マクロビオティックからヒントを得た、簡単プラントベースなお味噌汁の作り方

SHARE
, / 46 0

美味しいお味噌汁を、カツオ節の出汁を使わずに簡単に作るのにはどうしたら良いでしょうか?

お味噌汁を作るときに、市販の顆粒だしを使ったり、出汁入りの味噌を使ったりしていませんか?
または、出汁と言えばカツオ節じゃないと美味しくできないと思っていませんか?

ここでは、マクロビオティックの料理法をベースに、簡単で美味しいお味噌汁の出汁の作り方を紹介したいと思います。

下記に紹介するのは、マクロビオティック教室で学んだことをベースに、自分なりに毎日料理できる簡単な方法にアレンジしたものです。

出汁&お味噌汁の作り方

干し椎茸と昆布

1. 干し椎茸と昆布を用意します。

2.中火で干し椎茸と昆布を煮ます。

3.沸騰したら昆布だけ取り出します。

4.しいたけだけで10分程度煮ます。少し色がつくくらいまで煮るとしっかり出汁が出ます。

これで出汁は完成です。

5.すきな野菜や具を入れます。出汁で煮ていたしいたけも食べられるので、好きな人は食べやすいサイズに切ってそのまま煮てください。

6.味噌を入れます。

完成です。

意外と簡単で手間がかからないのではないでしょうか?
昆布だけは煮すぎず、しいたけからじっくり旨味と香りを引き出すイメージです。
量は、写真のように、2人前のお味噌汁に対して小さいしいたけ2個、昆布一切れです。

昆布は冷凍させたりして2−3回使えます。
2回目以降は少し長めに煮るようにします。

美味しいお味噌汁をお楽しみください!