Lifestyle ライフスタイル

ベジタリアンなライフスタイル, ベジタリアン生活の楽しみ方, ベジタリアン生活を行うチップ、ヒントに関する記事です。

エミレーツ航空ビジネスクラスの旅でベジタリアン対応

飛行機や空港も、旅行の楽しみの1つですよね。 今回は、アラブの航空会社であるエミレーツ航空のビジネスクラスを使った際にでたお食事をご紹介します。   まずはアペタイザー ビネガーのドレッシングが美味でした。 メインはベジタリアンラザニア ドバイ空港で乗継。 さすが石油の国、時計は全部ロレックスでした。 どこまでも続くラウンジ ベジタリアンメニューもたくさんありました 日本へ向かう機内食 先ほどと少し雰囲気が少し違うラザニア2 イギリスでよく食べた朝食を思い出したビーンズとトマトのブレックファスト 普段はエコノミークラスを使う私ですが、機内食を事前にベジタリアンメニューでオーダーしておくとエコノミーの中で一番最初にサーブして頂けたり、あっさりキレイに見えるお料理で周りの人も「それにすればよかったわ」なんて羨ましがったりするお料理が頂けたり、いろいろ良いことがあります。 ベジタリアンでない人も、お試ししてみてはいかがでしょう! Written by Haruco K

テラスハウスのあの子はヴィーガン

見ず知らずの男女が1つのシェアハウスで一緒に暮らす、台本のない番組テラスハウス。本当の恋を探す6人の日々が映されています。今、舞台はハワイです! 用意されたのは、素敵な家と、青い空、青い海。 日本語と英語が織り交ぜられながら、感性豊かなメンバーたちの生活にドキドキしながら番組は進行します! そのメンバーの1人、ローレン・サイさん(写真手前)は、18歳のモデルさん。 ヴィーガンという肉魚、卵、乳製品、蜂蜜といった動物性のものを摂取しないライフスタイルを送っています。 そしてその理由は、、 @Saab__76 環境に効果を気づいて、ビーガンにならないと偽善者になっちゃうと思った。「偽善者」ってあたりかな? — LALA (@LaLaChuu) December 1, 2016 地球環境を思ってのこと。 最近のtwitterでは、豆乳ヨーグルトが美味しいとも発信していたり、ヴィーガンのライフスタイルを楽しんでいる様子。 可愛くて、地球のことまで考えられちゃうローレンさん、魅力がいっぱいです~!   Source: TERRACE HOUSE ALOHA STATE Written …

