ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "アニマルライツ"

アニマルライツ

,

ヴィーガンって食事より社交関係の悩み?

一度ヴィーガンになると、ヴィーガンの生活が実は結構楽しいと気づく方もいますよね!例えば、今までに知らなかった材料を発見したり、ヴィーガンレストラン巡りをしたり、「食べる」ということに前より深い意味と喜びを見出せるようになる方がいます。またヴィーガンになって料理に興味をもち、料理上手になる方も多いそうです。 ほかに、健康面でもヴィーガン食に変えただけで無理なく痩せる方、疲れがとれる方もいます。長年ヴィーガンをしている方のほとんどが「なんでもっと早くヴィーガンにならなかったのだろう。」と言っています。 一方で、悩みをもつ方も少なくなく、その悩みの多くは、実は食事や栄養面の問題ではなく、社交関係の問題が多いのです。 ヴィーガンということでからかわれたり、外食する時に迷惑がられたりなど、嫌な思いをすることが少なからずあると思います。特に日本では、「大多数と違う」ということは大抵ネガティブに見られ、批判が多いように感じます。食べることは日常の生活の中でも特に社交的なものです。同僚とのランチ、友達とのお茶、家族との晩ご飯。一緒に食べることや、料理をしてあげたりすることを通して人との絆を深めることは当然なことになっています。そんな中で一人だけ他の人と違うものを食べるのは、ある意味勇気のいることです。 私はヴィーガンになって2年半が経ちますが、その間に様々な社交上の経験をしました。大学でヴィーガン関連の活動をする中で、個人主義文化のアメリカでも、人との付き合いや、社会全体への態度に関して、難しい問題にぶち当たった記憶があります。ですので、今回はヴィーガン生活を送る皆さんが気持ちよく過ごせるよう、私がヴィーガンを始めた頃を振り返って、当時知っておきたかったポイント5つをご紹介します。 1)自分がヴィーガンになった理由に確信を持ち、自分を信じる ヴィーガンは少数派のため、周りに流されて、ヴィーガンをやめてしまうことがよくあります。そのため、自分がなぜヴィーガンになったかという理由をしっかりと覚えておくことが大切になってきます。人間は社交的な動物で、何回も同じことを言われると、それを信じる心理的傾向があります。私がヴィーガンになった当初は何度も「健康に悪いのでは?」と言われ、その通りに信じてしまった記憶があります。たとえ、赤身肉や加工肉は癌のもとになることや、世界で最も長生きをしている人たちは日々の食事の95-100%をヴィーガンの食事にしていることが明らかにされているにもかかわらず、間違っていることを何度も多くの人に言われると、自分に自信が無くなってしまうのは自然なことです。他人の意見を聞く時は、この点を知っておくことが大事だと思います。 これは周りの意見を聞かず、自分の意見を変えないということでは決してありません。ヴィーガンになった当初に比べると、私はかなり意見を変えていて、例えば100%ヴィーガンにならなくても、フレキシタリアンになることが大事だと今では感じています。正しいデータや論理を元に意見を変えることは良いことですので、批判的思考を働かせながら、学んでいくことが大事だと思います。 2)「どうして私の周りの人はすぐにヴィーガンにならないの?」と思わない 環境負担を減らすために有力なのがヴィーガンになることなのに、動物は地獄のような状況で苦しんでいるのに、ヴィーガン食は健康にも良いのに、なんで世界はヴィーガンに近づかないの?と思うかもしれません。ヴィーガンになって世界の見方が大きく変わると、特に動物愛護でヴィーガンになった方は動物由来のものを食べることが動物虐待を支援しているように思えて辛いと感じるかもしれません。 