 意外と簡単で手間がかからないのではないでしょうか? 昆布だけは煮すぎず、しいたけからじっくり旨味と香りを引き出すイメージです。 量は、写真のように、2人前のお味噌汁に対して小さいしいたけ2個、昆布一切れです。 昆布は冷凍させたりして2−3回使えます。 2回目以降は少し長めに煮るようにします。 美味しいお味噌汁をお楽しみください!

,

レトルトなのにヘルシーな野菜のカレーでミートフリーマンデーを

チャヤマクロビさんからレトルトのヴィーガン対応カレーが出ています。 ヴィーガン対応とは、肉、魚、卵、乳、蜂蜜といった動物性の食品を含んでいないということです。   原材料は全てナチュラルなもので、レトルトなのに手作りです。 値段は種類にもよりますが、495円(税込み)から。 野菜カレー、ソイキーマカレー(大豆のお肉を使ったキーマカレー)、豆カレーがあります。 こちらの商品の紹介サイトには”男の新習慣「野菜カレーマンデー」”とあるのです。 ミートフリーマンデーを意識されたカレーです。 ミートフリーマンデーとは、「地球や動物たちのために週に1回肉を食べないようにしよう」という運動です。 ポールマッカートニー氏が、Meat Free Monday (ミートフリーマンデー)を世界中で広めています。 2015年の来日時に、ポールマッカートニー氏が語ったミートフリーマンデーについての動画はこちら。       ミートフリーマンデーをするのにも、このカレーは役にたちそう。 ぜひお試しくださいね! 詳細はこちら:チャヤマクロビオティクス Official Online Shop

,

【イベント】RESET Cafe Vol.2 \気軽な/マクロビ持ち寄り食事会が開催決定!7/16@中目黒

“RESET BY MACROBIOTIC METHOD”プロジェクトが主催しているRESET Caféの第2回目。マクロビオティック料理の試食+知識を深めるための持ち寄り食事会です。今回は、中目黒のカフェを貸し切り。前回と違ってもう少し「おしゃれ、ゆったりと」した交流会になりそうです。 「マクロビ料理を食べてみたい」「マクロビについて気になるけどよく知らない・もっと知りたい」「ベジタリアンとの違いを知りたい」「マクロビオティック流のセルフケアとファミリーケアに興味がある」方、どうぞお越しください。 Photo:前回の様子 マクロビアンでなくてもぜひご参加ください! 【日時】 7/16(日)18:15~20:30 ※開始の10分前にはご来場ください。 【場所】 カフェ ブラウンストーン 東急東横線 中目黒駅 徒歩6分 山手通りを池尻大橋方面へ向かい1階がクリーニング屋さんのビルの2階になります。 (住所:東京都目黒区東山1-4-13 ASA東山ビル2-A) https://www.cafebrownstone.com/ 【参加費(食事+ワンドリンク付き)】 料理持参の方:1,500円/人 料理未持参の方:2,500円/人 ※RESET側で主食料理(ご飯、パスタ、パン中心)をご用意いたします。 【定員】 …

,

週末は予約必須!自由が丘にある美しすぎるVeganレストラン l’atelier de maison de canpagne+Vegnique

『世界中の人に”ヴィーガニック”を知ってほしい』   今年10月、Vegan×Orgnic×macrobioticをテーマにオープンしたl’atelier de maison de canpagne+vegnique(ラトリエ・ドゥ・メゾン・ドゥ・カンパーニュ+ヴィーガニック)。 誰とでも洗練されたイタリアンVegan料理を食べられるレストランとして、注目が集まっている。 中でも特におすすめなのはヴェジコース。 アンティパストAコースとヴェジラザニアBコースを両方いただける上にスイーツとドリンクまでつく欲張りコースだ。   アンティパスト。 まるで 野菜で美しいパレットを描いたよう。素材そのものの味を楽しめる。   ミネストローネ。 野菜の出汁がしっかりと出ていてなんとも言えない味わい深さがある。   ラザニア。 生地とクリームが絡まり、濃厚で食べごたえがある。 マスタードのきいたじゃがいもも美味。   レモンと生姜のガトー・ウィークエンド&エルダーフラワーコーディアル。 植物性の素材だけで作ったとは思えない濃厚な味付け。 …

,

【イベント】発酵食と腸の健康シリーズ

*****発酵食と腸の健康シリーズ***** 12月24日(土)京都市呉竹文化センター(京阪丹波橋駅5番出口(南出口西)前) 午前の部(10時~12時)-青野菜の発酵 午後の部(1時~3時)- 発酵ドリンク(基礎編)   発酵は日本だけでなく、他国でも昔から愛されてきた保存方法。 冷蔵庫がない時代には欠かせない保存食でしたが、その栄養価は素晴らしく、特に今の時代を生きるわたし達が忘れてはならない栄養の宝庫だそうです。家庭でも無理なく出来る、昔ながらのテクニックを学びに行きませんか? 発酵食は「第二の脳」である腸内環境を整える最強の味方で、「幸福感を感じるための脳内伝達物質」である「セロトニン」なども腸で作られ脳に送られているとのこと。 自然療法の栄養士が、作り方のデモンストレーションと共に、発酵と栄養、そして腸の健康についてもお話しされます。 年末年始の過食で疲れがちな内臓のサポートにもなるそうです。   講師紹介 坂本由美(バンクーバー在住) RHNホリスティック栄養士(食養学) Plant Basedプロフェッショナルシェフ ローフードシェフ マクロビオティックライフスタイルアドバイザー バンクーバーで大好評の『発酵食と腸の健康シリーズ』。現地在住の日本人をはじめ健康への意識が高い多くの人々に支持されている。今回は日本での初講義となる。   午前の部(10時~12時) 青野菜の発酵 3.000円  旬の野菜はそのままでも美味しいですし、栄養も豊富です。さらに発酵させる事により、栄養価がグーンと増し、身体への吸収率も高まるそうです。日々の食事に取り入れる事で、食べ物の消化も助けてくれるとの事。 今回は、野菜の中でも日本人に親しみやすい味の青菜類を使った発酵のデモンストレーションをされます。当日のデモンストレーションでは、その週に手に入る新鮮な有機野菜を使用されます。 栄養士である講師が、食材の栄養価も含めて分かりやすく解説してくださいます。普段コンビニなどでも簡単に手に入る漬物は便利で食べやすい味ですが、原材料を読まれた事はありますか?自分で作る添加物フリーな懐かしい味がする漬物は、日々の食卓の健康をサポートしてくれる一品になると仰っています。   午後の部(1時~3時) …