ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "インタビュー"

インタビュー

,

全国に広まる人気ヴィーガンチョコレート「ウシオショコラトル」

目に止まる斬新なアートのパッケージ、口に入れた瞬間溢れるリッチなココアの味、そして原料をガーナ、ベトナムなど各国から厳選して調達しているウシオショコラトル。インターナショナルで高級感がある一方、パッケージングやWEBデザインで遊び心も感じられる、そんな魅力がいっぱい詰め込まれているチョコレートは、実はヴィーガン(卵、乳製品等を含めて動物性原料不使用)でもあったのです! 今では全国に人気が広まり、31の都道府県に取扱店があります。ヴィーガンだけではなく、様々な面でエシカルなビジネス活動もしています。例えば、原料調達の透明性を重視したり、ブラジルから輸入した無農薬砂糖を使っていたり、カフェでは土に還る素材のカップやストローを使用していたりします。特に興味深いのが、「ダイレクトトレード」という、各国のカカオ農家の栽培状態や人権を考慮に入れて、直接カカオ豆を購入していることです。大手企業のチョコレートには、児童労働で収穫されたカカオを使っていたり、森林破壊に繋がるパームオイルなどを含んでいたりするチョコレートが多い一方で、ウシオショコラトルはそういった心配がない点も評価できます。 そんなウシオショコラトルの創立者の一人、中村真也氏にビジネス、エシカル消費、ヴィーガンについてインタビューをさせていただきました。 中村さんは、幼少期に犬を飼っていたことから動物との触れ合いがあり、「犬と遊んだ後に食卓でトンカツが出てきた時に、『なぜ犬や猫は家族と扱って豚や牛は食べるんだろう?』という疑問を持ち始めたそうです。それから色々な文化や宗教に触れるうちにベジタリアンの存在に出会いました。そんな時に当時務めていた店でナマコを捌いた経験が大きな影響を与えたそうです。 「無防備な心で殺した嫌な感触がモロに伝わり具合が(悪くなり)、本来は肉を食べるという事はこの思いを経ないと出来ないと思い、この思いをしたくないと思った自分には食べる資格がないと思い」動物を食べるのをやめたそうです。現在は、厳密に「ヴィーガン」といった表現をするより、ただ自分では殺せないものは食べないという哲学をもって生きているそうです。 そんな中村さんとのインタビューのハイライトがこちらです: 1)ウシオチョコラトルは何をインスピレーションに始めましたか?なぜチョコを作ろうと思ったのですか? A. シングルオリジンコーヒーが好きだったことと、VEGANに近い状況であった時にアメリカの新しいチョコレートシーンを知り、自分で何かを始めるならまだ誰もやっていないことをやりたいと考え、それとチョコレートが上手く付合したためです。 2)日本でヴィーガン商品を増やすにはどういった方法・対策がいいと思いますか?ヴィーガンをメインストリームにするにはどういう道のりが想像できますか? A. 不味かったりダサかったらお客さんも集まらないので、しっかりブランディングをすることと、大企業が着手する以外には見当もつきません。 あと、VEGANでない人を攻撃する様な雰囲気を取り払うことではないでしょうか。 3)ミルクや卵を使わないことは倫理的な理由もありますが、味やチョコレートの質との関係について教えてくれませんか? A. VEGANという縛りを利用して新しい味作りに挑戦することが楽しいです!これまである普通のミルクチョコも、研鑽を重ねたくさん作られ美味しさを安定させることに特化されていますし、美味しいです。でも僕ら新規参入者が同じことをやっても楽しくないので、これまでなかった、でも美味しいモノを考えていきたいです。 4)ウェブサイトやオンラインストアでfooチョコもみたのですが、ウシオチョコとはどういう関係でしょうか? A. 姉妹ブランドです!そちらではVEGANを敢えて推しています。 最後に、ヴィーガンを広めることに関してこんなこともおっしゃっていました: 食事ならばとにかく綺麗で美味しい、着るものなら新しくカッコイイものを創る上で『動物性のモノを使用しない』という縛りを楽しむ要素として捉えることが大事だと思い取り入れているだけす。 素敵なビジョンをもつ会社ですね!エシカルな上、世界の様々な国から集めてきた砂糖とココアしか使わない、添加剤などを加えないとても美味しいチョコでした。皆さんもご興味があれば、こちらのリンクからどうぞ!

,

ベジタリアン、ヴィーガン達への1年間のインタビュー映像の総集編!

素敵に生きるベジタリアン、ヴィーガンの人たちに1年間インタビューした動画シリーズ「ベジタイムTV」の総集編がYoutubeからご覧いただけます! アニメーションのため、ベジタリアン・ヴィーガンの理由や魅力を分かりやすく伝えるのにも役立つかも!

,

ベジタイムTV11作目は、3人が登場!全く違う3人がヴィーガンの理由は?

素敵に生きるヴィーガンの若者3人にインタビュー! ベジタイムTV11作目は、アメリカからのスザンナ、アルゼンチンからのヘロニモ、フランスからのシルバン。 育った環境も今いる場所も全く違う彼らが、ヴィーガンである理由は? ヴィーガニズムに対するメッセージも頂きました! ベジタイムTVは、ベジタリアン、ヴィーガンで素敵に生きている人たちにインタビュするビデオです。 地球、体、動物、いろんなことに繋がっているベジのライフスタイル。みんながどんな理由でベジをしているのか、どんな人なのか、おすすめレシピも教えてもらいます。 アニメーションを使ってポップにベジを紹介します! 他の回のビデオもYouTubeからぜひご覧くださいね!