ここで覚えておいて頂きたいのは、みなさんがヴィーガンになる前は、ヴィーガンでない人と同じように動物由来のものにお金を出していた事実です。ヴィーガンの存在を知ってから、完全にヴィーガンになるまで時間を要したと思います。人は判断する時、様々な人生経験・価値観を通して問題を見ます。つまり、ヴィーガンになるまでのスピードは一人一人異なるのです。実は私はヴィーガンになるまでとても時間がかかった人の一人です。ペスカタリアン(魚・乳製品・卵は食べるが、肉を食べない)の家庭で育ったものの、そこからヴィーガンになるには一年もかかりました。牛乳は、子牛のために作られた乳を母牛から奪うものだと知っていたのに、チーズがなかなかやめられなかったのです。だからと言って、私は子牛の虐待はもちろん反対でした。当然反対するべきものを反対していても、その価値観を自分の消費活動として実行に移すのはとても難しいのです。しかし今では、ゆっくりと進んでいた私でも人生をヴィーガン活動に捧げたいとまで思っています。 みなさんの身の回りの方も、私のようにゆっくりヴィーガンへと移っていく人なのかもしれません。それをしっかり理解して、人の価値観と消費活動は簡単には合致しないものだと考えましょう。以前に読んだ本には、「活動をバケツのように考えましょう」と書かれていました。一つの会話、一つの食事、その一つ一つは全て、バケツに一滴の水をポタポタと入れていることと同じだということです。他人との触れ合いも、その人がヴィーガンの記事をニュースで見ることも、全てその一滴の水になります。バケツに一度に水を入れることができないのと同じように、人の態度や習慣を一度に変えることはできません。 3)活動する範囲を考える 範囲を決めるということは、自分にできることを考えて「何かを変えている」という意識をもちながら行動していくことです。 誰かからヴィーガンに関することやヴィーガンのあなたに対して何か言われても、疲れている時や勇気がない時は何と言えばわからないこともありますよね。「あの時ああ言えばよかった!」と後で思う時もありますが、それでも自分を責めないでください。みなさんは、精一杯努力していると考えてください。 「世界で起きている問題は大きなことだけれど、私のできる範囲で貢献している」という考えは、深い幸せと自信に繋がります。つまり、一見「小さい」活動でも、この達成感は得られるのです。例えば、家族にヴィーガン料理を作ってあげることや、友達をヴィーガンレストランに誘うこと、SNSでレシピを投稿することも素晴らしい活動です。みなさんが使えるエネルギー・財源・時間は異なります。自分がどの範囲なら活動できるかを決めると、楽しみながら世界に貢献していけるのではないでしょうか。 4)ヴィーガンとの繋がりをもつこと 今ではオンライン上の様々な方法で多様なヴィーガンと繋がることができます。例えば、Facebookのヴィーガングループに入ったり(例1, 例2, 例3)、Instagramでヴィーガン生活やヴィーガン情報を投稿するアカウントをフォローしたり、ヴィーガンユーチューバーから情報を得たりすることができます(例1, 例2, 例3)。コロナ禍では難しいかもしれませんが、ヴィーガン関連のイベントに参加することもできます。私はアメリカに住んでいますが、アニマル・ライツ・カンファレンス(動物権利カンファレンス)で活動家や団体が集まる機会があり、とても気の合う友達に出会えました。 やはりヴィーガンだからこそわかちあえる話もあるので、そういう話をいつでもできる相手がいるのはとても心強いです。 5)ポジティブなヴィーガンニュースを知る …