日本の「食のおもてなし」は一方的!?食に困るベジタリアン

ちょうど1年前、お正月という切り口からベジタリアンについて、さらに日本のベジタリアン対応と「おもてなし」への見解を記されている記事が東洋経済にありましたので一部紹介します! ライターは、コミック・アーティスト、モチべーショナルスピーカーであるミサコ・ロックス氏。ニューヨークで活躍されています。ご自身は12歳の頃からベジタリアン。 ”実は年明けにダイエットや食生活の見直しに目覚めるのは、ニューヨーカーも同じです。というのも、こちらではクリスマス休暇中に、肉(ローストキチンやビーフ)やアップルパイなどを食べまくり(ちなみに米国にはクリスマスケーキはありません!)、太る人が少なくないのです。実際、1月になると、セントラルパークでジョギングする人が一気に増えます。 一方、食生活を改めようと考える人は何をするのか。なんと、いきなりベジタリアンになるんですね。日本ではベジタリアンはまだ珍しい存在かもしれませんが、米国ではベジタリアンを標榜するセレブも多く、近年結構な勢いで増えてきています。 ベジタリアンになる理由は、動物愛護や健康、宗教上の理由など千差万別。また、ベジタリアンと一口に言っても、その程度もさまざまです。中には肉や魚だけでなく、卵や乳製品など動物性脂肪が含まれたものは一切摂取しない人もいますし、肉や魚そのものを食べないだけの人もいます。” ”日本ではベジタリアンはまだ珍しい存在かもしれませんが、米国ではベジタリアンを標榜するセレブも多く、近年結構な勢いで増えてきています。 ベジタリアンになる理由は、動物愛護や健康、宗教上の理由など千差万別。また、ベジタリアンと一口に言っても、その程度もさまざまです。中には肉や魚だけでなく、卵や乳製品など動物性脂肪が含まれたものは一切摂取しない人もいますし、肉や魚そのものを食べないだけの人もいます。” ニューヨークでは、ベジタリアン対応のレストランがあったり、ベジタリアン対応の商品がスーパーにあったり。並ぶのが嫌いなニューヨーカーでさえ並ぶほどの人気店や、どのスーパーにも置かれていてそれが品薄になってしまうほどの人気な商品もあるんだそう。 日本食のベジタリアン専門のチェーン店もあるそうです! ライター自身の米国人パートナーやベジタリアンの友人と日本を訪れたとき、「美食の国日本で世界一美味しいベジタリアン料理が食べられる!」と期待していたそう。。。 ”それなのにやってきてビックリ! 驚くほどベジタリアン向けのレストランや料理が少ないのです。「え?豆腐のお味噌汁や、野菜ばっかりのお鍋なら大丈夫なんじゃないの?」と思うかも知れません。しかし、厳格なベジタリアンにとって、肉や魚の出しはタブー。サラダのドレッシングですら「動物性脂肪」が入っていることが少なくありません。「取り除いて調理して欲しい」と頼んでも、ほとんどのレストランがそんな対応はしてくれない。そのため、レストランでそういうお願いをするのも躊躇するようになってしまいました。 東京でさえそのレベルですから、地方は推して知るべし。地方のホテルや旅館で出される夕食はほぼアウトですし、朝のバイキングですら食べられるものはほとんどない。せっかく地方に旅行にいっても、コンビニのおにぎりばかり食べていた、という笑えない話を聞くこともしばしばあります。” 「おもてなし」? ”せっかく日本に来たのに、ベジタリアンだと言うだけでいちばん楽しみだった食事で苦労するのが今の日本の現実。味覚に優れていて、手先も器用な日本人シェフが本気でベジタリアン料理を作ればそれは美味しいことでしょう。ただ、現時点ではチョイスも少ないうえ、「流行り物」として取り扱われているのか、メニューとして長続きすることがありません。 需要がない、と言ってしまえばそれまでですが、日本は今「観光立国」に向かって動き始めています。そうであれば、あらゆる面で日本に来てくれる観光客やビジネス客向けのサービスを充実させる必要があります。 欧米人と話していてよく話題になるのが、日本での食の「おもてなし」は一方通行過ぎる、ということです。欧米では東南アジアのレストランなどに行くと、スタッフから「出汁(だし)は大丈夫なのか」「アレルギーはあるのか」など食の嗜好を聞かれることがよくあります。それにあわせて、メニューをフレキシブルに変えてくれるわけです。それに対して、日本では提供されるメニューから料理を選ぶだけ。確かに美しくて、美味しいかも知れませんが、こちらの嗜好が考慮されることはありません。 私たち、ベジタリアンが願うことはただひとつ。どんな料理でも日本人の手にかかれば、世界一美味しい料理になることは間違いないのですから、ぜひ私たちにも対応して欲しい。まずは東京から、食の多様化が進むことを願っています!” 政府を挙げて、観光産業を盛り上げようとしている今、さらにはオリンピックも控えている今、ベジタリアン対応も含めて多様性を受け入れられる日本になれますように! Source: 東洋経済ONLINE Posted by Tsubomi.H  

