アンチエイジング

乳製品の企業が植物性ミルクメーカーとして復活

ニューヨークに本社を持つエルムハースト乳業株式会社は、顧客ニーズの減少により、創業90年の末、乳製品の生産を停止しました。1920年代の創業以来、エルムハーストは、アメリカ東海岸の最も大きな乳製品会社の1つとして成長し700万人の住む大都市に乳製品を届けてきた企業です。 CEOのHenry Schwartsは、会社の生産コストが近年高くなっていたと同時に、「低温殺菌牛乳は流行遅れになっている」こと、そして「これ以上の損失を出し続ける訳にはいかない」と語りました。   エルムハーツ乳業の閉業は、飽和脂肪、コレステロール、ホルモン剤などによる健康への人々の危惧や、ミルク工場における動物の扱われ方に対する消費者の意識の高まりといった、欧米における動きを反映しています。 コーネル大学、農業経済学の教授Andrew Novakovicによると、牛乳の消費量は40年代をピークとして、一人当たりの年間消費量が2010年の108キロから、2015年の54キロへと近年急減しています。その反面、植物性ミルクの需要が急増している傾向がみられます。     市場の変化を背景に、エルムハースト乳業は、会社名を「エルムハースト(株)」に変更し、健康に優しい植物性ミルクの生産に移りました。 そしてエルムハーストは、先週カリフォルニア州で開催されたNatural Foods Expo Westで、「Milked」シリーズを新発売しました。 これらは、アーモンド、ヘーゼルナッツ、カシューナッツ、そしてクルミを原材料としたこれらの植物性ミルクの一連は、動物性を含まないヴィーガン対応の商品となっているのです。   Photo: elmhurstnutmilk Instagram   昨年グーグルのCEO Eric Schmidtが予想した「植物性商品の革命」が実現されつつあり、Ben & …

にんじんジュースで一日を始めよう

にんじんジュースというキーワード、健康情報を日頃からチェックしている人であれば、見聞きしたことがあるのではないでしょうか。「やせた!」「肌がきれいになった!」という感想がネット上でも多く見られる健康法です。実際に試したことがある、という人も少なくないかもしれません。でも、具体的にどんな効果があるかご存じですか? にんじんジュースについてご存じの人にもそうではない人にも、その健康効果と正しいやり方をぜひ知ってもらいと思い、詳しく調べてみました。にんじんジュースで、今こそ健康や美容効果を実感してみましょう! ダイエット、美肌にうれしい効果が! にんじんジュースが日本で人気になったきっかけを知っていますか?イシハラクリニックの石原結實(ゆうみ)さんが、海外の病院で自然医療を勉強しているなかで知り、メディアを通じて日本に広めました。にんじんとリンゴをジューサーにかけて飲むだけ、という手軽さも手伝って、一時のブームに終わらずに今でも多くの人々に好まれている健康法です。 にんじんは多くの栄養成分を含む食材として知られています。βカロチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維など、挙げればきりがありませんね。これらの栄養成分が相乗して働くことで、さまざまな健康・美容効果が生まれるんです。 ▶脂肪燃焼にひと役! にんじんは数種類のビタミン、ミネラルを含んでいて、食物繊維も豊富。デトックス作用で体内の老廃物を排出し、乱れがちなお通じもよい状態に整えて、体が軽くなる実感を持てるでしょう。また、血液をきれいにしてくれるので、全身に血液が行き渡るようになります。日々摂取していると代謝がゆるやかに上がってきて、脂肪を燃焼させやすい体質に切り替わります。 ▶肌に潤いを与えながら紫外線から守る にんじんに含まれるビタミンAは、皮膚に潤いをもたらす大切な役割があります。特に乾燥肌でお悩みの人は、にんじんのビタミンAに大きな期待が持てるはず。にんじんといえばβカロチンも有名で、この成分は高い抗酸化作用で知られています。βカロチンは肌の酸化(=老化)を促す活性酸素の働きを弱めるほか、紫外線から肌を守る作用がのぞめます。 ▶婦人科系の不調を和らげる効果も 東洋医学的にいうと、にんじんは体を温めて、血の巡りを整えてくれる食材です。更年期障害から来る貧血や偏頭痛、生理時の不調の緩和に役立つでしょう。 ▶腸内環境を正常に 腸内環境を整える近道は、善玉菌を増やすこと。にんじんには、善玉菌の代表「乳酸菌」を育てる「乳酸菌発育因子」が多く含まれています。腸内の善玉菌を育てながら、乱れた腸内環境を整えてくれるんですね!腸内環境を正常に整えることが、健康・美容の底上げにつながるということは、さまざまなメディアでも紹介されていますよね。 にんじんジュースの作り方、飲み方 にんじんの効能を余すことなく摂取できる、にんじんジュース。作り方はとても簡単で、にんじん一本とリンゴ半分を適当な大きさに切り、ジューサーやミキサーにかけるだけ。お好みでレモンを数滴垂らしてもかまいません。 ポイントは、なるべく皮ごと使うこと。にんじんの栄養成分の多くは、皮の近くに含まれているからです。 ちなみにりんごを加える理由は、味を整えるだけでなく、健康効果が高い果物だからです。とくに、整腸作用やむくみを取る作用が知られています。りんごもにんじんと同じく、皮に豊富な栄養が含まれています。ぜひ丸々使うようにしてくださいね。 ▶飲み方  にんじんジュースは基本的にいつ飲んでもOKですが、にんじんジュースを朝食代わりにすると、一日の摂取カロリーを抑えられたり、胃腸の働きをよくする作用が期待できる点は見逃せません!ちょっとした断食にもなるので、上で紹介したデトックス効果がより高まるといえます。朝食をにんじんジュースに置き換えて、体を内側からスッキリさせる方法として、おすすめですよ。 とにかく手軽で、すぐにでも始められるのが、にんじんジュースのいいところ。ダイエットや美容に、もっと広く健康維持に、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか? Source: macaroni Posted by …