,

全国に広まる人気ヴィーガンチョコレート「ウシオショコラトル」

目に止まる斬新なアートのパッケージ、口に入れた瞬間溢れるリッチなココアの味、そして原料をガーナ、ベトナムなど各国から厳選して調達しているウシオショコラトル。インターナショナルで高級感がある一方、パッケージングやWEBデザインで遊び心も感じられる、そんな魅力がいっぱい詰め込まれているチョコレートは、実はヴィーガン(卵、乳製品等を含めて動物性原料不使用)でもあったのです! 今では全国に人気が広まり、31の都道府県に取扱店があります。ヴィーガンだけではなく、様々な面でエシカルなビジネス活動もしています。例えば、原料調達の透明性を重視したり、ブラジルから輸入した無農薬砂糖を使っていたり、カフェでは土に還る素材のカップやストローを使用していたりします。特に興味深いのが、「ダイレクトトレード」という、各国のカカオ農家の栽培状態や人権を考慮に入れて、直接カカオ豆を購入していることです。大手企業のチョコレートには、児童労働で収穫されたカカオを使っていたり、森林破壊に繋がるパームオイルなどを含んでいたりするチョコレートが多い一方で、ウシオショコラトルはそういった心配がない点も評価できます。 そんなウシオショコラトルの創立者の一人、中村真也氏にビジネス、エシカル消費、ヴィーガンについてインタビューをさせていただきました。 中村さんは、幼少期に犬を飼っていたことから動物との触れ合いがあり、「犬と遊んだ後に食卓でトンカツが出てきた時に、『なぜ犬や猫は家族と扱って豚や牛は食べるんだろう?』という疑問を持ち始めたそうです。それから色々な文化や宗教に触れるうちにベジタリアンの存在に出会いました。そんな時に当時務めていた店でナマコを捌いた経験が大きな影響を与えたそうです。 「無防備な心で殺した嫌な感触がモロに伝わり具合が(悪くなり)、本来は肉を食べるという事はこの思いを経ないと出来ないと思い、この思いをしたくないと思った自分には食べる資格がないと思い」動物を食べるのをやめたそうです。現在は、厳密に「ヴィーガン」といった表現をするより、ただ自分では殺せないものは食べないという哲学をもって生きているそうです。 そんな中村さんとのインタビューのハイライトがこちらです: 1)ウシオチョコラトルは何をインスピレーションに始めましたか?なぜチョコを作ろうと思ったのですか? A. シングルオリジンコーヒーが好きだったことと、VEGANに近い状況であった時にアメリカの新しいチョコレートシーンを知り、自分で何かを始めるならまだ誰もやっていないことをやりたいと考え、それとチョコレートが上手く付合したためです。 2)日本でヴィーガン商品を増やすにはどういった方法・対策がいいと思いますか?ヴィーガンをメインストリームにするにはどういう道のりが想像できますか? A. 不味かったりダサかったらお客さんも集まらないので、しっかりブランディングをすることと、大企業が着手する以外には見当もつきません。 あと、VEGANでない人を攻撃する様な雰囲気を取り払うことではないでしょうか。 3)ミルクや卵を使わないことは倫理的な理由もありますが、味やチョコレートの質との関係について教えてくれませんか? A. VEGANという縛りを利用して新しい味作りに挑戦することが楽しいです!これまである普通のミルクチョコも、研鑽を重ねたくさん作られ美味しさを安定させることに特化されていますし、美味しいです。でも僕ら新規参入者が同じことをやっても楽しくないので、これまでなかった、でも美味しいモノを考えていきたいです。 4)ウェブサイトやオンラインストアでfooチョコもみたのですが、ウシオチョコとはどういう関係でしょうか? A. 姉妹ブランドです!そちらではVEGANを敢えて推しています。 最後に、ヴィーガンを広めることに関してこんなこともおっしゃっていました: 食事ならばとにかく綺麗で美味しい、着るものなら新しくカッコイイものを創る上で『動物性のモノを使用しない』という縛りを楽しむ要素として捉えることが大事だと思い取り入れているだけす。 素敵なビジョンをもつ会社ですね!エシカルな上、世界の様々な国から集めてきた砂糖とココアしか使わない、添加剤などを加えないとても美味しいチョコでした。皆さんもご興味があれば、こちらのリンクからどうぞ!

,

スペインでヴィーガン台頭!