お刺身こんにゃくの楽しみ方

実は奥深い刺身こんにゃくについてまとめられている記事を、welqさんよりご紹介します。 刺身こんにゃくとは   刺身こんにゃくとは、アク抜きをする必要がなく、湯がいたりせずに生でそのまま食べることができるこんにゃくです。 刺身こんにゃくという商品名になっているものは、水分を多くして固まり過ぎないようにすることで食感を工夫したり、匂いも抑えられるように独自の製造方法で作られています。 風味付けに青のりや柚子などを練り込んだ商品もあります。商品によって食感がかなり違っていたりするところが面白いです。一般的な刺身こんにゃくは、常温よりも低い温度になると弾力がなくなって柔らかくなる傾向があります。 刺身こんにゃくと銘打っていなくても、手作りの生芋100%のこんにゃくは刺し身で食べるのが最も美味しいそうです。ふぐ刺しのようであるとして、生芋こんにゃくは別名で山ふぐとも呼ばれています。 スーパーで売られているこんにゃくでも、アク抜き不要のこんにゃくであれば生で食べることができます。 刺身こんにゃくの栄養価 刺身こんにゃくの栄養は、97%が水分で、残りのほとんどは食物繊維です。そして、ミネラル分などが含まれています。ミネラル分は、カルシウムが最も多く、鉄、銅が続きます。皮まで使って作る生芋こんにゃくには、お肌の保湿成分セラミドが豊富に含まれています。 刺し身こんにゃくの主成分である食物繊維は、グルコマンナンという水溶性食物繊維です。グルコマンナンは水分を含んで膨らみます。 こんにゃくを食べるとグルコマンナンが胃の中で膨らんで満腹感を得やすいほか、便通も改善してくれるためダイエットにいいとされます。また、コレステロールや血糖値を下げる効果も報告されています。 刺身こんにゃくはほとんどが水分で残りが食物繊維ですから、とても低カロリーな食べ物です。100gあたりのカロリーは商品によっても異なりますが4~9kcalです。 Photo: E・レシピ 刺身こんにゃくの保存方法 刺身こんにゃくは常温、または冷蔵で保存します。通常、こんにゃくは直射日光や高温多湿を避けて保存するようにパッケージに記載されていることが多く、その場合は冷暗所で常温保存ができます。 刺身こんにゃくは風味付けのために様々な食材を練りこんでいるものがあり、その素材によっては冷蔵庫で保存する必要があります。パッケージの記載に従って下さい。こんにゃくは凍ると食感がスポンジのようになってしまいますので、冷凍保存はできません。 開封後に一度に食べられずに残ってしまった場合は、袋に入っていた水と一緒に容器に入れて表面が乾かないように保存します。袋の水を捨ててしまった場合はお水でも構いません。一度開封して保存したら刺身ではなく加熱して食べるのをおすすめします。   刺身こんにゃくの賞味期限 刺身こんにゃくは商品によって製造方法も違い、こんにゃく以外の食材が練りこまれていることも多いため、賞味期限も商品によってバラつきがあります。生食用であるため賞味期限は普通のこんにゃくよりも短く、製造日から2週間~20日程度のものが多いですが、90日間など長いものもあります。 開封後は、一般的なこんにゃくは開封から2~3日間食べられますが刺身こんにゃくは元々賞味期限も短いため、一度開封したらすみやかに食べきりましょう。一度開封したら食べる前に傷んでいないか確認しましょう。   …

にんじんジュースで一日を始めよう

