ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "ビジネス"

ビジネス

,

フレキシタリアンとは? ~フレキシタリアンの大事な意義~

肉、魚介、卵、乳、蜂蜜といった動物性食品に由来するものを食べない、さらに身に付けないというヴィーガンになる理由は、探れば探るほど出てきます。 1)環境に優しい2)食肉処理場では、動物の状態だけでなく、そこで働く人々にとっても危険で過酷な状況だといわれることがある中、そのような食肉処理場を有する企業を支援しないことに繋がる3)コレステロールを下げる、寿命が長くなるともいわれていて、健康にも良い などなど、上記の他にも様々な理由でヴィ―ガンになる人がいます。そして、ヴィ―ガンとして日々楽しく生活している人がいます。 しかし理由を知った上でも、生活を変えるのは難しい人も多いのではないでしょうか。 食べ物は家族との思い出や文化への誇りも詰まっているでしょう。「100%ヴィーガン」の食生活を送ることはいつも簡単とは限りません。また食生活が多様化している世の中ですが、ヴィ―ガンの選択肢が常にあるわけではないでしょう。 そこでヴィ―ガンへの切り替えがすぐには難しい人に、「フレキシタリアン」という食生活をご紹介したいと思います。 「フレキシタリアン」は英語の “flexible” という言葉に由来しています。「フレキシブル」、つまり柔軟な態度をとることです。 大半はヴィーガンを心がけヴィーガニズムを応援するものの、100%ヴィーガンでない時がある人も、「フレキシタリアン」という立場で、ヴィーガニズムに関わることができます。定義が曖昧なことも良いところで、フレキシタリアンには色々な人がいます。大体ヴィーガンやべジタリアンで、特別な機会だけ動物由来のものを食べる人もいれば、ルールを決めて朝と昼はヴィーガン食にしている人もいます。「ミートフリー・マンデイ」という、月曜日は肉を食べないキャンペーンも世界中で広まっていますが、そのような取り組みもフレキシタリアンの中に含まれます。 フレキシタリアンを定義づけするとしたら、 「なるべくヴィーガンであるが、精神的に無理せず、自分に居心地のよいペースでヴィーガンを取り入れていくこと」です。 実はフレキシタリアンでも、ヴィーガンでいることの恩恵をかなり受けることができます。例えば健康の面では、ある研究によると、食事の70%が植物由来の人は一番肉を多く食べているグループに比べて、心臓病で死亡する確率が20%低かったのです。(資料出典:https://health.usnews.com/best-diet/flexitarian-diet/health-and-nutrition) また植物からしか取れない食物繊維を毎日10g余分に食べることで、大腸に関連する病気のリスクも9%ずつ下げることができます。(資料出典:https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24216326/) さらにヴィーガンの食べ物をより多く摂取することで、植物からしか取れない、老化防止の抗酸化剤もより取り入れることができるでしょう。 他にも、動物虐待、人権問題、環境の破壊の観点で、これらにほぼ加担しないヴィ―ガンに対し、フレキシタリアンも、何もしないよりもずっと良いということもポイントです。 そんな恐ろしいものに対して中途半端に加担するなんて!と思う人もいるかもしれませんが、世の中の人の多くは、あまりにも恐ろしいから目を背けたくなっていることが現状でしょう。それに、何かしてあげたくてもいきなりヴィーガンになることはハードルが高すぎと感じるのが多くの人の実情。 そのため、こういう重いトピックを自分のペースで、罪悪感に潰されず向き合っていくことが大事だと思います。 フレキシタリアンは人の「できる範囲」が一人一人違うということを尊重する思考です。 みんな自分のできる範囲で行動を起こすのが、世界を変える力をもつのではないでしょうか? 私は今年でヴィーガン2年目になりますが、ヴィーガンの広め方についていろいろ考えてきました。近年のアメリカでヴィーガンは特に広まっていますが、実はベジタリアンとヴィーガンの数は全く上がっていません。しかし、フレキシタリアンの人は増えています。自分を「フレキシタリアン」と名乗らなくても、アメリカ人の多くは肉食を減らそうと思っていて、4分の1は実際にもう減らしていると言われています。(資料出典:1.https://vegconomist.com/studies-and-numbers/56-of-americans-are-likely-reducing-meat-as-a-new-year-resolution/2.https://thehill.com/changing-america/sustainability/environment/480049-fewer-americans-are-eating-less-meat-heres-why) どのヴィーガン商品の会社に聞いても、お客さんのほとんどはヴィーガンやベジタリアンではないと報告しています。つまりアメリカでのヴィーガニズムの成功は、フレキシタリアンのおかげなのです。 さらに、フレキシタリアンが動かしているのは経済だけではありません。 フレキシタリアンが多ければ多いほど、社会で「ヴィーガン」が普通として見られ、良い風として受け止められるようになります。フレキシタリアンは完全にヴィーガンの消費をしなくても、ヴィーガンの魅力やヴィーガンレシピについて話すことができます。また、周りの人にヴィーガンの良いイメージを広めることができたりと、周りの人にとっての情報源となります。 …

,

東京都「EAT東京」の事業でベジタリアン対応の講習会!