過去数年間に、他の西洋の国と同様に、スペインのヴィーガン人口が急激に増えてきた。まだ少数な生き方であるものの、スペインの都会のレストランはどこへ行っても、ヴィーガンオプションが見つけられる。田舎は状況が少し違っているが、最近少しずつヴィーガンオプションが広がっている。 このヴィーガン主義の進歩に伴って、スペイン社会も変わってきた。例えば、政治界において、動物の権利を守る目的でいくつかの政党が作られた。その中で、一番大切なのはPACMAと言う政党である。証拠として、2004年に行われた総選挙で、PACMAの得票数は6.5万票に過ぎなかったが、2019年には130万票を超えた。 PACMA動物主義者党のキャンペーン写真 / PACMA しかし、この社会変化の原因をどこで見つけられるのだろうか。スペインは闘牛で世界中によく知られているので、スペイン人以外の人々にとってこのスペインのヴィーガンの台頭は意外なことかもしれない。ところが、過去を振り返れば、おそらくこの社会現象のきっかけが理解できるようになるだろう。 数十年前から、民主主義化に伴って、スペイン人の社会習慣や価値観が変わってきた。というのは、スペインは寛容で多元的な国になっていた。例として、2005年に、スペインは同性婚を承認した世界で三番目の国になった。その上、移民に対して、スペインは世界でもっとも歓迎的な国の一つである。 しかし、このことは動物の権利とどう関わっているのだろうか。実は、何人かの心理学者によると、動物に対する共感はマイノリティの人々に対する共感と深い関係があるそうである。であるからこそ、マイノリティの人々の権利を認める政策が、動物に対する新しい行動をスペイン人に提案した可能性がある。 ただし、この理論でスペインのヴィーガンオプションの人気化が本当に説明できるだろうか。この話題を巡って、いくつかの意見が交わされているが、まだ真理がわからない。結論がでるのを待つしかないが、その間に、是非、スペインへ来て、ヴィーガン料理を食べてみてください! バルセロナの有名なボケリア市場 / Tupungato Written by ハイメ・イダルゴ・プリド (Jaime Hidalgo Pulido) 参考文献: Dhont, K., Hodson, G., y Leite, A. …

,

『地獄はどんなところか』日本語字幕版公開中 – Queen Vへのインタビュー

 イギリスのヨークシャー生まれのシンガーソングライターのQueen V。8歳のときからベジタリアンの彼女は、2016年にヴィーガニズムと出会い、自分の歌に新たな意義を発見する。2017年より、その独特な歌声と作詞・作曲スキルを活かし、動物と地球環境のための強力なメッセージを込めた歌を集めたユーチューブチャンネルを作る。  そんなQueen Vが人気曲である『地獄はどんなところか』を日本語字幕付きで発表したことを機にインタビューさせていただきました。2018年のFxEctive Factorヴィーガン・タレントコンテストで一位を獲得した作品を、ぜひご視聴ください。  ベジタイム:Queen Vは音楽を始めたのはいつですか?  Queen V:12歳のときに初めての曲を作りました。ありがたいことに、親は子供の頃から音楽を勉強させてくれました。バイオリンを始めたのは7歳の時でした!ピアノはもう少しあとでした。ピアノが弾ける姉妹のこと、少し羨ましかったですね。  VT: ヴィーガンになったきっかけは何ですか?  QV: 動物を傷つけたくない気持ちと、彼らを食べないことの重要性は、とても若いうちにリンクして、8歳のときからずっとベジタリアンでした。それで問題がないと思っていましたが、2016年の1月にロンドンに引っ越した時に、私に大きな影響を与えてくれた人たちに出会って、彼らに『カウスピラシー』や『フォークス・オーバー・ナイブス』などを紹介してもらいました。目から鱗が落ちた気持ちで、間も無くヴィーガンを始めました。  VT: 芸術とヴィーガンの活動の繋がりをどう感じていますか?  QV: 昔からずっと音楽を作ってましたが、歌詞は恋愛ソングばかりで、とてもモヤモヤしていましたね。達成感が得られるような曲はなかなか作れていませんでした。ヴィーガンな生活を始めてから、自然と動物のために曲を書き始めました。人に共有する意義のある歌詞があるんだ、とそのとき初めて実感しました。私のプライベートを人に聞かせるのではなく、動物のために、地球環境のために私の曲を聞いてもらいたいと思っています。  VT: イギリスのヴィーガニズムはどんな感じですか?  QV: とても強い、常に成長し続けるムーブメントです。人々はやっと目覚めてると実感しています。ロンドンに住んでいるのはとてもラッキーで、どんなスーパーにも、どんなレストランのメニューにもヴィーガン対応の選択肢が豊富です。ベジ専用のレストランもたくさん!地方行けばもう少し難しいとは思いますが、Tescoなどの大きなチェーンはヴィーガンの製品をどんどん増やしています。早かろうか遅かろうか、世界各地で起きてる現象だと思います。  VT: 『地獄はどんなところ』にはどんな背景がありますか?  QV: …

,

”動物好き”な人、そうでもない人、全ての人に見てもらいたいショートフィルムが完成

フランス人映像作家のセドリック・ローランドのショートフィルムが日本語字幕でも完成。 私たち人間が可愛いとも思うブタ、美味しいと食べている豚。 かわいらしいブタのキャラクター映像を楽しめる以上に、何か心に残ることがきっとあるのでは。 原題:Voir le Soleil (英語タイトル:See The Sun, 邦題:太陽を見たい)

,

美味しい~沖縄グルメ旅☆ベジ料理を満喫!