にんじんジュースというキーワード、健康情報を日頃からチェックしている人であれば、見聞きしたことがあるのではないでしょうか。「やせた!」「肌がきれいになった!」という感想がネット上でも多く見られる健康法です。実際に試したことがある、という人も少なくないかもしれません。でも、具体的にどんな効果があるかご存じですか? にんじんジュースについてご存じの人にもそうではない人にも、その健康効果と正しいやり方をぜひ知ってもらいと思い、詳しく調べてみました。にんじんジュースで、今こそ健康や美容効果を実感してみましょう! ダイエット、美肌にうれしい効果が! にんじんジュースが日本で人気になったきっかけを知っていますか?イシハラクリニックの石原結實(ゆうみ)さんが、海外の病院で自然医療を勉強しているなかで知り、メディアを通じて日本に広めました。にんじんとリンゴをジューサーにかけて飲むだけ、という手軽さも手伝って、一時のブームに終わらずに今でも多くの人々に好まれている健康法です。 にんじんは多くの栄養成分を含む食材として知られています。βカロチン、カリウム、カルシウム、マグネシウム、食物繊維など、挙げればきりがありませんね。これらの栄養成分が相乗して働くことで、さまざまな健康・美容効果が生まれるんです。 ▶脂肪燃焼にひと役! にんじんは数種類のビタミン、ミネラルを含んでいて、食物繊維も豊富。デトックス作用で体内の老廃物を排出し、乱れがちなお通じもよい状態に整えて、体が軽くなる実感を持てるでしょう。また、血液をきれいにしてくれるので、全身に血液が行き渡るようになります。日々摂取していると代謝がゆるやかに上がってきて、脂肪を燃焼させやすい体質に切り替わります。 ▶肌に潤いを与えながら紫外線から守る にんじんに含まれるビタミンAは、皮膚に潤いをもたらす大切な役割があります。特に乾燥肌でお悩みの人は、にんじんのビタミンAに大きな期待が持てるはず。にんじんといえばβカロチンも有名で、この成分は高い抗酸化作用で知られています。βカロチンは肌の酸化(=老化)を促す活性酸素の働きを弱めるほか、紫外線から肌を守る作用がのぞめます。 ▶婦人科系の不調を和らげる効果も 東洋医学的にいうと、にんじんは体を温めて、血の巡りを整えてくれる食材です。更年期障害から来る貧血や偏頭痛、生理時の不調の緩和に役立つでしょう。 ▶腸内環境を正常に 腸内環境を整える近道は、善玉菌を増やすこと。にんじんには、善玉菌の代表「乳酸菌」を育てる「乳酸菌発育因子」が多く含まれています。腸内の善玉菌を育てながら、乱れた腸内環境を整えてくれるんですね!腸内環境を正常に整えることが、健康・美容の底上げにつながるということは、さまざまなメディアでも紹介されていますよね。 にんじんジュースの作り方、飲み方 にんじんの効能を余すことなく摂取できる、にんじんジュース。作り方はとても簡単で、にんじん一本とリンゴ半分を適当な大きさに切り、ジューサーやミキサーにかけるだけ。お好みでレモンを数滴垂らしてもかまいません。 ポイントは、なるべく皮ごと使うこと。にんじんの栄養成分の多くは、皮の近くに含まれているからです。 ちなみにりんごを加える理由は、味を整えるだけでなく、健康効果が高い果物だからです。とくに、整腸作用やむくみを取る作用が知られています。りんごもにんじんと同じく、皮に豊富な栄養が含まれています。ぜひ丸々使うようにしてくださいね。 ▶飲み方  にんじんジュースは基本的にいつ飲んでもOKですが、にんじんジュースを朝食代わりにすると、一日の摂取カロリーを抑えられたり、胃腸の働きをよくする作用が期待できる点は見逃せません!ちょっとした断食にもなるので、上で紹介したデトックス効果がより高まるといえます。朝食をにんじんジュースに置き換えて、体を内側からスッキリさせる方法として、おすすめですよ。 とにかく手軽で、すぐにでも始められるのが、にんじんジュースのいいところ。ダイエットや美容に、もっと広く健康維持に、食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか? Source: macaroni Posted by …