,

ベジタイムTVが出演者を募集!Vege Time TV wants you to join next episodes!

Hey! This season of Vegetime TV is coming to an end! ベジタイムTVの今シーズンの締めくくりとして、 みなさんからのビデオを募集します! *English below*   みなさんから集めたビデオを編集して何名かによる1つのビデオを作りたいと思います。質問は、いつもの質問。 1.自己紹介(名前、出身、関心事、仕事、など。)15秒以内 2.ベジタリアン、ヴィーガンである理由 45秒以内 3.お気に入りのヴィーガンのレシピ、食べ物 30秒以内 4.その他メッセージ 30秒以内 参加していただける方は、 を記入し、 contact@vegeproject.orgまで送ってください。 また、スマートフォン、ウェブカム、カメラ等のFull HDで録画した動画をWetransfer, …

,

ベジタイムTV10作目は、京都で一人芝居をするヴィーガンの役者さん

素敵に生きるベジタリアンへのインタビューVEGETIMETV(ベジタイムTV)! 第10作目は、一人芝居をする二村そよかさん。肉、魚、卵、乳、蜂蜜といった動物性のものを食べないヴィーガンという生き方をされています。 昨年にNPO法人ベジプロジェクトジャパンと一緒に完成させた「京都ベジマップ」が始まった話も紹介されています。 そよかさんがヴィーガンになった理由は?お気に入りのヴィーガンの食べ物は?一人芝居ってどんなもの?ぜひインタビュービデオをご覧くださいね!

,

【ベジタイムTV】ヴィーガンのオランダ人コスメショップ店員さんにインタビュー!

素敵に生きるベジタリアンへのインタビューVEGETIMETV(ベジタイムTV)の9作目です! 今回は、日本で仕事をするオランダの女の子、メリッサへのインタビュー。 コスメショップで働く彼女は、日本人の旦那さんと一緒にヴィーガン生活をしています。 彼女はどうしてベジタリアンやヴィーガンに関心をもったのでしょう? 彼女からのメッセージ、ぜひ耳を傾けてみてくださいね! 途中、読んでベジタリアンになる人が続出したというベジ漫画「ベジタリアンは菜食主義ではありません。」の著者natsumiさんの最新著書「世界を変えたくて僕を変えた」の紹介も。

,

ベジタイムTV8作目は、沖縄出身のイケメンベジタリアン。やらないセラピスト…!?

素敵に生きるベジタリアンへのインタビューVEGETIMETV(ベジタイムTV)! 今回は、独特なテンポにまきこまれながら、そうだなぁと頷けてしまうようなメッセージがたくさん。 自称「やらない”セラピスト」のイケメン岡野氏へのインタビュー!

,

「植物性のホールフードが私たちと地球を救ってくれます」ベジタリアンが健康と示したキャンベル博士へのインタビュー

栄養学の世界的な権威であり、現在はアメリカのコーネル大学の名誉教諭であるT・コリン・キャンベル博士が10月に来日講演をされました。 キャンベル博士は、栄養と健康について60年以上も研究をされてこられ、さらに世界中でベストセラーとなっている”チャイナ・スタディー 葬られた「第二のマクガバン報告」”(邦題)の共著者です。   講演会の取材とその後の単独インタビューをNPO法人ベジプロジェクトジャパンの川野代表理事が行い執筆した記事が「美しくなるフードセラピー」冬号(12月7日発売)P84-89に掲載されています。 キャンベル博士は、植物性(プラントベース・ベジタリアン食)でホールフード(そのまま、まるごとの食品)を摂る食生活が健康的であり、動物性食品を摂ることのリスクを科学者の立場から伝えています。 これまでの博士の研究やプロジェクト、そしてそれらの成果だけではなく、当インタビュー記事では様々なことが記載されています。スポーツをする人でも植物性の食事だけで問題がないばかりか、植物性の食事を変えることでより良い結果を出すことができた選手がいること、食べ物に対してのアメリカでの人々の動き、博士ご自身がどんなお料理が好きなのか等々、興味深いお話しも満載です。 インタビュアーを務めたのが、ベジプロジェクトジャパンの代表だったことから、地球や動物に関しての質問への回答、若い世代についての言及などにまで及んでいます。 ベジタリアンは不健康、偏っている、と思われがちですが、そうではないことを知って頂ける内容になっています。キャンベル博士の研究成果によると、ベジタリアンが健康的で、動物性の食事をすることで病気になるリスクが高まるということです。 分厚くて専門性の高い「チャイナ・スタディー」を読むのは大変、と思われた方も、まずはこの6ページを読んでみられるのもいいかも。   本誌P85より 本誌P89より     書籍のウェブサイトはこちら:http://www.food-therapy.jp/

,

ベジタイムTV4作目!代々木上原にある高級レストランのオーナーシェフを取材

ベジタイムTV4作目は、Luxury Travel Guide – Restaurant of the Year 受賞のベジタリアン・ヴィーガンレストランTudore Tranquilityのオーナーシェフマムタさんへインタビュー。 彼女の魂を感じるお料理について、お気に入りのレシピ、なぜベジタリアン・ヴィーガン料理を提供するかについて、お話しを伺いました。