「イチジク」の効能

なんだか不思議な食べ物、でも効能が高いイチジクに注目した記事を、 ネタりかさんからご紹介。 ベジタリアンから学ぶ食生活、いちじくの効能! ドイツでは、宗教上の理由、アレルギー、哲学、健康や美容等、様々な理由から、ベジタリアンでいることを選ぶ人々が暮らしています。彼らは肉類を食べないかわりに、自然物から必要な栄養素を効率良く摂取する方法をよく知っています。例えばミューズリー(グラノーラ)を朝食として食べるベジタリアンはとても多いのですが、グラノーラの中には、様々な栄養価の高い穀類、ドライフルーツが入っており、また、高脂肪高カロリーのチーズではなく、ヨーグルトやミルク、また、砂糖ではなく天然のハチミツを加えているので、とても健康的です。ミューズリーは、ミックスされている市販のものもありますが、個人で好きな材料を個別に買ってきて、栄養価を考えて自分でミックスしている人もいます。 今回はそんなミューズリーによく入れている食材の中から、ドライイチジクの効能に注目してみたいと思います! 植物性エストロゲンで女性ホルモンを整える 女性ホルモンのバランスの崩れにより引き起こされる症状としては、例えばPMS(月経前症候群)、更年期障害等が挙げられますが、いちじくの種子に大量に含まれていると言われている「植物性エストロゲン」の働きにより、女性ホルモンのバランスを整え、こういった症状を改善させることが出来ます。また、ドライイチジクは水分が減る分、植物性エストロゲンの含有量がフレッシュないちじくよりも多いと言われています。 ベストアルデヒドで抗がん作用 近年、イチジクに含まれている「ベストアルデヒド」 が、抗がん作用があることが発見されたそうです。〈イチジクに含まれるベンズアルデヒドは抗がん作用が顕著〉  イチジクが腫瘍(しゅよう)に効くとの民間療法を科学的に解明したのが、日本の科学者です。イチジクからベンズアルデヒドという活性成分を抽出し、これをがん患者に投与したところ、半数以上に改善がみられました。出典:kotobank.jp また、イチジクをよく食べる地域では、がんの発生率が少ないという報告もあるそうです。 ポリフェノールでアンチエイジング 言わずと知れたポリフェノールの効能ですが、抗酸化作用があるため、生活習慣病の予防、美肌、アンチエイジング効果があります。イチジクには、このポリフェノール類が大量に含まれています。中でも、「ザクロエラグ酸」は、メラニン色素の生成を押さえるため、美白に効果絶大だそう。また、いちじくにはビタミン類も多量に含まれているため、美肌効果は非常に高いことが期待できます。他にも、フィシンが消化を助け胃を守り、食物繊維が豊富なため便秘解消にも役立ってくれる。。。 いちじくはまさに女性のための果物と言えるでしょう。 Source; ネタりか Posted by Vegemon