スタイリッシュなあのLUSHのヴィーガン事情

「LUSH(ラッシュ)」は、石鹸を始め、入浴剤、シャンプー、基礎化粧品、フレグランスなどを生産し販売するイギリス発のコスメのお店です。 スタイリッシュなデザインの商品や、ディスプレイ、量り売りや切り売り等の販売の仕方も人気を集めています。 Photo: Lush Japan Facebook そんなLushの店頭では、Veganと書かれたPOPを見かけることがあると思います。 Vegan(ヴィーガン)とは? 肉魚を食べないと定義されるこのの多いベジタリアンの中でも、ヴィーガンは、卵や乳製品等、動物性のものを食べず、動物性の素材を用いた靴・衣服も身につけない方のことを言います。 ベジタリアンにもヴィーガンにも、個人差と程度差がありますが、世界中にあるラッシュのショップで働くスタッフは、その2~3割がヴィーガン又はベジタリアンで、その割合は一般企業の10倍以上だそうです。 Photo:Lush Japan Facebook ラッシュの商品でラベルに【Veganマーク】がついている商品には動物性のものは一切入っていません。 動物性油が使われていないソープや、はちみつ、牛乳、卵、ラノリン(化粧品に使われる羊毛から抽出された脂肪分)などが使われていないコスメは、一般的に意外と少ないのです。 ラッシュ商品で【Veganマーク】がついている商品は全体の約7割。 その他の商品もハチミツや卵は使用していますが、ヴィーガン商品と同様に遺伝子組み換えや動物実験を行っていない原材料を選んでいます。 Photo: Lush Japan Facebook また、環境への配慮を促す発信をしたり、犬猫が殺処分されている現状の啓発キャンペーンをしたり、同性愛を応援する商品を販売したり、動物実験反対をうったえたりと、社会的な活動もしている企業です。 Photo: Lush Japan …

ローマのビーガン猫カフェが人気!

ローマから、ヴィーガンカフェの紹介です!CREA WEBさんの猫カフェの記事です。 猫好きにはたまらないローマのレストラン 静かな住宅街の一角にある「Romeow Cat Bistrot」。 ローマを旅行中に様々な理由でふと猫が恋しくなってしまったら迷わず「Romeow Cat Bistrot」へ足を運んでみよう。 「ロメオウ(ローマ+ミャオ)」という、少々ふざけた名前に吹き出してしまうのだが、実はこの店、レストランとして評価が高く、平日でもディナーはいつも満席。 1週間ほど前から予約を入れないとテーブルを確保するのが難しい。 というわけで、ふらっと行くならティータイムを狙うのがお薦めだ。 「Romeow Cat Bistrot」の料理は、全てビーガン(動物性由来の原材料を含まない料理)メニュー。 とても工夫が凝らされていて非常に人気がある。 店内で暮らす6匹の猫(雄3+雌3)は、思い思いの場所でくつろぎモードに入っている。 たまにテーブルをのそのそと横切る猫に甘い声で話しかけても見向きもしない(苦笑)。   本格ビーガンレストランに猫がいる理由 オーナーのヴァレンティーナは自身も7年前からビーガンなのだそう。 当時はビーガンという言葉さえ一般に浸透していなく、ベジタリアンとよく一緒くたにされたと言う。 ちなみにベジタリアンはチーズ、ヨーグルト、卵などの乳製品は食するが、ビーガンはいっさいの動物性食物を口にしない。 外食できる場所はほとんどなかった。では、自分で店をつくろうと、パートナーのマウリツィオと共に2014年にオープンしたのが「Romeow Cat …