東京都の事業「EAT東京」による「外国人旅行者おもてなしセミナー」。 2月26日の「発展編」では、ベジタリアン・ヴィーガンについてNPO法人ベジプロジェクトジャパンの川野代表理事が登壇します。 ベジタリアンの種類や定義等の基本的な解説から、ベジタリアンやヴィーガンが選択される理由、世界や日本での需要、そしてベジ対応についてじっくり40分のプレゼンと質疑応答の構成です。 ベジタリアンやヴィーガンについて知りたい、対応を始めたいまたは充実させたいと考えている都内飲食店の方は、ご参加してみては。 参加特典も盛りだくさんです。 *24日正午までの申込が必須。 対象:都内の飲食店舗(要申込。EAT東京への無料登録必須。パソコンの基本的な操作ができる方。) 日時:2月26日(火)14:30-16:00 場所:新宿開場(詳細はEAT東京のホームページからご確認ください。) 第一部:身近なところから簡単に!ベジタリアン対応(川野陽子) 第二部:多言語メニュー活用説明会(EAT東京) 詳細とお申込みは、EAT東京のホームページから。

,

ベジタリアンには欠かせない!ベジ食品通販“グリーンズベジタリアン”社長インタビュー

ベジタリアンには欠かせない!ベジ食品ネット通販“グリーンズベジタリアン”の創業者&経営者、 グリーンカルチャー株式会社の金田郷史社長インタビュー 若干24歳で始められた会社経営。試行錯誤を経て今の状況にあるんだとか。 グリーンズベジタリアンは、楽天市場の冷凍食品ランキングでNO.1を獲得されたこともあるのです。ベジの業界だけではない、食品分野全ての中でのNO.1です、すごくないでしょうか。。。! 今回は、「新しいところに移転しました。ますます頑張ります!」との一報を受け、新オフィスへお話しを伺いに行ってまいりました! 玄関まで笑顔で迎えに来てくれた金田社長。いつもエネルギーいっぱいの社長です。 この日は、将来ベジの業界で働きたいという大学生がインターンに来ていました。金田社長はじめ、社員の方々が手取り足取りインターンの大学生を教え、温かい会社ということが感じられました。 さて、インタビュー内容はこちらからです。 ベジタイム編集者 「これまでは葛飾区で長くいらっしゃいましたが、今回の移転はどういった経緯で行われたのでしょうか?」 金田社長 「今の業務の柱がやはり、創業時から行っている通信販売の部門です。また最近は弊社のプライベート商品の流通も拡大してきています。そして、ベジタリアンや、ベジタリアンの食に関心をもつ人が増え、弊社の通販を利用してくださる方々も増えています。そんな中、これまでのオフィスと倉庫では、今の通販のスピードについていけないと感じ、スペースの拡大のために移転を決意しました。 在庫をもっと増やしていき、通販業務をもっと整えていきたいのです。冷凍商品や冷蔵商品も多く扱っているので、その分のスペースも大きくすることで、お客様へのより迅速でより良いサービスの提供を目指していきたいと思っています。」   ベジタイム編集者 「なるほど、お客様への迅速な対応を第一に考えられていらっしゃるのですね。それにしても、ベジタリアンへ関心をもつ人が増えてきて、さらにグリーンカルチャーさんへの注文もどんどん増えているということなのですね。若いのにすごいですね~。」   金田社長 「いえいえ。本当にいろいろ大変ですよ。特に会社を始めたときは勢いだけで起業したので、良い経験も悪い経験もたくさんしてきました。でも、やっぱり菜食で人々の生活を豊かにしていきたいという思いは創業時から今も変わっておらず、この仕事を誇りに思っています。」 ベジタイム編集者 「ベジタリアン・菜食への熱い想いが、これまでも今も、ベジタリアン達の食を支えるグリーンズベジタリアンという通販サイトと、ベジタリアン食材を世の中に出していくグリーンカルチャーという会社に宿っているのですね。   金田社長 「菜食自体は厳しいものではないし、ベジを楽しんで実践してもらいたいと考えています。 …