お刺身こんにゃくの楽しみ方

SHARE
, /9974 0
お刺身こんにゃくの楽しみ方

実は奥深い刺身こんにゃくについてまとめられている記事を、welqさんよりご紹介します。

刺身こんにゃくとは

 

刺身こんにゃくとは、アク抜きをする必要がなく、湯がいたりせずに生でそのまま食べることができるこんにゃくです。

刺身こんにゃくという商品名になっているものは、水分を多くして固まり過ぎないようにすることで食感を工夫したり、匂いも抑えられるように独自の製造方法で作られています。

風味付けに青のりや柚子などを練り込んだ商品もあります。商品によって食感がかなり違っていたりするところが面白いです。一般的な刺身こんにゃくは、常温よりも低い温度になると弾力がなくなって柔らかくなる傾向があります。

刺身こんにゃくと銘打っていなくても、手作りの生芋100%のこんにゃくは刺し身で食べるのが最も美味しいそうです。ふぐ刺しのようであるとして、生芋こんにゃくは別名で山ふぐとも呼ばれています。

スーパーで売られているこんにゃくでも、アク抜き不要のこんにゃくであれば生で食べることができます。

刺身こんにゃくの栄養価

刺身こんにゃくの栄養は、97%が水分で、残りのほとんどは食物繊維です。そして、ミネラル分などが含まれています。ミネラル分は、カルシウムが最も多く、鉄、銅が続きます。皮まで使って作る生芋こんにゃくには、お肌の保湿成分セラミドが豊富に含まれています。

刺し身こんにゃくの主成分である食物繊維は、グルコマンナンという水溶性食物繊維です。グルコマンナンは水分を含んで膨らみます。

こんにゃくを食べるとグルコマンナンが胃の中で膨らんで満腹感を得やすいほか、便通も改善してくれるためダイエットにいいとされます。また、コレステロールや血糖値を下げる効果も報告されています。

刺身こんにゃくはほとんどが水分で残りが食物繊維ですから、とても低カロリーな食べ物です。100gあたりのカロリーは商品によっても異なりますが4~9kcalです。

Photo: E・レシピ

刺身こんにゃくの保存方法

刺身こんにゃくは常温、または冷蔵で保存します。通常、こんにゃくは直射日光や高温多湿を避けて保存するようにパッケージに記載されていることが多く、その場合は冷暗所で常温保存ができます。

刺身こんにゃくは風味付けのために様々な食材を練りこんでいるものがあり、その素材によっては冷蔵庫で保存する必要があります。パッケージの記載に従って下さい。こんにゃくは凍ると食感がスポンジのようになってしまいますので、冷凍保存はできません。

開封後に一度に食べられずに残ってしまった場合は、袋に入っていた水と一緒に容器に入れて表面が乾かないように保存します。袋の水を捨ててしまった場合はお水でも構いません。一度開封して保存したら刺身ではなく加熱して食べるのをおすすめします。

 

刺身こんにゃくの賞味期限

刺身こんにゃくは商品によって製造方法も違い、こんにゃく以外の食材が練りこまれていることも多いため、賞味期限も商品によってバラつきがあります。生食用であるため賞味期限は普通のこんにゃくよりも短く、製造日から2週間~20日程度のものが多いですが、90日間など長いものもあります。

開封後は、一般的なこんにゃくは開封から2~3日間食べられますが刺身こんにゃくは元々賞味期限も短いため、一度開封したらすみやかに食べきりましょう。一度開封したら食べる前に傷んでいないか確認しましょう。

 

刺身こんにゃくの基本の食べ方

刺身こんにゃくは水洗いをするだけで食べることができます。水分が残っているとたれが絡みにくいので、クッキングペーパーで拭きとってあげるとより美味しくいただけます。

食べるときにはたれをつけて食べます。わさび醤油と酢味噌がもっともポピュラーなつけダレです。その他、ポン酢や辛子酢味噌などでも美味しく食べられます。また、刺身こんにゃく商品を購入するとたいていはその商品に合ったつけダレが付属しています。

刺身こんにゃく自体はたんぱくな味ですから、つけダレで様々な味の変化を楽しめます。また、野菜などと一緒にサラダのようにしたり、アレンジ料理をしても美味しいです。開封後に食べきれずに保存したら加熱調理して食べましょう。

 

刺身こんにゃくおすすめのヘルシーレシピ

塩とごま油で刺身こんにゃくレバ刺し風

材料:刺身こんにゃく 1袋、塩 小さじ1/2、ごま油 大さじ1

1.ごま油と塩を混ぜたらたれの出来上がりです。
2.刺身こんにゃくをたれにつけて食べます。

レバ刺しといえば塩とごま油。レバ刺しを想像しながら食べてみるのも楽しいですね。刺身こんにゃくの食感によってレバ刺し感が違ってくるそうです。レバ刺しそっくりに作られた刺身こんにゃく「マンナンレバー」なら完璧かも?

刺身こんにゃく&わかめの酢味噌サラダ

材料(2人分):刺身こんにゃく100g、乾燥ミックスわかめ 大さじ3
たれの材料:酢 大さじ1、砂糖 大さじ1、味噌 大さじ1、ゆず胡椒 小さじ1/4

1. 刺身こんにゃくは洗って水気をとり、乾燥わかめミックスは水で戻して水気を切っておきます。
2. たれの材料を全て混ぜ合わせて、1に和えたら出来上がりです。

たれにゆず胡椒を使用して、柚子酢味噌と辛子酢味噌が融合したようなたれが出来上がりました。海藻と刺身こんにゃくを合わせたダイエットにぴったりのサラダです。食物繊維とミネラル類がたっぷり補給できます。

 

コクのお味噌とレモンで爽やかに

1.たれの材料を、レモン汁を除いて全部ボウルに入れて味噌が溶けるようによくすり混ぜます。
2.レモン汁を少しずつ加えてちょうどいい酸っぱさにしたら、たれの出来上がりです。
3.刺身こんにゃくをたれにつけて食べます。

柚子味噌の柚子の替わりに手に入りやすいレモンを使ったたれのレシピです。柚子が手に入りにくい季節にも作りやすいレシピです。甘さも好みの味に調整して下さい。甘さ控えめのさっぱりとした酢味噌になります。レモンの皮を少しすりおろして加えると香りが豊かになります。

きな粉でスイーツ系たれ

材料:きな粉 適量、お好きな甘味 適量

洗って水気をとった刺身こんにゃくにきな粉をかけ、はちみつ、黒蜜、カロリー0甘味料、オリゴ糖などお好きな甘味をかけます。

口コミを見ると、刺身こんにゃくをスイーツとして食べている人が意外と多いんです。こんにゃくはカロリーがほぼゼロ、糖質もゼロですから、ドーナツなどを食べるよりずっとヘルシー。人気の食べ方はきな粉を使ったデザートアレンジです。きな粉はタンパク質が豊富なので食べごたえも栄養の面でも二重丸です。きな粉の替わりに抹茶もいいですね。

 

刺身こんにゃくは、すぐに食べられて、意外と美味しくて、商品ごとに食感や味も違う楽しい食材です。しかも低カロリーで健康や美容、ダイエットにいいのも嬉しいですね。

スーパーでも気軽に買えますので、美味しく食べて健康をゲットしちゃいませんか?

 

Source:welq
Posted by Tsubomi.H

Leave A Reply

Your email address will not be published.