菜食と寿命

ベジタリアンという生活が、健康なのか不健康なのか。気になる人もいれば、根拠もなく決めつけている人もいると思います。今回は、NHK出版あしたの生活の記事より、面白い記事があったので紹介します。 (ゆるゆるながら)菜食を実践しているというと、よく言われるのが「それでは不健康だ」という反応だ。 充分な栄養を摂れずに早晩体を壊す、というもの。一般に菜食は健康のために実践することが多いのだとすると、これでは180度逆のことを言われたことになる。そう考えると、現代社会においてこれだけ一般通念が二分するテーマもそうそうないのではないだろうか? 時に菜食が「宗教」だと言われる所以も、ここらへんにある。 栄養学的に見る限り、きちんと考えられた菜食は雑食と遜色ないとされている。アメリカの栄養士会のコメントはこうだ。「適切に計画された菜食は、ベジタリアンであれヴィーガンであれ、健康的で栄養も充分に摂取でき、ある種の病気の予防や治療に役立つ。よく考えられた菜食は、あらゆる年齢層の人々──すなわち、妊娠中の女性や授乳期の赤ちゃん、幼児、子ども、青少年──それにアスリートにも適している」 ここでポイントになるのは「適切に計画された」の部分。菜食におけるネガティブなデータのほとんどは、つまるところ、よく知られたビタミン12の不足だったり、鉄分やビタミンDなど菜食者が意識して摂らなければいけない栄養素の不足に由来する。きちんと自分の食を意識せずに形だけ菜食を取り入れるのが危険なのはその通りで、もう少し詳しく知りたければ、たとえば僕がいつも通っているヴィーガンレストランULTRA LUNCHのドミンゴさんのこのポストも参照されるといい。 でも巷でいう「菜食は不健康」というのは、もっと経験論的で、だから人間の感情や直感に沿ったところから発せられているようだ(だからこそ侮れない)。「何にせよ、常態的に食事を制限するのはよくない」「100歳を超えて長生きする人は皆、肉を食べている」「菜食の人は寿命が短い」ということを、僕も言われたことがある。 残念ながら(というか当然ながら)、僕にはその真偽のほどは分からない。科学的なハードデータも、上記を裏付けるものから反証するものまで、様々なものが乱れ飛んでいるのが現状だ(やはり文化的にも、英語圏の論文データはネットでもたくさん見つかる)。長寿の人はみな肉を食べている、という説については、ネットでよく引用されているコロラド大学の有名な研究があって、調査した100歳以上の長寿の人はすべて肉を食べていて、ベジタリアンは一人もいなかったのだという。日本でもあの日野原先生を見れば、さもありなんと思えるはずだ。 でもこうした「長寿の人の習慣はいい習慣だ」論法を採用すると、100歳を超えた喫煙者を例にあげて、「煙草は長生きにいい」という論も成り立ってしまう。お酒もしかり。けっきょく、肉や煙草や酒をたしなむから長寿になったのではなく、歳をとっても健康でいられらたからこそ、いまだに肉や煙草や酒をたしなめるのだ、と考えたほうが分かりやすいのではないだろうか。先ほどのコロラド大学の研究でも、よくネグられている続きがあって、この長寿の人の85%が100歳でも仕事をしていて、75%が毎日ウイスキーを飲んでいたそうだ(そしてついでに言えば、もちろん現実にはベジタリアンのオーバー100はたくさんいる)。 日本だとよく粗食が健康に良いと言われ、一汁一菜が長寿の秘訣、昔の日本人の食事に戻れば健康になる、ということが言われる(西欧人にとっての地中海式ダイエットと同じベクトルだ)。それに対して、西欧食を取り入れる前の昔の日本人の寿命は今より短かった(日本の平均寿命が50歳を超えたのは戦後)、という単純な事実を指摘することもできるだろう。もちろん、平均寿命と平均余命のトリックもあるし、食生活だけでなく衛生環境や医療の改善が寿命とは密接に関連するからこれも単純な比較はできないのだけれど。 ただ、ある種の病気・疾患と菜食の関係に限って言えば、菜食がそれらの病気を予防し、死亡率を下げるというデータはいくつも出ている。最近、身近に大腸がんを患った人がいて、いろいろと本を漁り情報にあたる機会があった。かつてはマイナーだった大腸がんも、今では日本人の罹患数の第二位、女性では死亡数がもっとも多い癌になっている。そして大腸がんと西欧的食生活(肉食やコレステロール過多)は有意な相関関係にあることも科学的に分かっている。つまり、端的に言ってしまえば、今のような肉食のスタイルは日本人の腸に合っていないようなのだ。 もちろん、肉を食べて長生きできるようになったからこそ癌を発症するようになった(昔は癌に罹る前に早くして死んでいただけ)という論法も成り立つのだろうし、今の肉食生活が合っていないことと、完全菜食になることの間には、まだまだ大きな隔たりがある。けっきょくのところ、「たまに美味しいお肉をちょとだけ」が、一番ありきたりで順当な結論になるのかもしれない。僕がゆるいベジタリアンであることを知っていながら、たまに「お肉をがっつり食べにいこう!」とグルメで肉々しいレストランにさそってくれる友人がいて、もしかしたら僕の健康をさりげなく気遣ってくれているのかもしれない。 でも、癌の統合医療系の本を紐解くと、予防食として挙げられているリストに肉類は一切入っていない(魚介類は入っている)。それは何を意味するのだろうか? もちろん人間は、癌にならないことを目的に生きているわけではない。癌になりたくないからと肉を食べないのは、車に轢かれたくないから家から一歩も出ない、というのと同じことかもしれない。でも、こと国民病と言われる癌について言えば、バランスシートの資産の欄には菜食メニューが、負債の欄には肉食メニューが、きっちりと分かれて記載されているのは確かなのだ。 今回、僕が熟読した『がんに効く生活』によれば、癌の発症において遺伝による要因は一般に思われている以上に限定的で、それよりもその人の食事や日々のストレス、運動といった要因が大きく関係している(そういうアプローチを統合医療という)。つまりライフスタイルそのものが問題なのだ。それはちょうど、狭義のスポーツというよりもライフスタイルとしてトレイルランニングを考える最近のカルチャーとも、不思議と共鳴しているように思う。そして、その両者ともに、隣りには菜食がにっこりと笑顔で手を繋いで立っているのだ。 本書は世界中でベストセラーとなった1冊。がん患者はもちろんだけれど、そうではない健康な人々にもぜひ読んでいただきたい。 著者:松島倫明(まつしま・みちあき) NHK出版 編集局放送・学芸図書編集部チーフエディター 翻訳書の版権取得・編集・プロモーションに従事。ノンフィクションから小説までを幅広く手がけている。代表的なタイトルにアンダーソン『MAKERS』『フリー』、ヴォネガット『国のない男』、フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』など。『脳を鍛えるには運動しかない!』という本を編集してからは、贅肉をとるためでなくポジティブに走るようになり、『BORN TO RUN』を編集して以来、裸足系シューズやサンダルで走るサブ4ランナーです。ジュレク の『EAT&RUN』の編集中に完全菜食主義の生活を3か月間体験し、メキシコ・コッパーキャニオンのUMCB(80km)でウルトラレース初完走しました。   Source: あしたの生活 …

