女子会はここで決まり!アクセス良しのおしゃれVeganbar・KiboKo

SHARE
, /710 0

「ベジタリアンを知らない女性にこそ、来てほしい。」

そう語るのは、オーナーの沼波さん。

今年4月、新宿三丁目にオープンした「KiboKo」はヴィーガン(ベジタリアン)食を出すレストランバーだ。
※ヴィーガン食とは、肉や魚を食べないベジタリアンのなかでも、卵や乳製品といった動物性の食品も使用しない食事のこと。

(写真:パクチー餃子-800円)

中でも、お客の心を掴んで離さない人気の料理は「パクチー餃子」。もっちりパリッと焼き上げた皮の中からジュワッと溢れ出る餡、そして口のなかに広がるパクチーの香りは、餃子好きはもちろんパクチー好きにはたまらない一品だ。




.

(写真:スパニッシュオムレツ-800円)




(写真:トリッパ風トマト煮込み-700円 赤ワイン600円~)
(写真:トマト・アボカド・茄子のタルタルサラダ-800円)
(季節のポタージュ(ビーツ)-300円).

「スパニッシュオムレツ」、「トリッパ風トマト煮込み」また、「トマト・アボカド・茄子のタルタルサラダ」も、注文の多いメニューだ。
これからの季節にはポタージュも頼んでみたい。

.

.もちろん、女子の好きなスイーツもヴィーガンかつ小麦粉を使わないものが用意されている。

(写真 「Daughter Bouteque 」の黒イチジクとカカオニブのマフィン-500円)




 

さらに、ワインバーと称されるだけあり、ドリンクのメニューはワインが豊富だ。どれもオーガニックワインで、添加物を一切使用されていない二日酔い知らずのワインだと言う。お酒好きの強い味方である。1グラス600円~ボトルも注文でき、手頃な価格から選べるのも嬉しい。お酒が飲めない人には、無農薬の野草茶や、紅茶、ジュースが用意されている。

.

(写真:オーナー 沼波氏)

「仕事が終わってへとへとの中、料理を作れずコンビニ弁当で済ませてしまう友人を何人も見てきました。
毎日そうだと体を壊してしまわないか心配で。少しでも、彼女たちのような人の体を労りながら、でも美味しく、楽しく気分転換できる場所にしたい。」

.

その思いからお店を開いている沼波さんは、料理だけでなく内装にも力をいれている。

店内は白を基調ととした壁で、清潔感がある。とりわけカバの人形や窓に描かれた絵が印象的だ。

(写真:窓枠に置かれたカバの置物)
(写真:窓ガラスに描かれた絵)

.

(写真:店内のカバの人形)




.

.店名のkiboKoもスワヒリ語でカバを表すそう。カバ尽くしである。
今後は「大人女子が喜ぶレストラン」をコンセプトに、内装を変えていくとのことだ。

また、店が4階ということもあり、ディナータイムは夜景も綺麗でデートや誕生日にもよく利用されているとのこと。

.

女子会にはもちろん、デートにも利用できるヴィーガンレストランバー。
ぜひ一度、足を運んでみては。

.


【レストランDATA】
「KiboKo」
東京都新宿区新宿2-5-8 志村ビル 4F
TEL 03-6380-1709
営業時間:平日(月曜日除く)11時30分~17時(スイーツ、お茶のみ)、17時00分~22時(全てのメニュー)
土曜13時30分~17時 17時~20時(全てのメニュー)
※ワンドリンク制
定休日: 日曜日・月曜日

※データは取材時(16/11/1)のものとなります。

撮影     黒木 麻恵
撮影協力   山﨑 猛
取材・執筆    野本 春菜

Leave A Reply

Your email address will not be published.