ベジタリアン・ヴィーガンの情報サイト

Home Posts Tagged "うどん"

うどん

,

台東区役所の食堂に第二弾ヴィーガンメニューが登場!裏メニューも

10月5日から台東区役所(東京都)の食堂「チカショク さくら」にて新たなヴィーガンメニューの販売が始まっています。「野菜仕立てのキーマカレー」に続く待望の第二弾です! そのメニューがこちら「野菜仕立てのかき揚げうどん」です。動物性の原材料や調味料を一切使用せずに作られています。NPO法人ベジプロジェクトジャパンのヴィーガン認証も取得され、メニューにはヴィーガンマークも掲示されています。 販売当初から多くの注文が入るヒット商品です! 勿論かき揚げの衣に卵は使用されていません。サクサクしていて、つゆが染み込むとジューシーで美味しかったです。玉ねぎやにんじん等の野菜本来の甘味が活かされていて、お子様からご高齢の方まで幅広い世代に愛される味なのではないでしょうか。またかき揚げの他にも水菜、ネギ、ワカメがトッピングされていて様々な食感を楽しめました。 うどんはコシがあってモチモチとした食感。お出汁も植物性食材のみから作られているのでさっぱりしていて、うどんとよく合います。この一杯でお腹が満たされるので、コストパフォーマンスもとても良いです。 さらにこのメニュー、五葷(ネギやニンニク等)を抜いたものに変更することができます。注文する際に厨房の方に一言お伝えすれば、かき揚げとネギを「おくらとろろ」に変更してもらうことができます。この変更をすることで、五葷を食さないオリエンタルベジタリアンの方にも召し上がって頂けるメニューとなります。おくらとろろのネバネバとした野菜は栄養価が高く、疲労回復の効果も期待できます。うどんとの相性も良いので、オリエンタルベジタリアンの人にとってだけではなく嬉しいオプションですよね。 さらに、メニューには記載されていない裏メニューも存在します!「野菜仕立てのかき揚げうどん」のうどんに「野菜仕立てのキーマカレ―」のカレーをかけた「ヴィーガンカレーうどん」です。こちらも注文の際に厨房の方にお伝えすると対応してくれます。2種類のヴィーガンメニューを一度に楽しめるのは、この裏メニューだけ!ぜひお試しください。 植物性食品のみを使用した食事は私たちの健康に良いだけでなく、動物や環境にも配慮されていることが魅力の一つです。自分で作ってみようと思うと難しいかもしれませんが、このように区役所の食堂でヴィーガン料理が食べられるのは、とても手軽で嬉しいですね。食堂は台東区にお住まいでない方もご利用可能です。ぜひ一度足を運んでみてください! 店舗情報:台東区役所(東京都)ーチカショク さくらー住所:東京都台東区東上野4丁目5番地6号 地下1階営業時間:平日11時~15時

,

かわいすぎ!田靡製麺から赤ちゃんも嬉しいヴィーガンお試しセット発売中

田靡製麺株式会社さんより発売されている「かんたんらくらく 赤ちゃんうどん」と「かんたんらくらく 赤ちゃんそうめん」のシリーズは、ヴィーガン認証取得の商品。そうめんには、にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、うどんにはさらに、ひじきの味があります。 赤ちゃんのイラストとカラフルなデザインが目をひく、可愛らしいパッケージです。 もちろん赤ちゃんにもやさしいシリーズなのですが、動物性原料が一切含まれていない目印のヴィーガン認証マークも。ヴィーガンの商品を探している人にとって、ヴィーガン認証マークは大事な印です。 「かんたんらくらく 赤ちゃんうどん」と「かんたんらくらく 赤ちゃんそうめん」シリーズは、国産小麦と国産野菜粉末のみで作られ、食塩不使用・無着色です。さらに小さな赤ちゃんでも安心して食べることが出来るように、小さくカットされています。たっぷりと野菜の粉末が含まれていて、野菜だけで鮮やかな色を楽しむことができます。種類が多いのも魅力的。 現在、田靡製麺さんのオンラインストアでは、ヴィーガンおためしセットが発売中。赤ちゃんうどん(ほうれん草)、赤ちゃんうどん(にんじん)、赤ちゃんうどん(ひじき)、極細野菜そうめんがセットになって1480円(税込、送料込)。 「かんたんらくらく 赤ちゃんうどん」と「かんたんらくらく 赤ちゃんそうめん」のキャッチコピーは「時短・かんたん!ママの強い味方です」。ですが、「時短・かんたん!皆の味方」といっても過言ではありません。 今回は、この中から「赤ちゃんうどん(ほうれん草)」と「赤ちゃんそうめん(にんじん)」を使ったレシピを紹介します。「赤ちゃん」だけでなく、「大人」も美味しく食べられることを意識しました。とても簡単レシピなので、ぜひ皆さんも作ってみてくださいね。 <油揚げと白菜のごま味噌うどん> -材料- 1人分 赤ちゃんうどん(ほうれん草)50g 白菜 3枚 油揚げ 50g すりごま 少々 味噌 適量(味見をしながら) ごま油 適量 塩 少々 砂糖 ひとつまみ -レシピ- …