栄養の吸収効率を高める「野菜の掟」6選

女子力アップGoogirlさんより、「賢く健康管理! 野菜のパワーを高める6つの鉄則」をご紹介。 1. 量よりも質で勝負! 野菜を食べるときに意識したいのが、できるだけ違う種類の野菜を摂取すること。アメリカのリサーチによると、病気のリスクを軽減するためには、野菜を食べる量よりもどれだけ多くの種類の野菜を食べているかがポイントになるということがわかっています。また食卓の彩りは、栄養バランスをきちんととれているか考えるうえで大切なモノサシになります。なるべく多くの色の野菜を食卓にとり入れることを意識するのが◎。 2. 蒸し料理で抗酸化物質アップ! 野菜を上手に食べるうえで知っておきたいのが調理法。生野菜は野菜の栄養をまるごととれると思いがちですが、野菜によっては加熱調理した方がいい場合もあるので要注意。とくにキャベツやニンジン、アスパラガスなどに含まれる抗酸化物質は軽く火を通すことで摂取量が高まります。野菜を加熱料理するときは短時間(約1~2分)での蒸し料理がオススメ。栄養面だけでなく、野菜の色が鮮やかに仕上がります。一方、ビタミンCは火に弱いので、生野菜でとるのが◎。 3. 相性のあった食材を選ぶ! 食材の相性を知ることで栄養の相乗効果をはかることができます。たとえば、緑茶にレモンを入れると緑茶に含まれるカテキン成分を保護してくれる作用があります。また肉魚の臭みを消してくれるターメリックやローズマリーは抗炎症効果や抗酸化作用を発揮してくれます。 4. 水溶性食物繊維を欠かさない! 食物繊維のデトックス効果はよく知られていますが、食物繊維のなかでも特に水溶性食物繊維は体内の毒素を吸着して体外に排出する効果が高く、さらに腸の動きを活発にしてくれます。水溶性食物繊維は、エシャロット・洋梨・リンゴなどに多く含まれています。 5. 思い込みにとらわれない! 意外と奥が深い栄養素の知識。たとえば「バナナはカリウムの王様」と思い込みがちですが、アボカドはバナナの2倍ものカリウムを含んでいます。ほかにも「リコピンの王様」と呼ばれるトマトも、パパイヤと比べるとそのリコピン含有量はたったの半分。知っているようで知らない栄養の世界。ときには思い込みを捨てて、新たな知識をとり入れることも大切。 6.ファイトケミカル含有食品を知る! その抗酸化力が注目を浴びているファイトケミカル。ファイトケミカルは体内で生成することができないので食事から摂取するのが基本。モロヘイヤやブロッコリー、ケールなどの野菜に豊富に含まれています。ファイトケミカルは発ガン物質をデトックスするだけでなく、免疫力を向上させ、健康維持・改善に効果があります。 Source: Googirl Posted by Vegemon