美肌キープにはベジがキー!?

美肌キープのための策をネタりかさんの記事よりご紹介します! 美肌をキープ!老けないために○化に注意 年齢を重ねても、美肌をキープしている方はたくさんいますよね。 ハリ・つやのある若々しさを保っている方は、たまたま老けないのではなく、日々の食事や生活習慣が大きく関連しています。 日頃からあなたが何気なくとっている行動で、もしかしたら老化を促進してしまっているかも。 将来のために、4つのポイントに今すぐ気をつけていきましょう!   1.【野菜・果物はアンチエイジングの基本】~抗酸化~ 健康美をつくるためには、まず野菜・果物をしっかり摂ることが必要不可欠。 野菜や果物に豊富な栄養素は美肌だけでなく、デトックス、ダイエットにも効果的です。 特に重要なのは、ブロッコリーやトマト、にんじんなどの緑黄色野菜。 アンチエイジングにおいて『抗酸化』がキーワードですが、緑黄色野菜は抗酸化の作用があり、身体が酸化するのを防いでくれます。   2.【血糖値に注意】~抗糖化~ 続いて大切なのは『抗糖化』。 体内にたまった糖とたんぱく質が結びつき、老化促進の原因となるAGEsをつくる現象を『糖化』と言います。 糖化をなるべく抑えるポイントは、血糖値の上昇に注意することです。 ・野菜から食べる ・食物繊維を摂る ・炭水化物は最後に食べ、量を控えめにする ・ゆっくり食べ、腹八分目に抑える 血糖値を急上昇させないために、以上のことを意識してください。   今すぐ整えよう!美肌をキープする生活習慣 …

納豆がスゴイ理由

畑のお肉、大豆の発酵食品である『納豆』 今や世界に認知されるようになった存在ですよね。 改めて『納豆』の栄養と効能について注目してみました。 *納豆1パック(45g)= タンパク質  牛肉肩ロース 45g分 マグネシウム  カキ 3個分 鉄分  牛レバー 40g分 カルシウム  ヨーグルト1/2個分 ビタミンB2  豚肉肩ロース 100g分 Source:タカノフーズ株式会社 他にも食物繊維やカリウムなどなど、幅広く高い栄養価をカバーしている納豆。 さらに注目すべき効能も・・・ ナットウキナーゼ 納豆にだけ含まれている特別な栄養素で、血栓を予防し血液をさらさらにする効果があると言われています。血液がさらさらになることで、心筋梗塞や脳梗塞などを防ぐ効果があります。また、免疫力を向させる働きもあります。 ポリアミン 細胞の再生に不可欠な成分で、新陳代謝や老化防止に効果があります。 細胞の再生がきっちり行われることで、お肌のシミ・そばかす・くすみなどを防ぐ効果があります。 納豆レシチン 排毒作用があります。デトックスすることで、 ニキビやシミを防ぐ肌荒れの改善などの効果が期待できます。 イソフラボン 大豆に含まれるイソフラボンには女性ホルモンのバランスを保つ効果あり、それにより乳がんの予防にもつながると考えられています。 また、更年期障害や骨の病気の予防にも効果があります。 Source:ソレメモ …