日本でも!東京ビックサイト展示会でヴィーガン食のデモンストレーション

SHARE
, /332 0
日本でも!東京ビックサイト展示会でヴィーガン食のデモンストレーション

年中、多種多様な展示会やイベントが行われている東京ビッグサイト。2/21-24には、「国際ホテル・レストランショー」「フード・ケータリングショー」「厨房設備機器展」が開かれています。なんとこのイベント、2/22には株式会社グローバルメディア主催の「ナチュラルフードプロダクツ」に関する企画が行われたのです。大きなステージで、4名の料理人たちがそれぞれ順にナチュラルフードに関係する2品ずつのお料理が披露されました。

 

今回の「ナチュラルフード」のコンセプトの中には、グルテンフリー、オーガニック、ベジタリアン、ヴィーガンなどが含まれます。

外国からの訪日観光客が急増していること、食の選択が多様化していることを受け、今年からこの展示会ではナチュラルフードプロダクツの出展ゾーンが新設されました。それに伴い、今回の調理実演イベントが開催されました。

 

登壇者は、コンラッド東京 総料理長の井本 信一郎氏、ビリオネア CEOのベリッシモ・フランチェスコ氏、Vegan Food Creator・Instructor +HOLIC 主宰のMimi氏、ホテル インターコンチネンタル 東京ベイシェフズ ライブ キッチン料理長の佃 勇氏という豪華な顔ぶれ!

2品ずつ披露されたお料理の1つまたはどちらもは、ヴィーガン(肉、魚、卵、乳製品、はちみつを使わない)対応でした。

 

どんなヴィーガン料理が紹介されたかというと、、

井本氏からは「キノアのフルーツサラダ」

ベリッシモ氏からは「ベリッシモ風オレンジ皮詰のイチジク」

 

Mimi氏からは、ヴィーガンの中でも48度以上の熱を加えないというローフード使用で「ヴィーガン&グルテンフリーチョコレートカップケーキ」と「RAWアボカドオレンジチョコレートムース&スパイスチアシードプディングパフェ」

佃氏からは「ホワイトソルガムきびと有機野菜の煮込み」と「ソルガムきびとラタトゥーユの豆乳グラタン」

どれも、こだわり抜かれたお料理ばかり!

アーモンドミルクは実は簡単に作れること、チアシードはゲル化作用がありヴィーガン料理では難しいと思われがちな「つなぎ」の働きをしてくれること、ココナッツオイルは野菜のいためものにも最適なこと等々、たくさんのナチュラルフードを扱うコツが紹介されました。

またスローフードやヴィーガンフードが健康や美容だけではなく、地球にも優しい食だというメッセージもちらほらシェフの口から発信されていました。

3年ほど前までには比べ物にならないほどに、今はベジタリアン対応やグルテンフリー対応など食のリクエストは増え、ホテルではほぼ毎日対応をしているそうです。

ヴィーガンバターやソルガムきび等、なかなか今の日本では手に入らない食材も今回は使用されていましたが、そんな商品も扱うお店がどんどん増えれば、食のバラエティに十分に、そして楽しく対応していけることを感じました。

試食させて頂いたお料理は、本当に美味!

ベジタリアンさらにヴィーガン、グルテンフリー、非加熱など、制限があるお料理であっても、十分に美味しくて素敵なお料理ができることが発信された企画でした。

 

Written by HARUCO K