菜食の栄養管理術「楽しく!美味しく!美しく!」

栄養管理・療養食ガイド 一政 晶子さんの記事から、栄養学的にみたベジタリアンの利点や注意する点について説明します。 私もこれまで、妊娠中のベジタリアン、透析中のベジタリアン、がん治療中のビーガン、ビタミンB12が不足して神経障害が出たビーガン、子供がファッション的にベジタリアンをやって栄養不足になり困っている母親など、様々なケースのベジタリアンを見てきました。ベジタリアンには多くの健康的な利点がありますが、栄養の知識が無いと健康に支障が出る場合もあります。 今回は健康効果と栄養学的に注意したい点をご紹介します。 きちんと計画されたベジタリアン・ビーガン食は栄養学的に十分な栄養を補うことができ、心筋梗塞、高血圧、糖尿病、直腸がん、前立腺がんなど一部の病気の予防や改善に役立つと考えられています。がんとベジタリアンについては様々な研究が行われていますが、肺がん、乳がん、子宮がん、胃がんでは、ベジタリアンとベジタリアンでない人に有意差はないという見解もあるようです。ベジタリアンの健康効果は、飽和脂肪酸、コレステロールの摂取が少ないこと、そして多くの食物繊維、マグネシウム、カリウム、ビタミンC、葉酸、カロテノイド、フラボノイド、フィトケミカルを摂取できることにも関連しているようです。ただし、ベジタリアンはきちんとした栄養管理をしなくては栄養素が不足してしまうこともあります。 ベジタリアンの人が注意するべき栄養素である・・・ たんぱく質、オメガ3脂肪酸(EPA/DHA)、鉄分、亜鉛、カルシウム、ビタミンB12そして妊婦・授乳婦とベジタリアンについて順に説明します。フィチン酸やシュウ酸など、特にベジタリアンの栄養管理で注目される栄養素なども含めてお話します。 たんぱく質の摂り方 豆はベジタリアンの強い見方。ベジタリアンの妊婦やスポーツ選手でも十分なたんぱく質を摂取できます。ただし、植物性たんぱく質は動物性たんぱく質より吸収率が低いので、摂取量に注意を払う必要があります。豆・大豆を十分に食べない場合は、必須アミノ酸が不足する可能性がありますので気をつけましょう。 オメガ3脂肪酸(EPA・DHA)の摂り方 ベジタリアンはオメガ3脂肪酸であるEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコモヘキサエン酸)の摂取が少なめになりがち。これらの栄養素は目、脳、心臓の健康などに役立ちます。植物性食品から摂取できるオメガ3脂肪酸であるALA(α-リノレン酸)の一部はEPA・DHAに変換されますが、その変換量は個人差が大きいものの10%程度と言われています。特にビーガンでは血中EPA・DHAが少ないという報告もあります。 よって植物性のEPA・DHAサプリメント、EPA・DHAが添加された機能性食品を摂取するのも1つの手段。少なくても十分なALAを摂取する必要があります。ALAはフラックスシード、くるみ、キャノーラオイル、大豆などに含まれます。特に妊婦や授乳婦の場合は、赤ちゃんの発達に必要なEPA・DHAが十分に摂取できているか、細心の注意を払う必要があるでしょう。 鉄分の摂り方 植物性の鉄分は、調理法や食べ方の組み合わせにより吸収率が大きく左右されます。吸収率は、フィチン酸、カルシウム、コーヒー、お茶、ハーブティーなどによって下がってしまいます。ベジタリアンの人だったらよく聞くはず「フィチン酸」。例えば玄米には多くのフィチン酸が含まれますが発芽玄米だとそのフィチン酸がほとんど失われます。発酵食品である納豆、味噌、テンペなどは体への鉄分吸収率を改善させます。豆・穀類を水に浸し発芽させて食べたり、発酵食品と合わせて食べる方法は、ベジタリアン食が昔から普及している国などでは食の知恵として広く普及しているテクニックでもあります。ビタミンCは鉄分吸収を改善しフィチン酸の阻害を抑える働きもあります。鉄分について色々書きましたが、工夫しても植物性鉄分の吸収はどうしても低くなりがちですので、一般的に推奨されている鉄分量よりも多く摂取する必要があるでしょう。 亜鉛の摂り方 ベジタリアン食はフィチン酸が多くなりがちなので亜鉛の吸収が低下します。ベジタリアンの中でも、玄米など精製されていない穀物や豆を日常的に食べる人は、亜鉛に限らずミネラルの摂取量に注意する必要があります。亜鉛は大豆、豆、穀物、チーズ、ナッツ類に含まれます。ここでも豆、穀類、種を水に浸して発芽させるというテクニックを用いると亜鉛吸収率を改善することができます。菜食主義者では精製されていない穀物等を好む傾向が見られるようですが、白米など精製された食材も取り入れるとよいかもしれません。 カルシウムの摂り方 食塩の多い食事はカルシウムの損失を助長します。一方で、野菜や果物に多く含まれるカリウムやマグネシウムは尿中へのカルシウム排出を抑えます。シュウ酸の少ない緑の野菜であるブロッコリー、白菜、青梗菜などは吸収率の高いカルシウム源。吸収率としては牛乳よりも高くなります。一方、シュウ酸の多いほうれん草などに含まれるカルシウムは吸収率を下げてしまい、カルシウム源としては適していません。またフィチン酸も吸収率を下げるので、フィチン酸対策も検討してみて下さい。 ビタミンB12の摂り方 ベジタリアンの栄養と聞いて一番最初に思い浮かぶのがこの栄養素のはずです。ベジタリアンでも卵・乳製品を食べる人は十分に摂取できますが、卵・乳製品を食べないベジタリアンは細心の注意を払う必要があります。大豆の発酵製品などをビタミンB12源としている人もいるようですが、供給源として頼るべきではありません。イースト(酵母)、ビタミンB12のサプリメントなどに頼るしかありません。ビタミンB12の欠乏は様々な神経障害を引き起こし、きちんとした治療が必要になります。 妊娠中・授乳中のベジタリアンの注意点 きちんとした栄養計画を立てている場合、乳製品を食べるベジタリアン、または卵・乳製品を食べるベジタリアンは妊娠中・授乳中も十分な栄養を摂取することができます。ただし妊娠中・授乳中のビーガンに関する研究はあまりなく、影響があまり分かっていません。妊娠中・授乳中は必要なカロリーたんぱく質を摂取が大切なのはもちろんですが、ビタミンB12、EPA・DHA、鉄の摂取量に細心の注意を払う必要があります。上でも説明しましたがEPA・DHAは胎児の目や脳・神経の発達に欠かせません。 生まれてきた子供はしっかりとした栄養プランがあれば、全てのタイプのベジタリアン(生の食材のみを食べるローフード食ベジタリアン以外)で成長に必要な栄養素は取れると考えられています。体重や身長は、卵・乳製品を食べるベジタリアンとそうでない子供とでは大差はないとされていますが、子供の時からビーガンだと標準内ではあっても小さめだという報告もあります。 …