沖縄に行ってきました! 旅の楽しみの1つは、食!! 今回は私たちが4日間で巡った沖縄のベジタリアン料理やさんをご紹介します。   まずは、友人に以前からオススメされていたハンバーガーのお店。 海の近くの開放的なお店です。   Gub Gub’s 098-956-9004 沖縄県中頭群読谷村字都屋410 メニューの種類も豊富で、どれも気になりましたが、テリヤキバーガーとミートボールサンドを頂きました。 これを召し上がるほとんどの方が、これ本当に動物性の原料を使っていないの!?と驚いてしまうのではないでしょうか。 とってもボリュームがあって、ジューシーな完成度の高いパテやミートボール!! ベジタリアンはサラダしか食べないとよく誤解されがちですが、そんな誤解を吹っ飛ばしてくれるお店です。   飲み物とポテトまたはコールスローを付けられるセットメニューにすることもできます。 さらに、どのメニューも50円プラスで「コンボ」にすることができ、このお金は保護された犬猫のペットフード(このペットフードもヴィーガン使用)への寄付になります。   次に訪れたのは、ここ。 山の中を迷いながら到着!! カフェこくう 0980-56-1321 沖縄県国頭郡今帰仁村字諸志2031-138 …

,

ポールマッカートニーからのプレゼント!サイン入り料理本の応募方法公開!

ポールマッカートニーのサインの入ったクックブックへの応募方法が公開されました! 日本でもベジに関心をもつ人が増えるように、ポールが託してくださった本人直筆のサイン入りのお料理本です。 ぜひシェアをして、ポールのサインと一緒にベジの輪を広げましょう~! 【応募方法】 ●5月25日までに、お名前と以下の各質問への回答を mfm.all.japanアットマークgmail.com (上記アドレスのアットマークを@に変更してください) までメールでお送りください。 回答記入例:「①・・・、②・・・、③・・・、④・・・、⑤・・・」。左記「・・・」にはa,b,cのいずれかを記入。 全問正解者の中から抽選で1名の方にプレゼントします。   ●当選者の発表は、クックブックの発送を以て代えさせて頂きます。当選者が決まった際に、メールで連絡先等のやりとりをさせて頂きますので、今回の応募にあたって住所や電話番号などを記入する必要はありません。お名前だけで結構です。   ●メールをお送りする際、もしよろしければ、「応募の動機」、「今回の来日公演の感想やポールへの思い」、「ミート・フリー・マンデーについての感想」、「ベジタリアン/ヴィーガンに対する印象」、「当サイトへの希望や提言」などなど、何でも結構ですので、一言添えていただければ幸いです。内容を吟味した上、当サイトにて一部を匿名で紹介したいと思います。もちろん、この一言が抽選者の選定基準になるということではないので、全く記述しなくても構いません。 では質問です! ① ポール・マッカートニー氏が、地球環境保護等を目的に、「週に一日、菜食で過ごそう」という「ミート・フリー・マンデー(Meat Free Monday)」キャンペーンを呼びかけて以来、世界各地の都市や学校などで、ミートフリー・デーを導入する動きが広がっています。日本でも各企業やレストランなどでベジ・メニュー導入の動きが進んでおり、今年4月には内閣府が、政府機関としては初めて職員食堂での週一ベジ・メニュー提供を始めました。さて、マッカートニー氏がこの「ミート・フリー・マンデー」キャンペーンを始めたのはいつでしょうか。 (a)2005年 (b)2009年 (c)2012年   ② ポール・マッカートニー氏は、「もしも屠殺場の壁がガラス張りだったら、すべての人はベジタリアンになるだろう」という趣旨のキャンペーン・ビデオにナレーターとして出演しています。このビデオの題名は何でしょうか。 (a)Glass Walls (b)Slaughterhouses (c)Meat Is …