,

あの京のカレーうどん屋さんにベジ対応メニューがたくさん!

京のカレーうどんでかなり有名な味味香さん。八坂神社のすぐ隣という好立地に加え、他では味わえないコクのあるそしてボリューミーなうどん等が人気で、いつも賑わいを見せているお店です。 外見はこんな感じ。オレンジ色ののれんが目印。ガラスには、これまで訪れた著名人の写真も飾られています。 そんなお店に、たくさんのヴィーガン(肉、魚、卵、乳、蜂蜜を使わない)対応のベジメニューがあるのです。 こちらは、野菜かき揚げカレー丼と、野菜かき揚げうどん。野菜かき揚げが美味しそうで、丼もうどんもどちらも野菜かき揚げ付きを。 カレー出汁は、動物性の原料が何も使われていないというのに、とてもコクのある出汁!美味しくて、ついつい最後まで飲んでしまいました。(笑) サクサク、ザクザクの野菜かき揚げも期待を裏切りません。食べごたえ最高です。ぜひこれは召し上がって頂きたい一品。 四種類の七味が用意されていて、味の変化を楽しむこともできます。 味味香さんとベジタリアン対応の関係について伺ってみました。 味味香さんが、ベジタリアン(肉、魚、卵、乳、蜂蜜を使わないヴィーガンレベル)対応を始められたのは、ある6人の外国人グループの来店がきっかけでした。 そのグループの中には2人のヴィーガンがいて、彼らが出汁に魚が使われているので出汁を醤油に変えてお食事を提供してほしいとお願いしてきたのだそうです。 店主の平岡さんは、「うどんをお醤油で提供しても満足のいくお料理は提供できない、ましてそれでお金はとれない。」とお伝えし、「時間はかかるけれども、少し待ってもらえますか。」と、昆布出汁を即興で作り、ヴィーガン対応のうどんを提供されました。 「せっかく遠くから京都に来てくれているのだから、美味しいお料理でおもてなしをしたい、楽しんでもらいたい」 という一心だったそうです。 それを機にここ1,2年の間、ベジタリアン需要の増加に気が付いて来られました。 最初は、外国人対応、という位置づけで始めたベジメニュー。しかし、その後調べていくうちにベジタリアン食が地球に優しい食ということも知り始めました。さらに、長年のファンであるビートルズのポールマッカートニーも、ベジタリアンの活動Meat Free Monday(ミートフリーマンデー)を行っていることを知り、ベジタリアン対応への意味を掘り下げていくことになりました。 (ポールがなぜミートフリーマンデーをしているのか、興味のある方は、ベジプロジェクトとARCがポールに行ったインタビュー(日本語字幕付き)動画から!) そんな中、ある時京都ベジマップ作製委員会のメンバーに出会い、「協力せなあかん」と思われたそうで、益々のベジメニュー開発に日々取り組まれています。 実際にベジメニューを導入された反響を伺ったところ、「こちらが恐縮するほど喜んでくれるお客さんもいる。」という回答を頂きました。 ベジタリアンチョイスがまだ少ない日本で、そのチョイスを見つけられて、それがとっても美味しいこと、これはもう喜びにならないはずはないですよね! ではどんなメニューがあるのかというと うどん、丼、そしてラーメンまで! そしてベジメニューの数は増え続けています。 …